ブログトップ

心の万華鏡  

なんという人生だろうか (読みたい本などのことも)

『キム・フィルビー かくも親密な裏切り』

栄えある大英帝国のMI-6
今はどうか知らないが、その昔。。。。と言っても、戦前から戦期、英国の情報機関は(主に対外はMI-6 MI-5は国内治安維持、これ以外にもあるだろうけど)
6課は上流階級出身 5課はブルーカラー出身が多かったそうな 妙にお互い対抗意識あったようで。
その6課にケンブリッジ・ファイヴで知られる、ソビエト連邦のスパイ五人組がいたことが、解っている。
ハロルド・エイドリアン・ラッセル「キム」フィルビーはその中でも傑出していると言っていいだろう。
キムがケンブリッジ大学に入学した当時、英国は大恐慌の影響で社会矛盾が露呈し、ヨーロッパに於いてはファシズムが台頭してきた時代だった。
若い彼らは(理想?を求めて)社会主義に傾倒した。
1922年に誕生したソビエト連邦にリクルートされたのだ。釣り上げられたのだ。

1917年にロシアで起こった革命で、ロマノフ王朝のニコライ2世とその家族は1918年7月17日、エカテリンブルクのイパチェフ館の地下でレーニンの命で銃殺された。
革命は一方の勢力がもう一方の勢力をねじ伏せるのだから、暴力を伴うし報復的なやり方もあるだろうが。。。。
王室一家はとても酷い扱いを受けたようだ。これはこれでまた機会を得たら書きたいと思う。


このキム・フィルビーの亡命事件から、時を経て書かれたのがジョン・ル・カレの傑作「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」だ。この小説が 裏切りのサーカス という映画になった。
d0027244_21544246.jpeg
そしてもう一冊 グレアム・グリーンの、ヒューマン・ファクター 私はこれをまだ読んでいない。とても読みたい本だ。
d0027244_21541248.jpeg
ジョン・ル・カレもグレアム・グリーンも、元スパイである。
彼らはスパイ人生を全うして(したと思うよ)、堅気(言葉は悪いが)になって小説家となった。

さて、ベン・マッキンタイアーの「キム・フィルビー」である。彼は小説に登場する人物ではない。
実在した男だ。
彼はMI-6でどんどん出世して最高幹部にまでなった。そして対ソ諜報部門の責任者だった。
d0027244_20465923.jpeg
それが実に30年間もソビエトに機密情報を流したのだ。
彼の情報漏洩で大勢の人間が嵌められたり殺されたりした。
彼の働きで西側の対ソ対策は、死屍累々だったろう!

彼は信頼され尊敬され、彼を無条件に信じてくれる「親友」もいた。

英国上流階級出身で同じケンブリッジ大学のMI6の同僚ニコラス・エリオット。

キムを師と仰いだ後のCIA対情報部門責任者ジェームス・ジーザス・アングルトン。

ニコラスはキムが疑われた時も、真っ先にキムを庇い彼を弁護してくれた。

やがて、キムの本性は白日の元に曝されることになる。

ニコラスは、アングルトンは、彼らの心中や如何に。

ニコラスは、自らベイルートに赴きキムを尋問する。
言い訳や言い逃れの果てに訴追免除を条件に、しぶしぶ罪を認めたのだが。。。。。。
後日詳しい供述をするはずになっていたのだが、さっさと亡命してしまった。
監視をつけていなかった英国、スキャンダルを恐れたと言うけれど。以上Wikipediaより

この辺が甘いなあ!如何にも大英帝国の鷹揚さと言うか・・・・・・・らしいと言うか。

追記です。ちょっと調べた所、キムに監視をつけなかったのは、どうも、ワザとらしい ←おい!!

世界に冠たる?大英帝国の諜報部員が二重スパイ で、キムを引き立て、庇い、ここまでに育てたのに、この責任は?と言う事
誰が責任とんねん?こんな間抜けな話、表に出せるか?皆で押し付け合い、なすり合い、知らんもんね〜〜〜てな所
もうソビエトでもどこでも行って頂戴、その方がマシやという事らしい。
あ〜〜〜アホらし、そんなんでええんか!!!お前ら!

でもこの構図はどこでも一緒やな、大騒ぎになったカソリックの性的虐待をかくしてた教会の偉いさんの話や。

キム・フィルビーは亡命先のモスクワで暮らした。

そして、彼が信奉した社会主義国家のソビエト連邦崩壊の前に死んだ。

英国に忠誠と愛情を誓った筈の諜報部員が、二重スパイだったのだ。
彼の心の中はどうだったのだろうか?後悔は微塵もなかったのだろうか?
何の矛盾も感じなかったのだろうか?
英国を軽蔑し憎んでいたのだろうか?
若い頃に傾倒した社会主義に全く疑問はなかったのだろうか?
彼の(何ものも関係がない)彼だけの人生は、どんなだったろうか?

この21世紀、世はサイバーテロの時代だ。
アナログからデジタルへ、居ながらにして、世界各国の政府のメインコンピューターにも忍びこめる時代だ。
今、ニュースはロシアのアメリカに対するネット攻撃で持ちきりだ。
大統領選挙をネットで操った???
プーチン大統領は、トランプ氏を組みしやすいと思ったのだろうか??
トランプは、プーチンに弱みを握られただろう。そしてその弱みは何処で何時使われるのだろうか??
考え始めるとキリがない。
このような事は西も東も、関係なく行われているだろう、成功するか否かは別にして、何処の国も恐らくやっているだろう。
機密は、それを利用したい者にとって、魅力的な宝の山だ。
国家とは何か、人間とはどういう者か。何が正義で何が邪悪なのか。
そもそもそういう括りで決めることが間違う一歩なのだろうか。


以下BBCのニュース映像です



[PR]
# by hanarenge | 2017-01-11 23:03 | 心模様 | Comments(0)

2017 正月あれこれ

年も明けて早一週間
今年もよろしくお願い致します

正月あれこれ 今年も覚えとして残します。

東京から帰省の次男は、煮物が大好き 今年も田舎の味の質素な煮物です

d0027244_16563467.jpg
伊達巻も黒豆も田作りも全部作りました、出来合いは見た目は綺麗ですが、味の方が・・・・・
栗きんとんは毎年残りますので、今年はスイートポテトを焼きました。
三代目のオーブンが活躍しました^^

d0027244_17011312.jpg
ちょっと見た目がイマイチな、ガトーショコラ。二代目より火の回りが早いのでしょうか、上が剥がれました。

次男のお土産
d0027244_17035750.jpg
親バカですな^^;

お年玉も、長男夫婦と次男からそれぞれ母と私に頂きました。とても嬉しい私です。

長男一家は、今日7日に皆で来てくれました。
母が6日からショートステイ中なので、一緒に行ってきました。
ここは、小さい所と母が言っているユニット形式の施設です。
もう一軒は大きな所と言っているフロアスタイルの所です、この二箇所をキープして交互にショートステイを利用しています。
両方とも清潔で建物も綺麗です。
どちらも母は気に入っている様子です。

d0027244_20374351.jpg
お嫁ちゃんのお土産のケーキの一つ 新作品だそうです^^
d0027244_20405306.jpg

母の部屋です
母は孫&ひ孫に会えてとても喜んでいました。

ワイワイと賑やかなことです
母のショートステイ先の○○の里を後にして、私の家でお茶タイム
お嫁ちゃんと久しぶりに色々と話しました、でも、まだまだ話し足りないくらい^^
お兄ちゃんの英語があるのであまりゆっくりできなくて、残念でした。また遊ぼうね💝
有難うね^ - ^

[PR]
# by hanarenge | 2017-01-07 20:56 | 心模様 | Comments(0)

パブロバとカルボナーラ

12月23日から体調がすぐれず、イヴもほとんど寝たままでした。

母がショウートステイ中で、助かりました。

でも!24日夕方から少し元気になりました

やっぱりケーキでも焼いてみようかと^^

でも材料はほとんど無し(ー ー;)

で、卵の白身で
d0027244_12413798.jpg
砂糖と卵白を泡立ててメレンゲにします  
d0027244_12453321.jpg
ジャン!!焼きあがったらこんな感じ^^ 

で、生クリームとラズベリーでお化粧
d0027244_12414337.jpg
d0027244_12414082.jpg
ブラックベリーをつまみ食いしたらちょっと数が (⌒-⌒; )

d0027244_12414908.jpg
外はカリカリ 中はしっとり パブロバの出来上がり!初めて焼いたけど、まあまあの出来かしら(自画自賛 ♪(´ε` ))
デコレートの下手なのは、大目に見てね。

美味しかったですよ。母が帰ってきたので、一緒に食べました。

でもパブロバは卵白のみを使いますからね〜〜〜〜〜
黄身が余る余る
そんな時は、迷わずこれ!!
d0027244_12415224.jpg
手抜きです!何ちゃってカルボナーラ
粉チーズと黄身を混ぜて、茹で立てスパに絡めます 黒胡椒はお好きなだけドバッとね^^

お節も、今日から取り掛かってます。

[PR]
# by hanarenge | 2016-12-28 12:56 | キッチンから | Comments(0)

ライオン

ライオンってやっぱりいいですね
私は、野生動物の中では一番好きです。
ナショジオのグラフィックマガジンです
ページの左下にメニューがあるからそこからコンテンツを選べます
いつでも見たいから^^シェアします

 うまく見られるかなあ。。。。。ナショジオのグラフィック

最初は見られたのですが・・・無理かもしれません。










それと、今夜から始まったプラネットアースⅡですね




一番初めに観たのは、海の物語 ブループラネット?名前は違ったかも
7日間に渡って海の様々な生き物を紹介していた。
遠い海原でちょっとした動きから波が起こってその波が、風と海流でどんどん大きくなって打ち寄せる様とか

恐ろしいほど澄みわたった外洋を旅する魚たち クジラ サメ マグロなどの 大型の回遊魚たち(クジラは哺乳類だけど)

海の砂漠と言われるだけあって、プランクトンも小魚も中型の魚も何もない海

植物性のプランクトンがいて、それを食べるものがいて、食物連鎖の果てにクジラやイルカ、サメなどの捕食者が饗宴を繰る広げる様 空からは海鳥の果敢な海中ダイブ 北の冷たい海洋で生きる動物や魚

どれもこれも見事だった

と言う事で今回も大変楽しみなのでございます。カメラワークがすごいです。録画もしっかりしましたよ。

アルプスの天空を舞う犬鷲の飛翔には鳥肌が立ちました 鳥だからではないですよ 笑


[PR]
# by hanarenge | 2016-12-26 00:14 | ネット関係 | Comments(0)

ナンチャッテ Elvisサンド

d0027244_13033810.jpg
Elvisが 子供の頃からお母さんに作ってもらっていた サンドイッチ

どこかでレシピを見てうろ覚えのまま作ってみました

中はベーコンとバナナ

ベーコンとバナナの甘ジョッパさが、美味しいです

焼いたベーコン&バナナをパンに挟んだらフライパンに戻してバターで焼くというより
揚げる感覚らしいのですが、それはちょっと・・・・・・
なので、バターを溶かし入れて軽く焼いてみました

10枚切りの食パン2枚で作りました。

ランチにちょうど良かったです。

キッチンを掃除中 少しでも、しとかなくっちゃね。

午後からケアマネジャーさんが来ます

母は、今行っているショート先がお気に入りです。

以前行っていた所は、デイサービスだけにして、新しいショート先を探してもらいました。
母のメガネにかなってよかったとおもいます。

[PR]
# by hanarenge | 2016-12-16 13:17 | Elvis | Comments(0)

嵐山花灯路 2

残り物ですみません

まずはこれ!
d0027244_17210870.jpg
あっつあつを歩きながらね この頃は、かなり名前が知れてきましたね。
d0027244_17205731.jpg
化野の念仏寺の近くに、まゆ村の本店があります。繭玉でマッサージもいいのです。それ用も置いてます。

法輪寺には初めて行きました
d0027244_20021191.jpg
法輪寺HPリンクします
めちゃめちゃ綺麗な青葉の頃のトップページです、

d0027244_19593030.jpg
でんでん虫ではありません 電電宮 ちょっと珍しいでしょ?電気とか電波の守り神?
今の時代、電気がなくては、な〜〜〜〜〜〜んにもできませんね
d0027244_19593612.jpg
iPad片手にしっかりお参りしました

舞台からは
d0027244_20093580.jpg
京都一望 もう少し右(南)に京都タワーが見えます。
d0027244_20113110.jpg
TGー4で目一杯寄って 仁和寺の五重塔です
d0027244_20134971.jpg
虹が出ました。

これで嵐山花灯路終了です お付き合い有難うございました。
おまけ
d0027244_20145463.jpg
           ドラえもん        


[PR]
# by hanarenge | 2016-12-14 20:17 | 京都 | Comments(0)

嵐山花灯路

嵐山花灯路 よーするにライトアップです。

どこもかもライトアップですな。

イヤミを言いながらかくいう私も乗せられた口 笑

友人と三人で、初冬の嵐山へ。

久しぶりに会う友人もいて、楽しくおしゃべり。

そやけど、私、思います。なんで、あないに、緑や紫や赤でライトアップせなあきませんの????

都会のビルには、あの色もまあ許せても(見られても)山や神社には;;;;;;合わんと思うんですけどね!

では、花灯路 いきます。
d0027244_17370330.jpg
MacBook Proをバージョンアップして、まだ慣れていないせいか、妙に使いにくいです。 泣

渡月橋を渡った所、西側に甘いものやさんがありますね。私、今回初めて入りました。
d0027244_17453598.jpg
おうすのセット、中々美味しい桜餅です。塩漬けの桜の葉が効いてます。

話に夢中になっていたら、とっぷりと暮れて、ライトアップが始まりました。

渡月橋を見てから、やはりハイライトの竹林の路へ。
老松さんの手前から、もう混雑してます、一方通行になっている様子
一番混雑していますね
d0027244_17591982.jpg
ず〜〜〜〜〜〜っと先、大河内山荘までこんな状態です わややわemoticon-0107-sweating.gif ま、誰しも気持ちは一緒、おまけに京都名物?の時雨まで来ちゃいましたよ
d0027244_17592373.jpg
ここまで来るのにかなり時間がかかりました。混雑の割には皆さんのマナーはとても良かったです。
三脚立てるバカもいませんでした←当たり前か 笑

大河内山荘まで来て引き返す人もかなり見かけましたが、ここから先へ行くべきです。

ここを抜けると、左側に、小倉池が見えて、日本で此処だけと言う御髪神社があります。
小倉池もライトアップしてました。
d0027244_18164552.jpg
池の周りにも灯りが入っています、この灯篭?行灯?は、地元の小学生あたりが作ったのでしょうか。
 
さらに進むと、常寂光寺と落柿舎です。
落柿舎の前です
d0027244_18263266.jpg
この前だけ田んぼが残っています。夏の落柿舎は素敵ですよ

落柿舎の横をさらに奥へ向かいます。混雑は随分とマシになりました。

西側は山 でもそれは昔の話で 笑 ちょっとした自然公園みたいになってます
落柿舎の近くの土鈴や小物のお店 名前を失念しましたが おかもと勇楽さん?でしょうか 友人が立ち寄っています。
d0027244_20171099.jpg
その山の向かいに、みたらしと甘酒なんか売っているところがありました。俄かか、元々あるのかちょっと確かめてないのですが
そこで頂いた甘酒が、ほっこりと温かくとても美味しかったです。
公園に入ってみた。。。。。。カイロくださいに笑いました。

ここまで来たら二尊院はすぐです。「紅葉の馬場」は有名ですね。

d0027244_20295594.jpg
二尊院の由来は「釈迦如来と阿弥陀如来の二尊を本堂にお祀りされているのに由来します」
ここはお公家さんのお墓とか映画スターのお墓とか、あります。

ライトアップはここでお終いです。ここからほど近くに祇王寺があります、行ってみたけど真っ暗でした 笑 誰もいてへん^^

では、戻りましょう。
清涼寺まで行って下ります。あの混雑はどうしたと言うくらい空いてます。
食事はどうかなあと心配していたのですが、琥珀堂の向いっ側で和食にしました。琥珀堂は今度ね^^
d0027244_21405999.jpg



途中で画像アップができなくなりました、なぜかなあ????


500KB以下にしろって?209kBしかないんだけど?エキサイトさん!!totalってこと??まさかね。

とりあえず ここまでです💨

[PR]
# by hanarenge | 2016-12-13 21:52 | 京都 | Comments(0)

チェン・ダオミンさん

チェン・ダオミンは、好きな俳優の一人だ
d0027244_00513063.jpg

HERO(英雄)(2002)

d0027244_00294940.jpg
妻への家路と同じ監督のチャン・イーモーだった
一枚一枚同じ黄色の銀杏を集めて、それを扇風機で風を送り、落ち葉を舞わせたとか、一年の内2日しか湖面に風が吹かない日がない湖のシーンとか。
とにかくシーンがとても美しかった。

アクションも美しかった。 無名と言う刺客が、秦王の所にやって来て、秦王の暗殺者を倒したという話を始める。
無明はリー・リンチュウ 秦王はチェン・ダオミン

リーはアクションを封印した「海洋天堂」で、自閉症の息子を育てる父親役が一番新しい記憶です。

その後に撮られた香港ノワールの大ヒット作の3部作のインファナルアフェア3では、本土マフィアの大物(武器商人)のシェン、実は潜入刑事。その役を演じている。
d0027244_00295234.jpg
上から下まで黒で決めた凄腕の潜入刑事 まあ、これがトニー・レオンとレオン・ライと三人のシーンでも、存在感がすごかった。

GYAOに上がっていたんだけど、中国式離婚と言う、あちらでは視聴率が高かったドラマに主演していた。
その頃私は、HuluでMI-5とかリトルブリテン、カーニバルにはまっていたなあ

だから、GYAOは後回しにしていたけど、時々は観て、あら、ダオミンさんはこんな役もやるのかと妙に感心した。

この中国式離婚、今はネットからレンタルして見はじめたのですけどね。全話ユーチューブに上がってるけど北京官話は解りませんもん 笑
彼はインテリの雰囲気があるでしょう?物静かで。
d0027244_01111774.jpg

ドラマの中では、奥さん一筋、腕はいいけどあんまり出世とかには縁のない外科医

奥さんは大地の子のジャン・ウェンリー この奥さんがまあ上昇志向が半端じゃない

恋愛結婚7年目、可愛い一人息子がいる中流家庭なんだけど、毎回毎回夫を罵る。意気地なしとか人でなしとか

とにかく国立病院は給料が安い、もっといい外資系に変えろとそればっかり。
根回しが下手な夫、中国はコネ社会ですよ、ワイロとかさあ、、、、裏でこっそり(>< 
だけどダオミンさん演じる夫はそれが嫌、それが苦手、裏返せばプライドがすごく高いんだね。

嫁は鼻で笑う、それが憎ったらしいのよね 笑
13億もの人がひしめく中国では、のほほんとはしてられない。
子供に金がかかる、家も車も洋服も欲しい、私から見たら欲張りすぎと思うんだけどなあ。

で、おきまりの隙間風、毎回、夫婦喧嘩勃発 
キャンキャン言う割には、夫にすぐ電話する嫁、でも拗ねるし、ふくれるし もう何をどうしてもらいたいんや!?あんたは。

まあ、嫁のキンキン声に私がどこまで付き合えるかですけどねえ

とにかく観始めたわけです。

あららら!!今見てみたら、Huluにあがってますやん
項羽と劉邦 長いみたい 最後まで観る馬力。。。。。。。あるかなあ。。。。。。頑張れ!私  苦笑 

追記です。観始めたけど。。。。。ってか、字幕じゃない〜〜〜〜〜〜吹き替えの声がイメージをぶち壊し〜〜〜
なんとかしてくれえ〜〜〜〜!!って感じ。嫌やなあこんなの

d0027244_02041812.jpg

ところで!!妻への家路のダオミンさんは、今までとまたちょっと違ったイメージで。
d0027244_01490406.jpg
またまた男っぷりが上がったという感じ インテリのボンボン育ちの教授役がとっても合ってたと思う
質素な身なりでもダンディだしね。若者にはない色気がまるだわね。





[PR]
# by hanarenge | 2016-11-13 01:43 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(0)

 心模様の一こまを・・   れんげそう