ブログトップ

心の万華鏡  

タグ:My ブーム ( 74 ) タグの人気記事

梅田街撮り 4

梅田街撮り これで最終かな

時空の広場より一階上
ルクアイーレとルクアをつなぐ橋の上から
d0027244_05120279.jpg
3/8 追記 今思ったけど 
これ 「コンダクター」って言うんもええな

設定を電球?に変更して 
うう〜〜〜〜ん これは。。。。
私的には好きではない
このデータはどこで見るのか
カメラで見るのだろうな
PCから外付けに移し替えた後
カメラデータを消去してしまった私
だから、これは1秒か1,2秒か さっぱりわからなくなりました
ひどいです

d0027244_05115397.jpg
こちらの方が好き これは太陽マーク (きっと^^;)
人の流れが水のよう 
階段から下へ 上へ
広場を横切り
果てなく浮かぶ人の影

鴨長明 方丈記の冒頭が口をついて出る

行く川のながれは 絶えずしてしかも本の水にあらず
よどみに浮ぶうたかたは かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし


名文ですねえ
昔の人はもっと哲学してた
もっと瞑想してた

今は?
デジタル デジタル
ネットに浮かぶ泡沫(うたかた)に惑わされ
迷走している

お付き合いいただいてありがとうございました 楽しかった梅田街撮り みなさんにもたくさんのコメントをいただけて、感謝しています

では、また!!


[PR]
by hanarenge | 2017-03-08 05:30 | ネット関係 | Comments(0)

梅田街撮り 3

地下に行きました 艦長さんはよくご存知です

d0027244_17263842.jpg
モダン・ガール

今はこういう言い方はしませんね
大正の終わりころから昭和の初期
モボやモガが街を闊歩していました
父が、昔、心斎橋近くにいまして
その頃のミナミや心斎橋は、洒落ていたと申しておりました
責任は持ちませんけど 笑
d0027244_17433280.png
後から行く人

一杯ひっかけて街へ繰り出しますか?
きっとカウンターでしょうね
斜めに構えてワン・ショットで
クールですね

d0027244_17394807.png
ヒールな人
これは 思いつきません
靴がきっちり写っているからヒールな人
悪役とは違います 念のため 笑

d0027244_17494523.jpg
お母さん 待ってよぅ

お疲れかな?
お母さんは急ぎ足
僕は小走り

この赤い服の坊や とても好きです
でも右にカバンを持った人が入ってしまいました
ボツですが 好きなのでアップさ

[PR]
by hanarenge | 2017-03-07 17:53 | ネット関係 | Comments(2)

梅田街撮り 2

街撮り 第二弾
d0027244_22124791.jpg
通り過ぎる人 座る人 時間が見えるのならきっとこんな風にではないか
人はどこに向かうか分からない 明日のこともわからない
しかし人は明日を信じて疑わず生きるのだ

d0027244_22153977.jpg
スポック艦長さん 流し撮りでしたっけ 頼りないことですみません
やっぱり落第生徒ですわね 笑
d0027244_22152726.jpg
ルールに反するんですが 一枚ずつアップの
え?誰が作ったって?もちろん私が作ったのですよ
一枚ずつアップ かっこいいですやん 
意味不明 爆

艦長さんの向かう先に光が漏れ出ていて それが見様によっては動物の顔 狐とか
そういう風に私には見えるんです だから規範ヤブリのアップ


d0027244_22192194.jpg
また規範を破ってます 
よーするに全部載せたいんやろ!!とのお声を聞きながら
しかし言い訳です
この人の顔が後ろの四角に入りました
 なんとなく面白くて はいそれだけでございます

d0027244_22213934.jpg
青い鳥の二人
お幸せにね
足並みの揃ったカップルでした

たくさん撮りました たくさんの無駄ショットでございました

ファインダーを覗くと物音も心の雑念も遠くへ去って行きました

前にも書きましたが 私は少し前からデジカメを楽しんでいます

オリンパスから始めてニコンの一眼レフに到達しました
これでいいかなと思いましたが 重い かさばる

そしてだんだんと写真を撮ることが嫌になりました

しかし私はそれを認めませんでした

ブログネタ FBネタ それを探すためにカメラを持って出かけます


そのうちにだんだんと写真が億劫になりました

そしていろいろなことがありました

私はだんだんと出不精になり怠惰になりました

あっという間に体重は大幅増加 しかも悪いことに精神にまで贅肉がつきました

精神に贅肉はつけるものではありません

そうこうするうちに カメラを買い替えようと思い至り今日に至ったのです

新しいカメラは
とても軽く でも高性能 使いよいです

私が言いたかったのは このカメラを手に入れたおかげで毎日が楽しくなってきたということです

このカメラを持って何を撮りに行こうかと考えるようになったのです

そうすると気分も前向きになります
精神の贅肉はだんだん取れていくでしょう
体重も下降していくでしょう まあ実際下がり気味です^^

私のカメラ 私の相棒 本当にいいカメラと出会えました

ありがとうございました

写真を撮ることがこんなに楽しいことと久しぶりに感じています

この気持ちが愛おしいです 

冬の時代を頑張った私に乾杯です

記事を書き上げたのにプレビューを消さずに新規投稿画面を消してしまい書き直しました
何をしていることやら
明日は早いのですぞ






[PR]
by hanarenge | 2017-03-06 23:08 | ネット関係 | Comments(0)

梅田街撮り 1

Fbで昨日から続いている 梅田街撮り 

阪急から大阪駅へ向かう途中 カメラを持って 手を揺らせながら シャッターを押して行きました

ブラシ写真
追記 艦長さんに教えてもらいました
これは心象写真ということなのだそうです

心の現象を写真にする 
何を言いたいか 何を表したいか 
もうここまでくると 芸術ですね 
だから法則なんかありません

ただし いくら法則がないと言っても やっぱり何か表すというか訴えるものがなければただのブレた写真と思います
そこが難しい 難しいったら難しい

艦長さん曰く 見ながら撮るのではないから出来上がるまでどんな物がそこにあるかわからんと 

それがこの面白さですね

ということで 艦長さんを横目に 

追記 ダメだし来ました 
「もっと暗くしなさい」と ということで暗くしましたが どうなることやら ちょっと怖いなあ 笑

d0027244_11481692.jpg


d0027244_11483126.jpg


d0027244_11503178.jpg

d0027244_11522718.jpg
スローシャッター これは余計やったかな
d0027244_11523131.jpg


これでいいのかどうか 全くわからない 自信もない 再アップ後は更にない もっとない


でも答えはないんだと思う



技術的なことはもちろんあります 
だから艦長さんがSモード Aモード 露出補正 WB ISO感度をきちんと理解できるように宿題を出してくれたのです

この基本から すべてが始まり この基本で終わるのだと思う

そしてファインダーを覗きながら、刻一刻変わる光と影に合わせて基本を操作し、自己投影していくのだ

ただ この街撮り全般を通して言えるのは ファインダーを覗いている時がとてもワクワクしたこと

そして、夢中でシャッターを押したこと
いい写真とか構図とか、もちろんそれは大切で 基本ですが とにかくそんなもの吹っ飛ばして心から写真を楽しんでいる自分がいました

また行きたい

艦長さん ありがとうございました アップし直しました どうぞお願いします




[PR]
by hanarenge | 2017-03-06 09:09 | ネット関係 | Comments(0)

マクロっちゃん

きましたのですよ 新しいカメラが

充電することしばし。。。。。。

久しぶりにR公園まで行きました。もう2月の日差しはかなり傾いていましたが 

1マクロっちゃんを使って 梅園の梅から
d0027244_19450481.jpg
2このホワーンとした感じが好きだから
d0027244_19454192.jpg
3ちょっと儚げな感じでしょう?
d0027244_19455793.jpg
4白梅も咲いていました
d0027244_19460612.jpg
5ちょっと暗いですけど
d0027244_19444838.jpg
春になったら 草花が咲いてきます 私は花壇の花より野に咲く花が好き
匍匐前進で 撮っちゃおう。。。。。。。。と、言ってみる 笑

なんか変と思ったら 忘れてた ><
d0027244_19462487.jpg
水仙の後ろ姿
d0027244_19461958.jpg
ギリシャ神話の 我と我が身に見惚れて水仙に変えられた男の子の話を思います

[PR]
by hanarenge | 2017-02-25 19:53 | My ブーム | Comments(0)

ライオン

ライオンってやっぱりいいですね
私は、野生動物の中では一番好きです。
ナショジオのグラフィックマガジンです
ページの左下にメニューがあるからそこからコンテンツを選べます
いつでも見たいから^^シェアします

 うまく見られるかなあ。。。。。ナショジオのグラフィック

最初は見られたのですが・・・無理かもしれません。










それと、今夜から始まったプラネットアースⅡですね




一番初めに観たのは、海の物語 ブループラネット?名前は違ったかも
7日間に渡って海の様々な生き物を紹介していた。
遠い海原でちょっとした動きから波が起こってその波が、風と海流でどんどん大きくなって打ち寄せる様とか

恐ろしいほど澄みわたった外洋を旅する魚たち クジラ サメ マグロなどの 大型の回遊魚たち(クジラは哺乳類だけど)

海の砂漠と言われるだけあって、プランクトンも小魚も中型の魚も何もない海

植物性のプランクトンがいて、それを食べるものがいて、食物連鎖の果てにクジラやイルカ、サメなどの捕食者が饗宴を繰る広げる様 空からは海鳥の果敢な海中ダイブ 北の冷たい海洋で生きる動物や魚

どれもこれも見事だった

と言う事で今回も大変楽しみなのでございます。カメラワークがすごいです。録画もしっかりしましたよ。

アルプスの天空を舞う犬鷲の飛翔には鳥肌が立ちました 鳥だからではないですよ 笑


[PR]
by hanarenge | 2016-12-26 00:14 | ネット関係 | Comments(0)

夏至 (TG4 練習????上達せんわ)

夏至の公園
d0027244_23580597.jpg
d0027244_23582525.jpg
d0027244_23582785.jpg
気に入りの場所とベンチ ここは木陰で前が開けていて、風が通る 一休みには打ってつけ

d0027244_23595846.jpg
夏至の公園 近くに大きな公園が有ります TG4を持って久しぶりに行きました
もっと、露が残っている時に行きたかったけど 母をデイに送り出したら 遅くなってしまった
露の晴れ間 もう夏の陽射し 予行演習みたいな物ね
d0027244_00001083.jpg



これは むらさきかたばみでしょうか?
d0027244_00000721.jpg
d0027244_00010876.jpg
ニワゼキショウは 子供の頃の夏を思い出す花 花期は5月から6月とあるが、田んぼの横の道に7月でもいっぱい咲いていた  (この花の故郷はテキサス州だとか) 素足に草がこそばゆかった

d0027244_00001675.jpg
甘いのかな 蟻がいっぱい

d0027244_00001496.jpg
苔も緑色が美しいな 遠目にはビロードみたいに見える
d0027244_00002281.jpg
暑くなるなあ〜〜〜〜〜〜 夏を楽しみたい!

また 蓮に出会いたい 藤原宮趾と 待賢門院ゆかりの法金剛院にも行きたい!!

[PR]
by hanarenge | 2016-06-24 00:25 | My ブーム | Comments(0)

焼き肉はさすがに1人では無理ね

ゴールデンウィークも、今日で終わりと言う所が多いでしょうか、それともまだ日曜日まで休んじゃいますか?

熊本と大分の地震で、ボランティアで九州に行ったと言う方も多いのではないでしょうか

頭が下がります。

で、何の脈絡も無く、焼き肉です。

友人と買い物に京阪シティモールに行ったのですが、ここは元松坂屋でしたよね。

ここのニトリで、ラグとかね、ちょっと買いたかったんです。

で、私は焼き肉が食べたいので、その旨友人に言っておいたと言う訳^^

d0027244_15460299.jpg
友人宅から近い 韓国の味「たまいち」で、本日の焼き肉ディナー
d0027244_15460461.jpg
予約がベターですが、私たちは時間も少し早かったからか、予約客の来る前の席を滑り込みセーフで確保出来ました。

d0027244_15460636.jpg
1番下左側の 春雨の炒め物 これはクセになる味
d0027244_15460865.jpg
黒光りする焼き肉のプレート?タンが美味しい^^この後 追加注文しちゃいました
お肉も柔らかくて甘くて、タレがあっさりしていてどんどん入ります
最後は石焼ビビンバ これで一人前だから二人でシェアします。
かき混ぜる前に撮りたかったけど、ジュウジュウいってる石焼を前にしたら、そんな事忘れ果ててた^^:

美味しかった〜〜〜〜〜〜 今度は他の友人も誘って予約して来ようと約束しました。

友人の実家は熊本です、心配なこの頃、幸いお身内の方々にはお怪我も無く、ただ、家の中が物が落ちたりしてひっくり返っている状態だとか。
余震もまだまだ続きます、収まって欲しいです。週末から一度帰ってくるわと友人。
気をつけて行って来てね。落ち着いたらまた出かけましょう。

[PR]
by hanarenge | 2016-05-05 16:05 | My ブーム | Comments(0)

Elvisの事


Elvis Presley


Elvis Presley





Eddy Arnold

Eddy Arnold



Elvisとエディ・アーノルド
この二人には共通点が有る どちらもパーカー大佐がマネジメントをしていたのだ
エディ・アーノルドの方がずっと早く、Elvisがサンレコードから売り出した時には、すでに人気者の歌手だったのだけど。
とにかくエディはパーカー大佐のやり方に我慢がならなくなり、手を切ったのだ。

ピーター・ギャラルニックの「LAST TRAIN TO MEMPHIS」を、今、読んでいる最中なのだけどね
邦題はエルヴィス登場!! ちょっと野暮ったいなあって思う題名なのだ。

まだ、本の中では、Elvisはやっとサンレコードで、ザッツ・オール・ライトとブルームーン・オブ・ケンタッキーをレコードにして、ビルとスコッティとそしてサンレコードのサム・フィリップと一緒に、まあ、どさ回りをしている所なのだけどね。

そのどさ回りなんですけど、どんどん人気が出て来る所なのです、ここら辺が体力的には苦しかったけど一番楽しかったのではなかったかと思いながら読んでいるのです。

Elvisの沢山のアルバムの中に、Elvisの原点とも出発ともなった、サンレコードでのセッションが収められているアルバムが有るのです。
それこそ、昼間仕事をしながら、Elvisは、何とか曲を出したい一心で、色々な曲を歌っているのですが、その中から、ザッツ・オール・ライトやブルームーン・オブ・ケンタッキーが日の目を見るのですね。そして大ヒットになっていくのです。


そして、そのセッションで、当時発売されなかったけど、Elvis人気で、色々な未発表テイクが発掘?されて、現在セッションのアルバムになっているのです。

発表されなかったけど、この歌で弾けたとか、この曲はとても軽くて良かったとか、最後の曲でやっと収まったとかね、その曲はグッド・ロッキン・トゥナイトだったとか。そう言う事もセッション風景の中の一環として、関係者に取材して書いてあります。
これってワクワクしますよ!!!今全て聴けるんですもの。



で、今読んでいるのはまさにそのセッションのシーンなのです。

息も絶え絶えになりそうな具合に、歌って、でも、駄目で、まだ駄目で、Elvisは、もう暗澹としているんですね。
サムからは、もっとなんとかせえと言われるし、でも何とか出来るかどうか自信はないし、しかし、自分の頭の中にはちゃんと音があって、それをどうにかして出したいと、もう消耗し切っているんですよね。
で、最後に出たと言うか、軽いノリでいつも歌っている旋律をやってみたら、それや!!!なんで今まで出せへんかったんやなんて、サムに言われて、え?これでええん?なんて言う具合にザッツ・オール・ライトが完成すると言うそんな所^^

サムの見解は、「Elvisの独創的想像力を自由に展開させることにした。」「素朴であって欲しかった そこの所で心で聴いているものを目にする事が出来 ああ、こいつは確かに聴かせるって言えるんです 何もかもがぐさっとくるものでなきゃいけない。僕にはあのセッションのどれもが「風と共に去りぬを撮影しているようなものだった」エルヴィス登場より抜粋

この次期に、サム・フィリップスに巡り会えたのは幸運と言うか暁光と言うか、これも運命と言えばそうだが。。。。
これからのElvisの活躍を思うと、縁とは不思議なものだと思ったり、まさに必要な所に必要な人がいたと思えたりする。


そして、どさ回りも、人気と話題と共に少しづつ大きな所へも出られるようになって、そこで、エディ・アーノルドにも会う訳なのです。
エディの曲をElvisもカバーしているので、ちょっと貼ってみます。
Elvisのは持っているのですが、エディのは The Cattle Call しか持っていないのです。
また、集めようかな、聞き比べるのも面白いものね。
と言う事で、ただいま、読書中でなかなかネット出来ない状態です。

ちょっと編集しなおしました。いつもぶっつけで書くから後から読むと直す所いっぱいね。


[PR]
by hanarenge | 2016-01-31 00:28 | Elvis | Comments(2)

Elvisの事 5 



Elvisは人気が出るにつれ、世間から叩かれた。

大人たちは、彼の歌やパフォーマンスが理解出来なかった。

あんなに腰を激しく動かして、あんなに足を震わせて あれは何なのだ。

あの髪型 あの服装 全てが許してはおけなかった

白人を堕落させる歌だとか、卑しい奴だとでも言いたげにElvisを扱った。

彼のレコードを叩き割ったり、彼の人形を焼いたり、果には非ぬ噂を流したり、まるで集団ヒステリーのようだ。

当のElvisは、酒も煙草もやらない、真面目な南部の青年だったんだが、いかんせん、彼は新しすぎた。

彼は黒人のように歌う白人だった、実際彼の歌をラジオで聞いた人たちは、Elvisを見るまでずっと黒人だと信じていたそうだ。

時代は、公民権が認められたとは言え 根強い差別が残っていたのだ 今でも残っているが今よりもっと強烈にストレートにそれは表に出ていた。

そう、彼は異質だったのだ。異質なものを受け入れるのは勇気が入る 自分と違うものを認める事は大変だ。

彼の外観 彼の歌 彼のステージでのパフォーマンス Elvisは嵐の中に投げ込まれたように攻撃された。

もちろん大人たちは彼はすぐ消える あっという間に使い捨てられて忘れ去られると高をくくったのだが・・・・・

意に反して彼の人気はどんどん大きくなり、とうとう、テレビも彼を無視する事は出来なくなったのだ。

何せ視聴率が違うものね。背に腹は代えられぬ 商売だ。

そんなこんなで、当時の一番の人気番組、エド・サリバンショーに出演したElvisは、延々と上半身だけのアングルで放送された。

今だったら、笑ってしまうし、驚いてしまうけれど。
こんな扱いを受けたスターは、黙ってはいないだろうが、Elvisは受け入れたらしい。

時代がそうだったのか、この頃の事は詳しく解らないけれど、胸に詰まるものが有る。

長々と書いたけれど、Elvisのゴスペルは本当に素敵です。彼の深い声がゴスペルに良く合うと思う。

エド・サリバンショーでも、自分の持ち歌以外にゴスペルを歌いました。

そして、サリバンは「この青年は真面目な立派な若者です」と紹介したとか。

やがて、段々とゆっくりとでは有るが、Elvisは世の大人にも認められて行くのだ

まあ認めざるを得なくなったと言う所だろうけどね。

あらら、一体何を書きたかったのだろうか 私は(苦笑)

実はこのサリバンショーでの、ゴスペルの映像を探していたのだ。

まあElvis好きと言う事で許して下さいな。

[PR]
by hanarenge | 2016-01-11 22:54 | Elvis | Comments(0)

 心模様の一こまを・・   れんげそう