2017年 04月 01日

忘れられない人(ムーミンのこと)

鍋の中に少し残る、ジャガイモと玉葱と人参、あとは、牛肉の薄切り。

一番見慣れたカレーだと思う。

この冷えたカレーで、思い出すのは、「ムーミン」のこと。
ムーミンとは、あのヤンソンさんの不思議な不思議なお話だけれど、このムーミンは、チョッと違う。

ムーミンは、カレーが大好き。しかも一晩置いたカレーがとても好きなのだ。「先生、カレーは、まだ残っていますよ」。

職員食堂で、遅いお昼を食べている私の耳に、誰かの大きな声が聞こえる。

先生!カレー!!・・・ヤバッ、慌てて下を向いて急いで食べる、私の前に、「オー、今,昼か?」

な、何だって、こっちに来るんだ― 「・・・・・・・」私は出来るだけ知らない顔を決め込みたいが、もう敵は目の前だ。

話などしたくは無いと、思っている私の思惑など、どこ吹く風とばかりに目の前の椅子を引いて座ろうとしているではないか。
びっくりだ

ムーミンはいつもこんな調子で、ある。そして必ずと言って良いほど、私はお小言をくらう。

誰某には、もっと優しく接しろ。気をつけろ。あのときの指示を忘れたのはお前か?等々

おまけに、勉強はしているか?休みには体を休めろ、遊び歩いていちゃいかんぞ。

こちらは、たまの休みには買い物だって映画だって、したいんだよ―お願いだから顔を見るたびに、煩く言うのはやめにしてくれない???面と向かって言うなど、そんな、考えても、恐ろしいことはできない・・・・。

心の中で悪態をつくか、ムーミンが去ってから、思い切り、しかめっ面をしてやるか、どちらかだ。

彼 ムーミンは私の主治医(だったと、私は思っているが、彼は今もって私が彼の患者だと思っているのだ、きっと)で、おまけに上司である。

高い熱を出して、休んでいた私が、急性腎炎になり、入院を余儀なくされた時、思い切り叱られた。

たまたま当直だったムーミンに熱が下がらない私を心配した同僚が、真夜中に寮から病院に連れて行って診察してもらった。

その時、溶連菌かもしれんから、平熱になっても、一週間は寮で大人しくしておけと言われたのを私は守らなかったのだ

こうしてムーミンは、私の主治医になった。

毎日絶対安静の私の病室にやってきて、ジロリと私を見て、口をすっぱくしてジッとして寝ていろと言う。
塩味の無い水臭い病食を、食べ、安静にすること3ヶ月あまり、やっと退院の許可が下りた。

ナースの卵の私は、ムーミンの指示で、一階のリハビリセンターで実習することになり、友人達がさっそうと、詰所で実習しているのを横目に見ていなければならなかった。

体の為に一年間は軽い実習で済ませられるように、ムーミンが総婦長に指示したことなど私は知らなかった。

若い私たちナースの卵には、エレベーターなどは使うなと言っていたムーミンが、回診の時など、私に会うと、エレベーターで上がれと言ってくれた。

夜中に、ムーミンの自宅に電話して、泣きそうな声で蛋白が出たと言ったら、優しく、心配するな、明日一番に診てやると言ってくれた。

一年が過ぎ、私は詰所に復帰した。
あの日の嬉しさは忘れない。試験はどうやら受けられたので、一年の間に卵から新人になっていた。
早く、回診台の横で覚えたての「看護技術」を使いたい。
点滴壜を提げて、さっそうと、病室に入りたい。先輩のようにテキパキと仕事をこなしたい。
何より当直をしたい。
私は、そのころ、張り切っていた。しかし、今思えば、見かけの「出来るナース」に憧れていたのだったが・・・・。

朝一の処置が終り、回診時間にムーミンが、私を指名した。
ゲーー、サ・イ・ア・ク、口パクで友人に言って、渋々廊下をついて歩いた。
いつもは必ずついて来る病棟婦長は来ない。
どうしたんかな、指示いっぱい出たら、忙しいのに・・・思いながらカルテを下げてついて行くと、ムーミンが、調子はどうだ?もう、蛋白も出ないだろう?無罪放免だなと、笑いながら言った。
その後、少し真面目な顔で、「女性は、結婚して子供を生むのだからしっかり治しとかんと、えらいことになるぞ、しかし、もう○○の場合は大丈夫だ、何を食べてもいいし、遊びに言っても良いぞ」と言ってくれた。

私がムーミンの優しさ、有難さをしみじみと噛み締めたのは、それからずいぶんと後のことであった。

子供をムーミンに見てもらおうかなと考えて、友人に電話すると、ムーミン、いや、先生は亡くなっていたのだ。

病室で回診中に倒れ、42歳と言う若さで帰らぬ人となったのだ。

ムーミンに叱られた事も、厳しく指導されたことも、その後のナース生活に、とても、有難い事だった。
患者さんの身になれ。話を聞け。優しい心使いを持て。ムーミンはともすれば、処置がうまくなりたい一心の私に、こう、諭してくれた。

先生には、御礼もちゃんと言っていない。感謝も言っていない。先生の亡くなった事さえ知らなかった。
あれから長い長い時間が流れたが、「ムーミン」は今でも私にとって、一番の主治医でいる。
病気だけではなく、心を診てくれた主治医である。

何故、先生が、ムーミンかと言うと、体形がそっくりだったのだ。
でも、誰も面と向かって、先生に言ったことはないので、私達が―(先生には、はねっかえりの学生集団と呼ばれていた)はじめは怖さから、そしていつの間にか親愛の気持ちを込めて、「ムーミン」と密かに呼んでいた事を、先生は、知らないままで、逝ってしまった。

これは、私が初めて作ったドリコムのブログに書いた記事です。

いつもではないけれど、折に触れて思い出します。

怖かったムーミン 苦手だったムーミン 嫌いだと思ったムーミン 

本当は、強くて優しくてとても素敵な内科医でした。

私の主治医のムーミン 忘れられません。


[PR]

# by hanarenge | 2017-04-01 08:45 | 心模様 | Comments(0)
2017年 03月 30日

無題

ずいぶん、遠くへ来たものだ

3年まえから ずいぶんと

振り返ったら 遠くに私が見える しんどかったね あの頃はほんとうにしんどかったね

d0027244_23043371.jpg
これでいいんだよ これしかなかったんだよ

もういいんだよ だからここまできたらいいよ

君のしんどいときは終わったんだよ

だからここまで来たらいい

ここから また 眺めてみようよ

きっと違う景色が見えるよ

きっとちがうことが待ってるよ


心の中はクルクル変わる 万華鏡のようだ  一度として同じ模様のない万華鏡

今 思ったことも もう違って映る     どれもこれも心の万華鏡で回る景色 

ちょっと思いつくままに書いたら こんな文章になりました 笑


[PR]

# by hanarenge | 2017-03-30 23:17 | 心模様 | Comments(0)
2017年 03月 29日

♫撮れなくて 緑地

業務連絡
関係者各位様 お礼申し上げます 爆

たらたら緑地 

このたらたらは だらだらとは違います

たらたらと坂を下りるからです

今日は馬は全滅 >< 物の見事にブレてました 一枚も残らずです せっかくISOを200にしたのになあ!!

カワセミも全滅と言うか 現れず

FBのお友達がいらしたので 池のそばで少し立ち話 望遠レンズを覗かせていただいた

馬は帰りにもチャンスがあった

一頭だけ馬場に出ていたのだ やったーとばかりに連写したけど 更に見事なハズレっぷりに笑ってしまった(><

今日撮った分 全部載せようか 迷ってます
d0027244_21250055.jpg
望遠お爺様達がいるので 何?とお聞きしたら コチドリとアオバトと教えてくださった

どこどこ?アオバトって青いから言うの?

あっこの木の上やで そうやで 青いで

ちょっと遠いなとおっしゃる そうです コンデジでもこれくらいしか撮れません お爺様のは超綺麗だった

なんか公園内のどっかにいてるらしい 場所聞いたけどすぐ忘れる私

コチドリも もう一回載せようか
d0027244_21345082.jpg
この前よか 大きいでしょう?   コチドリって地味な鳥やねえ 


光が随分と強くなったけど 柔らかさを感じます

トーンを変えて 花壇の花を
MFで撮りました

d0027244_21412156.jpg

d0027244_21413487.jpg
今日はこれくらいしか撮れず すごすご帰ったのでした 

カワセミの池であったFBのお友達 お話ありがとう また行きますね どうぞよろしくお願いします

[PR]

# by hanarenge | 2017-03-29 21:43 | ネット関係 | Comments(0)
2017年 03月 28日

こんなん 撮れましたけど


たらたら緑地練習

やっぱり トップはこの子でしょう


d0027244_00043358.jpg
じゃーん カワセミ

この前 皆さんが素敵すぎる飛翔とかホバリングを揚げてはりましたね

うちは止まったやつです 笑

4人から5人くらいでっかい望遠と 三脚で待機

そして 池の周りは無言の行かい と 言うくらい静か

もちろんそこは私だってお口チャックでとても静かにしてましたよ

もっと色の美しいカワセミも撮ったのですが

いつものように?ピン甘 消去です

ちょっと濁っている感のカワセミデビユーです

カワセミは私には懐かしいおなじみの鳥です

田舎の小学生の時 本校から歩いて帰る途中

谷川には カワセミがいつも飛んでいました

翡翠かエメラルドか 季節によって羽の色は太陽光の加減もあるのか 微妙に違って見えますが

この鳥が羽を煌めかせダイブして小魚を捕まえたり、空振りで飛び上がるのを友人と眺めたものです

キラキラ光る宝石のような鳥と谷川の流れる音はいつもセットでした

あとはねえ

万博のメジロ
ピンアマだと思っていたけど再確認したら
えーーーーーーっと言うくらい来てます
d0027244_21303512.jpg
まずは 飛ぶぞ! もう飛ぶぞ!!のメジロ

ぐっと体勢を低くしてこれから ほら!!
d0027244_21313469.jpg
飛んだのよ!!

あとはねえ
ほんのお遊び
スズメのピンボケ 滑走 飛行 なんのこっちゃです
d0027244_21332430.jpg
ちょっとコントラストを強くして明るくしました


d0027244_21340508.jpg
ぼけてる ぼけてる 飛んだところ
もっとたくさんのもあるのですが

それは流し撮りかいと言うくらいボケてるので

いくら図々しい私でも お見せできませーん

upでーーーーす





[PR]

# by hanarenge | 2017-03-28 21:37 | ネット関係 | Comments(0)
2017年 03月 27日

流し撮り 馬

コチドリの後は

馬ですよ 馬

公園には乗馬クラブがあって 毎日 並み足とか早足とかコーチの指示で馬場を回っています

木の隙間から見たり 柵の横から見物する人はいますが カメラは余り。。。。。。。。。

だから、ずいぶん離れて遠慮しいしい撮るのですが。。。。。。。。

乗ってる人がちらっとこっちを見たり 馬が首を振ったりすると ハラハラします

寄れるように望遠だけ持って行きました

全てISOは800です C-AFモード 連写です (当たり前か 笑)
d0027244_17354369.jpg
1 これだけまあまあ何とかピンがあった方です
厳密には90パーセント超えで輪郭がにじむ感じです
距離は156mm
補正0
f値は20
Sスピード1/40
トリミングはしていません

下2枚はトリミングしています

d0027244_17435047.jpg
2 距離 100mm
補正 ➕0,3
f値 20
Sスピード1/40
ピンは乗馬人物の足から馬の腹へかけてきてました 目を捕らえてません
これは流れてるとは言えないかもなと思っています

d0027244_17481237.jpg
3 距離 補正 f値 S
Sスピード共に 2と同じです

何百枚撮ったでしょうか そのうち5枚ピックアップして選んだのがこの3枚です
2枚は同じ馬です ピンは足から腹です
柵がどうしても入ってしまいます
トリミングして残ったところは一応消しましたが 未熟ですのでこんな出来です

撮れたのは早足の時だったかと。。。。。

狭い馬場を10頭くらいの馬がぐるぐる回ります
あっという間に馬の上に馬が重なります

それでも始め取り出した頃よりは終わりになると少しマシになった感じが自分ではありました
この三枚は終盤で撮ったものです



これは失敗の自転車です
3月13日に撮ってました
d0027244_17513540.jpg
梅園の前を横切る人です
ISO 200
距離 27mm
補正0
f値 20
Sスピード1/30
これはボツですが まあ あげます すみません

それと 私のPCのディスプレイの解像度は
1280✖️800なのですが
画像はみなさんからどう見えてますか????

[PR]

# by hanarenge | 2017-03-27 18:05 | ネット関係 | Comments(0)
2017年 03月 27日

古い写真

画像を断捨離中の私です

時々、じっと見てこのときはなんて思ったりもしますね

するとここに行ったときの空気までよみがえるというか

今朝のブログはそんなお話

西の京の唐招提寺 金堂です

2010 07 19 暑い日でした 雲ひとつない空の下 暑い日差しの中で 唐招提寺の金堂は静かに佇んでいました

雲ありました 笑
d0027244_08142304.jpg
ここは私の大好きなところ ここに来るとホッとします

会津八一が詠んでいます 
「おほてらの まろきはしらの つきかげを つちにふみつつ ものこそおもえ」

金堂にはパルンテノン神殿と同じように正面に八本の円柱があります

これが「まろきはしら」です

この円柱に顔を寄せると ヒノキで作られた柱はほっこりと温かいのです

唐から来られた鑑真和上のお寺なのです
d0027244_08142846.jpeg
ここは 時間がゆっくりと流れているのではないかと いつもそんな風に感じます

セミが鳴いている 風が木立を渡る 蓮の葉が揺れている 暑い空気が滲んだように動く

鑑真さまの来し方を思うと 頭が下がります

d0027244_08143213.jpg
白いハスばかり咲く池です この頃は庫裏の庭に鉢植えのハスがたくさんありました

唐招提寺蓮もありました 久しぶりにお参りさせていただいた夏は庫裏は立ち入り禁止となっていました

その代わりにでしょうか 新たに蓮の咲く池が増えていましたが

唐招提寺


まろき柱の(会津八一)唐招提寺  

⇧ 心の万華鏡のページです 宣伝なんちゃって ^^

[PR]

# by hanarenge | 2017-03-27 08:36 | 奈良 | Comments(0)
2017年 03月 26日

最強って言いましたけど

このまえ 3/18の記事

マニュアルフォーカスって知らなかったと

教えていただいて 初めてしてみたら ピントの取れないこと 取れないこと

昨日それもやってみました

何とこの日は まあまあにピントが来ました

そんなに長くかからず、ピントが合って嬉しかったです

d0027244_17155624.jpg
背景処理はまだまだだなあと感じます

d0027244_17162257.jpg
なんか あんまり綺麗じゃない

d0027244_17161354.jpg
これは万博のを少し色々編集しました
明るくして カラーも少し
白がテカってる感じがまだしてます

カワセミは撮りましたよ 止まってるところを
色は綺麗じゃないですが 笑
またアップします

[PR]

# by hanarenge | 2017-03-26 17:22 | ネット関係 | Comments(0)
2017年 03月 24日

断捨離中 龍のめめ

エキサイトって時々クズね 

記事書いてちょっと写真のアップ手順間違ったら 記事が消える

いちいち下書き押さないと 安心できないわ

HDDにあるボケ写真を断捨離すべく 本日からぼちぼち手をつけたのだが

その中に私の大好きな妙心寺の龍があった この子のめめは文句なしに可愛い 惚れそうなくらい可愛い


2011年 6月に私は京都にいた

東林院の沙羅を見たくて早くに出かけたのだ

ここには沙羅の木が沢山ある

沙羅は1日花 平家物語にも出てくる

ただし 仏教でいう釈迦が、入滅した時側にはえていたと言う、沙羅双樹とは似ても似つかない

沙羅は夏椿である

平家物語の 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわすのくだりで この花が出てくるが私はこの夏椿を連想していると感じている。

東林院の庭の青い苔の上に散り敷いた白い沙羅 長い間これを見たいと思っていたのだ

カメラはPENTAX X90 これがいいのか悪いのかも知らない
サイズは原寸で2・6 M F値は8 露出(Sスピードのことよね?)1/125 ISOは???載ってない!
Aモードかどうかわかりません 多分オート撮影?
サイズは800✖️600に全て縮小しました
d0027244_09393399.jpg

d0027244_09395970.jpg
お抹茶つきで鑑賞できます
ただし朝早いし休みともなればアホほど人が来ると思います
この頃よりもっと観光客増えてるし

d0027244_09431267.jpg
妙心寺境内 東林院に向かう途中やと思います
東林院も妙心寺の塔頭のお寺です
d0027244_09512412.jpeg
この子です
妙心寺の龍です

法堂の鏡天井には狩野探幽が55歳のときに8年がかりで作りあげた「雲龍図」があり圧巻です。
重要文化財にも指定されています。
龍の目は円相の中心にありますが、八方睨みの龍といわれ、見る位置や角度によって龍の動きや表情が変化するように見えます。

そうだ京都へ行こうページから引用


この子のめめに私は一目惚れなのです 妙心寺に行かれたらこの子に会ってください
法堂(はっとう)の天井にいるこの子をずっと見て歩いてください 
この子はその間あなたをずっと見ています

残念ながらこの龍は撮影禁止です

でもこの子の看板が境内にあります だからそれを撮りました

東林院のページ貼っときます 宿坊もあります 泊まっちゃって翌日早朝鑑賞ありかもよ^^




[PR]

# by hanarenge | 2017-03-24 09:56 | ネット関係 | Comments(0)