心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

タグ:植物 ( 25 ) タグの人気記事


2012年 06月 26日

咲くやこの花館の何だかな〜〜の花たち・・・・

遅れ遅れのアップです 

6月の初めに行った花博の跡の緑地公園

咲くやこの花館の花の中でも 恐いなあと感じた花を中心に 変わった花や面白い花もあります

こんなのが 闇の向こうから行進してきたら いやだな きっと悲鳴上げるだろうなと思いました
d0027244_222414.jpg

蘭なんですけど・・・・・蜘蛛にしか見えなかった((((><; 

次はサトイモ科のアモルフォファルス・カンパヌラツス 舌噛めずに言えます???私は無理!きっぱり!
d0027244_2210141.jpg

d0027244_22102836.jpg

・・・・・!!もはや 巨大う○こ!!としか見えない・・・・・・

d0027244_22141798.jpg

ひぇ〜〜〜!!おっきな瘤です 袋を掴みたくなります これはまだ開いていないって言うかこの紫色の袋は花びらではないんですって これは萼(ガク)です
アリストロキア・ギガンティア  ウマノスズクサ科だそうな ブラジル生まれです

おっと 鋏まれるとこだった・・・・ペルー生まれの ヘリコニア・ロストラタ どれもこれもつっかえまくりですわ 芸術の神の住む山にちなんだとかの事らしいですけど
d0027244_22214097.jpg

英語では ザリガニの爪 こっちの方が らしいわ

d0027244_22283780.jpg

トーチジンジャー ショウガ科 熱帯アジア
若い花序は食用に・・・・切り花としても使うそうです そう言えば花屋さんで見たかも???
松明に見えますね 聖火!!あ〜〜〜無理ですね はい


d0027244_22333719.jpg

これも欄???何だかにやけた顔に見えます しかし この作り笑いに騙されてはいけません
底意地が悪そうでしょ? 食虫花かもよ


d0027244_22364444.jpg

殺気!!上を見ると正真正銘の食虫花 色々な仲間がいました

d0027244_22381275.jpg

これは ベニヒモノキ まんまです 西インド諸島だそうです

d0027244_22392476.jpg

こんな滝もしつらえています  ここまでが熱帯です

d0027244_22395710.jpg

アヒナヒナ (ギンケンソウ) ハワイでは女神ヒナの髪とか銀の毛とか言われるそうですが
私は 「おろち」の恐ろしく不幸な姉妹の事を思い浮かべました ちょっとゾゾ〜〜〜〜

熱帯の植物は色も形も変わっていますね ジャングルの中では奇麗に見えるのかしら
私的には あんまりだな〜〜〜と言う花散策でした^^
[PR]

by hanarenge | 2012-06-26 22:50 | 散策中 | Comments(16)
2012年 06月 13日

刺の法則???

写真多いです 042.gif012.gif

そんな物があるのでしょうか???

d0027244_235243.jpg

深い海の底でもこうして刺を出しているのかも知れません

d0027244_2355597.jpg

ジャン!
d0027244_2363063.jpg

サボテンは 海の中の珊瑚やイソギンチャクに似ていると思います

以下 また写真貼付けます
d0027244_2374178.jpg

テレサエと言うらしいのですけど 
d0027244_2382029.jpg

ひらひら魚が泳ぎそうです 珊瑚礁に見えませんか?
d0027244_2395314.jpg

d0027244_23112069.jpg

翁とは?白いひげだらけだからですか?
d0027244_23122540.jpg

d0027244_23131419.jpg
d0027244_23125116.jpg

d0027244_23145671.jpg

翁の花です(ギョクオウデン)
d0027244_23164387.jpg

10
d0027244_23171445.jpg

色々個性あります
11
d0027244_2318588.jpg

ちょっと恐い^^
12
d0027244_23193355.jpg

よけいに恐い
そうそうサボテンを食べた事あります え?むしったのかって????まあ!
ホテルのランチのデザートでですよ
濃い紅色で ちょうどキウイの輪切りにちょっと似ていて ちょっと酸っぱくてシャキシャキしてました このサボテンたちはどんなかなあ^^
13
d0027244_23232398.jpg

小型のサボテンたち 可愛い形と色です
で一番最後はこれ
14
d0027244_23244632.jpg

調整して昼間に咲かせてるそうな 月下美人訂正です 夜の女王です
?大きな花が10個くらい咲いていました 
香りは感じなかったなあ
私は これはそれほど好きな花ではないのです

6/16 訂正と追記です月下美人とは咲いている木(サボテン)が違いました。
同じような仲間ですが これは「夜の女王」と言う品種でした。

以下 咲くやこの花館からの引用です
「月下美人」「ドラゴンフルーツ」「夜の女王」は、いずれも夜咲きのサボテン科の植物です。
通常は夜の10時頃から2時間ほどしか開花しませんが、
咲くやこの花館では、暗室と人工照明を使って昼と夜を逆転させることにより、
昼間に花をご覧いただけるように開花調整をしています。
開花時期は6~10月ごろです。1日限りの開花となりますので、日々開花情報をお伝えします」

今現在咲いているのは 「夜の女王」だけです
[PR]

by hanarenge | 2012-06-13 23:29 | 散策中 | Comments(12)
2012年 06月 10日

見たかったのは

d0027244_86541.jpg

風車みたい 
d0027244_8925.jpg


ヒマラヤに咲くと言う  青い芥子 
学名はメコノプシス属  ヒマラヤの空の下では もっと青く波のように揺れているでしょう

d0027244_812173.jpg


和名はコマクサ  馬の顔に似ているからと 牧野富太郎博士が命名
学名は Dicentra peregrina (Rudolph) Makino  牧野博士の名前が入っています

用心棒の母方の祖父は理科の先生で 牧野博士と植物採集をいっしょにしたと言います 古い話です

用心棒は小学校時代の夏休みには お爺ちゃんに植物採集を手伝ってもらった(してもらった^^)のだそうな


d0027244_8214853.jpg
d0027244_8213885.jpg

可憐な白い小さな花 名前は・・・・・わかりません

咲くやこの花館のは 色々な植物が植えられています 熱帯から寒帯まで様々な花たちが一年中咲いています
[PR]

by hanarenge | 2012-06-10 08:24 | 散策中 | Comments(16)
2010年 01月 16日

日向ぼっこ

d0027244_2355186.jpg

               お地蔵さんも
d0027244_2365552.jpg
 
               蝋梅も
d0027244_2373248.jpg

               花びらが光っているね

d0027244_239276.jpg

               ものすごいものが 

     鬼の子供が 親に忘れられて泣いている・・・・のかと(こんな話 なかった?あれは蓑虫の話?)

答えはここに 下にscrollしてください
[PR]

by hanarenge | 2010-01-16 23:12 | 散策中 | Comments(2)
2007年 06月 18日

コロコロ

一年で一番雨が続く季節となりました

しとしとと細い銀の糸のような雨が降る今日 出会った水滴です

d0027244_20501514.jpg

蓮池にも 銀の玉ができました

d0027244_20511418.jpg

水の玉の中には 境内の木が 

d0027244_20523928.jpg

牡丹の葉の上で プルルンと震えた水滴

傘を差してカメラを構える・・・誰かの姿が・・・・誰でしょう???笑

カメラを構える人物のせいで震えたと言う 発言 ご意見は このさい (謹んで)却下させて 頂きまする (((笑
[PR]

by hanarenge | 2007-06-18 20:56 | Comments(16)
2007年 01月 25日

蝋梅

蝋細工のような花だから 蝋梅と言うのだそうです
d0027244_1721263.jpg

d0027244_17215715.jpg

香りは、梅花よりも高いくらいです。
これは、素心蝋梅(そしんろうばい) 花の内側も黄色いのです。
d0027244_17245972.jpg

これが、蝋梅 内側が赤いです。

蝋細工とは、上手い、言い方ですね。
花びらは薄くて、向こう側が透けて見えそうです。じっと見ていると、本当に華奢な花で、蝋で作っているようでした。

冷たい冬に、春に先駆けて静かに咲いている蝋梅
香りで気が付くほど、目立たない、けれども、美しい花です。
今年は暖かい日が多く、心なしか、蝋梅も早くほころんだような気がしています。
[PR]

by hanarenge | 2007-01-25 17:31 | Comments(14)
2006年 11月 28日

薔薇だけやおませんで~

d0027244_12504614.jpg

ウインターコスモス (多分です、もう忘れ果てる寸前の記憶から・・・)
d0027244_12522277.jpg

これは、セージ、香辛料のセージ バイオレット・・・とか、言ったような。これは、私の脳内のファイルが間違って覚えていました。本当の名前をミキさんに教えていただきました
アメジストセージまたは、メキシカンセージと言うそうです。ミキさん、有難うございます。
幾さぁぁん、お料理には、どうもこれは使わないようです。セージの種類ここのページを、スクロールすると、切花にすると載っていました 11/29 追記
d0027244_12534018.jpg

d0027244_1254737.jpg

あ、撮られちゃったじゃないかよぉ~ 不平の鯉ちゃん
d0027244_12553628.jpg

白い丸い薔薇 白丸です。蓮華草、勝手に命名

ひゃ~、マイピクチャの中の整理をしなければいけません。
在庫一掃セールみたいで、ちょい、恥ずかしい、感もある、今日の写真。

この前、孫ちゃんがやってきて、何と、もう、幼児の顔になってきているんです。
大きくなるのが、素早い!!この頃の成長はすごいなあと感心します。

私の脳内の活力も、何だか、素早く低下しているようで、いやだなあ。。。

私の脳内も整理が必要かもかも。
[PR]

by hanarenge | 2006-11-28 13:16 | 奈良 | Comments(14)
2006年 11月 05日

秋桜子の詩

d0027244_23314495.jpg

お日様 にっこり、風はキラキラ 僕らは ルンルン
d0027244_2333613.jpg

会えたね やっと 会えたね
d0027244_23341612.jpg

気持ちがいいねぇ、お山もかすんでる
d0027244_23351546.jpg

いつまでも、一緒だよ ね?
d0027244_23362412.jpg

はいー 皿回しっ   ・・・ちゃうて・・・・ (~o~)

広い空の下 秋桜子が あっけらかんと、風に揺られていました。


薔薇の話に続いて 秋桜子の詩でございます。
おふさ観音からテクテク歩く事しばし、見えてきました。藤原宮跡のコスモス畑

花の盛りは短くてと言う例えもあるように、盛りは過ぎていましたが、まだまだ、沢山の花が、咲いていました。
広くて、明るくて、香具山 畝傍山 耳成山が近くに見えました。
宮跡の広い野原にあるベンチに腰を下ろしていると、暖かい陽射しに家々の屋根が陽炎のように揺らいで見えました。
ウーンと伸びをして、いいなあと、声をだして、わけも無く笑えて来た日でございました。

こちらにリンクを頂いている、namazuさんやhappykotaさんのブログで、藤原宮跡の秋桜子を、教えていただきました。嬉しいです。ありがとうございました。

しばらく、秋桜子と、薔薇が続きます。よろしくお願い致します。
[PR]

by hanarenge | 2006-11-05 10:55 | 奈良 | Comments(14)
2006年 06月 29日

梅雨  露

d0027244_17595140.jpg

                    重たい・・・・重たい
d0027244_1804332.jpg

                    涙くん  サヨナラ  サヨナラ  なみだくん

♪  見てね
[PR]

by hanarenge | 2006-06-29 18:12 | Comments(14)
2006年 06月 14日

大きくて白くて茶色

白くて茶色なんですよ この、花は。
背の高い大きな木で 大きな葉で それに負けないように 花も大きいのですけれどね
香りが良いと聞いたけれど、高い木の上で大きな葉っぱに守られているこの花の香りを楽しもうと思ったら、長い脚立がいります。
花の命も短くて、白い花弁が 木の皮のような茶色になって落ちます。

d0027244_22304832.jpg

大きな葉に守られて 白い大きな花が開きました。
d0027244_22314738.jpg

朝日を浴びて 咲きます。大きな白い蕾はランプシェードを逆さまにしたように見えます。

タイサンボクです。東洋の花のようですけれどアメリカ生まれなのです。

タイサンボクは北アメリカ原産のモクレンで、日本へは130年ほど前に導入されました。

そんなに前に日本にやってきていたなんて知りませんでした。
すっかり日本になじんでいますから。この花は、とても気になる花です。
散歩に行く度に、この木を見上げ、蕾を探してしまいます。
あの枝の蕾が、写真に撮りやすいなあと思っていても、チョッと油断して行かないでいると、サッサと、茶色に変身して散ってしまうのです。

別名はマグノリアと言うそうですが、この花の名前で思い出すのは、私の記憶違いで無ければ「風と共に去りぬ」の中で、 この、マグノリアの花の事を書いている所があります。

自然分布域は右の地図のようにフロリダ半島を中心にしたメキシコ湾沿岸の暑い地方で、とくに、ミシシッピー河などの大河の河辺にできた崖や、松しか生えない湿地の周辺などが分布の中心だと書いてありました(U.S. Dept. Agr.(1949):Treesほか)。ジャクソンビルやニュ-オ-リンズの年降水量はおよそ1300~1500ミリで大阪などとあまり変わりません

「風と共に去りぬ」の舞台はアメリカの南部ですね。ジャクソンビルやニューオーリンズも出てきます。
マグノリアは白く大きな花を、南部の州にも咲かせていたのでしょうね。
マーガレット・ミッチェルは、きっと、この花を、身近に見ていたのかもしれません。

引用はタイサンボク のページからです。
[PR]

by hanarenge | 2006-06-14 23:23 | 散策中 | Comments(10)