心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

タグ:奈良 ( 190 ) タグの人気記事


2017年 08月 16日

涼風一献

涼風一献 この言い方が文法的に正しいのかと言われたら う・・・・・となりますが

一献とは以下wikiより引用

「一献(いっこん)とは、 酒宴における最初の勧盃のこと。通常は杯を3回重ねるまでを一献という

大臣大饗の際には主催者である大臣が自ら勧めて回るなど、酒宴に伴う儀式ではもっとも重要なものであった。このため、中世には一献をもって酒宴そのものを指す事例も生じた


この使い方は正しくないという事になりますね


涼風をあなたの元へなんて言うと 笑ってしまいますが


風を感じてくれたらなあという意味くらいで 置いといてくださいな




d0027244_12425276.jpg
藤原宮跡の蓮の帰り 風鈴祭りのおふさ観音さんへ

風がよく通り 境内はいろいろな風鈴の音に満ちていました

ご存知でしょうが
音は皆違います 材質もそうですが 同じガラス あるいは鉄 陶器でも それぞれ違います
風と風鈴 この日は風がよく通り 風鈴は笑い声をあげているように響いていました


d0027244_12461861.jpg
屋根の上の鯱鉾と風鈴 

d0027244_13233078.jpg
風が来るのを少しだけ待ちました 
(右の風鈴もちゃんと入れるべきだった><)


d0027244_12465197.jpg
境内はバラで埋め尽くされて そこに風鈴が吊るされています

寺を辞する寸前に 帽子の方の後ろから失礼して ぱちっと

帽子がなければ良かったのですが これはどうにもなりません

[PR]

by hanarenge | 2017-08-16 05:25 | 奈良 | Comments(0)
2017年 08月 11日

みんな夢の中


d0027244_16115810.jpg

d0027244_06460465.jpg

d0027244_06455731.jpg

化石のような私のフォトショップ 笑

やり方をネットで検索

一枚目の写真の花の軸が白い線で写っていました

修正ブラシを使って
なんとか白い線が消えました


[PR]

by hanarenge | 2017-08-11 06:50 | 奈良 | Comments(2)
2017年 07月 27日

キアゲハでした^^(sikisai03さんに教えていただいて)

d0027244_21275492.jpg
トリミングしました


あっちに行ったかと思えばこっちに

あっという間にひらひら 

気まぐれなプリンセス?です いやいやプリンスか?

7/28 6;50 追記

プリンスでした 

sikisai03さんありがとうございます!!


d0027244_21281038.jpg

[PR]

by hanarenge | 2017-07-27 21:34 | 奈良 | Comments(2)
2017年 07月 26日

宮跡へ


関西線とは言わず今は大和路線と言うのか?

王子駅で乗り換えます

奈良線

桜井線と和歌山線が入っていますが、私は高田経由の桜井線で。 

d0027244_21052329.jpg


コラージュで再掲載です

Googleのフォト iPadにはアプリが入っているのだけど Macでは使用していませんでした

PCでも自分のページで出来るんですよね^^

やっとフォトアップしましたので。 自分でするより楽チンですもん。
d0027244_07460124.jpg

時計回りに
左から料金表 ワンマンカーのため料金支払いの装置

運転手さん

畝傍駅の名前が見えます これは流し撮りの大失敗です

退避線に入って対向電車を待ちます


桜井線の二両目はドアが開きません 

初めて乗った時これを知らず、ぼーっとドアが開くのを待っていた私です 笑


d0027244_02084360.jpg
昔々と言ってもそんな昔ではない
私が乗っていた電車よりもうんと近代的な運転席



到着したのは 畝傍駅

ここはもう無人の駅舎ですが ホームはとても広いし貴賓室も備えてます

それは何故でしょう?

奈良はまほろば 国の要

古い陵が残っています

もうお分かりでしょう?

答えはリンク先に

ここから歩きます

古い町並みの残る静かな道です

最近少し新しい家が増えました と言うか 新築ではなくリフォームした感じね

大きな家も多いです

で ジャン!!
d0027244_07460783.jpg
着いたわよ 藤原宮跡 右には黄花コスモスの群生です

蓮はコスモスの後ろです

右下は車窓から撮った金剛山系

私は藤原宮跡が大好きです

何もない 

空と土とが広がっているだけ

そして 天香久山 畝傍山 耳成山が宮跡を守るようにあります

2枚の写真に遠い山の前に小高い丘のような山が写っているでしょう?

その山が天香久山です。

家々が立ち並び 稲田が広がるここは 古の都跡

今は昔となった栄華はもうありませんが

ここに立つと より一層遥かな時代の息吹を感じます

何故か私は強く感じます

景色が変わっても、ここは藤原京の都なのです

それを強く感じます

ここで暮らした皇族 貴族 平民 立ち並んだ館の家並み 風 音 匂い 暮らしの数々

目を閉じると それらのものが見えるようです 聞こえるようです

ここは特別なところです

大和三山の航空写真が載っています
興味のある方は是非!
ない方も見て損はありません^^


追記 
一枚目の線路のズーム
ピンが左側線路外に合ってます
線路の前方に合わすべきでした アップしてから気がつくおバカです


[PR]

by hanarenge | 2017-07-26 21:41 | 奈良 | Comments(2)
2017年 07月 26日

藤原宮跡 私の失敗と水分補給

7月23日は 奈良の藤原宮跡に。
晴れたり曇ったり 撮影にはちょうど良かったのだが。

かなり蒸し暑かった。

持参したのは500ccのお茶と塩分補給用のタブレッツ(糖分とクエン酸も含んでいる)
これも奈良に着くまでに少しづつ補給する

途中で500ccの水を一本購入

撮影が終わって畝傍駅でも500ccの水を購入

途中のおふさ観音で昼食を取った時 300㏄くらいの水分を補給したので 帰宅するまでに都合1800㏄の水分を少しずつ補給した。

喉の渇きを覚える前に水分を補給するのだ。

これは鉄則中の鉄則。

水分と一緒に、時々塩分補給用のタブレッツも口に入れて嚙み砕く。

水分だけだと体内の塩分濃度が下がるから、体は電解質のバランスを保とうとして排泄を促し、結果、体内水分の総量は減る=脱水につながる。

かなり汗もかいたが、これで私の脱水症対策は万全だったと思う 

で何が失敗かというと
d0027244_02074126.jpg
これだ

アフガンチュニックを着て行ったのだ。(更に言うとアフガンドレスからパターンを起こして仕立てたもの。。。。らしい)

裾に向かってのドレープがすごく多くて袖は長袖だがゆったりと開いている 風がよく通ってシルエットが綺麗。(私ではない、チュニックのだ)
とても気に入っている一着なのだけど。。。。。。

蓮の撮影には向いていなかった と言うより、写真を撮るにはいつもの格好、オーバーオールが良かった。

何故か。

蓮田は水が入っている 田の縁もジメジメしている 地道も乾いていても泥が付く、そこにべったり座るわけにはいかない。

オーバーオールだとペタッと座ってもあまり気にならないが、オフホワイトのチュニックが汚れてしまう

着丈は膝丈くらいだが、ドレープが多すぎて、座ると裾が果てしなく?広がる やばいのだ。

だから、地面にキスはできなかった 笑


d0027244_02074984.jpg
天王寺駅で
関西線(大和路線)が入ってきた 懐かしい。

[PR]

by hanarenge | 2017-07-26 05:08 | 奈良 | Comments(0)
2017年 03月 27日

古い写真

画像を断捨離中の私です

時々、じっと見てこのときはなんて思ったりもしますね

するとここに行ったときの空気までよみがえるというか

今朝のブログはそんなお話

西の京の唐招提寺 金堂です

2010 07 19 暑い日でした 雲ひとつない空の下 暑い日差しの中で 唐招提寺の金堂は静かに佇んでいました

雲ありました 笑
d0027244_08142304.jpg
ここは私の大好きなところ ここに来るとホッとします

会津八一が詠んでいます 
「おほてらの まろきはしらの つきかげを つちにふみつつ ものこそおもえ」

金堂にはパルンテノン神殿と同じように正面に八本の円柱があります

これが「まろきはしら」です

この円柱に顔を寄せると ヒノキで作られた柱はほっこりと温かいのです

唐から来られた鑑真和上のお寺なのです
d0027244_08142846.jpeg
ここは 時間がゆっくりと流れているのではないかと いつもそんな風に感じます

セミが鳴いている 風が木立を渡る 蓮の葉が揺れている 暑い空気が滲んだように動く

鑑真さまの来し方を思うと 頭が下がります

d0027244_08143213.jpg
白いハスばかり咲く池です この頃は庫裏の庭に鉢植えのハスがたくさんありました

唐招提寺蓮もありました 久しぶりにお参りさせていただいた夏は庫裏は立ち入り禁止となっていました

その代わりにでしょうか 新たに蓮の咲く池が増えていましたが

唐招提寺


まろき柱の(会津八一)唐招提寺  

⇧ 心の万華鏡のページです 宣伝なんちゃって ^^

[PR]

by hanarenge | 2017-03-27 08:36 | 奈良 | Comments(0)
2016年 06月 30日

光のメルヘン展 


d0027244_23080612.jpg
奈良県立美術館で開催中の 藤城清治 光のメルヘン展へ
d0027244_23104869.jpg
大変賑わっていました 平日でしたが 会場はじっくりと見学する人で行列です

作品の前に立つと 色々な物語が心の中にに浮かび、消え また浮かび 次第に藤城清治の世界に没頭して行きます
そうすると どこからか微かに物音が聞こえてくるのです
それは風の音であったり 囁き声であったり 海の音 街の音 本当に色々です

初期の頃のモノクロの作品に特に惹かれました
霞むような儚い優しさや 力が漲った作品 西遊記にも惹かれました

大阪を描いた大作もありました 日本一大阪人パノラマと言うのでしょうか?
ビリケンさんやハルカス 空中庭園 大阪城には千成瓢箪 海遊館もグリコも太陽の塔も^^

d0027244_23182129.jpg
外はこぬか雨
d0027244_23182881.jpg
桔梗は紙風船みたい
d0027244_23252447.jpg
十輪寺には トンボが羽を休めていました 池の中なのでうんと手を伸ばしたら 飛んでっちゃった・・・・・

[PR]

by hanarenge | 2016-06-30 23:24 | 奈良 | Comments(0)
2016年 06月 28日

東向きの北って

雨の火曜日 友人と奈良まで

藤城清治 光のメルヘン展に行ったのです。平日ですが大勢の人で賑わっていました。

人気のほどが知れます。音楽が聞こえるような 風の音やざわめきが聞こえるような 美しく暖かい優しい世界でした。

東向きの北向き 何のこっちゃと言わはりますか?奈良の人でないとちょっと・・・・・ほんまに何のこっちゃです

「東向商店街は、平城京の外京六坊大路であり、東側はすぐ興福寺の境内となっている。この為、通りの西側にのみ建物が建てられ、全ての建物が東を向いていたため「東向」と呼ばれるようになったという。その後、興福寺の勢力が衰退すると、通りの東側にも建物が建つようになった」wikiより引用 

興福寺を見下ろしたらあかんかったんです。勢力が凄かったんです。

で、その北向き
d0027244_22433253.jpg
d0027244_22444721.jpg
おなごはんむきのカメラ屋さんと言うか PHOTO GARDNさん


d0027244_22490996.jpg
こんなん買いました コンデジを入れるんです サイズはぴったしカンカンです
d0027244_22505067.jpg
東向きの北 ほんまに面白いとこです 今度ゆっくり歩いてみます。


[PR]

by hanarenge | 2016-06-28 22:52 | 奈良 | Comments(0)
2016年 06月 25日

sunshine 奈良

五月晴れの一日 五月の奈良に姪っ子と
お昼を頂いた荷茶屋(にないぢゃや)     木漏れ日がとても美しかった

d0027244_10452108.jpg
ここは、私のお気に入りの食事所 お庭で頂けるのが嬉しいのです
d0027244_10454513.jpg
ここの1番と言うと、やっぱり万葉粥でしょう!と断言 ^^季節毎にお粥が変わります 5月はタケノコとヨモギかな
d0027244_10453065.jpg
姪っ子 何か見つけたようです
d0027244_10453970.jpg
おばちゃ〜〜〜〜ん 押し花にするわ と 見せてくれたのは散ったばかりのエゴノキの花 
d0027244_10460458.jpg
d0027244_10451752.jpg
奈良に行ったら
d0027244_10531522.jpg
やっぱり 「だいぶったん」もう長く行っていないと言う姪っ子のリクエストで
d0027244_10531162.jpg
このあと 大仏殿と大仏さんの大きさに改めて感嘆した二人でした
d0027244_11073797.jpg
参道には うようよ います  『それが????何か?????」
d0027244_10461226.jpg
いい子いい子 姪っ子 動物大好き 満足満足

[PR]

by hanarenge | 2016-06-25 11:09 | 奈良 | Comments(2)
2015年 12月 20日

奈良 

奈良 幻の夏なあんて^^

過ぎ去ってみれば 皆 夢幻か 誰かが言っていた? そうです 織田信長
 
「人間五十年 下天のうちを比ぶれば 夢幻のごとくなり」 幸若舞の敦盛の一節です

           夏の奈良の・・・・・・・・ 無理が有るかな 笑


d0027244_19392248.jpg
幻では有りませぬ ご安心下さい 薬師寺から唐招提寺へ向う途中に スイカの自動販売機?この辺りスイカを作ってます
車で来ていたのなら 一つ買いたい所 あの黒いのなんかどない?

蓮を求めての奈良 まずは喜光寺から
d0027244_19414904.jpg
                 だけどねえ こんなにからりと 晴れ晴れとなっちゃって

                 言わせてもらえば私はねぇ。。。。昔の喜光寺の方が好きよ


d0027244_19412993.jpg
d0027244_19435521.jpg
                       薬師寺にて 光の集まる所   

d0027244_19461553.jpg
          唐招提寺 風鐸 風が吹くと音を出す これが昔は天上の音楽と言われたとかどうとか うろ覚え
d0027244_19460681.jpg
d0027244_19461287.jpg
             唐招提寺の蓮の花

この後は奈良公園へ
d0027244_19461947.jpg
             だいぶったんの背中 ^^
d0027244_19462123.jpg
             私の好きな道

                   良く晴れた 暑い 静かな1日でした

   






[PR]

by hanarenge | 2015-12-20 19:55 | 奈良 | Comments(4)