心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 21日

本当は恐ろしい原子力

奥の院から 清水の舞台を眺める人
d0027244_1418282.jpg


どちらから見えた方だろうか 無心に舞台を眺めておられた

d0027244_14265359.jpg

その方が眺めておられた舞台です
青空が美しいでしょう?下の写真と比べると大屋根にさす日の位置が違います

d0027244_14285526.jpg


d0027244_14301242.jpg

d0027244_14321460.jpg


d0027244_14331431.jpg

赤と桜 中々いい感じと 思いません?

カメラからPCに写真を移して スライドショウで流してみました
バックに流れた音楽はアメイジング・グレイスでした 
この一ヶ月に失われた多くの命を思い また 今を生きていく命を思い涙があふれました

授かった命に思いを致す時 福島のあの海と山に放射能を吐き続ける無惨な原子炉が浮かびました

今更 謝られても 汚れたものは元には戻りません

今更 危険だと言われて 立ち入り禁止にされた土地は 誰が作って来たのか知っていますか

土地を耕し 物を作る事は 長い時間がかかるのです

海も山も 当たり前のようにそこに有りました
そこを 作って 生活の場としたのは 政府でも東電でもありません

長い時間をかけて作られた土は あれよあれよと言う間に使えなくなりました

誤摩化して来たものは すっかり色あせて 偽物だと知れました

今から 私たちは放射能と向き合って暮らすのです それは恐ろしい事です

無神経で傲慢で専門知識ばかり振り回す人々は この事態を想像すらしなかったと言うのですか

言い訳や弁解は聞き飽きました 

まともな事を誰一人言えないし やれないでは有りませんか

忘れないで下さい こんな恐ろしい物が日本中に有ると言う事を 決して忘れないで下さい

そして それを押し進めようとする力はとても大きく強いと言う事を

人は弱く 哀しい者です

自分に降り掛からないと 誰でも 何処かよそよそしい思いになります

だけど どこで こんな事が起きても 結果は一緒です 

今の福島は 明日は 私の あなたの 町や村になるかも知れない事を忘れないで下さい
[PR]

by hanarenge | 2011-04-21 14:57 | 原発関係


<< こどもたちの未来 4月25日2...      清水さんを好きなだけ^^ >>