心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 11日

汚染は大人が引き受けよう

汚染された物は大人が引き受ける 小出裕章 非公式まとめブログより

福島の原発から放出され 否 未だ放出されつつある放射能で 汚染は広がっています

だからと言って食べない訳には まいりません

どこそこの野菜が 何処そこの魚が どこそこのお茶がと 或は水がと 食物汚染の事がニュースになり その度に 識者の意見がやかましくニュースに載ります

汚染された食物は 大人が 年寄りが引き受けましょう 子供を若者を守りましょう 

これしかないと思いますけどね

こんなことを言ったり書いたりすると じゃあ 高齢者を見捨てるのかなどと言う人もいるかも

何故見捨てる事になるのでしょうか

未来のある若者や子供達を守ってこその大人ではありませんか 私は小出先生の意見に賛成です

一人一人の大人達が私も含め この原発の世界を選択して生きて来たのです

そして事故は起きたのですから 責任を取るのは当たり前です

そんな事も解らないのでは 原発以前にこの国は終わっていたのです

・放射性物質は東京方面、福島県内、宮城方面、そして米国にまで流れ、汚染を広げている。地球の陸と海すべて、そして全ての生きものが汚染されており、安全で大丈夫な食べものはもうないと思うしかない。
・被曝は微量でも危険だが、感受性は年齢によって全く違う。細胞分裂が活発なときに被爆すると遺伝情報が狂ってしまい、後にガンになる可能性が高まる。成長が止まるまでの間の被曝は大変危険。50歳を超えるとほとんど影響はない。

・すべての食べものを測定し、汚染度が高いものは年寄りが食べればいい。子供は汚染度が低いものを食べる。大人は、特に私の世代を中心として、原子力をここまで許してきた世代としての責任がある。

・政府は基準以下なら安心と言うが、それは間違いだ。連続的に危険が分散しており、どこかで基準を決めることはやるべきでない。

・日本では一般の人は年間1ミリシーベルトという決まりがあったのが、今回20ミリシーベルトまで我慢しないといけなくなった。子供もそれに含まれるが、それは認めることはできない。子供を守るために、汚染度の低いところで子供たちが遊びながら楽しく数ヶ月過ごせるようなサマーキャンプのようなものを作る必要がある。

.消費者が、汚染されている福島の農産物や近海の海産物を拒否したら、福島の農業、漁業は崩壊してしまう。日本は一次産業を崩壊させ、工業を発展させることを中心として進んできたが、原発はその象徴だ。その象徴である原発が事故を起こした今回、一次産業を更に崩壊させる選択をするべきでない。

・知恵を働かせて子供を守り、大人はあきらめて食べるべきだ
 小出裕章非公式まとめより

追記です
祝島の人々のように真っ当に生きる事
お金の誘惑に負けずに 原発の誘致をはねのけた人々の事が書かれています
愚直と言うなかれ 放射能が怖いから いらない これは全く当たり前の事で 至極真っ当な生き方だと思います

d0027244_1342433.jpg

この写真を載せたのはこの記事とは関係ありません ^^購入したのは六月の初めです
この桃の恵み ストレートの桃果汁です 美味しいですよ この夏も暑いでしょう
そんな時 すっきり爽やか桃の恵みを一本どうぞ!!!笑  
                東北の物産はネットで買えます


            いつもブログに来て頂いて 有り難うございます

言葉遊びは 万華鏡の分家です

         どうぞよろしくお願いを申し上げます    蓮華草
[PR]

by hanarenge | 2011-06-11 13:39 | 原発関係


<< 百万遍の      ある晴れた朝♬(でも原発は??... >>