心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:心模様( 153 )


2018年 03月 22日

お彼岸を迎えて

お彼岸でした

彼岸の入りが3月18日 中日=春分の日が3月21日 彼岸の明けが3月24日

彼岸とはサンスクリット語のパーラミターの 漢約の到彼岸の略だと言われているとのこと

煩悩の多い此岸(この世界)を離れて 悟りの境地の彼の岸に到達すると google検索すると書かれてあります

母くらいの年代の人は 彼岸入りと彼岸明けという言葉をよく使いました

昨夜 弟から電話がありました

私たちのご先祖は約300年くらい前から彼の地に住んでいました

私たちの家は築200年くらいもしくは150年くらいの 古い家です

材木はもちろん国産というか 自分の持ち山の木を大きいものから小さいものまで選び抜いて 製材して建てたものです

釘は一本も使わず 全部 材木を組み合わせてあります

京都の美山の茅葺きの家というと分かりやすいでしょうか

あの屋根よりもっと大きい屋根です

茅葺きの職人さんもいなくなり 茅の山も昔のようではなくなり 雨漏りを防ぐためトタンで伏せてあります(茅屋根をトタンで覆っているのです 見栄えは とても悪いのですが仕方がありません)

大黒柱はまっすぐで一分の狂いもありません そして漆で塗っているので真っ黒で艶があり光っています

今はきっとくすんでいるでしょうが 昔は糠袋で丁寧に磨いていました

そして屋根うらは大きな空間で その空間には次に吹き替えや修理に使うために茅を蓄えています

重さにしたらどれくらいでしょうか100キロとか500キロなどではありません もっともっと重い

茅屋根というのはとても合理的です 夏は涼しく冬は暖かい そしてかまどの煙で燻され 茅は腐ることなどありません

きっと 屋根うらの細い竹は飴色になっていることでしょう

外から見ると古ぼけていますが 大事に修理を重ねて長い時間が過ぎた家の木は 建てた当時と同じにしっかりと家として建っています

もうこのような釘を使わない家を建てる腕を持った大工さんは 少なくなりました というか 宮大工さんしか思い当たりません

そして 家としてはまだまだずっと住まうことのできる この建物は 打ち捨てられています

もうここには弟も私も帰りません

悲しいことですが致し方がありません

この家をどうするか 売れるわけもなく ただで良いから材木をもらっていただける人がいないかと色々と算段したんですが
車が入らない 遠い 壊すのに大変などということから なかなか思うようには行きません

放っておいて朽ち果てるには忍びないし いつまでかかるか見当もつきません

壊す方向で弟は色々な所に聞いていました

はじめは500万円位かかるとかで これではと弟は頭を悩ましていたのです

ところが 昨夜の電話で 彼岸のお墓詣りに行った時に田舎の知り合いの方の家によってその話をしたところ

とても良心的な人を紹介してもらえて お安い値段で(100万円でお釣りがくる)壊してもらえることになったとのこと

一安心です

材木もどこかで使ってもらえるように話してみようと言っていました

テーブルにでもベンチにでも 何にでも良いのです

新しいところで新しい役割をもらえて 木がその使命を果たせたらこんな嬉しいことはないと私は思えます

もっと陽気が良くなったら 実家に行って 黒光りする大黒柱や 違い棚 床の間の変わった柱など写真に撮ってきたいと思います

そして解体が始まったら 出来たら 目にすることのなかった大きな梁や屋根うらなども撮ってみたいと思います

d0027244_18461521.jpg

京都御所(御苑) 近衛邸跡の枝垂桜です

桜とメジロなんとか撮れましたが。。。。。
大好きレンズ1ですのでちょっと遠かった

でもまたアップしてみます

[PR]

by hanarenge | 2018-03-22 19:25 | 心模様
2018年 03月 15日

凹むよな

失敗だ  

失敗だ

ブログで詳しく書くわけにはいかないけれど

とにかく 失敗 >< 凡ミス しかし大事なこと

 

何故 こんな勘違いをしたのだろうか

ちょっと考えたら 解りそうなものをと自分を呪いたくなる

同僚が気付いて 指摘してくれたので 助かったけど  同僚に感謝です ありがとう!!!!

それからは ミスなく順調に経過したけど 私の中ではミスした自分に腹がたつ



凹むよなあ 我ながら アホやったと

私はこんな凡ミスを 時々やらかす

どこか抜けていると自分でも思う 

気が付いた時点で 上司に即報告して すみません  以後気をつけますと謝った

良いことは 事後報告でも良いけれど 悪いことは即報告しないと 後になるほどやりにくくなる

今日は 凹んだ1日だった  反省!!!!

今後 同じミスは犯さないぞと 自戒を込めてここに記すことにします

[PR]

by hanarenge | 2018-03-15 20:27 | 心模様
2018年 03月 10日

ドキッとしたよ

孤独死は恥ずかしくない (追記です 書き忘れてました 3/10)

タイトルはドキッとするけど

五木寛之氏の日本人に問うを読んで


「一人ひとりが、自由な「デラシネ」として、自分の健康もひっくるめて、自分で生き方をケアする道を探してはどうかと考えています。」 文章引用

この中で 私が一番心惹かれたのは

「和して同ぜず」

孤独と孤立は違うと書かれている



みんなと一緒になって何かをやりながら 自分を見失わない


そうなのだ 

あの人が この人が と 周りに影響されて いやでも 合わせていく

大なり 小なり 人間は皆そういうところがある

世渡りは 我慢に忍耐更に堪忍(私作???)

だけど だけどさ そういう自分を客観的に見ている自分から言うと いやだなあ

和して同ぜす

和を乱さず 偉そうにせず 知ったかぶりもせず 我先に前に出ず 控えめに

しかし 自分の心を見失わず 『孤独』でありたい

私は こういう人を知っている

いや その人もきっと葛藤を抱きながら 合わせているのだ

無理してでも笑わなければいけないときもある

だけれど 和して同ぜずの孤独でありたいと思っているだろうと 私は勝手に想像している

そう思って毎日を過ごしているだろうと 私は勝手に思っている

私もそうでありたい そういう孤独を身にまとい 歩いていきたい

私は勝手にその人にエールを送ろう

かっこいい生き方だとエールを送ろう

d0027244_01241731.jpg
写真と記事はリンクしません

いろいろなものと人が映りこむ大阪駅 

d0027244_01243727.jpg
右に揺れ 左に揺れて 人は歩く 心の中の葛藤はひとそれぞれ
あなたにとっては些細なことでも 私には大問題 その逆もね

d0027244_01244884.jpg
ここまでくると何が何だか解らない

何を言いたいのかと聞かれても困りますが 妙にぴったりくる写真なんです





[PR]

by hanarenge | 2018-03-10 01:30 | 心模様
2018年 03月 08日

氷が溶けたら

氷が溶けたら何になる?

先生が聞きました

氷が溶けたら何になる?

男の子は小さな手を握りしめて 席から立ちました

はい 氷が溶けたら。。。。春になります。。。。





d0027244_19141638.jpg




今年はとても寒い冬でした

公園の梅もなかなか開かずに。。。。




d0027244_19142630.jpg





暖かな日がやっと来ました

公園は光が溢れて 梅も咲き始めました

氷が溶けたら 何になる

d0027244_19144599.jpg




小さな彼は 氷が溶けたら柔らかな草が薄緑の芽を出して やがて花が咲く そんな野原を思ったのでしょうか

お母さんと通ったあの道で お話ししたことを思い出したのでしょうか


氷が溶けたら。。。。。。

理科の時間でした

氷が溶けたら 水になるのです

氷が溶けたら 春になる。。。。。

この答えに先生は何と答えたのでしょうか?






このは話は昔からよく引き合いに出されます

上手くできた話だと思います

答えは 水で正解だと私は思います


これは [理科]の時間だからです

しかし 春になると答えたくなる気持ちもよくわかります




西に傾いた日を追いかけながら 閉園ギリギリまで梅林にいました


仕事が午前中で終わった日のことです 

[PR]

by hanarenge | 2018-03-08 19:39 | 心模様
2018年 03月 07日

思うこと

海外からの留学生たち

日本語を アジアからの青年たちが学ぶ

中国 韓国 マレーシア ベトナム フォリピン スリランカからの青年もいる

彼ら 彼女らは母国である程度日本語を学んでから 日本に留学してくるのだと

私は彼らの熱心な向学心に感心する

片言でも 文法上 少し おかしくても そんな事にこだわらず 熱心に会話をする

そして真面目に勉強に励み 母国に帰っていくのだ

可愛らしいお嬢さんは湖南省からだと 私に教えてくれた いい所ねと言うと とてもいい笑顔でハイと答えてくれた

礼儀正しい彼らは しかしお国言葉では コロコロと笑いながら話している

そばで見ていると こちらまで楽しくなる

この彼ら彼女らの熱心さは 日本の若者より勝っていると思える

どうぞ 日本の素晴らしいところを吸収して 日本での暮らしを楽しんでほしいと思う

写真は記事と関係ありません


ある日の梅田

グランフロントは大勢の人でした

d0027244_19421483.jpg




d0027244_19425831.jpg



[PR]

by hanarenge | 2018-03-07 20:24 | 心模様
2018年 03月 05日

これもトラブル

カメラは蓋も出てきましたし 梅田フォトさんで外れやすい蓋を少し調整して頂きました

これで落ち着いたらいいのですけれど

後 出来ることは私が気をつけることですね

私の MacBook Proは2010年に購入しました

随分古くなりましたが まだもう少し現役でいてほしいと願っています

所が 充電ができなくなった 

電源アダプタは大丈夫のよう

原因はケーブルの様子 

どこかで断線?おかしくなってる模様です

柔らかいから曲げるとランプがつきます

とりあえず 今はそれで充電中

また お金が出て行きます (ー ー;)


記事と写真は関係ありません



結界

d0027244_21515844.jpg


記念撮影

d0027244_21530290.jpg




孤独という名の自由か

自由という名の孤独か



d0027244_21540578.jpg


[PR]

by hanarenge | 2018-03-05 22:01 | 心模様
2018年 02月 11日

大阪駅と田舎のお宿のお人形とか。。。。。

我ながら へんなタイトル

母の49日とお墓へのお骨納めを終えたのですが なんだかまだ記事にもできていません

ガスで真っ白だった田舎の光景とか 湾岸線の光景とか 小さい人のことなんかもアップしたいと思いながら

筆が進みません こんな時は無理をしないほうがいいのです

無理をして記事を書くと 削除したくなるような出来にしか仕上がりませんもの

言い訳はこれくらいで ヘンなタイトルの変な記事をあげておきます 笑

d0027244_22470459.jpg

空気は冷たく寒い日が続きますが 小さな春がひっそり生まれていたよ



d0027244_22460583.jpg
お宿で展示中の作品の一つ ジオラマで撮ってみた


d0027244_22455630.jpg
2/8の今年初めての仕事の日   閉じ込められた風景  (阪神デパート)


[PR]

by hanarenge | 2018-02-11 22:52 | 心模様
2018年 01月 27日

雪の朝




d0027244_22115842.jpg


雪が降りました

雪は風に乗って舞い落ちてきました

北の国では毎日の事ですが

ここでは積もると小さい人たちは歓声を上げて外遊び

ついでに大人もワクワクです




[PR]

by hanarenge | 2018-01-27 22:17 | 心模様
2018年 01月 08日

日常の中の無駄とか 貴重なもの 果ては人生って…… 何のこっちゃ

雨だ

日はめぐる

あっと言う間にもう8日だ

しなければならないことがたくさんある

昨年は11月からは 母のことばかりで過ぎた

中心に母があって その周りで日々が過ぎていった気がする

そしてそれは突然に終わった

妙に気が落ち着かない

こんな時は家事をするに限る。。。。。。と言うのは私の持論ではなく何かで読んだか聞いたのだ

家事は決まった手順で進んでいくし 結果がすぐに見える

音楽を聴きながら掃除や片付けをするといいのだそうだ

と言うことで私も片付けにかかることにするのだ

重い腰をやっとこさっと上げて片付けにかかったのは良いのだけど

母の肌着類 これが半端なく多い

デイとショートを利用していたが全て 其れこそパンツ&シャツから靴下 ハンカチ 何にでも名前を書けと言われていたので 私はせっせと書いたのだ

大勢の利用者さんががいるので わかりやすいようにはっきり大きく書いた

こんなに早く要らなくなるとは思わなかったし 足りなくなれば困るので多めに用意していた これ全部名前付き

肌着や靴下 新品もたくさんあるが再利用はできないから 名前を書いたところに一枚一枚ハサミを入れて それをさらに細かく切る
ネームを切り取った肌着類は綺麗に畳んでゴミ袋へ

これを延々と繰り返す
母の遺影が笑っている えらい世話なことやなあと言っているだろう

考えたら勿体無い話だ

新品は誰かに貰ってもらうか どこかに寄付そしてまた新しい使命を生きることもできるのに
現在ではそれはできない 寄付だって一度でも着たり あるいは使用前でも包装を外したらもうダメなのだ

おかしな話だ これ全てお金 お金をゴミ箱へ捨てているのだ

たとえ10円でも銅貨をゴミ箱に捨てる人はいないが 形を変えた無意識のお金はゴミ箱へ
これって壮大な無駄
始末ばかりが必ずしも良いと言うつもりはないが 矛盾を感じる
こんな無駄は母は大嫌いだった

こんな愚痴をここで言っても始まらないけど

更に言うと人生に「無駄」は必要なのだ この「無駄」分かる?

無駄はいつの日か無駄ではなくなる 無駄は巡り巡って生きた証になる

そういう無駄はいいのだ 無駄談義 解る???

分からんということは 人生の甘美さを知らんと言う事やで ほんまよ 解る?? 笑

[PR]

by hanarenge | 2018-01-08 15:37 | 心模様
2017年 12月 31日

2017

2017年も終わります


「去年今年貫く棒の如きもの」高浜虚子



今日に続く明日がある のであるが

やはり 年の暮れ へそ曲がりな私でも少しは今年に思いを致すというわけです

感慨深い一年となりました

みなさまご承知のように 今年は年末も年始もあってないような我が家ではあります

例年なら手作りのお節も年賀状も今年は全て割愛 正月準備も何もしていません

しかし こんな私にも新しい年は来るわけで

私個人のことで言いますと

カメラの面白さとか楽しさ 或いは写真の楽しさ 難しさが 少しわかったような気持ちがしている所です

来年は今年よりもう少し いい年になりますように

もう少し賢くなりますように 

どうぞみなさまも良いお年をお迎えください 

新しい年もよろしくお願い申し上げます

d0027244_09393897.jpg

d0027244_09385556.jpg


d0027244_09384011.jpg

d0027244_09383891.jpg

だるま夕日もさることながら

海峡に沈む夕日に魅せられたひと時でした







[PR]

by hanarenge | 2017-12-31 09:42 | 心模様