心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

タグ:心模様 ( 167 ) タグの人気記事


2017年 09月 17日

整理整頓 断捨離

整理整頓 よく言われた

学校でも 家でも

私はどちらかと言うと(いや どっちもだ) 整理整頓が苦手な方だ

何せO型 おおらかなO型 いや横着なO型  関係ないけど 笑

やり始めたらとことんやらないと気が済まないけど そこまでのintervalが長い(皆さんが思われる以上にね これは確信的に断言できる)

台風が近づきつつある日曜日 皆さまいかがお過ごしでしょうか

引っ越した時 かなり徹底して物を始末した

3年も経つと 色々溜まってくる 生活の澱のようなものだ

キッチンの戸棚を整理しようと前から思いながら 今までぐーたらしてたけど もう限界

d0027244_16171623.jpg
いやいや お恥ずかしい次第 上がbefore  下がafter
クッキーやケーキをよく焼くので 粉 砂糖 出汁用の昆布と鰹節 胡麻 パン粉 何があったっけ? その他諸々
ほとんど処分しました
この中に入りきらないくらいの物は買わない ストックはしない 
粉とかマカロニ類は 百均で透明のジャーを買ってそこに入れておこう
そうしたら 減った分は一目瞭然 無駄に買うこともないだろう 見た目もきれいな はず

d0027244_16172531.jpg


これも お恥ずかしい><
な〜〜んかとっても恥ずかしい
上がbefore  下がafter
あんまり変わらないって????
まあ ここは調理器具が主体ですからと言い訳
ここにも随分 色々なものが入っていたけど 処分しました
ストローが2袋も!!速攻処分です
バーミックスはここには入らないので 上の棚に置いてあります 
次はそこを整理します

[PR]

by hanarenge | 2017-09-17 16:35 | キッチンから | Comments(2)
2017年 09月 16日

遠かった ピロシキ

甘いお菓子の〜〜〜でしたっけ? パルナス パルナス モスクワの味

小さい頃 コマーシャルソングが流れていた

耳について 遊んでいる時もパルナス パルナス と歌っていたっけ

ケーキは 何故かよく貰った ケーキというよりクッキーじみた味

また〜〜〜〜このケーキ?不満を口にして叱られた

クレーモフは食べたかしら 記憶にない

で ピロシキである これが食べたかった ところが家には来ない 来ないものは見ることもない食べることもない
 
だからどんなものか わからない わからないから気にかかる 

どんなもの?食べたい この繰り返し

父に聞くとロシアの揚げパン ニコライ二世が最後にお茶した時 ピロシキを食べた。。。。と

ニコライ二世はもういい 揚げパンではわからない 

想像は膨らむばかり ピロシキ何個分くらい膨らんだろうか

想像が現実となったのは 5年くらい前

梅田の大丸で パルナスのピロシキが売られていたのだ 

ちょっと感動ものだった

d0027244_22175242.jpg

台風が近づいている 土曜日

今日も仕事だ 台風接近くらいでは休業とはならないのだ

午前中に梅田フォトまで NikonとNikon ピント合わせが難しい望遠レンズを持って

さあ 査定がどうなるか ちょっと楽しみでもある 

電車待ちの間にウインドーショッピングとお茶をと思うけど 時間が半端 ルクアも他も(多分)10時からのオープン

時空の広場でお茶しました カプチーノはまあ可もなし不可もなしってとこかな

d0027244_22135461.jpg

よく風が通ります 雨模様 空気が重い

仕事が終わる頃には土砂降り

タクシーもなかなか来ない

仕方がないので 阪神の福駅まで徒歩 



ここで私の誤算

パルナスのピロシキを買いに行くつもりにしていたのだけど 

JR尼崎の構内だと思い込んでいたこと

モンパルナスは阪神の尼崎駅の構内だった!!

昼間 iPadで調べる時間も取れないくらい忙しかった

時間も遅い 雨は激しくなる一方

ピロシキは諦めて帰った

帰宅して調べたら あ〜〜〜 あのまま尼崎に行っときゃよかったなあ〜〜〜

ピロシキは遠かったです

[PR]

by hanarenge | 2017-09-16 22:50 | 心模様 | Comments(0)
2017年 09月 07日

ドラゴンフルーツと恐竜

最近 ドラゴンフルーツを食べることが多い

私の家の横には竹藪がある いや正確にはあったのだ

去年の暮れ?今年に入ってから?

もう覚えていないのだけど この60度くらいの傾斜の竹藪が ビ〜〜〜〜ン ビ〜〜〜〜〜ン
キュルキュル ビ〜〜〜〜〜ンと音を立て始めた

(息子に言わすと60度もないと言うが 私にはそう感じられる) 上からボールを落とすと ものすごい勢いで転がって下まで行ったら跳ね返ってきそうに思えるもの

竹藪は見ている間に刈り取られたというか切り取られたというか

丸裸になった元竹藪の後地は2月の冷たい空の下で 震えているようだった

そこを うんとこしょと登っていく機械 60度もあるからしんどそうに見える
唸りながら(エンジン音を響かせて)とうとうてっぺんまで登ってしまった

私はそれをずっと見ていたのだ 機械がひっくり返ったらどうするのかと思いながら

機械はそれから日がな一日 そこにしがみついて やたらと土を掘り返し 踏みつけ 叩いていた
竹の根っこが固まって 抵抗していたけど 何かの恨みでもあるように引き剥がされてしまった

ドスン ボコン ガタン 腹に響く音にも慣れた頃

大きなトラックがガンガン言わせながらやってきて 重たい鉄柱を何本も下ろしていった

それを持ち上げるだけでも大仕事だ
もっと右とか待てとか 怒鳴り声も聞こえる

チョコレート色の鉄の柱は残らず上に上げられた

鉄の柱は もう2度と日の目を見ることはない

ガンガンねじ込まれて 地中に潜ってしまった

それでもまだ足りなくて トラックがやってきては下ろしていった

竹藪は鉄柱の藪のようになった

寒々した空の下に不機嫌そうに突っ立っている鉄柱 それをガンガン叩く機械も人も皆不機嫌のオーラを出しているようだった

その音がまた耳に響く 

やっと音にも慣れた頃 突然止んだ

ものすごく静かな鉄の林

一瞬 私は工事は中断 そして林はこのままに
ここにいつか緑の草が生えて 鉄柱に蔦が巻きついて 花が咲いて 不思議な光景が見られるのではと期待してしまった

期待は裏切られるものだ

大きなミキサー車がやってきた
灰色に汚れた太いチューブが地面をのたうちまわって 生コンを吐き出していった
何回も何回も繰り返されて 少しずつ鉄柱の周りがコンクリートで固められていく
気がつくと 60度の傾斜の上に真っ平らなコンクリートの地面ができていた

しばらく放って置かれたけれど この前からオレンジ色の恐竜の親子のような機械が2台やってきて コンクリートの地面を掘り返している 
いや 新しい土を持ってきて埋めているのかもしれない

夕焼けになるとオレンジ色の機械はピカピカ光る
そして長い首を伸ばして 地面を嗅ぎまわるような格好で土をほじくり返す
小さい方の恐竜は その後からチョコマカ動いてやっぱり土を混ぜ返している

ここに新しい家が建つのだろう

竹藪のすぐ上にあった家は ベランダの横まで恐竜の首が伸びてきているからもし当てられたら壊れてしまうだろうと余計な心配もしている
だけど下から見たら すぐ横でもきっとかなり空いているのだろうと思う

今日も恐竜が忙しく動いていた

私は ドラゴンフルーツを食べながら すっかり耳に馴染んだ音を聞いていたのだ

ドラゴンフルーツは美味しい 何の関係もないけれど

[PR]

by hanarenge | 2017-09-07 19:10 | 心模様 | Comments(0)
2017年 09月 06日

ある朝に

彼の家はどこなのだろう

彼は何をしているのだろう

とにかく ここに彼はいる

d0027244_11503153.jpg
早朝の駅はまだ静か

ゆっくり新聞を広げて 指で記事を追っている

彼は多分家を持たない人なのであろうと私は想像する

ここで朝のひと時を過ごしているのだろう

ちらっとこちらを見ただけで何も言わなかった彼

黙って自分の世界に戻っていった

彼の時間を邪魔した私

途端に自分がつまらなく思えた

[PR]

by hanarenge | 2017-09-06 12:04 | 心模様 | Comments(2)
2017年 08月 25日

今日の職場

久しぶりに今日の職場です

私の本日は 血圧測定と検査伝票書き 問診チェック 採血用のラベルに名前を記入

それをスピッツに貼る 都合三本

ラベルのNo.をカルテに書く

これを短時間でやる

午前中はとても忙しい

問診チェックで喋りっぱなし

記載漏れがないか気を配らなくてはいけない 私はポカをやりやすい(((((ー ー;)

ランチの後の休憩で Dr.や同僚と話す

外国の病院にお勤めの先生

只今帰国中

大阪はとても暑いと

英語ばかりなので関西弁が懐かしくホッとしたと

日本は四季がはっきりしているから気持ちが良いなどなど

病状症例の事とか

オペの話とか

現役バリバリのDr.の話はさすがに面白い

お料理も好きでストレス解消になるのだそうな

そこへ飛び込んできた

d0027244_16424935.jpg
これはイトトンボ❓

こう言う時に限ってカメラを持ってきていないのだ

iPadでパチリ

こっちも朝のバス待ちの間に

虹に乗ったHERMES

う。。。。。。ん 無理か 笑笑

d0027244_16492359.jpg




[PR]

by hanarenge | 2017-08-25 18:42 | 心模様 | Comments(0)
2017年 08月 20日

淋しいです

18日

次男が東京に行ってしまいました

しまいましたって書き方もなんですけど

子離れできてない?

いやぁ 母親なら皆そうなのでは?

もう立派な大人になった息子 何も心配いらないのですが

やっぱり気になります

それが子離れできてないと言われるのなら そうでしょうね

d0027244_20354210.jpg
行ってらっしゃい また帰ってよね

d0027244_20354982.jpg
指定席が取れてよかった



見送る私に 手を振る次男です 

d0027244_21523309.jpg


次男のcomputerの Googlemapで 自分の生まれ故郷を見せてもらっています


孫たちは優しいのです

母にとって孫との再会は何にも勝る喜びのようです

関わっているプロジェクトや 海外への出張の話なども聞かせてもらって 嬉しそうでした

お土産もいっぱい貰いました

母にとってはいくつになっても孫は孫 まるで小学生に話すような時もあります

それに長男も次男も愛想よく付き合っています

[PR]

by hanarenge | 2017-08-20 08:04 | 心模様 | Comments(2)
2017年 08月 18日

世界報道写真展へ

今年も季節は巡り来て

世界報道写真展も最終日の17日

帰省した次男を誘って梅田まで

d0027244_20043997.jpg
今年の展示写真のトップは 予測した通り

トルコ AP 通信 ブルハン・オズビリ氏の トルコのロシア大使が美術館でスピーチ中に非番の
トルコ人警察官に射殺されたスクープだ

拳銃を構えた犯人は叫んでいる アレッポを忘れるな シリアを忘れるな と
射殺された犯人の真の考えはもう解らない
まるで映画のワンシーンのような。。。。。。。しかしこれは現実。。。。。。

(これがトップと言うのは 見ていく順番がトップだったからなんだけどね
一番 impact 有りを持ってくると思うから)

シリアやイラクの暴力的な写真が続く

海中に落ちた難民は必死に助けを求める

船倉に荷物のように詰め込まれた難民 窒息した人を膝に抱えて泣く光景が痛ましい

薄いゴムボートにぎっちり乗った難民 彼らはシリアからギリシャへ そして最終的にはドイツやイギリス フランスなどヨーロッパを目指す

国を捨てる 或いは居られなくなり追い出されるように国を出る人々

Isisの暴力は悲惨を極める

体制側も然り 反体制派も爆弾を落とす

市民の安住は?平安は?

シリアはカオスだ

パレスチナもウクライナも リビアも イラクも ソマリアも

どこもかもが 殺戮と暴力と憎しみに満ちている

一番深く印象に残ったのは

真っ青な海 水平線には空しか見えない ここは地中海

その地中海の青い海に漂う人間 救命胴衣の赤が目に突き刺さる

彼?彼女?たった一人だ

しかし これは遺体なのだ

沈みもならず 引き上げても もらえず 地中海の波にもまれている

どの国から逃れてきた人だろうか

この後が気になった

(写真を撮られたことで世界中が知った きっと引き上げられたことだろう)

今年も大勢の人が見学に来ていた

d0027244_20042324.jpg
次男と会場に向かう

d0027244_20042936.jpg
見学を終えて 無口になった二人が向かったのは大阪駅 

空がやけに眩しかった

[PR]

by hanarenge | 2017-08-18 23:02 | 心模様 | Comments(2)
2017年 08月 18日

デートだよ


よく晴れた1日

梅田でデート

七夕みたいな次男が帰省しました (前は一年に一回しか帰省しなかった よって命名)

この頃はそうでも無いのですが この子は出たら鉄砲玉と言うか

あんまり連絡がこないのです

職場が忙しいからという事もあるのですけどねえ

10日間さっぱり連絡がつかず私は真剣に心配していたら 山ほど送りつけた私のメールを見てのんびり電話してきた事もあります

南アルプス縦走をしていて今下山しましたと。。。。。

滅多に連絡の来ない子から電話があって喜んだら 今 成田です これからバルセロナに行きますとか

今ロンドンですとか

まあ出張なので仕方ない面もありますけど

とにかく急 私はドキドキなのです

最近はもう慣れました 便りの無いのは無事の証拠とか^^

そんな次男ですがとても優しいのですよ 親バカ?まあ許してくださいな

で 昨日久しぶりに帰ってきた次男と早速デート 私はウキウキ^^

d0027244_23210498.jpg
 

世界報道写真展に行ったのですけどね それは次回にでも書きたいと思います

その前にランチをと

ところが昨晩の事
お目当の店の名前が思い出せない いくら考えても出てこないのです

名前がわかれば検索できますが お手上げです

ここをよくご存知の艦長さんに聞いて 店の名前を教えてもらいました 

艦長さん ありがとうございました

d0027244_23404467.jpg
そう ヒルトンプラザウェストの地下 広東料理の民生です

お粥メニューとかランチもコースとかいろいろあるのですけどね 

次男の希望もあって名物ランチに(私が出すよと言ったから気を使ったかも^^)

イカの天ぷらが美味しいのです お料理は一部だけのアップです

お茶はプーアールと少しだけジャスミンをプラスしていました

プーアール茶だけだと癖があるでしょう?

ちょうど次男は今 北京と上海 広州に出張で行く事が多いので

向こうの中華の話も聞きました やはり日本の味とは少し異なると 

民生のお料理はどれも口にあって とても美味しく頂きました

また来たいな

誰かランチご一緒しませんか?って冗談ですけど 爆

また友人たちと来ようっと

d0027244_23215438.jpg
大阪駅の屋上?久しぶりに上がりました

スカイタワーだったっけ?はるかが走行してるのわかりますか?

手前は工事中 もしかして線路を地下に?

西はさっき食事したヒルトンプラザウェストも見えてます リッツも見えますね

ヒルトンと丸ビルくらいしか目立ってなかった頃と大違い

東にツインタワーが見えました これも目立たなくなりましたねえ 

そびえ立つ感じだったのになあ。。。。。

d0027244_23213849.jpg
大阪駅に感慨深げな次男

新大阪ばかりですから こっちはあまり来ませんものね

久しぶりに次男と出かけて 嬉しい1日でした

小さかった彼の事を昨日のように思い出しました

お手紙を書こうのホソヒラターブの彼です




[PR]

by hanarenge | 2017-08-18 00:40 | 心模様 | Comments(0)
2017年 08月 13日

シンフォニーホールにて

11月のチケットが届きました



d0027244_08560277.png


以下覚えとして(シンフォニーホールHPより抜粋)


ザ・ベリー・ベスト・オブ・ロジェ・ワーグナー
ロジェ・ワーグナー合唱団 ~珠玉のゴスペル&懐かしきフォスター・メロディ~

[指揮]ジニーヌ・ワーグナー
[合唱]ロジェ・ワーグナー合唱団

<プログラム>
【予定される演奏曲目】
~懐かしきフォスター・メロディ~
なつかしきケンタッキーの我が家
金髪のジェニー/草競馬/夢見る人
故郷の人々/おお、スザンナ

~クラシック名曲~
J.S.バッハ:主よ人の望みの喜びよ
モーツァルト:主を褒め称えよ

~聖なるクリスマスソング~
ジングルベル/赤鼻のトナカイ
サンタが街にやってくる

~ゴスペル・黒人霊歌~
オー・ハッピー・デイ/トータル・プレイズ
アメイジング・グレース/深い河

~世界の名曲~
アリラン/ダニー ボーイ/サンタ・ルチア

~ミュージカル&映画音楽~
「アナと雪の女王」より“レット・イット・ゴー”
「サウンド・オブ・ミュージック」より“ド・レ・ミの歌”ほか

                     などを予定


私は映画が好き 観劇も好き バレエダンスもクラシック音楽も好き
 
顔見世はとても楽しみだった 

勘三郎が亡くなってからは歌舞伎熱はちょっと冷めたけど

シンフォニーホールで ロジェ・ワーグナー合唱団の公演がある

誰でも一度は耳にした事があるだろうというフォスター

バッハ モーツァルトの神を讃える歌などなど 

ゴスペルもある とても楽しみにしています

今度はチケットをなくさないようにするわ ( ̄^ ̄)ゞ

音量にご注意を願います










これは記事とは関係ないけれど

これも大好きです

ヴェルディのオペラ アイーダより 凱旋行進曲





[PR]

by hanarenge | 2017-08-13 08:57 | My ブーム | Comments(2)
2017年 08月 05日

ドキドキ

この前からドキドキ ドキドキ

ドキドキが止まらない

私の胸がドキドキしてる

私の好きな灰色の三角屋根の家

表のドアがいっぱいに開けられていた

初めての事です

表にはトラックが横付けされている

沢山のダンボール箱が積み上げられて

整理屋○○○の文字が見える

トラックにも大きな字で書いてある

古い家のあの独特の匂いがする

開けられた玄関に向かって古い家の中の空気が ドンドン出ているのを感じる

閉じ込められた時間と共に

白い大きな花瓶 大きな時計 カーテンのかかった黒いドアの向こう

思わず足を止めて見てしまった

ここの家の物がもうかなり外に運ばれて トラックに積みこまれている

もう大切なものは運び出されたのだろうか

だけど 大きな灰色の三角屋根の家にはまだまだ沢山の物が眠っていそうな気がする

それはこの家の歴史のようなものかしら

この家が賑やかだった頃のものかしら

開け放たれた玄関は あくる日にはもう閉められていた

外から見ただけでは何も変わらない 何事もなかったように家は静まり返っている

庭では蝉が忙しげに鳴いている

私のドキドキが止まらない

毎日この前を通るたびにドキドキが強くなる

もういらなくなったものしか残っていないとしたら

この家の持ち主さんが整理を始めたのだとしたら

そう遠く無い日 この家も更地に戻されるのだろうか

私のドキドキが止まらない

d0027244_04524971.jpg

[PR]

by hanarenge | 2017-08-05 05:12 | 心模様 | Comments(2)