心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

タグ:心模様 ( 162 ) タグの人気記事


2008年 01月 08日

書かずにはいられない

長い間放って置いたこのブログ
更新して   たくさんのネットのお友達の方々から暖かいコメントをいっぱい頂きました

本当のことを言うと これだけ長い間放りっぱなしにして置いた、ブログを更新するのが少し不安でも、ありました。

でも、待っていたよ~~と声をかけてくださり とても嬉しい思いでいます

7月の記事へ書き込んでくださった方々へのコメントもそのままにしていたのに、皆さんのなんと暖かい事!!!

ネットの不思議さ 魅力を改めて感じています

改めて御礼と感謝を申し上げます

皆様 本当にありがとうございます  とっても とっても とっても 嬉しくて 胸にじんと迫るものがあります

これからも どうぞ 蓮華草をよろしくお願い申し上げます

d0027244_11123221.jpg

嵯峨野の人形博物館にて   郷土人形の抜き型です。
[PR]

by hanarenge | 2008-01-08 11:13 | 心模様
2007年 06月 30日

用心棒の思い出小道 6

d0027244_12102654.jpg

降りてきたのはうんと左側 池は半分埋められ耳成山公園になっています
この池も 用心棒が高校生の頃は もっと大きく もちろん公園もありません
そこから 歩くと 住宅街に出ます

このあたり み~~んな 田んぼだったといっても良いくらい 平野が広がっていました
その真ん中に 酋長の家があったと言うのです
酋長とは 高校のクラスメート  よく遊びに行かせて貰ったとか・・・言うのですが
ご覧のようにすっかり変わった今では 探すのは一苦労 家も見当たりません
しかし 用心棒は昔の記憶を頼りに歩く  歩く  (でもね 方向音痴だもんね 見つかるわけが無い・・・・わたしゃ 疲れた 怒・・・)


d0027244_12173678.jpg

ここから別行動に・・・・・(無断で)
線路脇の細長い空き地は 草が生い茂る児童公園  もう遊ぶ子供もいないのだろうか・・・・・
d0027244_12192414.jpg

ホタルブクロの群生
d0027244_1220714.jpg

日の光を撥ね返すように咲いた黄色いコスモス
d0027244_1222616.jpg

耳成駅の近くの 不思議な空き地にあった蔦の絡まる木  真下から眺めてビヨヨョ~~ン
d0027244_12225685.jpg

不思議な空き地の不思議なムードの木 松や棕櫚  家は無いのだが庭のような雰囲気で畑らしきものもある
やたらと日が明るい 


用心棒は生まれた時から お坊ちゃんで それこそ 何不自由なく育ちました

しかし 今までの道のりは決して平坦なものではなく 波乱万丈 疾風怒濤 の人生でした


(もちろん 波乱万丈 疾風怒濤に関しては 私は一切関係はございません  笑)

まあ それから色々とあったけれど いいんでない??

人生の道の途中でめぐり合えて こうやって一緒に歩けるんだからさぁ・・・・

おや?私を呼んでいる   さあ 耳成駅から電車に乗って帰ると致しましょう

用心棒の思い出小道は 今回を持ってお開きと致します 長い間お付き合いくださいまして有難うございました

また いつか 思い出を語る日も来るかもしれません
[PR]

by hanarenge | 2007-06-30 12:41 | 奈良 | Comments(10)
2007年 06月 11日

イタ!イタタタ!

コメントを下さっている皆様 いらして下さる皆様 有難うございます

蓮華草は 今朝 背中を痛めてしまい パソコンに向かう為 椅子に座るのも ままなりません

手当てをしてもらって ずいぶん ましになりましたが 長時間椅子に座るのはまだ無理な状態です

しばらく 静養しまして 回復してから 皆様のところへもうかがわせていただきます

コメントへのお返事も できず ごめんなさい

皆様も お体を ご自愛くださいませ
[PR]

by hanarenge | 2007-06-11 14:16 | 心模様 | Comments(14)
2007年 06月 03日

変わりゆく万物

諸行無常 
平家物語の冒頭 流れるような名文に乗って語りだされる一こまに、この有名な字句がある。

奢れる平家の、栄耀栄華は、夏の夜の夢のように消え果て、今は、壇ノ浦にその命運を託し・・・・・・
大海の、波間に揺れるのは船ばかりでは無く 平家の命運なのだ。

何となく、消え果る、世の無常 滅びの事のように感じていた。

しかし、仏教では、万物は変わりゆくという、至極当たり前のことをこの字句で言うのだ。

変わりゆく景色 変わりゆく季節 変わりゆく世界
なのに何故、人は、我が身が明日も変わらず、ここにいると、思うのだろうか。

何故 明日の事のみならず 来年も 再来年もと、思うのだろうか。

来年どころか 明日さえも、分からない世界に、我が身はいるのだ。

変わりゆくのは、物や景色、季節だけではない 人の心もまた変わりゆく

一時間前と、今では、もう同じとはいえない

この、万物流転 これを知ったとき、真に理解しえたとき、人は謙虚になり 他人を我が身と同じように慈しみ 気にかける事ができるのだろう。

などと、偉そうな事を書いたけれど 私が理解したわけでもない、ほんの少し、理解したような気持ちになっているだけなのだ。
そしてその気持ちは、春の淡雪のように消えやすい、移ろいやすいものなのだ。

80歳を過ぎてから、エジプトの砂漠の熱い風に吹かれてみたいのよと言って、飛行機に飛びのり、一人旅をした方がいた。
私は、その感性がすごく好きだった。

今夜、その人を送る席で お寺様の、諸行無常のお話を伺った。

短いお話だったが、心に深くしみたのだ。

この世では、変わらないものなど何一つとしてない

せめて、私も、変わりゆく世界に、少しでも思いを致し、小さな、小さな、善行を、わずかでも、積んでいきたい。

お心安らかに・・・・・・ご冥福を、心よりお祈りいたします   合掌。
[PR]

by hanarenge | 2007-06-03 23:51 | 心模様 | Comments(2)
2007年 05月 19日

温泉だい

忙しくて、毎日があっという間に過ぎていきます

まあ、働けることは、素敵な事なのですが。。。。。

生来の、怠け者の、私は、あまり、忙しいと、体が拒否反応を起こします。
なんて、怠け者の私でしょう  (#^.^#)


朝起きるのが嫌になったり、ご飯が面倒くさくなったり、掃除をサボりたくなったり
全て実行です

そこで、温泉で、ぼけ~~~~っと、体を休める事にしました。

組織に属しているわけでは、ないので、休もうと思えば何ヶ月でも、自己責任で。。ですが。
そこはそれ、経済状態に、直結しますからねぇ

明日から一泊だけの、骨休めです

帰ってきたら、皆様のところへうかがわせていただきますね、では、では。

d0027244_2143494.jpg

                    風に吹かれて    びよょょ~~~~ん
[PR]

by hanarenge | 2007-05-19 21:44 | 心模様 | Comments(14)
2007年 05月 17日

怒 怒 怒

小さな男の子は 二回目の誕生日を迎える事は出来なかった

親の無責任と無関心とバカな行為で

21歳のあんたたちの今までの人生がどうであったか どんな環境にいたのか そんな事はこの子には何の関係もないことだ

あんたたちのバイクの 狭い荷物入れに押し込まれて 苦しい思いでいた坊やの心が あんたたちには分かるのか?想像力と言うものがあるのか?

足も手も伸ばせない 酸素も少ない そんな所に あんたたちも入ってみたらいい

パチンコと買い物に 我を忘れ にたにたと笑っていたあんたたちには 知性や哲学があるのか

あんたたちは汚い川に浮かんで流されるゴミの様に人生を流れているのかもしれないが
それは あんたたちの問題で 坊やには 何の関係もないことだ

知性の欠片もないあんたたちには 坊やを 捨てる事しか思いつかなかったのかい?

21歳の「大人」のあんたたちは 坊やを捨てて のうのうと 暮らしていたんだね



坊やの魂に 花を捧げよう 坊や 苦しかっただろうね 坊や 坊や 何も分からずに 辛かっただろうね

坊や あなたが咲かせたであろう人生の花はもっともっと美しかった事だろう

d0027244_7594525.jpg


本当に怒って、怒りに任せて書いたものですから、コメントランは閉じています。
でも、この記事に対して皆さんに書き込みを頂けて、とても嬉しいです。

この記事は、坊やの事を忘れたくない思いで載せました。

やはり閉じておきます、すみません。でもコメントを書いてやろうと思われる方は、どこに書いてくださっても、私は、嬉しいです。ありがとうございました   追記。
[PR]

by hanarenge | 2007-05-17 07:48 | 心模様
2007年 05月 07日

私のつぶらな・・・・・??眼球物語

本日は、バスに乗っての、受診  昨日の雨も上がり、街路樹は緑色に輝く五月の晴れた日

バスの中で、問診されたときに答える事を、考えながら・・・・・・・・・

朝は、まだ、瞼が、お岩さんほどではないが、ぷっくりと、腫れていた。

眼球の違和感も、昼頃までは、コロンと言う感じで残っていたのだ。

茶髪の先生に、眼球を覗き込まれ、ライトを持つ手が、ぱたりと動きを止め、これは!・・・などと絶句されたら、一体、私は、どないしたらええんやろ??と少しの不安を感じながら。

駅前の商店街はにぎやかで、主婦根性を出して、眺めると、お買い得の品々が並んでいる。
店の前の喧騒を、すり抜けて、眼科医院の門をくぐる。

おや、待合に座っているあの人は、昨日も確か来ていた人だな・・・などと思いながら、問診を待つ。
看護士さんが、私の症状をメモしていく、診察室からもれて来る先生の声は今日は心なしか大きい。

先生は、ライトをもった手を、優雅に揺らせながら、私の眼球を覗き込む。
絶句も無い、ライトがゆらゆら揺れて、近づいたり離れたり、それをボンヤリと、目で追っていると、はい、まっすぐ向いてくださいとの声で我にかえる。

昨日出した、点眼薬は、もうやめてください、今回は軽いビタミン剤を出します、これで、様子を見られたら良いかと思います。

私の眼球は無罪放免となった。

さて、昨日受けた視野の検査の話を、無罪放免の心の軽さからここに書いてみようと思う。

真っ赤な小さなライトが真ん中についている、お釜のような機械の前に、頭を固定され、右目には、眼帯シールを貼られ座っている私。

右手には黒いスイッチを握っている。
真っ赤なライトだけを見つめて、周りに緑色のライトが点滅したらスイッチを押してください。

まるで、もぐらたたき???

さあ、ゲームの開始、とばかりに、緑の星が飛ぶ。
えい、えい、えいと、スイッチをひたすらに押す私である。
しかし、半分ぐらい進んだところで、左の遥か後方に飛んだ星を、私の意に反して、私の左眼球は追っている。
それでも、スイッチを押す私である。・・・しかし、目で光を追わないでくださいと、頭の上から声がご神託のように降りてくるのだ。
恐るべし電脳、私の不正?は見抜かれている!!

ご神託は、その後も、降りてくる。私の意志では、ありません!私の左の眼球のせいです!

なんと、その時、チッと電脳が舌打ちをした!!と思ったのはスイッチを切り替える音であったのだが・・・・何故か慌てふためく私である。

やがて今度は右の眼球の眼帯がはがされ、本番が始まる。
今度は、電脳にご神託を告げられぬようにと、決意も新たに、一心に赤いライトを見つめる。
もぐらたたきは、やっと、終わった。

電脳に不正(あくまで私の意思ではありません)を見抜かれたが、結果は視野欠損は無しとのありがたい先生のご神託であった。

お見舞いを頂いた皆様、本当にありがとうございました。
おかげさまで、めんたまも、無事でした。皆様も、お目をご自愛くださいまして、楽しいPCライフをどうか、お付き合いくださいませ。
[PR]

by hanarenge | 2007-05-07 22:58 | 心模様 | Comments(6)
2007年 05月 06日

私のつぶらな・・・・??眼球物語・・・・

カテゴリ、なんにしたら良いのか。。。。。心模様・・・・ではねぇ・・・・でも、これしかないから、これで。

本日未明を過ぎた頃、外は雨。      立夏は雨で明けました。

午前二時、右の目に違和感が・・・・・それは、微かな遠い信号から始まった。
たぶん意識はしないまでも、私の右手の人差し指は、瞼を一こすり、二こすり・・・くらいはしたかも知れない。
用心棒は寝室でとっくにお休みで、私はと言えば、ネットで、気になっていた調べものを終えてさあ、寝室へ・・・という時間。

右の眼球は、相変わらず、チクチクと信号を発している。
ならばと、やおら、水で、眼球を洗って、これで、落ち着くだろうと、タオルで抑えながら思った私である。

布団に体を横たえて、段々と強くなる右の眼球の信号を聞いていた。
それは、始まりの頃の微かな遠い感覚から、いつの間にやら、一段、また、一段と階段を上がるように、強くなってくるのだ、確実に。

枕に押し付けるように頭を横にしても、上を向いても、下を向いても・・・・早い話、どのような体勢をとっても、痛みの信号は、押し寄せてくる。憎らしいくらいに正確に、確実に。

眼球は瞼を閉じても動くもので(今回ほど、それをこれほどに自覚した事はなかった)、痛みはもう遠慮などと言うものを(それがあったらの話であるが)かなぐり捨て、私の右目の中でいよいよ、暴れ始めた。
眼球が動くたびに、痛みは高らかに謳い声を上げ、一輪車で、眼球の上を転がるような感覚さえ覚える。
横になんかなっていられない!!起き上がると、ふっと、痛みが遠のく・・・・感じがする。

寝たり起きたり、深夜の寝室で、眼球の痛みに恐る恐る眼を開けてみると、なんと!ハリセンボンが、眼に転がってきたのかと言うような痛みが襲いかかるのだ!
おまけに、更に信じられない事に、平和だった左の眼球にも痛みの奴は興味を示しているではないか!
涙が、ボロボロと頬を伝い、一輪車は、ますます、スピードを増してくる!

キッチンに下りて、冷蔵庫に残っていた抗菌剤入りの目薬を滝のように振り掛けてやった。
そんな事を、朝方、5時過ぎまで繰り返す。

さしものの痛みも、抗菌剤目薬&滝攻撃に、まいったのか、来た時のように、いや、それよりは、ゆっくりと、引いていった。

そう、両眼ウサギの目と言う充血と、ポンポコリンの(そう、お岩さんの腫れた眼のように)右瞼と、眼球の、しっかりした違和感を置き土産にして。

信じられない痛みとの戦いに、意気消沈した私は、それから、昼の12時過ぎまでぐっすりと寝てしまい、起きて始めて、置き土産に気が付いたのだ。

用心棒は、驚愕、起こせばよかったのにと何回も言った。
少し楽だという私を、叱咤激励して、休日に開いている眼科医を探し、連れて行ってくれた。

初めての街での眼科医は、なんと、茶髪で、少しイケ面。お若い物静かに話す先生だった。(まあ、声が小さいと言う事でもある)

もしかして、モウマクハクリ、リョクナイショウ、いや、たちの悪い感染力の強い結膜炎か・・・エトセトラ・・・エトセトラ。

問診が終わり、検査にまわされる。
視力検査、視野欠損、眼圧はどうか・・・・・・・
全て終わって、洗浄してもらう。いや~~いい気持ち!!。
もう一度診察室へ。茶髪の先生は、きらきら光るライトを私の眼球にあて、何回も眼の中を覗き込み、瞼を裏返し、綿棒で拭い、もう一度、眼球を慎重に診察してくれる。

検査結果はどれも異常なし。やれやれ。

痛みの奴が、一輪車で暴れまわった割には、私の眼球には傷が付いていないようだ。

視神経の異常もなさそうで、結果は、やはり異物混入だろうということだった。
点眼薬を二本もらい、明日の診察を予約して、眼科医院を出る。

帰宅して、五月雨のように点眼薬を眼に差す。今日の雨のようである。
ポンポコリンの眼瞼も、腫れが引いてきて、くっきりと二重瞼の線が復活してきた。
ウサギの眼も元の白に、戻ってきた。やれやれである。

私の、つぶらな、「めんたま物語」明日へ続きます。
[PR]

by hanarenge | 2007-05-06 22:59 | 心模様 | Comments(12)
2007年 05月 05日

次男と過ごしたGW

GW 黄金の週間、誰が言い出したのだろうか。
五月の連休、今年は、特にどこにも行かず、家で過ごしたが、私にとってもやはりGWでした。

次男が東京から帰省、でも、一泊だけでしたけれど。。。。次男からの聞き書きですが、まあ、親ばかと思って聞いてくださいな。

バルセロナのことを聞きました。と言っても仕事で行ったので、観光はほとんど出来なかったのですが・・・
スペインの空港に着いたとき、どんな匂いがした?と聞くと、彼はしばらく考えて、乾いた土の匂いがしたと言いましたけれど。。。。。
27℃くらいの気温でも、カラリとして、とても過ごし良かったと、言っていました。

サグラダ・ファミリアとスペイン広場へは、行ったそうです。
ガウディのあまりにも有名な、未だ、建築中の教会。
彼は、教会の塔をモチーフにした、スプーンを買ってきてくれました。
エスプレッソ用なので、少し小さめですが、アイスクリーム用にはちょうど頃加減の大きさです。

バルセロナでは、ホテルから、仕事場の会場までは、地下鉄と路面電車を乗り継いで行ったそうです。
英語はほとんど通じないので、片言のスペイン語で何とかしたらしいです。
ちょうど、バルセロナでは、、サン・ジョルディの日に当っていてバラの花を売る露天が沢山街中で見られたといっていました。
(サン・ジョウルデイの日は男性は女性にバラを送り、女性は男性に本を贈る日なのです)
息子も、バラの花を買えと沢山の花屋さんに声をかけられたと言います。

仕事先の会場には、バルセロナの大学生の女の子を、現地のスタッフとして来て貰って、息子も、世界各国からのお客様を、案内したり、説明をしたりしていたそうです。

大学生の彼女は英語と少しだけ日本語も話せるので、スペインの事を、聞いたり教えてもらったりして、中々楽しかったようです。

FU加入後、スペインも物価が↑傾向ですが、イギリスやフランスなど、他のヨーロッパに比べると、まだ、物価は安いとの事でした。

そうそう、イベリア半島で育つ、イベリコ豚、大学生の女の子の親戚が、そのイベリコ豚に関する仕事をしていると言う事で、そこから、イベリコ豚を持ってきてもらったのですが、それがまたとっても美味しかったと、喜んでいました。

お土産にイベリコ豚の生ハムを、買ってきてくれましたが、私、イベリコ豚初体験 (ニコニコ)
とても良い味でした。香りも良いし、食感は、とろけるような感じです。
これは、バルセロナのスーパーで買ったのですが、確か8ユーロくらいの値段だったそうです
日本では、イベリコ豚は、エーっと言うくらい高いのですよね。
写真は・・・・ありません、もうすっかりお腹の中でございます(笑)

レストランは、とてもいい所へ連れて行ってもらったようで(名前はもう忘れました)、食事も、このレストランばかりではなく、総体にとても美味しかったとのことです。
海も近いから、新鮮な魚介類も豊富なのでしょうね。そうそう!アスパラガスは本当に美味しいと言っていました。
でも、夕食の時間は日本の感覚からすると、遅い時間に始まるので、お店も、昼間に開けて、いったん閉めて、夜にまた開けるのですって。
8時頃でもまだ明るいから、夜という感覚がアジアとは、違うのでしょうね。

私の所にリンクしてくださっている、gyuさんもブログに書かれていますが、バルセロナは、古い建物が多く、それを改修して、中を現代的にして使っているので、街は美しく、地震もないので、電線等の余計なものは、地下に通してあるので、大通りもすっきりとしていて良かったと言っていました。

でも、そうやって久しぶりに帰ってきた次男の話を聞くのがとても楽しかった一日でした。

仕事に関する書籍を図書館で借りて、勉強している次男です。
行くときも、自分の大学時代の書籍を何冊かもって行きました。
職場でも、それなりに楽しく、忙しく、やっているようです。
新大阪まで見送った私達に、何回も振り向いて手を振ってくれて、階段を駆け上がる彼を見て、私のGWは終わりました。

皆様、親ばかの話を最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

息子達には、よわ~~い、私です^_^;
[PR]

by hanarenge | 2007-05-05 21:21 | 心模様 | Comments(12)
2007年 04月 23日

異国の次男

日曜日の朝、珍しく、次男からの電話がありました。

成田からだよ、いまからスペインへ行ってくるからね。携帯は繋がらないけど、心配しないで。

聞けば、一週間の出張で、バルセロナまで行くんだそうです。

愚かな母は、嬉しいのと心配なのとで、すっかり、落ち着きをなくしてしまい、どの飛行機で発つのかも聞き忘れてしまいました。

時差は7時間くらいだから、エーっと今頃はなどと、指折り数えておりました。

朝一番に届いたメールは、無事に着いたとの知らせ。空から見たフランスはとても美しかったと。

仕事で行くのだから、遊ぶ暇もないでしょうけれど、母は、楽しんできてほしいと願います。

無事の帰国と、君の目から見た、バルセロナの諸々の話を楽しみにしています。
[PR]

by hanarenge | 2007-04-23 19:28 | 心模様 | Comments(18)