ブログトップ

心の万華鏡  

タグ:京都 ( 216 ) タグの人気記事

雪の蓮華寺

三宅八幡の駅近くに蓮華寺はひっそりとたたずみます
d0027244_05214489.jpg
もう2月も残す所10日足らずの今頃、1月の雪の京都のアップです

蓮華寺は、小・中学生の拝観は受けていません。
知る人ぞ知るという風情の小さなお寺さんでしたが、最近はFBなどでの紹介もあるのでしょうか
海外からの拝観者も増えている様子です
こちらも、大原の宝泉院同様、額縁庭園が見事です
d0027244_05271174.jpg
京都で、私の一番好きなお寺と言っても過言でない蓮華寺です
青もみじで染まる頃の見事さと言ったら!!座敷に座ると、周りの空間が緑色を帯びます。
d0027244_19395688.jpg
開け放しの座敷には、冬の空気が入り凛とした空間が広がります。正座してお庭を拝見します。
d0027244_05302843.jpg
右下のオレンジ色は、ここの鯉です。
d0027244_19391785.jpg
d0027244_19401092.jpg
山門を撮りました すっかり雪をかぶっています
d0027244_19401806.jpg
赤い屋根をバックにかき氷のような雪
d0027244_19462819.jpg
光が差し込む 来て良かったと思う瞬間
d0027244_19473430.jpg
d0027244_19483463.jpg
d0027244_19482804.jpg
上橋のバス停から比叡山の方の山を望遠で 木々が凍りついています。
(説明が悪いのですが、山の名称がわかりません)

本日(2月23日)ムフフの街撮りも致しました。
そのアップはまた後ほど^^

[PR]
by hanarenge | 2017-02-23 19:52 | 京都 | Comments(2)

宝泉院 雪の庭

大原は宝泉院 小さな寺だが、雪景色は見事だろうと、こちらを知ってからずっと思っていました。

d0027244_18221672.jpg

樹齢700年にもなろうかという五葉の松の雪です
d0027244_18222149.jpg
            一人静かに抹茶を頂く 本来はこう言うのがいいのでしょうけれどね 

d0027244_18222568.jpg
ついつい、後ろで写真を撮りたくなるのです ;^_^A
d0027244_18222846.jpg
この障子の向こうには理智不二という名の水琴窟があります
d0027244_18223466.jpg
粉雪です サラサラの雪がどこもかしこも降り積もって
d0027244_18223976.jpg
お寺の玄関を入ったら右手にある部屋からの眺めです

季節を変えて、何度もお参りさせて頂いていますが、この日はずっと思っていた雪景色の宝泉院に行くことができてとても嬉しく思いました。

粉雪だったので、とても軽やかな感じを受けました。
風が吹くとサラサラと滑るように舞い落ちます。時折差し込む光と相まって、美しい光景でした。
もっともっとこの雪の庭を見ていたい気持ちでした。でも、そうもしていられません。
d0027244_18405879.jpg
では、こんなバスに乗って、上橋(かんばし)まで戻ります。
私の大好きな、蓮華寺に向かうのです。


宝泉院さんのHPです、いやいや、立派なHPができててびっくり^^




[PR]
by hanarenge | 2017-01-22 18:44 | 京都 | Comments(0)

1 雪の大原 抹茶まで(まっちゃまち と ちゃうでぇ)

降りましたね〜〜〜〜雪国の人には申し訳ないけど、こっちでは雪は珍しいから、なんかわくわくemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0115-inlove.gif
(まっちゃまちは大阪の(関西)人にしか解れへんやろなぁ)

前々日から、天気予報ばっかり見て1/15に決定しましたのです^^

d0027244_18154763.jpg
国際会館から大原行きのバスで。三宅八幡近くで、ご覧のように。(車中より)気分はわくわくです。
d0027244_18224497.jpg

三千院方面に行きましょう ここは大原名物の赤紫蘇を植えてあった畑 撮影スポットになってます 晴れた〜〜と思ったのですが
d0027244_18260246.jpg
山のズーム
d0027244_18274936.jpg
これは律川やと思います 宝泉院さんへ向かう橋の下も流れてると思います
d0027244_18171955.jpg
呂川に並行して三千院に登る道もこの通り 土産物屋さんの人がそれぞれに出て雪かきをしてらした
大雪のため休みますと張り紙してはるお店もありました。
その呂川の対岸(と言うほどのものではないけど )こんな道がひっそりありましてん
d0027244_18291324.jpg
こんなん絶対見過ごされへんわ!青い空と白い雪が、ここはええでぇ〜〜って言うてるやん。
だぁれも歩いてへんねんで、嬉しいやんか!
d0027244_18310580.jpg
私の足跡 きゃっきゃっと喜んで歩いた
黄色い柚子かなあ、八朔かなあ、とにかく柑橘の実が生ってて椿地蔵さんの祠がありました、桜も絶対咲くなあと一人納得
もう一個、対岸に細〜〜〜い道がありますねん
そら!もう!行かなあきませんわな
d0027244_18352392.jpg
ほら!きた甲斐がありますやろ?lここは前から知ってたんです、雪が積もったらどないにええかと^^
d0027244_18352700.jpg
この杉の木立から見る畑と山も好き
d0027244_18353051.jpg
こ〜〜〜んな展望が開けます。菜の花畑にもなります
降りてきたら、私の頭も肩も雪だらけで。。。。。私、こけたんとちゃいますで
おみやげ物屋のおじさんが、はたきで払うてくれはった^^おおきに。 
スグキが美味しそうな漬物屋さんですねん。
d0027244_18440329.jpg
律川にかかる赤い橋を渡って(渡ったところから振り向いて この左上は三千院さん 右側にはおみやげ物屋さんやレストランが並んでます
d0027244_18430222.jpg
今日のお目当て一番目はここ!額縁庭園の 宝泉院さん
d0027244_18460208.jpg
えらい雪の中、ようお参りやすとお寺の人が言うてくれました
d0027244_18464651.jpg
宝泉院って書いてる木の看板の所に小さな橋があります、その橋を渡って宝泉院さんへ行くんですけどな
その橋の下を流れるのが多分呂川 すみません、確かめたら自信ありません、知ったかぶりはあかんねm(_ _)m
そんでこの道を下ったら、もの凄くええ雰囲気の道が続きますねん
私は、この道が好きで、いっつもここから下るんですけど、この雪ではちょっとね、お預けです。
多分地元の人しか通ってへんと思います。
d0027244_18492605.jpg
さて!!お抹茶いただいて、庭園を見せていただきましょう^^

呂川 律川 由来など面白いですよ 呂律がまわらんとか言うでしょう?あれもここから見たいです
由来貼っときます    呂川 律川のことなど



[PR]
by hanarenge | 2017-01-16 18:55 | 京都 | Comments(0)

嵐山花灯路 2

残り物ですみません

まずはこれ!
d0027244_17210870.jpg
あっつあつを歩きながらね この頃は、かなり名前が知れてきましたね。
d0027244_17205731.jpg
化野の念仏寺の近くに、まゆ村の本店があります。繭玉でマッサージもいいのです。それ用も置いてます。

法輪寺には初めて行きました
d0027244_20021191.jpg
法輪寺HPリンクします
めちゃめちゃ綺麗な青葉の頃のトップページです、

d0027244_19593030.jpg
でんでん虫ではありません 電電宮 ちょっと珍しいでしょ?電気とか電波の守り神?
今の時代、電気がなくては、な〜〜〜〜〜〜んにもできませんね
d0027244_19593612.jpg
iPad片手にしっかりお参りしました

舞台からは
d0027244_20093580.jpg
京都一望 もう少し右(南)に京都タワーが見えます。
d0027244_20113110.jpg
TGー4で目一杯寄って 仁和寺の五重塔です
d0027244_20134971.jpg
虹が出ました。

これで嵐山花灯路終了です お付き合い有難うございました。
おまけ
d0027244_20145463.jpg
           ドラえもん        


[PR]
by hanarenge | 2016-12-14 20:17 | 京都 | Comments(0)

嵐山花灯路

嵐山花灯路 よーするにライトアップです。

どこもかもライトアップですな。

イヤミを言いながらかくいう私も乗せられた口 笑

友人と三人で、初冬の嵐山へ。

久しぶりに会う友人もいて、楽しくおしゃべり。

そやけど、私、思います。なんで、あないに、緑や紫や赤でライトアップせなあきませんの????

都会のビルには、あの色もまあ許せても(見られても)山や神社には;;;;;;合わんと思うんですけどね!

では、花灯路 いきます。
d0027244_17370330.jpg
MacBook Proをバージョンアップして、まだ慣れていないせいか、妙に使いにくいです。 泣

渡月橋を渡った所、西側に甘いものやさんがありますね。私、今回初めて入りました。
d0027244_17453598.jpg
おうすのセット、中々美味しい桜餅です。塩漬けの桜の葉が効いてます。

話に夢中になっていたら、とっぷりと暮れて、ライトアップが始まりました。

渡月橋を見てから、やはりハイライトの竹林の路へ。
老松さんの手前から、もう混雑してます、一方通行になっている様子
一番混雑していますね
d0027244_17591982.jpg
ず〜〜〜〜〜〜っと先、大河内山荘までこんな状態です わややわemoticon-0107-sweating.gif ま、誰しも気持ちは一緒、おまけに京都名物?の時雨まで来ちゃいましたよ
d0027244_17592373.jpg
ここまで来るのにかなり時間がかかりました。混雑の割には皆さんのマナーはとても良かったです。
三脚立てるバカもいませんでした←当たり前か 笑

大河内山荘まで来て引き返す人もかなり見かけましたが、ここから先へ行くべきです。

ここを抜けると、左側に、小倉池が見えて、日本で此処だけと言う御髪神社があります。
小倉池もライトアップしてました。
d0027244_18164552.jpg
池の周りにも灯りが入っています、この灯篭?行灯?は、地元の小学生あたりが作ったのでしょうか。
 
さらに進むと、常寂光寺と落柿舎です。
落柿舎の前です
d0027244_18263266.jpg
この前だけ田んぼが残っています。夏の落柿舎は素敵ですよ

落柿舎の横をさらに奥へ向かいます。混雑は随分とマシになりました。

西側は山 でもそれは昔の話で 笑 ちょっとした自然公園みたいになってます
落柿舎の近くの土鈴や小物のお店 名前を失念しましたが おかもと勇楽さん?でしょうか 友人が立ち寄っています。
d0027244_20171099.jpg
その山の向かいに、みたらしと甘酒なんか売っているところがありました。俄かか、元々あるのかちょっと確かめてないのですが
そこで頂いた甘酒が、ほっこりと温かくとても美味しかったです。
公園に入ってみた。。。。。。カイロくださいに笑いました。

ここまで来たら二尊院はすぐです。「紅葉の馬場」は有名ですね。

d0027244_20295594.jpg
二尊院の由来は「釈迦如来と阿弥陀如来の二尊を本堂にお祀りされているのに由来します」
ここはお公家さんのお墓とか映画スターのお墓とか、あります。

ライトアップはここでお終いです。ここからほど近くに祇王寺があります、行ってみたけど真っ暗でした 笑 誰もいてへん^^

では、戻りましょう。
清涼寺まで行って下ります。あの混雑はどうしたと言うくらい空いてます。
食事はどうかなあと心配していたのですが、琥珀堂の向いっ側で和食にしました。琥珀堂は今度ね^^
d0027244_21405999.jpg



途中で画像アップができなくなりました、なぜかなあ????


500KB以下にしろって?209kBしかないんだけど?エキサイトさん!!totalってこと??まさかね。

とりあえず ここまでです💨

[PR]
by hanarenge | 2016-12-13 21:52 | 京都 | Comments(0)

胸騒ぎの花

d0027244_05313167.jpg
曼珠沙華は 胸騒ぎの花

赤く赤く 何処までも、赤く続く小道
この道の向こうには、何やら妖しく美しい世界があるように錯覚してしまう
そしてそれは私にだけ許された世界のように思えるのだ
曼珠沙華が一年に一回だけ見せてくれる光景

暗い木陰に 明るい日向に 緑の葉っぱの向こうに キラキラ揺れる赤い幻

あっけらかんと咲いているようにも、見えたり 目を背けたくなるような物語を抱いているように。。。。。思えたり

私の心で、たくさんの顔を見せてくれる花

曼珠沙華は胸騒ぎの花

狂おしく呼びかける花

年に一度どうしても会いたくなる花

小さな私の頭に住み着いた物語は、この赤い花を忘れられない花へと育て上げた。

[PR]
by hanarenge | 2016-09-29 11:20 | 京都 | Comments(2)

窒息しそうな赤


京都 亀岡 そこに穴太寺と言う寺が有る あなたじ では ない あのうじだ。

その寺の周囲は、水田が多い。

今頃ともなると 水田の稲は黄金の稲穂をつける そして、稲穂を祝うように咲くのは 曼珠沙華。

Googleマップで見て貰うと解るように、大小さまざまの水田が広がっている。

ちょっと目を閉じて思い浮かべてみて!広がる水田の回りを赤い糸で綴ったように彼岸花が咲いている様を。

彼岸花の名所(近年こう言う言い方になってしまったことが、妙に悲しい蓮華草だ)は、沢山ある。

沢山の案山子をそこここに飾り立る某所もある。私的にはこういうのは、好かん!!無粋だと思っている。

ここにはそんなものは無い。

有るのは広がる水田と曼珠沙華の隊列
d0027244_09512949.jpg
生憎と天候には恵まれなかった、でも、良しとしよう 雨は降らなかったから。
d0027244_12205509.jpg
窒息しそうな赤
毎年律儀に秋の彼岸に咲く花 この花を嫌う人も多いと聞く
お墓に咲く  とか  幽霊花  とか そんな言い方で表現される事も多い

私は小さい頃からこの花がとても好きだった
私の故郷にもかつては このように田んぼを彩り 柿の畑に群れて咲き乱れた。 何処でも咲いた。
大きな赤い冠の花を 取っては遊んだ 
私が彼岸花を好むのは、かつて有った里山の故郷を思うから そして彼岸花の物語を思い出すから。

小さい私の頭に、この花がゆらゆらと揺れて、不思議な、そして秘密めいた話が浮かんでは消えていった。

穴太寺の有る、曽我部町には、初めて行きました。
d0027244_12552918.jpg
d0027244_12554124.jpg
d0027244_12581790.jpg
d0027244_12584385.jpg
d0027244_12590701.jpg
出来る事なら、もう一度行きたいけれど、時間的に無理だろう 

お天気に恵まれなかったと書いたけれど ピカピカの晴でなくて良かったかもしれない

太陽の光が強いと 彼岸花は、ピカピカのセルロイドみたいに写っちゃう・・・・・・

人間の目には、青空と稲と赤い彼岸花はとても美しく見えるのだけれど。

オフ会も大原もすっ飛ばして・・・・彼岸花です。

窒息して〜〜〜!!! 爆




[PR]
by hanarenge | 2016-09-25 13:58 | 京都 | Comments(0)

法金剛院

7月に行った法金剛院 やっとアップです 

d0027244_09220286.jpg
純白の夢開く 前にも使ったフレーズだ^^:
d0027244_09221013.jpg
この色が1番しっくり来る?1番多い色合いですねえ
d0027244_09223150.jpg
斑入りの蓮 花びらに紫色が入っています 奈良の喜光寺の庭で初めて見ました
d0027244_09223511.jpg
d0027244_09225003.jpg
散華です
d0027244_09225605.jpg
花びらは月夜の船みたい
d0027244_09230728.jpg
蓮の花の中心 開いたばかり 香りも強いのです お菓子に似てるでしょう?いえいえお菓子ですわ^^
d0027244_09233255.jpg
葉っぱも好きよ
d0027244_09233576.jpg
もうすぐね もうすぐさ 三度笠の旅立ちでござんすよ
言の葉遊び ← 私の分家ブログを見てね〜〜〜〜
d0027244_09234763.jpg
キノコはふかふかの杉苔がお気に入りさ
d0027244_09240431.jpg
萩の葉の露 萩ってね季節を問わずに咲くんですって まいまい京都の気象予報士さんが言うてはった。知らなんだな〜〜
これは奈良の元興寺さんの萩です

この後は廬山寺へ向いますわよ

[PR]
by hanarenge | 2016-08-11 09:36 | 京都 | Comments(0)

法金剛院

夏空が広がって 夏本番ですね
法金剛院に行ったのはまだ梅雨明け前の7月15日 曇り空の京都です 
風が涼しくていい気持ちでした 午前7時に花園駅に着いたら、法金剛院は目前です

生け垣の向こうから 蓮の香りがしてきます TD4で撮った分から順次アップしていきます



d0027244_21544426.jpg
蓮の時期は午前7時からの開門です
d0027244_21553204.jpg
d0027244_21554686.jpg
蓮を愛でる人
d0027244_21570261.jpg
ここは待賢門院ゆかりのお寺  
  • 京都市右京区花園扇野町に現存する法金剛院は、平安前期、右大臣清原夏野の山荘だったものを死後に双丘寺とし、天安2年(858年)、文徳天皇の勅願によって天安寺が建立されたが、その後は荒廃し、大治5年(1130年)になって璋子が復興したものである。璋子はここで晩年を過ごし、今も、法金剛院の北、五位山中腹の花園西陵に眠る。絶代の美貌を謳われ信仰心も深かった璋子を慕い、法金剛院を訪れる人々の中には、かの歌僧・西行もいたという。以上Wikipediaより


d0027244_22060051.jpg
d0027244_22061102.jpg
遊んでみたくなる
d0027244_22064204.jpg
なんかなあ〜〜〜〜〜〜

後は 廬山寺への道すがら みつばちへ
甘いものを頂きましょう
d0027244_22081132.jpg
寒天が美味しいのですって
d0027244_22100827.jpg

黒蜜にしたけど白玉も甘いから 酢醤油にしとけば良かった・・・・・かな
d0027244_22081716.jpg
箸置きが可愛らしいね
d0027244_22082386.jpg
小さな町家風の窓からは 川原町通りの街路樹が見える

d0027244_22082872.jpg
河原町今出川をちょっと南に下った所に有ります  では!!また!



[PR]
by hanarenge | 2016-07-22 22:15 | 京都 | Comments(0)

2016 04 京都 桜 2

母は退院しましたが、やはり、もう高齢、すっかり元にと言う訳にも参りません。

ケアマネージャーさんやヘルパーさん、Dr、色々な方にお世話になりながら、相談しながらのこの頃です。

右足の開放の傷の処置もあります、1年以上かかるだろうと言われていますが。。。。

そんなこんなで、中々皆さんの所にお伺いも出来ません。

京都の桜、アップします。
今出川通りにあるお気に入りのパン屋さん、一見、パン屋とは思えない店構えと内装です。
d0027244_09294537.jpg


d0027244_09294961.jpg
お花見は御所に限ります シックな方です 愛嬌者のわんこ付いてます

足下の春 ニホンタンポポです
 

d0027244_09355095.jpg
d0027244_09354099.jpg
d0027244_09360501.jpg
d0027244_09410949.jpg
ナッツみたい 食べたくなりました
d0027244_09412535.jpg
d0027244_09414302.jpg
閑院宮邸跡前の桜 異国からのお二人は肩を寄せ合って
d0027244_09414721.jpg
オオシマザクラ  桜餅の葉っぱになります
だからここは、桜餅の香りがします^^
d0027244_09420571.jpg
宗像神社では・・・・・
d0027244_09421369.jpg
まだ木は若いけど西側の枝垂が満開でした

この後は  
d0027244_09423263.jpg
西陣の雨宝院へ 小さなお寺ですが桜が見事
d0027244_09424637.jpg
あ〜〜〜〜今年も振られた まだまだ一部咲きくらい
d0027244_09423665.jpg
椿はもう終わり近し
最後に
d0027244_09542250.jpg
小さな♡と
d0027244_09541287.jpg
花束を 
どちらも御所で。


[PR]
by hanarenge | 2016-04-17 09:56 | 京都 | Comments(0)

 心模様の一こまを・・   れんげそう