心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

タグ:本 映画 ( 62 ) タグの人気記事


2018年 01月 02日

シャアだよ😎

おめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます

暮れの一コマなどを駄文で (在庫切れだ 笑)


例年なら 退屈な紅白がテレビから流れる

見てはいないが 流れる

母がいる年末はこういう風になる お茶 みかん お菓子をダラダラ並べて

次男と 話して賑やかに

今年は 紅白歌合戦は観なかった チャンネルも合わせなかった

次男とああでもない こうでもないと珈琲を飲みながら話す

お婆ちゃんのことも話す

お互いにパソコンを開けて ネットでニュースを追いながら話した

彼は英語圏 私は…………日本語 この差はなんなのさ ( ̄▽ ̄)

彼の仕事の話も聞いた

これがとても興味深い

そこへ流れて来たのが 機動戦士ガンダム THE ORIGIN

初代ガンダムの前の時代の物語(1979 機動戦士ガンダム)

d0027244_19402922.jpeg
(まさか これが今年のトップになろうとは 笑)

チラ見がどんどん引き込まれて 私一人熱心に観てしまった

機動戦士ガンダム 昭和54年ですからねえ

そこのあなた‼️ 幾つだった?  ̄  ̄)

ホワイトベース 木馬 白いヤツ モビルスーツ ザク ジャブロー サイド3 ジオン共和国 赤い彗星とアムロ ニュータイプ

超懐かしい

小さかった子供達を横目にテレビに向かったなあ

と言う割には勤務と家庭の両立で まともに観てはいないのだ

多分 後に 映画版でちゃんと見たのだろう 心許ない記憶から

ジオンの戦士 シャア・アズナブルは

そもそも シャア・アズナブルとは誰なのか????

セイラ・マスは何故マスになったのか

彼らは ジオン・ズム・ダイクンの遺児だとは知ってはいたが 実際のところ どう言うことなのか

シャアが何故あの仮面を着けているのか さっぱりわからなかった

瞳なのだよ 理由は ( ̄ー ̄)ニヤリ

ララァの過去も明らかになる

アニメを真剣に観る私

「お母さん好きやなあ」 息子に言われた

今でもまだガンダムは続いている

もう今のガンダムはさっぱり興味はない

これは 世代を超えた漫画なんだろうか



シャアの人気は凄いのね

彼って屈折しまくって めっちゃややこしいのよ

躊躇なく冷酷に成れる が 案外気弱なところもある

でもそこがあの複雑さを生んでるだとか思う?よね 意味不明


大晦日から元旦にかけての我が家でした お粗末さま 笑

[PR]

by hanarenge | 2018-01-02 18:25 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(8)
2017年 12月 30日

Going in Style(ジーサンズ)

面白いよ 

友人から聞いたこの映画

知ってはいたが 勧められるまでは 観ようとは思わずにいた

それならばと iTunesでレンタル

出演者が マイケル・ケイン モーガン・フリーマン アラン・アーキン

実力者が勢ぞろい

家のローンが急に上がった

払えない 

銀行はちゃんと説明したと にべもない

おまけに長年勤めた会社は買収され 海外に拠点を移すことに

現役時代に納めた年金も 今後は再編の費用に回されていくことになるとの説明が

お先真っ暗!! 俺たちはどうなる!? 黙ってろって言うのか
彼の頭に ある考えが。。。。。

そして 3人の仲間と。。。。。

決してドタバタコメディでは有りません

d0027244_17044237.jpg

これは1979年の映画のリメイクなんですね やはり題名は 「Going in Style」です

こっちはどうやら切ない幕切れ

ジーサンズは?



「ジーサンズ はじめての強盗」 いけてない

「Going in Style」でしょう やっぱり

邦題より絶対こっちがいいと思う 

邦題はセンスないなあと思います

「俺たちに明日はない」みたいな 胸にズキンとくるようなタイトル 考えられないのかしらねえ

何はともあれ 教えてくれた友達さんに感謝

おかげで純粋に楽しめました


[PR]

by hanarenge | 2017-12-30 19:14 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(0)
2017年 12月 18日

梅田 13:58’(光と影)

カメラを持ちたくなる

一眼レフは今日は無理だった

TG4をお供に 梅田に

映画とお茶 友人に付き合ってもらう

母の見舞いを終えて 今日はリラックスしようと

月曜日の午後 人出が多い もうすぐクリスマスだから街もなんとなく華やいだ様子

光と影が面白くて カメラを向ける

レンズを見ていると時間を忘れ 憂さも晴れていく気分

みんなで撮影に行きたいな 一日中撮っていたいな 建物を撮ってみたいな と思いながら

d0027244_20582082.jpg
大阪駅 2階 天井の影と光にも惹かれた 足早に通り過ぎる人にカメラを


d0027244_20580941.jpg
彼女はお洒落をしている これからどこへ?


見た映画は
d0027244_20582930.jpg
これも光と影の物語 家族の物語

ルーク・スカイウォーカー カイロ・レン レイ この三人が軸になって 光と影の交差 戦い

冒頭シーンの音のすごい事 耳が痛いほど

シリーズ第8作  私は全シリーズ観ているが やはり最初の3作 第4話 5話 6話になるのかしら これが面白かったと思う
ハン・ソロとレイア姫はええ?っていう感じだけどね

7作より 話はもっと深く 長く 引き込まれた

久しぶりにヨーダを見て おお!ってなったよ


d0027244_21260624.jpg

bb-8も健在 笑っちゃったのがこの黒い奴 bb-9E
こいつはファースト・オーダーの側なんだ 性格は恐ろしい奴らしい

私は8作で久しぶりに目頭が熱くなった

このシリーズでジンときたのは ルークと父(初代ダースベイダー)の対面シーンに続く幾つかのシーンだけだったが 8作でもレンの苦悩に はたまた弱さに その複雑さに(と言っても所詮スターウォーズの中での話だけどね)ちょっと胸が痛くなった

レイは完全完璧なジェダイ でも私的には退屈だわね 彼女の役は

7作より8作の方がレンに親近感持てるな

まあ7作もいいって書いた覚えはあるけど 正直8作の方がいい

最終で若きジェダイは?と思うシーンがあるけど まだ続くのかなあ 続かないとファンは収まらないだろう

でも正直なところ 何回か見ないと細かいところはわからない またレンタルできるようになってからだわね

リンク載らないから貼り付け

もう読む人もいないやろうからね 解説面白い アメリカのスターウォーズ教の人たちは怒ってるんだって
面白いのにね

[PR]

by hanarenge | 2017-12-18 21:37 | 大阪 | Comments(2)
2017年 12月 09日

ヒッチコック

しんどい時は 読書か映画か

昨夜はこれ!
d0027244_08063376.jpg
ヒッチコック  「サイコ」制作の裏話

大好きなヘレン・ミレンですよ ヒッチコックはアンソニー・ホプキンス

ヘレン・ミレンはハンサムウーマンだと思う

彼女はやはり存在感がある

もう70歳を超えたとは思えない

1945年生まれです

日本では若者が持てはやされるけど なんかなあ  

まだまだ日本は未熟だなあと思うのだ 彼女を見ていると


ホプキンスの特殊メイクが秀逸 太ったホプキンス 違和感なかったもの 

ヒッチコックの特徴 よく捉えていたと思います

オスカーには縁がなかったヒッチコックですけどね

「サイコ」はアルマ無しでは傑作になったかどうか,,,,,,,,,,,,,,,,,

ヒッチコックと彼の妻 アルマの物語です

して!!!次に観るのは?

d0027244_18354511.jpg
これかな〜〜〜〜^^v

友人からの情報では面白いと

期待しちゃうよ



[PR]

by hanarenge | 2017-12-09 18:55 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(2)
2017年 11月 11日

蝉しぐれ

d0027244_00181674.jpg

藤沢周平が好きだ

時代劇はほとんど見ない

しかし藤沢周平原作の映画あるいはドラマは観ることがある


地味で真面目な主人公が真っ当に生きていく上で 遭遇するお家の難儀

理不尽 堪忍 忍び難きを偲ぶのはいつも身分の低いものなのだが

そこに作者の厳しいが温かい目がある

蝉しぐれはドラマと映画があるけれど 断然内野聖陽のドラマ版がいい

藤沢作品の中でも代表作と言われるだけあって 素晴らしいと思う

海坂藩のお世継ぎをめぐる政争に巻き込まれ 父を失い家禄を減らされた少年牧文四郎の成長物語だ




お福は隣家の娘 文四郎にとっては妹のようなしかし少し気になる存在であったのだ

父は謀反人として切腹を命ぜられ 

暑い夏の盛り 戸板に父の遺骸を乗せて文四郎は荷車を引く

謀反人よと指をさされ 誰も荷車を押してやろうとする者はいない

坂道に差し掛かり 喘ぎながら荷車を引くが ずるずると下がっていく

いかん!父上を落とすわけにはいかん!

汗をしたたらせながら 必死に荷車を支える文四郎

坂道の上に涙を流すお福がいた

お福は一文字に口を引き絞り 黙って文四郎の後ろに回り 細い腕で荷車を押した

文四郎はお福に助けられて ようやく坂を登り切ったのだ

そのお福が 藩主の奥方様に仕えるために江戸に登ることになったのだ

二人はそれきり会うことはなかった

青春時代は遠く去り 大人になったけれど

明日は江戸に赴くと言う前夜 切羽詰まって文四郎の家に来たお福を忘れるわけにはいかなかった


心のどこかにお福がいたのだ


お福は藩主に気に入られ側室となっていた

この二人が やはり藩主のお世継ぎ問題で再び顔を合わすことになる

お福は密かに国許に戻され 欅御殿で男子を出産する

そのことで騒動があり 文四郎はお福と思いがけない出会いをする

その騒動が過ぎ お福は城奥を取り締まる実力者となっていて文四郎とは直接会うことはなかった

やがて20年という月日が流れた

側室として仕えた藩主が亡くなり

一周忌を前に お福は髪を下ろし白蓮院に入り尼になることに決めたのだ

その前に一目お会いしたい

文四郎にお福からの手紙が届く

遠く過ぎた年月 

隔たった二人に あの遠い記憶が蘇る


[PR]

by hanarenge | 2017-11-11 00:21 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(2)
2017年 11月 08日

ジャッキー

観たいと思いながら 外してしまった映画はジャッキー

ジョン・F・ケネディの妻にしてファーストレディ



暗殺されたアメリカ大統領

神話になった物語

ケネディ家は アメリカでもっとも有名な一族だ

君主制を持たないこの国家にとって ケネディ家がロイヤルファミリーなのだ



この一族の物語を読んだのは30年近くも前になると記憶している

d0027244_11275041.jpg

カトリック教徒への迫害や飢饉を背景に パトリック・ケネディがアイルランドから移民として合衆国に渡ったのは1849年

その息子がパトリック・J・ケネディ
彼は港湾労働者から身を起こし事業に成功 マサチューセッツ州の下院・上院議員となる

彼の息子のジョセフ・P・ケネディは投資家として資産を築き 証券取引委員会の初代委員長及び駐英大使となった

彼 ジョセフの野望は息子たちに引き継がれる

ジョセフ・P・ケネディ・ジュニアはケネデイ家の長子として期待を一身に背負い また優秀であったが第二次世界大戦中に戦死した   wikipediaより引用
          
父親の野望は第二子のジョン・F・ケネディが引き継ぐべく運命になったのだ

ケネディ家は騒々しく子供達は常に競い合っていたと書かれている
 
誰が一番か 誰が優秀か そして一族の名誉を高め輝く星になれるのは誰か

ジャックと結婚したジャクリーンは この一族の中で自分が部外者のように感じていたと書かれてある



ケネディ家は悲劇の家系としても知られる

この辺りはまたの機会にでも書けたらと思う

d0027244_11503594.jpg
iTunes Storeからレンタル iPad miniのビデオで観る

ナタリー・ポートマンはレオンで 初めて観た時から注目していたけど ジャッキーの特徴をよく捉え なおかつ
彼女らしく演じていたとわたしは思う

1963年初めての宇宙中継で飛び込んできたのは アメリカ合衆国の大統領暗殺のニュースだった

子供心にも 大変なことが起こったと 感じた事を覚えている

正確には 周りの大人たちの状況からそう思ったと言うことなのだけれど

予約投稿です

[PR]

by hanarenge | 2017-11-08 00:01 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(0)
2017年 11月 07日


d0027244_21275549.jpg

黒い影が 自在に動く

私の動きに合わせて 手を振る 足を上げる ダンスだってできる

光に反応して ひょいと立ち上がるように現れる

短く太いときもあれば 背高のっぽの案山子のように見える時もある

ピーターパンは影を落として ウェンディに縫い付けてもらったんだけど



影を売った男の話をご存知?

自分の影を悪魔に売り渡した男

悪魔は男の影をどうしたのでしょう

男から引き剥がされた影は どこへ行ったのでしょう

                                       梅田街撮りで
















[PR]

by hanarenge | 2017-11-07 00:01 | ネット関係 | Comments(6)
2017年 11月 04日

ブレードランナー2049

ブレードランナー2049です

私の場合はライアン・ゴズリングが出ていると言うそれだけの不純な動機で観ただけなのですけどね 笑

d0027244_22165212.jpg
1982年に公開されたのは ハリソン・フォード主演のブレードランナー
d0027244_22165530.jpeg

原作は フィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』1968年(DO Androids Dream of Electric Sheep?

映画になったのは35年前です
映像にするのにはかなりの想像力がいっただろうと思う映画です


私は一作目は挫折した(観始めてどれくらいしてか定かではないが観るのをやめたと記憶している)

興行的には失敗したけれど その後ビデオ映像の普及もあり コアなファンからどんどん広がって今ではSFの傑作とか名作と言われている

一作目の舞台は2019年 1982年からすればまだもう少し先のことという感じ?
この前一作目を見直したのだが
まだデジタル放送など夢の時代に撮影された映像は更に暗くぼやけて見えた

レプリカント 人造人間 アンドロイド いろいろ言い方はあるけどロボットではない 
血も涙もある 痛みもある そして心も 愛もある
人間は鼻で笑うけど
製造されてしばらくすると感情が芽生えるのだとか

それではヤバイので4年の命とした

汚染された地球から離れて人間は宇宙に住む 
貧しいつまり宇宙に移住できない底辺の連中は酸性雨の降る暗い地球の都市に住む
人間そっくりのレプリカントは宇宙の開拓最前線で過酷な重労働にさらされていた
4年で死ぬ 使い捨て 俺たちは?私たちは?何?彼らにとって何?

反抗的な者や逃亡したものは狩られる 狩る者それがブレードランナーだ


レプリカントの置かれた境遇は 言うなれば奴隷だ 
人間とレプリカント どこが違うのだろうか 誰が決めたのだろうか
人間として生まれた者と 生産されたレプリカント これの違いは何だ 何を持って人間らしいと定義するのか

このテーマは2作目でもそうだ

改造され危険性はないと言われるレプリカント 
Kもレプリカントだ(彼はブレードランナーである)

レプリカントの寿命は延したという設定だった

大停電で記録を消去した後 密かに地下に潜ったレプリカントもいる
人間にとって危険な思想を持つレプリカントが逃亡して地球で密かに暮らしている

2022年にレプリカントの反乱が起き世界的規模の大停電があり記録は全て失われた 

レプリカントを製造していた会社は倒産し レプリカントは危険だということで製造禁止となった
所が 新たなレプリカントを作ることを政府に脅迫的に認めさせた会社が2036年に製造を開始したのだ
ーーーーーー今度のレプリカントは従順で安全である とーーーーーー


ここでも レプリカントは(人間)もどきと呼ばれて軽蔑される

そして2048年にレジスタンス?人間にとって危険なレプリカントの一人が見つかり密告される

2049年はKがレプリカントを解任する(命を絶つ)シーンが冒頭にある

同胞によくこんな事ができるな!と罵られたKはお前と同じではないと言い返すが・・・・・

醜悪な世界と荒廃した光景が広がり 混沌とした汚い社会がある

うんと遠い未来 いや科学と技術の進歩で100年先にはもっと性能のいいロボットがいるかもしれない
人は夢をみて 現実にしたいと思う
禁断の扉を開けて広がる光景を見たいと思う そうやって進歩してきたのだ 
空を飛びたい それが飛行機になったのだ 中世からの夢だった いや神話時代か?

どうなんだろう 自分の大切な人や大事なペットがいなくなったら
そっくりに作ってもらうことができる時代が来る?

性格は?容姿は?自分好み? もう寂しいことなどない? ずっと側にいてくれる?

洋服をオーダーするように 自分好みのレプリカントを(呼び方はなんだっていい)オーダーする?
値段もピンキリ 既製品とオーダー品の違いみたいなものだ
孤独死もなくなる? 話し相手はレプリカントがしてくれる? 

だけど人間は性悪にできている 
ネット時代が幕を開けた時 ウィルスがメールでやってきたり ページを見ただけで何かを仕込まれたり 個人情報が流され 晒される ハッキングは日常的にあり カードの番号も抜かれる 
挙句はネットで募集して殺人をする
あれもこれも予測できただろうか

想像した人は多くはないと思う

実社会と同じだが ネットは違うと思えたのだ


悪巧みをする頭のいい連中はどの時代もいる 残酷なやつもいる

レプリカントを使って何か悪いことをする 
映画どころかもっとひどくなるだろう・・・・・・・

妄想しすぎ?

今日は映画の後でPeppaer(ペッパー)を見た
d0027244_23350634.jpg
そしたら恐ろしい妄想が浮かんだのです

d0027244_23340903.jpg

とても可愛い 近くに行くとおしゃべりしてくれます
これは お店のロボットだからお店のことやメニューのこと

そんな時代が来るとは思いたくないし来るはずないよ

でもね。。。。。。。。。。。

『お前が深淵を覗く時 深淵もまたお前を覗いているのだ』 ニーチェです 

人は理解できない物に惹かれる そしてある日。。。。。。。。。

妄想です^^ 

[PR]

by hanarenge | 2017-11-04 00:01 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(2)
2017年 10月 25日

ミラーズ・クロッシング

マフィアを描いた映画で 私的双璧は「ゴッドファーザー」と テレビドラマの「ザ・ソプラノズ哀愁のマフィア」だと思う

で この映画 数日前に iTunesでレンタルしました


d0027244_20504527.jpg



静かな映画 いや静かでもないが 静かな印象を受ける映画

コーエン兄弟の映画だが興行的には赤字の映画だ
観ればなぜ一般受けしなかったか 解ると思う


主人公の行動が理解しづらい一面がある 


禁酒法時代の東部アメリカ
強烈な印象を残す例えばゴッド・ファーザーのマーロン・ブランドのような俳優は出ていない

ファッションはお洒落でnice

主人公はガブリエル・バーン 
そして主人公と友情で結ばれているボス役は アルバート・フィニー
それから悪魔的な卑屈さの演技が素晴らしい バーニー役のジョン・タートゥロ 
ボスと主人公の間に立つ女は ミスティック・リバーのマーシャ・ゲイ・ハーデン

彼女の勝気な印象が良い
勝気な姉が庇うのが 卑屈で卑怯な弟のバーニーなのだが。。。。。
これが絡んで話は思いもかけない方へと

蓄音機から流れるダニー・ボーイ
その歌に乗ってのマシンガンでのものすごい撃ちあい

その時のボス役のアルバート・フィニーの格好いいこと!
クスッと笑える場面もあって コーエン兄弟だなあと!! 


筋書きは割愛 

男は女を愛し 女も男を愛した しかし女は規定路線の男の求婚を受け入れる(それは安定を意味する)

(女は男の元から去ったと言うより 去るべく自分を追い込んだのだ...........と私には思えた)

ボスの戻って来いとの懇願も断った男は一人残される 友情は終わったのだ 

(ボスは何があっても主人公の男をかっている 多分 人間として好きなのだ)

そしてどこかでこうなるとは解ってはいたが 恋も終わった

あくまでも淡々と流れる映像が美しい

吹き替えが野沢那智 1990年の映画です

私としては珍しく吹き替えで観ましたって。。。。

単に間違ってクリックしたんですってば 笑

[PR]

by hanarenge | 2017-10-25 00:01 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(0)
2017年 09月 10日

雑感 1

世の中には情報が飛び交っている

これは何も現在だけのことではない

ずっと昔から情報は溢れ 飛び交い 至る所に落ちていたのだ

だが その情報を 現代のように手に入れたり 活用できるわけではなかった

あるコミュニティのみ あるグループのみ などに限定され活用されていたのだ

伝わることはもちろんあるが それは今ほどのスピードではなかった

テレビという手段が出てからは早くなったけれど それも話題になったものだけだ

そして受け手が見ていなかったら 知ることは不可能だ

今はインターネットだ どこのどんな情報でもWebに載りさえすれば そしてそれに興味をもって知ろうと思えば 知ることは可能だ

有益になったと思う

ついつい検索サイトで興味のあることを検索してしまう 

文字の断片でもいいのだ 検索サイトはあっという間に候補をあげてくれる

これを始めると時間があっと言う間に経つ

代替医療



d0027244_08581759.jpg



長々と前置きを並べたけれど言いたかったのはこれの事

健康は世間一般大衆の一大関心事 王侯貴族でも 市民でも 健康を願わない者はいない

一律に寿命が決まっていたら? ある年齢に達すれば ○○になって死ぬと決まっていたら?

いやそれでも代替医療は必ず出てくるだろう 現在のような形ではなくても


この世でたった一つだけ確実なものがある


それは 生まれた者は必ず死ぬということだ

しかし誰しも健康に生きたい 

そんな願いに寄り添うように 代替医療があちこちで見られる

曰く これで癌が治った 曰くこれで難病が良くなった 曰くこれでアルツハイマーが軽くなった

ダイエットはこれがいい 肝臓にはこれがいい 腎臓にこれが効く 

勿論正しいと言うかまともな代替医療は昔からある 

今 私が言うのは インチキな代替医療のことだ

一大産業にのし上がってきた この産業 

こんなことでいいのだろうかと常々思っていた

私が好きだった 千葉敦子さん 彼女はもう亡くなったが 癌になってニューヨークに転居して治療しながら いろいろな情報を発信し本を出版したフリーランスの記者だ

その彼女が自分の癌について 治療や日頃の経過などをまとめて出版した時

日本から どっさり 代替医療の本や様々なサプリメントが届いたという

彼女は 心配してくださるお気持ちは嬉しいが 私は最先端の治療を受けている このような物は不要だと

彼女ほどの強い気持ちを持てればいいけれど 人は何かにすがりたくなるものだ

辛い治療 先の見えない葛藤 生きたいと願う気持ち 誰しも一緒だ

まして 若ければ尚更だ まさに藁にもすがる思いだろうと思う

そこで代替医療だ 

私はこれで治りました 本人がインタビューを受けている写真まで載っている

しかしこれが本人かどうかこちらには知る由はない 

よくよく読むと 小さな字で個人の感想ですと書いてある

効くとも効かないともあいまいに小さな字で書いてある

法律上で決まっていることはなるべく小さく書くのだろう

選ぶのもご自分で 使うのもご自分でというわけだ 自己責任でどうぞと

治る 効く 痩せる とにかく目立つのは大きな字で書いていることばかり

ありとあらゆる病気や痛みが楽になるという宣伝文句

これは詐欺以外の何物でもないと思う しかしうまくすり抜けているのだ

私の書き方が一方的に過ぎることは承知している

今 まさに 代替医療を続けておられる方も 考えておられる方も ご家族もおいでだろう

その方々や いいと思っている方々を批判するつもりは全くありません

これは私個人の考えです

私には95歳を迎える母がいます

その母を見ていて感じるところもあります

この前 本が届きました

これを読むきっかけになったのは

d0027244_08071658.jpg
これです 「母さん、ごめん」


作者の父親が癌でした

父親は 病状が深刻になった時 治療を拒否 自分のやりたい事と言うかやり残した始末を
つけて 来るべき日を見据えて 友人達に別れも告げ 自分なりに終活をされた様です
本人は淡々としていたというが 家族はたまったものではなかったと
その気持ちから良いと言われる代替医療を父親に勧め 様々なサプリメントも購入したのだとか
父親は家族への気遣いからか そうかと黙って飲んだとの事

しかし一切効かなかった

作者の母親が認知症を患っているのだが やはり友人知人から様々な代替医療の類を勧められたりいただいたりしたそうだ

その中でこの本を読むと目からウロコなので 是非にと勧めている

当たり前なのだが 代替医療は効かない

一種のプラシーボ効果は得られると思う

それは良いと思うが 如何せん費用対効果が高い

無駄遣いとまでは言わないが お見舞いなら現金がいいと書いている

私もそう思う 

私は 身内の入院を通して実感しました



代替医療は どうやって大きな産業になっていったか

そこにあるのは やはり金と欲

政治も巻き込み セレブとテレビを巻き込み大々的にキャンペーンを張り 米国食品薬品局=FADの規制をひっくり返す

私が一番腹のたつ思いをしたのは 子供を持つ親の弱みに付け込むようなサプリメントや代替医療の売り込み方だ

自分の子供に何かしら障害があったら

不治の病になったら

何としても治してやりたい一心で 既存の治療を受けながらも代替医療に目がいくだろう

西洋医療で回復の見込みはないと言われても 代替医療で治ると言われたら?

そんな親の気持ちに付け込むやり方が一番許せない

ハーブや鍼 多種多様なビタミン 背骨矯正?他には?もうありとあらゆるものが揃っている

鍼について言えば 経絡(ツボ)は もともとは中国の川の流れだそうな

それはまあ無理からぬことだと思う 千年?も前には人体の中など分かるはずもない

それに気(生命エネルギー)を組み合わせたものだと私は理解しているのだが

生命エネルギーって明確には何よと

何かよくわからない わかったようでわからない

鍼を打った時 痛みが消えた 楽になった と いうことはある 私も経験した

これは 脳内から痛みを和らげる物質(人間の脳って本当にすごい)が 抽出されて それで痛みが消えるのだそうだ

セロトニン アミノ酪酸 エンドルフィン等々

これは経絡には一切関係がなく 皮膚の下どこでもいいから鍼を打って(さした)も 効果は一緒だと

こういうことを書くと 東洋医学の方(鍼灸)からお叱りを受けそうであるが

読んでいて目からウロコの感覚だった (私も鍼は納得していたから)

代替医療で 気分が良くなり 痛みが軽減し その結果 病状に対して気持ちの余裕が出るのはとてもいいことだと思う

しかし これさへ飲めばとか これさえ守っていればとか こうあるべきとか やらなければならないとか思い込むのはとても危険だと思う

例えば Aと言う疾病には Bの薬が効く 或いはこの術方がいいとか 治療の方法だ

それは動物実験から人に対しての治験を経て 効果の程を科学的に実証して初めて世に出る

他の医師あるいは医療施設での治験でも当然同じ結果が出る

代替治療にはそれがない

体験談はある だが科学的に客観的に実証できたかというと疑問だ

そういうことは行わないのだ

科学的に実証できないということは これを進める或いは実践している「医療施設」や「医師」が一番知っていると思う

知っていて(も)売り込むのだ 

受けての私たちも しっかり調べないといけないと思うのだ

『代替医療は存在しない』 『効く治療法と効かない治療法があるだけだ』 

本書の最後にはこう書かれてある


[PR]

by hanarenge | 2017-09-10 00:36 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(0)