心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ネット ( 153 ) タグの人気記事


2013年 12月 09日

奈良でオフ会 お疲れさまでした

d0027244_1851022.jpg 手向山八幡宮には源 頼光の鬼退治の壁画が、ひっそりと、しらーっとさりげなくありました。(鬼の呪いでぶれた 笑)

源 頼光(みなもと(の)よりみつ)は、らいこうと言った方が通りがいいかも。酒呑童子の話で有名な人^^




呪いと言えば。。。。阿倍清明はんを思い浮かべるのは、彼が陰陽師だからか。
京都の一条戻橋には清明はんが橋の下に十二神将の式神を隠しておいたとかの伝承が有ります。

d0027244_21571658.jpg

若草山の麓を歩いて向うのは水谷茶屋の在る谷です。

水谷橋の下には式神ではなく大祓の形代(人形)が有った。
d0027244_18135941.jpg

名前もはっきりと書いてあったけど、何かの祈願に使ったのかしら、無病息災とか平安祈願とか。。ね。何にせよ幸せを祈ります。
キッシュのお店と土産物屋のおばあちゃん、一緒にアップだよ。
d0027244_2215282.jpg

このおばあちゃんのお店、開いてたんだねえ、閉まってばかりのお店なのだけど観光シーズンだから開けたのかしら???

d0027244_2159565.jpg

秋の日差しは釣瓶落としとか。。。。でも公会堂まで来るとまだ空は青く明るい。

d0027244_2201843.jpg公会堂には庭が有ります。
その庭でゲームの真っ最中、ジャンケンポン!楽しそう!私もジャンケンしたかったなあ。

d0027244_224498.jpg

ワインレッドの秋模様

いつも思うのは、もうちょっと水がきれいだったらなあ。。。。
d0027244_225926.jpg


鹿とbiwahamaさん、決まってます!!
d0027244_2275366.jpg

いいの撮れたかな^^

d0027244_229379.jpg

段々影が濃くなります。
d0027244_22101483.jpg

椛もね
秋の黄昏が迫る頃は「世間が急に狭くなった気がする」(これは長塚節の小説「土」の一文だけど、本当にそう思うな)

しつこい鹿
d0027244_22144272.jpg

くれるまで離れへんねん。

でへへへ
d0027244_2216888.jpg

====d(* ̄^ ̄)=====b senbei♡

せんべいの取り合いです。
d0027244_2221782.jpg

嘘。センベイもうても これはやめられまへん。力試しでつ。

あっという間にお開き
d0027244_2223551.jpg

JR奈良駅から見えた若草山。天辺は人一杯です。

皆様お疲れさまでした、大和路線でビュワーンと帰りました。
[PR]

by hanarenge | 2013-12-09 22:25 | 奈良
2013年 12月 07日

奈良オフ会は続く

月初めから5日くらいが私の忙しさがピークに達します。
12月も7日を過ぎ、年賀状を売る郵便局の人もあちこちで目につく様になったこの頃です。
コメントを下さった方々の所へもまだお伺いも叶わずにいます、ごめんなさい。

11月のオフ会のアップを続けます。

木漏れ日の吉城園を後にして。
d0027244_9474284.jpg



d0027244_948566.jpg

何処で撮ったのか。。。。記憶にごじゃりません。

d0027244_9495740.jpg

時間も頃加減、二月堂への道
そう言えば、この道で鹿を見かける事はないのです、人は多いけど鹿はいない二月堂への道です。

因に二月堂の御本尊は二体有ります、大観音(おおがんのん)と小観音(こがんのん)
この仏様は絶対秘仏で、修二会の法要を努める練行衆もその姿を見る事はならないのだそうです。
二月堂の端正な姿は、修二会の火と水の行の中でいっそう引き立つように感じます。
奈良の夜に映える松明の美しさもそうですが、真っ暗な中で灯りを消して行われる水取の行も大変素晴らしい物です。
足下の薪の火だけを頼りに、雅楽の響く中で行われる水取の行を機会が有ればご覧頂きたいと思います。
内陣で行われる走りの行法や達陀の行法等々、どこか遠い異国の香りも感じる神秘的な行です。
お堂の中は真っ暗で、蝋燭の火の下に読経と練行衆の走る音や声が響きます。

d0027244_9524992.jpg

お揃いの帽子のお嬢さん達、ちょっと一休み。若いっていいなあ。。。。。

d0027244_17312826.jpg

お松明が駆け上がる登廊 晩秋の光が柔らかな影を落とします。

手向山八幡宮(たむけやまはちまんぐう)
d0027244_17361988.jpg

「このたびは幣もとりあへず手向山 紅葉の錦神のまにまに」古今和歌集に菅原道真が詠んでいます。
椛の名所として名高いのですね。
ここの大公孫樹も見事です。

蝉の抜け殻です、biwahamaさんが撮れるかなあと言いました^^
d0027244_17404331.jpg

撮ってみましたよ。公孫樹の葉っぱにしがみついた蝉は、もうとっくにこの世からおさらばしたでしょうね。
ここで羽化してから、どれくらい経っているのかなあ。。。。雨も風も有ったけど残っている所が凄いな。

で、手向山八幡宮の紋様は?
d0027244_17454836.jpg

フクロウや、ふくろうや
ちゃいます!
d0027244_17474966.jpg

向かい鳩でした。

お昼を頂いた土産物屋さん兼レストランには
d0027244_17532289.jpg

ここは、昔からの食堂と言う感じ。若草山の麓でずっと営業したはるんやろうな。

d0027244_1754516.jpg

せんべいくれ・・・
あかん 買うてもらい
・・・・・・・・・・・・
[PR]

by hanarenge | 2013-12-07 17:56 | 奈良
2013年 12月 01日

奈良でオフ会 もそっと詳しく

ブログのお仲間のhappykotaさんとtomoさんのご案内で、知らなかった奈良の横顔が見えました。
沢山の資料も用意して頂いて、大変お世話になりました。
東向き商店街と対をなすように北に広がるきたまち商店街から始まったオフ会でした。

シックな奈良女子大を出て吉城園に。


銀色の秋
d0027244_11442862.jpg


椛はお供
d0027244_11581780.jpg


happykotaさんに教えて頂いて
d0027244_1225951.jpg

せっかく教えて頂いたのに私は上手く撮れませんでした

吉城園から戒壇院へ

戒壇堂の古い道
d0027244_121469.jpg

足下にお気をつけて


大仏池の一こま
d0027244_1254798.jpg


大銀杏は金色に
d0027244_1210272.jpg




所で大仏池の中には、実生の木が芽を出しています、ここへ運んだのは誰でしょう
d0027244_1273938.jpg


それはもちろん↓
d0027244_1284917.jpg

せんべいくれ。。。。。。


奈良きたまち歴史のモザイクのHPです
[PR]

by hanarenge | 2013-12-01 12:17 | 奈良
2013年 11月 29日

奈良でオフ会

d0027244_1933372.jpg


奈良オフ会 晴れました、撮りました、食べました、笑いました。そしてちょっぴり疲れました。

d0027244_23155144.jpg

モミジはこうして赤くなるのです。

d0027244_2316684.jpg

二十一日月がかかる。

d0027244_23191056.jpg

見えるかな。

d0027244_23315512.jpg

見えてます。

d0027244_23211067.jpg

クラウンですか?

d0027244_23211975.jpg

金色の光が落ちて来る。

d0027244_2322593.jpg

ウロの中には。

d0027244_23292558.jpg

私にせんべい持って来い。
[PR]

by hanarenge | 2013-11-29 23:27 | 奈良
2013年 11月 19日

赤目の滝 2

ケネディ大統領が暗殺されて今年で50年になるので、ニュースでもドキュメンタリーでもケネディを取り上げたものが多いこの頃。

NHKのBSで、録画しながら観ていたら、なんと途中で止まってしまった!
選択されたチャンネルを受信出来ないとアナウンスが出て、画面は真っ黒に。

光テレビなので、ネットも調子が悪くなった。。。。
慌てて、チューナーの再起動、録画は異常終了している筈なのでもう一度録画設定する。

インターネットは復帰している筈なのにPCは沈黙。。。。ネットに繋がらないと何も解らない不便さを久しぶりに味わいました。
時間にしたら、切断は10分も無かったと思うけど、便利なのか不便なのか。。。。よう解らんわ。

カエルのお土産。
d0027244_1171616.jpg

赤目の滝のレクチャーを受けた土産物屋に売っていたカエル、買わないで写真だけね。

氷みたい?
d0027244_1191493.jpg

岩の上の水に映るのは木の影です。


d0027244_1205242.jpg

大雨が降ったら、この岩も流されるかな、苔も木も岩と一蓮托生。

d0027244_1221374.jpg

休息場の屋根の上は実生の木には、ちょうどいい場所かもね。この木、これで何年くらいかな。

d0027244_1235871.jpg

布曵の滝の上から見下ろした。私もさっきまであそこに立っていたんだよ。

後ろの岩はね。
d0027244_1275051.jpg

静かに滝を見守る石の人^^柱状節理かしらん?赤目の奥は曽爾村に繋がっているし、曽爾には柱状節理の見事な光景が見られるし(屏風岩)香落渓(かおちだに こうちだに)も近いし、この辺りはこう言う節理状の岩が特徴かもしれないなと思った次第。
香落渓は一見の価値ありですよ。

布曵の滝壺を覗いてみたよ。
d0027244_1363097.jpg

落差30mを落ちる滝は、一条の布のように見えるのです。滝壺の深さは30mだそうで。
水が澄んでいるから、底がゆらゆらと見えるのです。それは丸で人を誘うようにも見えます。

d0027244_1414817.jpg

紅葉はますます深くなっているだろうなあ
d0027244_1422057.jpg

魚がいっぱい、砂地の底にはドングリがいっぱい。
d0027244_1423945.jpg


ツアーのおまけは曽爾高原、金色に輝くススキを見る筈でしたが、曽爾村に向う時は大雨に。
d0027244_1434879.jpg

高原に着いたら、雨は上がりましたが、ガスが猛烈な勢いで湧いてきやがりました(笑)
5時になったら真っ暗になります。ちょこっと散策、またまた降り出す雨、もうバスに戻ろうっと。
[PR]

by hanarenge | 2013-11-19 01:48 | 小さな旅の思い出
2013年 11月 06日

渋皮煮とか迷惑メールとか

栗が来た♫
d0027244_17574647.jpg


で 初めての渋皮煮、ブランデー風味。
d0027244_1758895.jpg


うーむ。。。。。下手〜〜〜!!イマイチ!!。

レシピに書いてあるよりもっと灰汁抜きした方が良かった。渋皮の掃除もね。ガクッ( ̄へ ̄|||)
 
まあ今回はこれでお茶タイムです。

でも味はけっこう?まあまあですよ。(* ̄o ̄)オホ 自画自賛


最近迷惑メールがど〜〜〜〜んと増えて来た。

どれどれ?


こんな具合のメールです
「銀行口座をお 持ちでないと、言う訳ではあ,り,ませんよね?」
「8300 万は当然【無 償 】!【非課税】!すぐに振込みますので 協力お願いします!」
   ▼本文はこちらか.ら(*無**料**)
http://ieqrbhxx.biz/6f0l04rqmp3mjjgzl/×××××/6448d4b08dce96c990dba〜〜〜〜〜〜1093ca43446f4e〜〜〜〜〜〜〜
・‥…M E N U
http://ieqrbhxx.biz/qxtmee69esszbqkt/64×××08dce96c×××dba066f1d734e3d341093????????
▼退 会はこちら
http://ieqrbhxx.biz/qxtmee69esszbqkt/×××〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜6f4e2a210b0a09132fc

以上のようなメールが初めの文章を変えて毎日迷惑メールボックスに入っている。
8300万を私にくれるのだそうだ。
私が口座番号を教えたら、すぐに振り込んでくれるのだそうだ。
ソースではIPアドレスは名古屋辺りになっているらしいけど、どうもその辺は解りません。

検索したら同じような物がいっぱい出ます

去年は4300万だったそうで 爆
8300万で8300万円ではない ジンバブエドルかも知れないし〜〜〜笑

一日に3〜4通にまで激減していた迷惑メールがここに来て急上昇。

こんなのに引っかかる人っているのだろうか?????

初めのうちは面白くて大笑いしてたけど。。。。。しつこいのは×

ウザイから速攻削除で、全て空でおます。
[PR]

by hanarenge | 2013-11-06 18:36 | キッチンから
2013年 11月 01日

ある記事より 当たり前じゃ

「ガラケー派=遅れた人」の風潮は携帯会社が作ったとの指摘

 先日、ついにドコモからもiPhone5sが発売され、スマホ商戦が激しさを増す一方、携帯キャリア3社が揃ってガラケーの新モデルを発表するなど、「スマホ対ガラケー」戦争はまだまだ終わる気配がない。ただし現在、巷に漂う“ある風潮”について、『東京IT新聞』編集長の西村健太郎氏は、こう指摘する。

「スマホはスマートで賢い、ガラケーを使う人は頭が古くて遅れている人―という風潮は、携帯会社がつくりあげたものです」

 西村氏によれば、スマホの買い換えに関して、各社とも“初期費用ゼロ円”をアピールするのは、毎月の料金で元がとれるから。

「ガラケーだとネット利用しなければ月額5000円以下に抑えられますが、通話に加えてネット通信費が嵩むスマホだと8000~9000円になってしまう。通話とメールしか使わない人にもスマホを販売したいのが携帯会社の本音です。ガラケーがスマホより劣っているというのは、実態とは異なります」
[PR]

by hanarenge | 2013-11-01 12:31 | ニュース
2013年 10月 23日

オフ会in大津 3

暑かったり寒かったり、気温の定まらない今日この頃いかがお過ごしですか。
私は、鼻風邪をひいてしまったようです。><。。。。。

大通りに整列した曳山の見物。

黒紋付の囃子方は色鮮やかな着流しに着替えます。
d0027244_12251881.jpg

からくり人形も忙しく動きます。
大通りを行ったり来たり、見物の人にたっぷりと観てもらいます。

各町の曳山の手ぬぐいと絵皿が展示してありました。
d0027244_12264495.jpg

この横では、ちま吉がせっせと愛嬌をふり撒いて、粽と手ぬぐいを販売中。

ちょっと通りから中へ。
お茶したかった喫茶店は当然ながら満員wwww
d0027244_12311393.jpg


祭り提灯があちこちの軒先で揺れている。
d0027244_1231315.jpg

ちょっと怖い顔の鯛?

こっちはまだ新しいかな。
d0027244_12321099.jpg


提灯にひかれてもう少し奥へ。
大津絵展を開いている町家がありました。
d0027244_1234634.jpg

どれどれ、どんな絵でしょう。
d0027244_12365692.jpg

中に入ると。
屏風に額に絵双紙に。
d0027244_12375079.jpg

いや〜〜〜めでたい、めでたい。と、大黒さん(だよね?)
d0027244_12382524.jpg

七福神ならぬ七大黒天。

鍾馗さん見っけ。
d0027244_13482598.jpg


大黒さんにさよなら
[PR]

by hanarenge | 2013-10-23 13:55 | 滋賀
2013年 10月 18日

オフ会in大津 2

10月19日は京都の予定。またかとおっしゃいますか?^^。

しかも、お嫁ちゃんと二人で^^と言う事でしたが、急遽都合が悪くなりました。

がっかりです。でも楽しみは後の方が大きいと思う事に。。。。。

楽しかった大津祭のアップ続けます。

d0027244_1828025.jpg

空高く湖国の秋の祭かな。。。。。
お囃子を奏でながら巡行です。曳山の上から見ると、観光客は皆、同じように口を開けて見とれているのでしょうね。私なんて始終ぽかーんとしてました。
午前中の巡行時は、威儀を正して黒紋付。

町家の二階から曳山を見るお客さん。紅白の熨斗のような物があるでしょう?
これは、「所望」の印です。(しょもうではなく、しょうもんと言うそうです)
この印の有る所で曳山は止まり、お客さんにからくりを見せると言う訳です。
d0027244_1853111.jpg

大津祭の見どころの一つに、精巧に作られた「からくり」があります。
故事や能楽・謡曲などから取材したこれらのからくりは、全国でも2番目に古いと言われています。
このからくりを演じることを所望と言い、本祭の巡行中、20数カ所で曳山の巡行を止めて、この所望が行われます。
ちなみに、所望は「しょもう」ではなく「しょうもん」と発音します。
また、宵宮では、人形を曳山から下ろし、曳山のそばの町家で展示されていますので、間近にご覧になることができます。NPO法人大津祭り曳山連盟より抜粋


やがて、曳山は商店街に差し掛かります。
d0027244_18321215.jpg


曳山の屋根裏の天井板にも、美しい絵が描かれてあります。彫り物細工の所も有ったように思います。松村景文・長谷川玉峰・広瀬柏園等の有名な画家の絵だそうな。
美しい曳山は大津商人の財力が伺われます。
d0027244_18444211.jpg

商店の二階は大きく窓を取ってあります。これも曳山仕様?でしょうね。
アーケードの高さも、もちろん!
d0027244_19232266.jpg

京阪電車との出会いを演出した、西行桜狸山は国際色豊。一般募集なのかしら?
HPによるとボランティアも募集しているようです。
d0027244_19265238.jpg


カーニバルは何処の国も笑顔が似合います。
d0027244_19304165.jpg

裃で巡行に付き従う人、髪型が光っております。
d0027244_19312532.jpg

ご挨拶を
d0027244_19492179.jpg


お稚児さんなど写真多いです
[PR]

by hanarenge | 2013-10-18 20:16 | 滋賀
2013年 10月 16日

オフ会in大津 1

さてさて、オフ会です。大津祭りです。

d0027244_21134689.jpg

天孫神社の前に勢揃いした曳山。いよいよ晴の巡行です。
囃子方や引き手によって曳山が命を吹込まれ動き出します。華やかな中にも緊張感が走ります。

9時30分JR大津駅集合でしたが、皆さんそれより早くスタンバイ。
私も9時10分大津着の電車で^^
待ち合わせ場所を決めて、三々五々とカメラ片手に街中に散るメンバー達
私もゆっくりしてられへんと言う事で、ちょっと天孫神社に入ってみました。
d0027244_2116610.jpg

縁日には付き物の金魚は、外の喧噪も知らぬげに。

表に出たらびわはまさんに会いました。私はbiwahamaさんにくっついて回る事にしました^^。

大津祭のお洒No.1お洒落No.1を決めるなら彼でしょう。お酒No.1って・・・(ーー;)
d0027244_21252288.jpg

狸山の関係(お宿?)の家に入らせてもらうと
d0027244_21271232.jpg

黒光りしたおくどさん、水屋など懐かしく機能的な物が展示中。
明かり取りの窓を切ってあるのかな。奈良、京都の商家にも多い造りですよね。
曳山撮らんとこんなんばっかり見てたんですね〜〜〜(ーー;)

「神功皇后山」の車輪。大きいですね、前に一輪、後ろに二輪、ずれますが平安京の都を往来した牛車も三輪ですよね。この時代四輪と言う発想は無かったのかも。。。。。と、妄想中。
d0027244_21341234.jpg

からくり人形さんもスタンバイです。
d0027244_21391721.jpg

からくりは精巧に出来ています、曳山の上で動く人形に昔の人も歓声をあげた事でしょうね。
京阪電車と曳山の出会い。
d0027244_21414438.jpg

おけいはんの京阪電車、いつも京都へ行くときは京阪が多い私です。
大津を走る京阪電車を見たのは初めて、こんなに可愛い電車だとは!!乗ってみたいな。
曳山と電車、もっと離れている所を撮れて喜んだら・・・・・・・車がしっかり写り込んでいました。。。。
電車は下る。曳山は上る。
d0027244_21474110.jpg

逆光やなあと思いましたが、撮れてます。

biwahamaさんが一緒に回って下さったので、商店街を抜けて電車通りまで来る事が出来ました。
感謝、感謝。やはり地元の方は違いますね。
所で曳山の後ろにはこんな屋台が必ず付き従っています。
d0027244_21501064.jpg

引き手や囃子方の飲むお茶とか、上から撒く粽、手ぬぐいの類いをいれてあるのでしょう。
狸山の後ろの屋台を押すこの人がお洒落でした。

商店街を抜ける曳山、所望する所でからくりを披露する曳山、街中の様子等々この次にアップします。

パパラッチ!
[PR]

by hanarenge | 2013-10-16 22:00 | 滋賀