心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

タグ:奈良 ( 185 ) タグの人気記事


2017年 03月 27日

古い写真

画像を断捨離中の私です

時々、じっと見てこのときはなんて思ったりもしますね

するとここに行ったときの空気までよみがえるというか

今朝のブログはそんなお話

西の京の唐招提寺 金堂です

2010 07 19 暑い日でした 雲ひとつない空の下 暑い日差しの中で 唐招提寺の金堂は静かに佇んでいました

雲ありました 笑
d0027244_08142304.jpg
ここは私の大好きなところ ここに来るとホッとします

会津八一が詠んでいます 
「おほてらの まろきはしらの つきかげを つちにふみつつ ものこそおもえ」

金堂にはパルンテノン神殿と同じように正面に八本の円柱があります

これが「まろきはしら」です

この円柱に顔を寄せると ヒノキで作られた柱はほっこりと温かいのです

唐から来られた鑑真和上のお寺なのです
d0027244_08142846.jpeg
ここは 時間がゆっくりと流れているのではないかと いつもそんな風に感じます

セミが鳴いている 風が木立を渡る 蓮の葉が揺れている 暑い空気が滲んだように動く

鑑真さまの来し方を思うと 頭が下がります

d0027244_08143213.jpg
白いハスばかり咲く池です この頃は庫裏の庭に鉢植えのハスがたくさんありました

唐招提寺蓮もありました 久しぶりにお参りさせていただいた夏は庫裏は立ち入り禁止となっていました

その代わりにでしょうか 新たに蓮の咲く池が増えていましたが

唐招提寺


まろき柱の(会津八一)唐招提寺  

⇧ 心の万華鏡のページです 宣伝なんちゃって ^^

[PR]

by hanarenge | 2017-03-27 08:36 | 奈良 | Comments(0)
2016年 06月 30日

光のメルヘン展 


d0027244_23080612.jpg
奈良県立美術館で開催中の 藤城清治 光のメルヘン展へ
d0027244_23104869.jpg
大変賑わっていました 平日でしたが 会場はじっくりと見学する人で行列です

作品の前に立つと 色々な物語が心の中にに浮かび、消え また浮かび 次第に藤城清治の世界に没頭して行きます
そうすると どこからか微かに物音が聞こえてくるのです
それは風の音であったり 囁き声であったり 海の音 街の音 本当に色々です

初期の頃のモノクロの作品に特に惹かれました
霞むような儚い優しさや 力が漲った作品 西遊記にも惹かれました

大阪を描いた大作もありました 日本一大阪人パノラマと言うのでしょうか?
ビリケンさんやハルカス 空中庭園 大阪城には千成瓢箪 海遊館もグリコも太陽の塔も^^

d0027244_23182129.jpg
外はこぬか雨
d0027244_23182881.jpg
桔梗は紙風船みたい
d0027244_23252447.jpg
十輪寺には トンボが羽を休めていました 池の中なのでうんと手を伸ばしたら 飛んでっちゃった・・・・・

[PR]

by hanarenge | 2016-06-30 23:24 | 奈良 | Comments(0)
2016年 06月 28日

東向きの北って

雨の火曜日 友人と奈良まで

藤城清治 光のメルヘン展に行ったのです。平日ですが大勢の人で賑わっていました。

人気のほどが知れます。音楽が聞こえるような 風の音やざわめきが聞こえるような 美しく暖かい優しい世界でした。

東向きの北向き 何のこっちゃと言わはりますか?奈良の人でないとちょっと・・・・・ほんまに何のこっちゃです

「東向商店街は、平城京の外京六坊大路であり、東側はすぐ興福寺の境内となっている。この為、通りの西側にのみ建物が建てられ、全ての建物が東を向いていたため「東向」と呼ばれるようになったという。その後、興福寺の勢力が衰退すると、通りの東側にも建物が建つようになった」wikiより引用 

興福寺を見下ろしたらあかんかったんです。勢力が凄かったんです。

で、その北向き
d0027244_22433253.jpg
d0027244_22444721.jpg
おなごはんむきのカメラ屋さんと言うか PHOTO GARDNさん


d0027244_22490996.jpg
こんなん買いました コンデジを入れるんです サイズはぴったしカンカンです
d0027244_22505067.jpg
東向きの北 ほんまに面白いとこです 今度ゆっくり歩いてみます。


[PR]

by hanarenge | 2016-06-28 22:52 | 奈良 | Comments(0)
2016年 06月 25日

sunshine 奈良

五月晴れの一日 五月の奈良に姪っ子と
お昼を頂いた荷茶屋(にないぢゃや)     木漏れ日がとても美しかった

d0027244_10452108.jpg
ここは、私のお気に入りの食事所 お庭で頂けるのが嬉しいのです
d0027244_10454513.jpg
ここの1番と言うと、やっぱり万葉粥でしょう!と断言 ^^季節毎にお粥が変わります 5月はタケノコとヨモギかな
d0027244_10453065.jpg
姪っ子 何か見つけたようです
d0027244_10453970.jpg
おばちゃ〜〜〜〜ん 押し花にするわ と 見せてくれたのは散ったばかりのエゴノキの花 
d0027244_10460458.jpg
d0027244_10451752.jpg
奈良に行ったら
d0027244_10531522.jpg
やっぱり 「だいぶったん」もう長く行っていないと言う姪っ子のリクエストで
d0027244_10531162.jpg
このあと 大仏殿と大仏さんの大きさに改めて感嘆した二人でした
d0027244_11073797.jpg
参道には うようよ います  『それが????何か?????」
d0027244_10461226.jpg
いい子いい子 姪っ子 動物大好き 満足満足

[PR]

by hanarenge | 2016-06-25 11:09 | 奈良 | Comments(2)
2015年 12月 20日

奈良 

奈良 幻の夏なあんて^^

過ぎ去ってみれば 皆 夢幻か 誰かが言っていた? そうです 織田信長
 
「人間五十年 下天のうちを比ぶれば 夢幻のごとくなり」 幸若舞の敦盛の一節です

           夏の奈良の・・・・・・・・ 無理が有るかな 笑


d0027244_19392248.jpg
幻では有りませぬ ご安心下さい 薬師寺から唐招提寺へ向う途中に スイカの自動販売機?この辺りスイカを作ってます
車で来ていたのなら 一つ買いたい所 あの黒いのなんかどない?

蓮を求めての奈良 まずは喜光寺から
d0027244_19414904.jpg
                 だけどねえ こんなにからりと 晴れ晴れとなっちゃって

                 言わせてもらえば私はねぇ。。。。昔の喜光寺の方が好きよ


d0027244_19412993.jpg
d0027244_19435521.jpg
                       薬師寺にて 光の集まる所   

d0027244_19461553.jpg
          唐招提寺 風鐸 風が吹くと音を出す これが昔は天上の音楽と言われたとかどうとか うろ覚え
d0027244_19460681.jpg
d0027244_19461287.jpg
             唐招提寺の蓮の花

この後は奈良公園へ
d0027244_19461947.jpg
             だいぶったんの背中 ^^
d0027244_19462123.jpg
             私の好きな道

                   良く晴れた 暑い 静かな1日でした

   






[PR]

by hanarenge | 2015-12-20 19:55 | 奈良 | Comments(4)
2015年 11月 15日

7月25日の奈良

季節からは大幅に外れますが、今年の夏からの分を少しずつアップしていこうと思う。

喜光寺から蓮巡礼は始ります。ちょっと、オーバー表現ですが、まあ、堪忍。

この小さな可愛らしいお堂、見覚え有りませんか?これは「試みの大仏殿』と言われます。

「行基さんが721年に創建したお寺で、後に東大寺の大仏殿を建立する時に、この喜光寺の本堂を参考にしたとの伝承が有ります 喜光寺HP参照」
ここに来たら、似てるな〜〜〜、だいぶったんのいらっしゃる所にと思いながら、眺めるのです。

d0027244_23480786.jpg
喜光寺から向うのは、私の好きな唐招提寺 南大門をくぐるとこの金堂が。
d0027244_23483890.jpg
「唐招提寺は唐の高僧・鑑真大和上により天平宝字3年(759)に創建され、井上靖氏の小説「天平の甍」の呼び名で親しまれている「金堂」(国宝)は、今回の大修理によって中世の大改修は行なわれず、江戸・明治時代の2回の大修理が行われたことが判明しました。創建以来、約900年の長きに亘って金堂は建ち続けたのです」唐招提寺HPより引用
西ノ京に佇むこのお堂を見たい一心で、私は無性に奈良に来たくなる事が有る。

私の大好きなこの道は、西ノ京の駅から薬師寺の興樂門=(北門)の前から唐招提寺に向って真っ直ぐに伸びています。
この道を戻って薬師寺に行きましょう。

d0027244_00060314.jpg
落ち着いた唐招提寺から、鮮やかな朱色に彩られた薬師寺は、以前は戦火で焼け落ちた伽藍の再興が長らく成らずに
東塔とわずかな伽藍が残る淋しいお寺だったが、高田後胤さんのご努力で立派に再建がなされました。
(何を持って淋しいと感じるかは人それぞれで、築地も破れ、東塔が西塔の礎石のみ水たまりにうつる光景が、素晴らしいと感じる人もいると思う 私も、その頃の薬師寺も訪れたかったと思う1人だ)
d0027244_23484355.jpg
                   これは金堂から見る大講堂
d0027244_23483508.jpg
                ↑そして、東塔と西塔を従えた金堂
東塔は創建当時のものです。1300年も経っているのですが痛みが激しく平成の大修理中です。
平成31年には、西塔と東塔は再び向き合い、私たちの耳には聞こえぬ音楽を奏でる事でしょう。

さて、この後は・・・・・・・・・・

やっぱり阿修羅さんや!
d0027244_23482528.jpg
と、言う事で、興福寺 何時見ても五重塔は大きくて力強くて暖かい。
こちらも金堂の創建中です 早く見たいものです。


最近は、観光客とのトラブルも多いと聞く、奈良の鹿さん。じらされたら、イライラするわな^^

d0027244_23482873.jpg


d0027244_23485810.jpg
猿沢池からの興福寺 何か写真に撮りたくなる景色やね

蓮の花は、この次にアップします。





[PR]

by hanarenge | 2015-11-15 00:38 | 奈良 | Comments(0)
2015年 11月 06日

明日香の別嬪さん

この前と言っても、彼岸花が咲く自分だから9月27日です。かなり古い記事^^

FBや、ブログは、流れいく川のようで、古い記事はあっという間に記憶の彼方?流されて行く。

いや、別にそんな事はよろしいんやけど。ちょっと言い訳してるだけどす。

テスト投稿してみます、サファリは何が気に入らないのかぶんむくれて?エキサイトのソーシャルツール設定で、FBと連携を選んでいるのに、記事反映ができないので、Filfoxを使ってみます。

田んぼの傍らに、別嬪さんがいてはりました。
明日香の案山子も年々盛況ですね。
そやけど、私は昔ながらの案山子が好きやなあ。 はい、ひねくれもんどす。

d0027244_21444467.jpg

[PR]

by hanarenge | 2015-11-06 21:46 | 奈良 | Comments(7)
2015年 10月 28日

さてさてテストです

FBにも投稿できるかな

この前は失敗したってアナウンスされたんだ

iPadで、記事を編集して再投稿したら、どうなるかなぁ


d0027244_16344794.jpg



d0027244_16351794.jpg

あかつきかなと思ったけど、ちょっと違うみたい。。。。。。

d0027244_1640241.jpg

秋晴れが似合うねえ。

[PR]

by hanarenge | 2015-10-28 16:41 | ネット関係 | Comments(0)
2015年 10月 27日

コスモス こすもす 一面の秋桜

d0027244_18182616.jpg

薄桃色のシンフォニー

d0027244_18193044.jpg
d0027244_1819451.jpg

さわさわと風が海を渡る

ダリアのようね 見ている人が言いました。
花びらが筒状になった、シーシェルと言う種類も有ります
d0027244_18292989.jpg


ねえ!!これは、風車に見えないかしら?開いたばかりのコスモスです。
d0027244_18295442.jpg


足下には
d0027244_18311272.jpg

小さな小さな白い花
d0027244_18313836.jpg

よく見ると、こんなに可憐で完璧な花をつけています
これはねこんな可哀想な名前なの 読んでみてね046.gif

ちょっと目を転じると
d0027244_18361651.jpg

日本の秋です。甘い香りがします。

d0027244_18365746.jpg

これはノゲシ?秋のノゲシ?

「雑草と言う名の草はない」 去る高貴なお方の仰られた事。
深いです。
[PR]

by hanarenge | 2015-10-27 18:38 | 奈良 | Comments(4)
2015年 10月 24日

コスモス

久しぶりの藤原宮趾

d0027244_1913636.jpg


JR王寺駅から和歌山線に、それから、万葉まほろば線=櫻井線に乗ります。
どちらもワンマンカーで、和歌山線のドアは手動で開閉します。初めてのときは訳が解らずぼーっと
ドアの前で、立っていた私です。

櫻井線は、二両編成で運転席のある車両のみドアが開きます(もちろん二両とも開く駅もあります)
今回の最寄り駅の畝傍も、先頭車両のみドアが開きます。
これも最初のときは、知らなくて、降りる時慌てました。

d0027244_1972830.jpg

何処か懐かしい町並の中を、歩いて行きます。赤い丸いポストも現役です。

途中に有るのがおふさ観音 秋薔薇はもう少し先ですね。
茶房おふさで、藤原宮趾からの帰りにスパイスカレーを頂きました、香りに中東を感じた私です。
美味しかったですよ。
d0027244_19103187.jpg


おふささんから歩く事しばし
d0027244_19111740.jpg

コスモス満開の藤原宮趾です。

これからしばらくはコスモスをアップして行きますね 
[PR]

by hanarenge | 2015-10-24 19:12 | 奈良 | Comments(0)