心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

タグ:作文 ( 8 ) タグの人気記事


2017年 06月 23日

幾千もの夜を越えて

d0027244_20345455.jpg



いつの頃からか 遠いところから 声が聞こえる

気がついたら 耳の中で木霊していたのだ

それは 地の底から響いてくるようでもあり あの青い空から落ちてくるようでもあり

初めは戸惑った

何の前触れもなく 不意に耳元で声がするのだもの

小さな甘い声 だけど 何かとてもつもない力を秘めているようなその声

何故?なぜ?私なのか どうして聞こえるのか

そんなことを問いかけても答えなど有りはしない

ただ 耳元で 囁くように 言うのだ

1日に1回 それは始まったのだ

だんだんと私は それに 慣れていった

耳の中で声がするという現実を 信じられなかったのかも知れない

どうかしたらその声はピタリと止んで 長い間聞こえないこともあった

そしてまた 不意に始まるのだ ちょうど音楽でもかけたように

そのうち 言葉は同じことを繰り返すようになった

もうすぐです もうすぐ 待っていてください

何がもう直ぐなのか 何を待つのか 私はぞっとした

もうすぐ やってくるのか?

待っていろとは?

初めは怖かったが やがてそれにも慣れた

そしてそんなことは頭の隅に追いやって やがて忘れてしまった

声が聞こえても 深く考えず 無視していた もちろん声はいつも一方通行で 何を問いかけても答えなど返ってこないのだが

だから安心していられたのだ

現実に存在しない世界の声だから

私のどこかがちょっとおかしいのだろう それくらいにしか思っていなかった

しかし

そうではなかった

私はある夜 その声を聞いて 突然思い出したのだ

思い出すというより 遺伝子レベルでの遠い遠い記憶を 探り当ててしまったのだ

もう遥かな遠い遠い過去

いつの時代かも定かではないが

私は その時代 確かにそこに存在していた

今の私ではなかったが 私だったのだ

一旦探り当てた記憶は 日に日に鮮明になっていった

頭の上で鳴いていた雲雀 足元の草の芳しい香り

そしてその時の暖かい日差しと あのひとの声

遠い山はキラキラと輝いて 雲はやはり真っ白に浮かんでいた

そんな細かいことは映画のように目の前に現れるのに あのひとの顔だけが思い出せない

長い髪を無造作にかきあげる白い手まで見えるのに 思い出せないのだ

そして 私は目の前の人との関わりも思い出せなかった

どんな関係だったのだろう わたしとこのひとは

ただただ だまって見つめるだけの自分が見えていた

そして 今 声は言うのだ 待っていてと もう直ぐだと

私は心が躍った その反面 恐ろしかった

いったいあのひとはやってくるのだろうか

くるとしたらどこから?あの遥かな時代から?

そんなことがあるのだろうか

そして もう直ぐとは?どれくらい直ぐなのだろう

笑い話ではないけれど 考え始めたら眠れない

もう声はすぐそばまで来ていそうに聞こえる 

早く!!早く来てくれ!

私は今では懇願するようになっていた

暗く風の強いある晩

激しくドアが揺すぶられた そして かすかなノックの音

それはだんだん大きく 確固たる意志を持った音に変わった

ああ!とうとう!来たのだ

私はあの女(ひと)の顔を思い出そうと心を躍らせたのだが

不意に 不意に ある考えが心に浮かんだ

私は 仇かもしれない もしかしたら

そう もしかしたら 

そのものは 私を殺しに来たのかもしれない

不意に 首筋がぞわりとした

ドアはますます大きくノックされて このままでは突き破られるのではと思えた

声が聞こえる それは耳の中からと ドアの外からだ

躊躇しながら 私は一歩足を進める

開けなければいけない 閉ざしてはならない 意識はそう命じている

ドアに手をかけて 

ああ 開かれていくドア

やけにゆっくりと

暗い外に立っていたものは  

幾千もの夜を越えて 私の元にやってきたものとは???

(妄想中)

[PR]

by hanarenge | 2017-06-23 14:15 | 作文 | Comments(4)
2017年 05月 11日

悲しきフランケンシュタイン

稲妻と嵐 叩きつけるような雨 

暗い研究室 そこには多種多様な機械が並べられて そして大きな水槽のような箱が

いや、それは棺桶なのだ

人が3人以上は入るだろうと言うような棺桶

この嵐の深夜に ここから這い出ようとしている物がいる

なんだろう 暗くて見えない 

じっと目を凝らして見ると その物は、、、、、、

いや 者だ 人だ しかし・・・・・・・

そいつはとても背が高い そしてその顔は ああ!その顔は

醜い縫い目が顔じゅうを覆っている

そいつは身体中を、縫い合わされているではないか

なんという醜さ なんという恐ろしさ

しかも、その傍らに立つ一人の男が、とてつもなく冷徹な目をしてそいつを眺めている

嵐の夜に呪われたかのように生まれた 一人といっていいのかどうか 怪物だ 

この怪物の生みの親は フランケンシュタイン博士

こうして怪物の人生(と、よべるかのどうか)は、始まったのだ

怪物にとっては、親にも等しいのがフランケンシュタイン博士だ

しかし博士は彼を呪われた者として扱った

純粋に興味本位で作り出したのだ

私も初めは怪物が恐ろしかった 不気味で見るのも嫌だと思った

しかし ・ ・ ・ ・ ・

なぜ 彼を造った?

何故? 何故? 憎むためか? 追放するためか?

愛もなく 何故造った?怪物は問うのだ

答えられるか?お前にわかるか?この俺の悲しみと、むなしさを。

青文字はWikiからの抜粋です

醜怪な身体の中に幼い子供が閉じ込められているような、そんなアンバランスな存在をデ・ニーロが作り上げていき、新しいフランケンシュタインのクリーチャーとなった

そうなのです 見ていると、この怪物が小さな子供のようにも見えるのです

その無邪気さと醜悪さ そして愛されない悲しみ 愛したい気持ちの空回り デ・ニーロは上手く演じました。

ケネス・ブラナーもヘレナ・ボナム・カーターも、すっ飛ばして、デ・ニーロに引き込まれました。







[PR]

by hanarenge | 2017-05-11 00:25 | 作文 | Comments(0)
2017年 04月 25日

私の桜物語

桜も気がつくと終わりましたね

みなさんの今年の桜はいかがでした?

心に残る桜と巡り会えましたか


花の季節は心がざわざわとしてくる

坂口安吾が 「桜の森の満開の下」の傑作を書いたのは有名です

彼の心にも満開の桜が妖しく揺れていたのでしょうか

作家というものは、見かけがどうであれ心の中に狂気を抱いているものだと私は思っています

いや 私のことではありませんよ 笑 作家じゃないしって言わんでもわかってるよね 爆笑




ショート ショート 「桜と女」を書いていますが どうにも筆が進みません

妙な方向に筆が滑っていきます

こういう時は無理に書くと必ず失敗します(と、言い訳 笑

書けないかもしれません



代わりにと言っちゃあ何ですが。。。。。。

私の故郷の桜と 心に深く残る桜のことを 書こうと思います

私の心に咲く桜は山桜

ソメイヨシノではダメ あれは退屈な桜だ


私の故郷は深い山の中 

と言っても 子供時代は美しく手入れされた棚田と畑 雑木林と山林が広がる里山だった

私はレンゲが咲く田んぼで遊んでいる

暖かい光は野にも山にも満ちて、向かいの山の影が濃い

風もないのに白い山桜が私に降ってくる

ちょっとした広場が上にあり そこに樹齢何百年かの山桜の古木があるのだ

ひらひら はらはら 桜が舞い落ちる 私はレンゲを摘むのに忙しい

いつの間にやら風が出て 花びらはますます落ちてくる

私の頭の上にも、田んぼの緑の草の上にも白い花びらが舞い落ちる

目をあげると 陰影の濃い向かいの山が見える そこにも山桜の古木がある

谷風に花びらが舞うのが見えるのだ

谷風が山肌を縫うように上がっていく その風が桜に到達すると しばらく時間をおいて花びらが舞うのだ

私の頭の上の桜と山の桜は まるで呼応するように花びらを散らしている

私はレンゲ摘みをやめて それをじっと見ている 多分小学校に上がるか上がらないかの私の桜の記憶です」


d0027244_20401965.jpg

もう一つ 忘れられない私の桜

静かな静かな風のない夜

満月だった

道が煌々と光っているように見えた

山道を走っていた私は 思わず車を止めて降りてみたのだ

満月の夜は銀色の夜だった

柔らかい月の光は 山も道も草もなにもかもを銀色のベールで覆っているかのようだった

そして、暗いはずの山の端は薄い青色に煙って見えるのだ

夜はこんなにも華やかだったのだ 

銀色の光が溢れる中で 一本の桜が花びらを散らしていた

風もないのに、我と我が身を震わせるかのように その桜は花びらを散らしていた

桜の花びらは月の光を受けて真白く輝くのだ

あるかないかの風に乗るように桜の花びらは しばらく木の周りをひらひらと舞っている

そして静かに落ちていくのだ 

私の目にはその落ちていく一枚一枚の花びらが 行く春を惜しんでいるかのように見えた

一生に一度見るか見ないかというような光景でした

満月の夜 花びらが舞う 

月明かりの下で静かに春を舞う

私はどれくらいそこに立っていたのでしょうか

どんなカメラにも捉えきれない美しさと広がりがそこにありました

私の忘れられない桜です

[PR]

by hanarenge | 2017-04-25 00:14 | 作文 | Comments(0)
2017年 03月 19日

あなた

眠れぬままに

心に浮かぶのはあなたの事

あなたと出会い あなたと歩いた日がよぎっていく

とても好きだった 心の底から好きだった


何処が?とあなたは聞いたけど 答えを探すふりをして 黙ってあなたを見つめた


あなたの全てが好きだなんて照れくさくて言えなかった


あの日 あなたは突然出て行ったね

深く考えもせず 雪の降る街を見ていたんだ

だんだん時間が経って いくら何でもこれはおかしいのではと突然 やっと気がついた

あなたがやりかけたことがいっぱいあって あなたがこんなに色々なことをしていたんだなあって 胸を突かれるような気持ちでいたよ


あなたの好きなサボテンが ポツンと窓辺に置かれていたね

可愛がっていたサボテン

あの日 冷たく暗い部屋で膝小僧を抱きしめながら あなたは去ってしまったのだと

泣きたい心で思ったよ

この心が晴れる日は来ないと思ったよ

お元気ですか?

あれから後で 結婚したんだ

僕の奥さんはあなたには似ていないけど あなたのように洗濯が好きだよ

もう随分と昔のことだね

あなたと街でばったりあったらわかるかしら?

相変わらず 少し笑いを含んだ目で僕を見てくれるかい?

何の屈託も無く 笑ってくれるかい?

きっとあなたのそばには 素敵なご主人がいるのだろうな

あなたを忘れない僕を この頃少し嬉しいんだ

今更 どうという事もないけれど あなたを好きだった頃が一番生き生きしていたのかもしれないね

僕の奥さんが 僕を呼んでいる

もう行かなきゃね 可愛い人なんだよ 幾つになってもね

あなたが好きだったサボテン 僕が世話をして花を咲かせたよ

驚いたでしょう?花が咲くなんて

僕はあの頃サボテンが咲くとあなたが帰ってきてくれると思って 一生懸命世話をしたんだよ

僕の願いは聞き届けられなかったけど あなたの代わりに僕の奥さんが来てくれたんだよ

よかったよね?

あなたも きっと喜んでくれるよね?

あなたが うんと幸せでうんと綺麗で うんと笑っていることを願っています





もうお分かりですね これはチューリップのサボテンの花の妄想です 笑笑

題名をストレートにサボテンの花としなかったのは あなた様をちょっとドキッとさせたかったから
ちょっとホホーッと思わせたかったから
あなた様は 私の作文を読んでくださる ネットの海の見知らぬたくさんのあなた

もしちょっと戸惑って 読んでくださったのなら 私の小さな成功です

有難うございました

iPadからだと サボテンの花 の貼り付けが上手くいきません

時間ができたら パソコンから試みて見ます

良い歌ですよね この前iTunesで買いましたよ

そればかり聞いています だから妄想もふくらんだのでしょうね

お付き合いいただいて有難うございました







[PR]

by hanarenge | 2017-03-19 01:20 | 作文 | Comments(0)
2017年 03月 08日

黄昏のビギン 第2バージョン

今日は風が冷たかった 

その中を梅田まで

30年来の友人と映画を観るために

私は切なくならないといけない訳があるのだwwwwwww

切なく悲しくならないと いけない

友人に話すと大笑いしていた

その訳は 黄昏のビギンを書くためだ

そんな要らん前置きは横に置いといてさっさと幕あけろやって声も聞こえそうだが

PCやスマホの前のそこなあなた方!!仰せに従いますわよ 期待はせんといてほしい!!

「マリアンヌ」

ブラピが青年の面影を蘇らせていた
マリオン・コティヤールは美しかった 
モロッコの砂漠の夜明けは薄いピンク色に染まっていた


黄昏のビギン 第二バージョン
[PR]

by hanarenge | 2017-03-08 20:34 | 作文 | Comments(0)
2017年 03月 03日

黄昏のビギン

私は 日本の歌謡曲はほとんど聞かない 

ほとんど聞かないという割には、洋楽だってそんなに知らない

でも、この曲だけは好きだ(いや厳密に言えばもっとあるんですよ 真夏の果実とか^^)

ちあきなおみがこの名曲を歌っていた 囁くような歌い出し(だったかと)

素敵だなあと思って iTunesで探したが、ない

瞬くして 原曲の水原弘の黄昏のビギンを聞いた

ちあきなおみよりやっぱりいい 彼女のは甘すぎる

🎶雨に濡れてた 黄昏の街 あなたと会った初めての夜 

彼の少し甘い声が軽いリズムに乗って流れ出す

洒落てるなあ 歌詞も曲も

こんな曲、今あるかしらね

大人の鑑賞(とは言わない?)に耐える曲の一つだと思うのだけど 如何かしら

ずっとElvisとか、ブルース・スプリングスティーンとかニール・ダイアモンドとかライチャーズ・ブラザーズとか

他にもいっぱい^^洋楽を聞いてたんだけど

明日から これ当分聞きそうです 
水原弘は42歳で亡くなったのねえ Elvisも42歳だった

水原弘と聞いても、知らない人が多いのだろうなあ  彼は上手いと思う。

こう言うと 古い!とか渋い!とかいう人がいる

大きなお世話だ


私的妄想
[PR]

by hanarenge | 2017-03-03 20:31 | 作文 | Comments(2)
2017年 03月 02日

清盛の夢

d0027244_18203347.jpg
曇っていました それも霞がかかったようなぼんやりとした曇

写真は捨てちゃいたいような出来具合 ま、仕方ないね とりあえずこれで記事




波の音が聞こえますか 風はどうでしょう

あなたが建てたこの御殿

海の上に浮かぶ 丹色の建物

信仰厚いあなたはここにある厳島神社を壮麗な御殿のように大修理しました

古へと去ってしまったあなたの時代 あなたが生きた時代

海に向かって風を感じ 波の音を聞き 潮の香りを嗅ぎ
あなたのいた時代を思いました
できることならあなたと同じ匂い 風 音を感じたいと思いながら

安芸の守就任時にあなたはお告げを聞かれたとか 

あなたのご一族の物語にはそうあります

あなたの夢はあなたの思いは叶いましたでしょうか

あなたが一代で成し遂げた平家の時代は
あなた亡き後 綻びが目立ち始め
あなたのご一族は源氏に追われ 
とうとう築地が溢れるように崩壊してしまいましたね

平家と源氏の双合戦が行われたのは壇ノ浦
もう少し西の方でございます

海を愛し 貿易を試みられたあなたの夢が海に潰えようとは
誰が思いましたでしょうか

あなたのご一族の物語 平家物語ですが
物語の序章は特に有名ですよ

私なども学校で覚えさせられました

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし
たけき者も遂にはほろびぬ 人へに風の前の塵に同じ

遠くの異朝をとぶらえば 秦の趙高 漢の王莽、梁の朱忌、唐の禄山
これらは皆 旧主先皇の政にも従はず
天下の乱れんこと悟らずして 
民間の愁ふるところををしら雑しかば 
久しからずして芒じにし者どもなり

近く本朝をうかがふに 承平の将門 天慶の純友 康和の義親 平治の信頼 
これらはおごれる心もたけきことも 
皆とりどりにこそありしかども

間近くは六波羅の入道前太政大臣平朝臣清盛公と申しし人のありさま
伝へ承るこそ、心も詞も及ばれね

と このように伝わっております

あなたは怒っておいででしょうか

それともこの世は幻 仮の住まいと笑っておいででしょうか

あなたが生きた時代に私もいたなら あなたのことも少しは解ると思いますが

今となっては勝利した源氏一門の思いのまま

あなたのことは悪し様に言われたのでしょうか

その源氏も北条になり また北条も滅びました

それからも王朝が立っては滅び 滅んでは起こり
とうとう今に至っております

あなたが見たであろうこの光景を目のまえにすると
どうしてもあなたを思わずにいられないのです

バカなことを申しました それでは失礼いたします

[PR]

by hanarenge | 2017-03-02 19:09 | 小さな旅の思い出 | Comments(2)
2017年 02月 28日

広島

一泊二日の一人旅だった

広島への旅 強烈な印象を残し 今も私の心を離れない思いを、消えてしまわないうちにここに残そうと思う

読むと不快になる表現が含まれています 嫌な方は記事を読まないでください

d0027244_21360405.jpg
醜い建物だ 醜悪な姿をさらして建っている 近づくほどにその異様な姿はますます醜く迫る

こんな醜いものがこの世にあろうか

1945年 8月 6日

その日も暑くなりそうな朝だった

いや 太陽はもうぐんぐんと登り 青空の下で人々は1日の活動についたところだったろう

空襲警報は7時31分に解除されていたから やれやれと思った人も多かったと思う

銀翼を輝かせてエノラ・ゲイが広島上空に入ってきた

しかしその腹には 悪魔の申し子を抱いていたのだ

あの朝 8時16分 リトル・ボーイは広島の上空に放り出された

まるで産み落とされるかのように

それは 熱線と炎と暗黒と 熱風と放射能を広島にぶちまけたのだ

美しい夏の朝は 一瞬 目もくらむような光に包まれ そのあとは熱と風が猛烈な勢いでやってきたのだ

ドームが醜いのは 広島のせいではない

広島の人のせいではない

ドームが醜いのは 原子爆弾が人類史上初めて 人間に向けられたからだ  

明確な殺意を持って広島の上空に放り出したからだ

何もかもが失われた 何もかもが吹き飛ばされた 焼き尽くされ 叩き潰され 恐ろしい風が火を伴ってやってきた

黒い雨が降った 空は黒く 街も暗く 濁った空気の中で焼けただれた人々が呆然と歩いている

ドームは一瞬で 美しかった姿を失った

頭を砕かれ 内臓をぶちまけ  首ももげ 手足が吹っ飛んだのだ

私はドームの周りをゆっくり一周した

あれから72年が経とうとしている

それでも あの 原子爆弾の威力がそこここに見て取れる

ゆっくりとドームを回りながら
 
あの惨状の中で死んだ人々 
泣きながら逃げ惑った人々 
体の皮がむけた人たち 
水を飲みたがった人たち 
身体中から出血しながら死んだ人たち 
燃え盛る家の下で生きながら焼かれた人たち

そんな光景をできうる限りの想像力を働かせ頭に描いた 

涙は後から後から吹き出てきた

ドームをこんなにしたのは広島ではない 

広島の人ではない

原子爆弾を落とした国がしたのだ

また広島へ来たいと思った

広島へ来て この建物と向き合いたいと思った





[PR]

by hanarenge | 2017-02-28 22:19 | 心模様 | Comments(0)