心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ネット ( 130 ) タグの人気記事


2013年 11月 29日

奈良でオフ会

d0027244_1933372.jpg


奈良オフ会 晴れました、撮りました、食べました、笑いました。そしてちょっぴり疲れました。

d0027244_23155144.jpg

モミジはこうして赤くなるのです。

d0027244_2316684.jpg

二十一日月がかかる。

d0027244_23191056.jpg

見えるかな。

d0027244_23315512.jpg

見えてます。

d0027244_23211067.jpg

クラウンですか?

d0027244_23211975.jpg

金色の光が落ちて来る。

d0027244_2322593.jpg

ウロの中には。

d0027244_23292558.jpg

私にせんべい持って来い。
[PR]

by hanarenge | 2013-11-29 23:27 | 奈良 | Comments(6)
2013年 11月 19日

赤目の滝 2

ケネディ大統領が暗殺されて今年で50年になるので、ニュースでもドキュメンタリーでもケネディを取り上げたものが多いこの頃。

NHKのBSで、録画しながら観ていたら、なんと途中で止まってしまった!
選択されたチャンネルを受信出来ないとアナウンスが出て、画面は真っ黒に。

光テレビなので、ネットも調子が悪くなった。。。。
慌てて、チューナーの再起動、録画は異常終了している筈なのでもう一度録画設定する。

インターネットは復帰している筈なのにPCは沈黙。。。。ネットに繋がらないと何も解らない不便さを久しぶりに味わいました。
時間にしたら、切断は10分も無かったと思うけど、便利なのか不便なのか。。。。よう解らんわ。

カエルのお土産。
d0027244_1171616.jpg

赤目の滝のレクチャーを受けた土産物屋に売っていたカエル、買わないで写真だけね。

氷みたい?
d0027244_1191493.jpg

岩の上の水に映るのは木の影です。


d0027244_1205242.jpg

大雨が降ったら、この岩も流されるかな、苔も木も岩と一蓮托生。

d0027244_1221374.jpg

休息場の屋根の上は実生の木には、ちょうどいい場所かもね。この木、これで何年くらいかな。

d0027244_1235871.jpg

布曵の滝の上から見下ろした。私もさっきまであそこに立っていたんだよ。

後ろの岩はね。
d0027244_1275051.jpg

静かに滝を見守る石の人^^柱状節理かしらん?赤目の奥は曽爾村に繋がっているし、曽爾には柱状節理の見事な光景が見られるし(屏風岩)香落渓(かおちだに こうちだに)も近いし、この辺りはこう言う節理状の岩が特徴かもしれないなと思った次第。
香落渓は一見の価値ありですよ。

布曵の滝壺を覗いてみたよ。
d0027244_1363097.jpg

落差30mを落ちる滝は、一条の布のように見えるのです。滝壺の深さは30mだそうで。
水が澄んでいるから、底がゆらゆらと見えるのです。それは丸で人を誘うようにも見えます。

d0027244_1414817.jpg

紅葉はますます深くなっているだろうなあ
d0027244_1422057.jpg

魚がいっぱい、砂地の底にはドングリがいっぱい。
d0027244_1423945.jpg


ツアーのおまけは曽爾高原、金色に輝くススキを見る筈でしたが、曽爾村に向う時は大雨に。
d0027244_1434879.jpg

高原に着いたら、雨は上がりましたが、ガスが猛烈な勢いで湧いてきやがりました(笑)
5時になったら真っ暗になります。ちょこっと散策、またまた降り出す雨、もうバスに戻ろうっと。
[PR]

by hanarenge | 2013-11-19 01:48 | 小さな旅の思い出 | Comments(8)
2013年 11月 06日

渋皮煮とか迷惑メールとか

栗が来た♫
d0027244_17574647.jpg


で 初めての渋皮煮、ブランデー風味。
d0027244_1758895.jpg


うーむ。。。。。下手〜〜〜!!イマイチ!!。

レシピに書いてあるよりもっと灰汁抜きした方が良かった。渋皮の掃除もね。ガクッ( ̄へ ̄|||)
 
まあ今回はこれでお茶タイムです。

でも味はけっこう?まあまあですよ。(* ̄o ̄)オホ 自画自賛


最近迷惑メールがど〜〜〜〜んと増えて来た。

どれどれ?


こんな具合のメールです
「銀行口座をお 持ちでないと、言う訳ではあ,り,ませんよね?」
「8300 万は当然【無 償 】!【非課税】!すぐに振込みますので 協力お願いします!」
   ▼本文はこちらか.ら(*無**料**)
http://ieqrbhxx.biz/6f0l04rqmp3mjjgzl/×××××/6448d4b08dce96c990dba〜〜〜〜〜〜1093ca43446f4e〜〜〜〜〜〜〜
・‥…M E N U
http://ieqrbhxx.biz/qxtmee69esszbqkt/64×××08dce96c×××dba066f1d734e3d341093????????
▼退 会はこちら
http://ieqrbhxx.biz/qxtmee69esszbqkt/×××〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜6f4e2a210b0a09132fc

以上のようなメールが初めの文章を変えて毎日迷惑メールボックスに入っている。
8300万を私にくれるのだそうだ。
私が口座番号を教えたら、すぐに振り込んでくれるのだそうだ。
ソースではIPアドレスは名古屋辺りになっているらしいけど、どうもその辺は解りません。

検索したら同じような物がいっぱい出ます

去年は4300万だったそうで 爆
8300万で8300万円ではない ジンバブエドルかも知れないし〜〜〜笑

一日に3〜4通にまで激減していた迷惑メールがここに来て急上昇。

こんなのに引っかかる人っているのだろうか?????

初めのうちは面白くて大笑いしてたけど。。。。。しつこいのは×

ウザイから速攻削除で、全て空でおます。
[PR]

by hanarenge | 2013-11-06 18:36 | キッチンから | Comments(6)
2013年 11月 01日

ある記事より 当たり前じゃ

「ガラケー派=遅れた人」の風潮は携帯会社が作ったとの指摘

 先日、ついにドコモからもiPhone5sが発売され、スマホ商戦が激しさを増す一方、携帯キャリア3社が揃ってガラケーの新モデルを発表するなど、「スマホ対ガラケー」戦争はまだまだ終わる気配がない。ただし現在、巷に漂う“ある風潮”について、『東京IT新聞』編集長の西村健太郎氏は、こう指摘する。

「スマホはスマートで賢い、ガラケーを使う人は頭が古くて遅れている人―という風潮は、携帯会社がつくりあげたものです」

 西村氏によれば、スマホの買い換えに関して、各社とも“初期費用ゼロ円”をアピールするのは、毎月の料金で元がとれるから。

「ガラケーだとネット利用しなければ月額5000円以下に抑えられますが、通話に加えてネット通信費が嵩むスマホだと8000~9000円になってしまう。通話とメールしか使わない人にもスマホを販売したいのが携帯会社の本音です。ガラケーがスマホより劣っているというのは、実態とは異なります」
[PR]

by hanarenge | 2013-11-01 12:31 | ニュース | Comments(0)
2013年 10月 23日

オフ会in大津 3

暑かったり寒かったり、気温の定まらない今日この頃いかがお過ごしですか。
私は、鼻風邪をひいてしまったようです。><。。。。。

大通りに整列した曳山の見物。

黒紋付の囃子方は色鮮やかな着流しに着替えます。
d0027244_12251881.jpg

からくり人形も忙しく動きます。
大通りを行ったり来たり、見物の人にたっぷりと観てもらいます。

各町の曳山の手ぬぐいと絵皿が展示してありました。
d0027244_12264495.jpg

この横では、ちま吉がせっせと愛嬌をふり撒いて、粽と手ぬぐいを販売中。

ちょっと通りから中へ。
お茶したかった喫茶店は当然ながら満員wwww
d0027244_12311393.jpg


祭り提灯があちこちの軒先で揺れている。
d0027244_1231315.jpg

ちょっと怖い顔の鯛?

こっちはまだ新しいかな。
d0027244_12321099.jpg


提灯にひかれてもう少し奥へ。
大津絵展を開いている町家がありました。
d0027244_1234634.jpg

どれどれ、どんな絵でしょう。
d0027244_12365692.jpg

中に入ると。
屏風に額に絵双紙に。
d0027244_12375079.jpg

いや〜〜〜めでたい、めでたい。と、大黒さん(だよね?)
d0027244_12382524.jpg

七福神ならぬ七大黒天。

鍾馗さん見っけ。
d0027244_13482598.jpg


大黒さんにさよなら
[PR]

by hanarenge | 2013-10-23 13:55 | 滋賀 | Comments(10)
2013年 10月 18日

オフ会in大津 2

10月19日は京都の予定。またかとおっしゃいますか?^^。

しかも、お嫁ちゃんと二人で^^と言う事でしたが、急遽都合が悪くなりました。

がっかりです。でも楽しみは後の方が大きいと思う事に。。。。。

楽しかった大津祭のアップ続けます。

d0027244_1828025.jpg

空高く湖国の秋の祭かな。。。。。
お囃子を奏でながら巡行です。曳山の上から見ると、観光客は皆、同じように口を開けて見とれているのでしょうね。私なんて始終ぽかーんとしてました。
午前中の巡行時は、威儀を正して黒紋付。

町家の二階から曳山を見るお客さん。紅白の熨斗のような物があるでしょう?
これは、「所望」の印です。(しょもうではなく、しょうもんと言うそうです)
この印の有る所で曳山は止まり、お客さんにからくりを見せると言う訳です。
d0027244_1853111.jpg

大津祭の見どころの一つに、精巧に作られた「からくり」があります。
故事や能楽・謡曲などから取材したこれらのからくりは、全国でも2番目に古いと言われています。
このからくりを演じることを所望と言い、本祭の巡行中、20数カ所で曳山の巡行を止めて、この所望が行われます。
ちなみに、所望は「しょもう」ではなく「しょうもん」と発音します。
また、宵宮では、人形を曳山から下ろし、曳山のそばの町家で展示されていますので、間近にご覧になることができます。NPO法人大津祭り曳山連盟より抜粋


やがて、曳山は商店街に差し掛かります。
d0027244_18321215.jpg


曳山の屋根裏の天井板にも、美しい絵が描かれてあります。彫り物細工の所も有ったように思います。松村景文・長谷川玉峰・広瀬柏園等の有名な画家の絵だそうな。
美しい曳山は大津商人の財力が伺われます。
d0027244_18444211.jpg

商店の二階は大きく窓を取ってあります。これも曳山仕様?でしょうね。
アーケードの高さも、もちろん!
d0027244_19232266.jpg

京阪電車との出会いを演出した、西行桜狸山は国際色豊。一般募集なのかしら?
HPによるとボランティアも募集しているようです。
d0027244_19265238.jpg


カーニバルは何処の国も笑顔が似合います。
d0027244_19304165.jpg

裃で巡行に付き従う人、髪型が光っております。
d0027244_19312532.jpg

ご挨拶を
d0027244_19492179.jpg


お稚児さんなど写真多いです
[PR]

by hanarenge | 2013-10-18 20:16 | 滋賀 | Comments(8)
2013年 10月 16日

オフ会in大津 1

さてさて、オフ会です。大津祭りです。

d0027244_21134689.jpg

天孫神社の前に勢揃いした曳山。いよいよ晴の巡行です。
囃子方や引き手によって曳山が命を吹込まれ動き出します。華やかな中にも緊張感が走ります。

9時30分JR大津駅集合でしたが、皆さんそれより早くスタンバイ。
私も9時10分大津着の電車で^^
待ち合わせ場所を決めて、三々五々とカメラ片手に街中に散るメンバー達
私もゆっくりしてられへんと言う事で、ちょっと天孫神社に入ってみました。
d0027244_2116610.jpg

縁日には付き物の金魚は、外の喧噪も知らぬげに。

表に出たらびわはまさんに会いました。私はbiwahamaさんにくっついて回る事にしました^^。

大津祭のお洒No.1お洒落No.1を決めるなら彼でしょう。お酒No.1って・・・(ーー;)
d0027244_21252288.jpg

狸山の関係(お宿?)の家に入らせてもらうと
d0027244_21271232.jpg

黒光りしたおくどさん、水屋など懐かしく機能的な物が展示中。
明かり取りの窓を切ってあるのかな。奈良、京都の商家にも多い造りですよね。
曳山撮らんとこんなんばっかり見てたんですね〜〜〜(ーー;)

「神功皇后山」の車輪。大きいですね、前に一輪、後ろに二輪、ずれますが平安京の都を往来した牛車も三輪ですよね。この時代四輪と言う発想は無かったのかも。。。。。と、妄想中。
d0027244_21341234.jpg

からくり人形さんもスタンバイです。
d0027244_21391721.jpg

からくりは精巧に出来ています、曳山の上で動く人形に昔の人も歓声をあげた事でしょうね。
京阪電車と曳山の出会い。
d0027244_21414438.jpg

おけいはんの京阪電車、いつも京都へ行くときは京阪が多い私です。
大津を走る京阪電車を見たのは初めて、こんなに可愛い電車だとは!!乗ってみたいな。
曳山と電車、もっと離れている所を撮れて喜んだら・・・・・・・車がしっかり写り込んでいました。。。。
電車は下る。曳山は上る。
d0027244_21474110.jpg

逆光やなあと思いましたが、撮れてます。

biwahamaさんが一緒に回って下さったので、商店街を抜けて電車通りまで来る事が出来ました。
感謝、感謝。やはり地元の方は違いますね。
所で曳山の後ろにはこんな屋台が必ず付き従っています。
d0027244_21501064.jpg

引き手や囃子方の飲むお茶とか、上から撒く粽、手ぬぐいの類いをいれてあるのでしょう。
狸山の後ろの屋台を押すこの人がお洒落でした。

商店街を抜ける曳山、所望する所でからくりを披露する曳山、街中の様子等々この次にアップします。

パパラッチ!
[PR]

by hanarenge | 2013-10-16 22:00 | 滋賀 | Comments(12)
2013年 09月 28日

戦争の事 酒井雄哉大阿闍梨の事

戦争と言うと、どの戦争を思うだろう。
世界中で、戦争の無かった時代は無しと言うくらいだろう。
古来より、人々は争い殺し合い、世界中の国々は自らの繁栄を戦争と言う手段で実行してきた。
東西冷戦は、遠い昔ではない。ベルリンの壁の崩壊、ソビエト連邦の解体、歓喜に沸く人々。
ニュースで流れるそれらの映像を見ながら、私は、これで平和になると能天気に思っていた。
所が大間違いだった、戦争はますます大きく拡大していった。。。。。

日本で戦争と言えば、やはり第二次世界大戦、太平洋戦争だろう。
私が物心ついたときは、戦後は過去の物になりつつ有った。
もはや戦後ではないと言う言葉が聞かれたのは1956年だったのだ。
私は30年代生まれ、戦後の苦労も戦中の苦労も知らない。知っているのは、だんだんと豊かになる日本の事だけだ。

戦争の事は映像で、文字で、ネットで色々書かれている。
だからイメージとしては解る、しかし、本当の所はどうだったのか。
日本の国民はあの理不尽な時代をどう耐えたのか、父や母に少し聞くだけで、私はあんまり関心を持ち得なかった。
父は、都会で暮らしていて、アメリカがどういう国か良く知る機会が多く有ったらしい。
だから、絶対に日本は負けると思っていたそうだ。折りに触れてそう言う事を言っていたらしいが、職場の人にきつく諌められたと言う事です。
それはその当時としては「日本国民にあるまじき思想」だったろう。
父も、その当時の大半の人と同じように、夢を諦めざるを得なかった一人です。
戦争がなかったら、ずっと都会で暮らして、もしかしたら、渡欧か渡米を果たしたのではなかったかとこの頃私は思います。

96才の遺言
heartartページの中の戦争体験手記のページです。

ここに書かれてある記事は、私もリンクを頂いている「八十代万歳!」のhisakobaabaさんが、入院された時に同室の患者さんでいらした久米けいさんのお話を聞いて、ご本人の了解を得て記事にされたのです。

hisakoさんの 戦中戦後の子供の暮らしも、ここで読む事が出来ます。

hisakobaabaさんの久米けいさんの記事は96歳の遺言 戦争だけはやっちゃダメです。

hisakoさんは70代にブログを始められて、この間80代になられました。
hisakoさんの戦争のお話は、ニュースでは知る事のない「実際の戦争の話」です。

iPadとSurfaceを駆使して、ブログを書いていらっしゃいます。

hisakoさんが、ブログの記事を丸ごと引用してもいいですと仰って下さったんですが、そうしたらとても長文になるので、所々引用させて頂きます。

久米けいさんはこう語ります。青文字がhisakoさんの記事から久米けいさんの語りの引用です。
私の大事な孫や曽孫たちへ。
これはおばあちゃんの、「戦争だけは絶対やっちゃダメ」と言う遺言です。
たった一枚の赤紙(徴兵命令書)で人生を狂わされて、戦争が終わって、もっと酷くなった生活との戦いを、一人で戦わされたおばあちゃんの、「戦争だけはやっちゃダメ」という、叫びです。

私は大正6年3月17日生まれ、平成25年の今、満96歳になりました。
目は見えないし、耳もひどく遠いけど、アパートで一人暮らしをしています。次男には先立たれたけれど、遠くないところに嫁も孫もひ孫もいて、時々来てもらえるし、昼食と、夕食の時に、ヘルパーさんが1時間くらいずつきて、ご飯作ってくれる。
他は昼も夜も一人の時間が長いけど、最近自分で、死に支度を済ませたから、血圧も下がって元気が出た。

大正から昭和になって、世の中はひどく不景気になった。
私が14歳の昭和6年には満州事変が始まった。
始めちゃった戦争を、終わらせる知恵が日本にはなかったんだね。ボロボロになるまで、14年間も戦争ばっかりしてたんだから。
14年間ぼろぼろになるまで戦争してた 終わらせる智慧が日本には無かった これ本当に同感です。

戦争で病気になったんだから戦病死と認められ、九州の部隊に書類を出した。その部隊が沖縄で玉砕しちゃって、戦争が終わったら、提出した死亡診断書が見つからなくなっていた。それっきりうやむやにされて、結果戦病死とは認めてくれなかったよ。

長男が生まれて半年で、夫は戦争に行っちゃった。
次男が生まれて半年で、今度は帰れないあの世に行っちゃった。
結局私は、いつも誰も頼れないまま一人で頑張るしかなかったんだ。
父親も戦争中六十代で死んじゃったしね、男を頼ることのできない運命なんだろうね。


そして、昭和20年4月13日夜、豊島区の殆んどが火の海になったんだ。
330機のB29が豊島区を中心に火の雨を降らせた。
焼夷弾ってやつは一個のさやの中に38発も入ってて、空の上で38倍にはじけ飛んで、燃えながら落ちてくるんだ。何万の火の玉が降ってくるんだから、下に居る者は生きた心地はしないよ。

巣鴨は周り中が火だったから、逃げ道がまるでなかった。
2歳半の次男をおぶって、ねんねこ(子供を負ぶって着られる綿入れの半纏)着て、掛け布団一枚持って、どっちに逃げればいいかわからない状態だった。隣組の組織なんてなんの役にも立ちゃあしなかったよ。

火の雨の中逃げ惑って、水のある所へ行った。貯水槽の水を、バケツで何杯も何杯も掛けてもらって、布団をぐっしょり濡らして被って、火の中を逃げ回ったら、布団が乾いて燃え出した。それを捨てて、走ったら、誰かが「ねんねこ脱げ~っ」て叫んだ。背中が燃え出していたんだ。ねんねこは捨てたが、子供は着ていた着物まで焼け焦げて、火傷をして泣き叫んでいた。
東西南北どっちを見ても、火が燃えてるんだからもう地獄だったね。
その後はどうなったかわかんない。焼夷弾の雨に当たらなかったのが不思議だった。そこら中の地面に筍のように突き刺さってるものを、なんですかって聞いたら、焼夷弾だって言われた。
爆弾も落ちて、吹っ飛ばされた。朝になって、爆弾の落ちた丸い穴の近くに居たら、「ここで死ななかったなんて、奇跡だ」と驚かれた。

幸いにも空襲の晩 母親は、府中の叔父さんの家に泊まっていて助かった。私らも府中に行ったが、長く泊めて貰える状態ではなかった。叔父さんだけはとことん面倒見てくれようとしたんだが、他の家族の嫌がらせに耐えられず、当てもなく飛び出した。親戚にだって、無一文の焼け出されは、いい顔されるわけがないからね。みんな自分たちが食べるにも不自由してたんだから。

それからの、住まいの苦労はひどかったよ。落ち着く暇もなかった。立て続けに引っ越したこともある。
あの頃はね、家が広くたって、焼け出されの一文無しを泊めてやろうなんて家は一軒もなかったよ。みんな冷たかった。

終戦の前の日に、疎開しようと埼玉へ引っ越してしまった。その途端戦争が終わったので、引っ越し荷物を運んできた牛車に、そのまま東京へ戻ってもらった。無駄なことをしたわけだが、でも嬉しかった。日本が負けたんだが、もう焼夷弾に追っかけられないんだから、ただただほっとした。



戦争がどれだけ人の暮らしも心も破壊していくか、戦争がどれだけ人々に難渋を押し付けるか
頭では解ったつもりでいても、実際の体験とは天と地ほどの違いがあります。
空から爆弾が振って来るのです。爆弾はいったん爆撃機の腹から空中に放り出されると、小さく分かれ、地上に激突したら炎となって人も物も焼き尽くすのです。
アメリカは、ネバダか何処かの砂漠に日本の家(木と紙と土で出来た)を沢山建てて、どういう攻撃が一番効果が大きいか実験を繰り返したのです。(随分前にNHKで放送されていました)。
その結果、焼夷弾が作られたのです、これもクラスター爆弾です。

貧乏人は蔑まれる。身内からさえ疎まれる。けど、私が怠けて貧乏になった訳じゃないよ。
国が起こした戦争で、夫も財産もすべて奪われたから、貧乏してるんじゃないか。
今なら、津波で家をなくしても、仮設住宅に住める。空襲で焼け出された者は、仮設住宅の半分もない、四畳半一間だって、法外な家賃を取られてたんだ。国は何も助けちゃあ呉れなかった。何の保障もしなかった。
貧乏は恥ではないが、切なかったさ。


国民は、国が勝手におっぱじめた戦争で、最大の難儀を背負わされるのです。
平等な筈の国民でも、コネのある人は楽が出来、正直な人ほど難儀するのです。
恥ではないが切なかった、この言葉に涙が出ます。

あたし等は国に騙されたんだ。踊らされたんだ。昭和初期のように、右向け右、右へ倣えなんて踊らされていたら、酷いことになるよ。歴史は繰り返しちゃあいけない。

原発だって同じだ。福島でどれ程の人が泣かされてるか、ちゃんと助けてもいないのに、再稼働したいとか、外国に売ろうだなんて、国は何考えてるんだ?信用しちゃダメだ。

とにかく戦争をする国にしちゃあダメなんだからね。
戦争だけはしちゃあならないんだよ。
戦争で良いことなんか何にもないんだからね。これがおばあちゃんの遺言です。 
 

久米銈(けい)さんは、9月19日の中秋の名月の日に亡くなられました。
ご冥福をお祈り致します。
hisakoさんが、まさに遺言の聞き手となられたのです。
hisakoさんが久米けいさんと出会われた事は、本当に良かったと思います。
運命とか奇蹟とか、あまり言いたくありませんが、久米けいさんの言いたかった事が、hisakoさんによって文字になり、多くの人の目に触れる事になった事はとても嬉しい事です。


私が聞いた話。
大阪の空襲の時、燃える町から必死で逃げた人がたどり着いた淀川(と聞いたと記憶しているのですが、ちょっと曖昧ですみません)の向こう岸には沢山の人が押す押すなの状態で逃げて来ていたのです。
向こうに行きたくても、もう人が多すぎて行くのは無理だと言われました。
後ろからは、逃げて来た自分の町が焼き尽くされ、炎は、今度は自分たちを焼き殺そうと背後に迫っていました。
仕方がないので、岸を少し移動して草むらに隠れました(おそらく気休め程度の移動だったと思います)
そこへ、アメリカの爆撃機がもの凄い低空飛行で背後から迫りました。
ふせろ〜〜〜〜〜!!!!!!誰かの大声で、草の中に突っ伏しました。
もの凄い音と共に機銃掃射が始まりました、それは今でも体が震えると言っていました。
頭を上げた時・・・・そこで見た光景は。。。。。。。。
川向こうの大勢の人が体中に穴をあけられ血まみれで、草の中、川の中、土手の上、一面に転がっていたり浮かんでいたのだそうです。

こんな光景が、沢山、沢山、あの町、この町で繰り広げられたのでしょう。

私は命拾いをした。。。。。そう言ってその人は泣いておられた。惨さは忘れられないと・・・・。

戦争は、命の取り合いです、血と火、爆弾の音、果てしなく続く飛行機の爆音。
あの飛行機の爆音は、どんなに恐ろしい音だったでしょうか。

私の叔父(母の弟)は、終戦(敗戦だと父母は言います)間際に招集されました。
赤紙一枚で名誉の入隊です。
村の外れのお墓の所まで皆で送ったそうです。
そして、一ヶ月くらい経って(記憶はあやふやですが)手紙が来たのです。
それには、近く外地に趣くような事が書かれてあったそうです、母は田舎から弟に面会に行きました。
電車はとうに動かないので、ずっと歩いたそうです。線路の上(線路はなかったらしい)を、差し入れを背負ってとぼとぼと歩いたと言います。
その時代は、皆歩くので、母の村から叔父のいるW市まで歩くのはちっとも苦にならなかったそうです。
任地は、軍の機密事項とかではっきりとは言わなかったそうですが、どうも中国らしかったと。

しかし、8月6日に広島に原子爆弾が投下されました。
叔父達の連体は、急遽広島入りを命じられたのです。

母が、戦争が終わって帰って来た叔父から聞いた話として少し私に話してくれた事があります。

まだ、原爆が落ちてから一週間も経っていなかったそうです。
叔父の目の前に真っ黒に焦げた母と子の遺体があったと。
惨い事この上ない地獄絵を叔父は目撃したのです。

軍の倉庫には、砂糖、缶詰、毛布、その他、市場にはとっくに出回らなくなった物が山と積んであったそうです。(これは多分、終戦してからの事だと思います。叔父が終戦を広島で迎えて、その後もすぐには除隊にならなかったのだと思います。)

食料事情はとても悪く、配給制でした。
母の家は田舎で、農家でしたから、町の人のように食べるものが無くて困ったと言う事はありません。
作った米は、勝手には出来ず、供出しなければなりません。
麦を混ぜて米を炊くのですが、どうも不味い。祖母は(母の母です)お粥で食べのばしを計ったそうです。
この他にも、芋、南京などは必須作物です。
魚や肉は配給、でも川で男の子達(母の弟達も)が仕掛けて川ガニや鰻などもたまには食べたとか。鮎も好物です。
きっと食糧難の時代ですから、大人も盛んに獲った筈、子供達では分け前も少なかったでしょうね。
戦後の話ですが、町から食べ物を求めて大勢の人が田舎に来たそうです。
さつま芋を買いに来るのです。
祖母(母の母)は、小さい芋をふかして籠に入れて表に置き、誰でも食べられるようにしていたのですが、ある日、町から来た親子連れが、家の前に立ちました。
さつま芋を少し分けてもらえませんかと言う事です。
大きなさつま芋を出して、売ってあげた後で、籠の芋はオヤツに食べて下さいと言うと、その人はとても喜んでくれたそうです。
その人の小さな男の子は、自分は食べずに、これは誰の分、これは誰の分と言いながら粗末な服のポケットに盛んに芋を詰め込んでいました。
祖母が、お母さんがいっぱいお芋を買うたから、それは食べてもいいよと言うと、ほんまか!と顔中笑顔にして、両手に芋を持ってほおばったと。

美味しい物は食べられなかったけど、ひもじい思いはせんでもすんだと母は言います。
あの子は、毎日毎日お腹をすかしていたんやなあと。。。。。
飢えは、惨い物です。

長くなりました、戦争の記事はいったんこれで終わりにします。

2013年9月23日 酒井大阿闍梨が亡くなられました。

以前千日回峰行のドキュメントをNHKで放送して阿闍梨の事を知りました。

千日回峰行を二度万行
した行者は比叡山の1,000年を超える歴史の中でもわずかに3名を数えるだけです。

私が阿闍梨に惹かれる理由は、下界で何をしても成功せず、それどころか、飲む打つ買うでせっかく貰ったお嫁さんも二ヶ月で自殺してしまったと言う、まあ言わば、しょうもない人物だったと言う所です。
絶望して、お山に上がった酒井さんは、どこで信仰に一身を投げ打つ心を持ったのだろうか。
どんなに修行は辛く厳しく思った事だろうか。
下界にあって、人生に負け続けた酒井さんが大阿闍梨と言われるようになった。
人は変われるのだなあと心底思うのです。

酒井大阿闍梨も、特攻隊の生き残りです。もう死ぬ覚悟で臨んだのに生き残った。
その辺りの気持ちも、その後の下界での破天荒な生き方に何か影響が有ったのでしょうか。

どうぞ安らかに、私が言うのもおこがましいですが。

酒井大阿闍梨、久米けいさん、有り難うございました。
[PR]

by hanarenge | 2013-09-28 00:08 | 心模様 | Comments(4)
2013年 09月 03日

シリアの事

「記者が見たシリア無差別攻撃の現実」
newsweekijapanに記事が載っています。

newsweekiのトップページからでも読めます。

世界報道写真展の、あの、光景がまざまざと甦ります。

日本の報道ではまず出ない現場の体験。

爆弾の降る下での医療活動。

パレスチナとイスラエルもこのような事ばかりです。

21世紀に入り、中東はますます混沌として来ました。

アメリカとロシアに支配された長い東西冷戦時代に終わりを告げて、新しい世紀が始まりましたが。。。その冷戦時代に芽が出て、大きく育ったのは・・・・・。

ベルリンの壁が崩れ、歓喜の嵐のニュースを見ながら、これで戦争は無くなるだろう、もっと平和になるだろう。
のーてんきに思った自分はあまりにもナイーブでした。

荒れている、怒っている、泣いている。    どうにも辛い出来事ばかりです。
[PR]

by hanarenge | 2013-09-03 13:56 | ニュース | Comments(2)
2013年 08月 27日

お買い物

やっと一息ついたとは言え、まだまだ厳しい残暑が続く(らしい)今日この頃。

でも、今頃になると、デパートもブティックもそろそろと秋へ移行中。

ショッピング中だって季節を感じるわ。

で、ジョムトンよ。
d0027244_1774692.jpg

今日、定期診療から帰るとこんな可愛い小包が届いていた。

まあ7月は膵臓炎でしんどかったし〜〜〜家事も頑張ったし〜〜〜遊びも〜〜〜なんて思いながら。
2日前にクリックしちゃった買い物なんだ。

d0027244_17102851.jpg

ジョムトンのアジアンチュニック♫ 一目で気に入って、まあちょっと高いけどいいかぁと^^

あ〜〜失礼!吊るす所が壁の灯りになっちゃいました><。
白いシーツは、何を隠そう、食卓で焼き物をしながら食べる時に敷くものです。(〜〜)
これ、何回も洗って使うからゴミも出ないし、節約出来るもん。
元々は...要らなくなったシーツです。ちょっと恥ずかしいな。。。。

ジョムトンとはタイ北部にあるチェンマイ郊外の地域です。
そのジョムトンにて伝統技術を用いた手作業で織られている綿製品のことなんですね。

私はアジアンとか和のリメイクとかが好きで、ここ何年か気に入ったお店を開拓(笑)して、5軒くらいネットでお気に入りのお店があります。

今回のお店は値段が私的には少し↑な感じだけど、買っちゃった^^。

d0027244_1718553.jpg

以前買った、これは、ナガのハンドフリーバック、これを合わせるのはどうかな。
襟元には大島のピエロ?うさぎのブローチ?
何??うさぎはカワウソに見えるって?私もそう思います。。。。

これは手洗いが出来るからいいのです。
もう一軒のお気に入りのお店は和物なんですが、そこに有ったシックで可愛いチュニックはシルクで、ドライ仕様だったのね、だから、ジョムトンにしたのです。

ピンクや黒や白、灰色、茶色など色々な色が混ざっていて、深いスリットが入っているから足さばきもいいのです。
もちろん下にはパンツを合わせます。可愛い色合いの足首ウオーマーを巻くのもいいかな♫
涼しくなったら、京都や奈良をこれで散策したいな。
久しぶりの自分への買い物でした。
買い物は、やっぱり楽しいな♫ 
[PR]

by hanarenge | 2013-08-27 17:36 | ネット関係 | Comments(10)