心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 05日

イルミは十六夜

一人で梅田まで

イルミを撮りたかった。。。。。。。。

しかし

前ボケ 後ろボケどころか 中ボケと言う具合 失敗でした

難しいったら難しい

d0027244_00490325.jpg
二人のクリスマス もう何十年一緒に迎えただろう 最初は二人 それから家族が増えて
そして 今 二人 
いいなあ 素敵だなあ ファインダー越しに。。。。

私 超羨ましかったなあ

はい 失敗のイルミです><
d0027244_00491804.jpg


d0027244_00483394.jpg
もうちょっとなんとかしたらいいのに 

撮り方が全滅でした

d0027244_23164904.jpg
カリヨン広場の十六夜

この後 風見鶏がグルーンと回っちゃった


[PR]

# by hanarenge | 2017-11-05 00:56 | 散策中 | Comments(4)
2017年 11月 04日

ブレードランナー2049

ブレードランナー2049です

私の場合はライアン・ゴズリングが出ていると言うそれだけの不純な動機で観ただけなのですけどね 笑

d0027244_22165212.jpg
1982年に公開されたのは ハリソン・フォード主演のブレードランナー
d0027244_22165530.jpeg

原作は フィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』1968年(DO Androids Dream of Electric Sheep?

映画になったのは35年前です
映像にするのにはかなりの想像力がいっただろうと思う映画です


私は一作目は挫折した(観始めてどれくらいしてか定かではないが観るのをやめたと記憶している)

興行的には失敗したけれど その後ビデオ映像の普及もあり コアなファンからどんどん広がって今ではSFの傑作とか名作と言われている

一作目の舞台は2019年 1982年からすればまだもう少し先のことという感じ?
この前一作目を見直したのだが
まだデジタル放送など夢の時代に撮影された映像は更に暗くぼやけて見えた

レプリカント 人造人間 アンドロイド いろいろ言い方はあるけどロボットではない 
血も涙もある 痛みもある そして心も 愛もある
人間は鼻で笑うけど
製造されてしばらくすると感情が芽生えるのだとか

それではヤバイので4年の命とした

汚染された地球から離れて人間は宇宙に住む 
貧しいつまり宇宙に移住できない底辺の連中は酸性雨の降る暗い地球の都市に住む
人間そっくりのレプリカントは宇宙の開拓最前線で過酷な重労働にさらされていた
4年で死ぬ 使い捨て 俺たちは?私たちは?何?彼らにとって何?

反抗的な者や逃亡したものは狩られる 狩る者それがブレードランナーだ


レプリカントの置かれた境遇は 言うなれば奴隷だ 
人間とレプリカント どこが違うのだろうか 誰が決めたのだろうか
人間として生まれた者と 生産されたレプリカント これの違いは何だ 何を持って人間らしいと定義するのか

このテーマは2作目でもそうだ

改造され危険性はないと言われるレプリカント 
Kもレプリカントだ(彼はブレードランナーである)

レプリカントの寿命は延したという設定だった

大停電で記録を消去した後 密かに地下に潜ったレプリカントもいる
人間にとって危険な思想を持つレプリカントが逃亡して地球で密かに暮らしている

2022年にレプリカントの反乱が起き世界的規模の大停電があり記録は全て失われた 

レプリカントを製造していた会社は倒産し レプリカントは危険だということで製造禁止となった
所が 新たなレプリカントを作ることを政府に脅迫的に認めさせた会社が2036年に製造を開始したのだ
ーーーーーー今度のレプリカントは従順で安全である とーーーーーー


ここでも レプリカントは(人間)もどきと呼ばれて軽蔑される

そして2048年にレジスタンス?人間にとって危険なレプリカントの一人が見つかり密告される

2049年はKがレプリカントを解任する(命を絶つ)シーンが冒頭にある

同胞によくこんな事ができるな!と罵られたKはお前と同じではないと言い返すが・・・・・

醜悪な世界と荒廃した光景が広がり 混沌とした汚い社会がある

うんと遠い未来 いや科学と技術の進歩で100年先にはもっと性能のいいロボットがいるかもしれない
人は夢をみて 現実にしたいと思う
禁断の扉を開けて広がる光景を見たいと思う そうやって進歩してきたのだ 
空を飛びたい それが飛行機になったのだ 中世からの夢だった いや神話時代か?

どうなんだろう 自分の大切な人や大事なペットがいなくなったら
そっくりに作ってもらうことができる時代が来る?

性格は?容姿は?自分好み? もう寂しいことなどない? ずっと側にいてくれる?

洋服をオーダーするように 自分好みのレプリカントを(呼び方はなんだっていい)オーダーする?
値段もピンキリ 既製品とオーダー品の違いみたいなものだ
孤独死もなくなる? 話し相手はレプリカントがしてくれる? 

だけど人間は性悪にできている 
ネット時代が幕を開けた時 ウィルスがメールでやってきたり ページを見ただけで何かを仕込まれたり 個人情報が流され 晒される ハッキングは日常的にあり カードの番号も抜かれる 
挙句はネットで募集して殺人をする
あれもこれも予測できただろうか

想像した人は多くはないと思う

実社会と同じだが ネットは違うと思えたのだ


悪巧みをする頭のいい連中はどの時代もいる 残酷なやつもいる

レプリカントを使って何か悪いことをする 
映画どころかもっとひどくなるだろう・・・・・・・

妄想しすぎ?

今日は映画の後でPeppaer(ペッパー)を見た
d0027244_23350634.jpg
そしたら恐ろしい妄想が浮かんだのです

d0027244_23340903.jpg

とても可愛い 近くに行くとおしゃべりしてくれます
これは お店のロボットだからお店のことやメニューのこと

そんな時代が来るとは思いたくないし来るはずないよ

でもね。。。。。。。。。。。

『お前が深淵を覗く時 深淵もまたお前を覗いているのだ』 ニーチェです 

人は理解できない物に惹かれる そしてある日。。。。。。。。。

妄想です^^ 

[PR]

# by hanarenge | 2017-11-04 00:01 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(2)
2017年 11月 03日

街中で


d0027244_17195517.jpg
看板にニヤニヤ ファンだったのか シャレか 考えるとまたニヤニヤ


d0027244_10483278.jpg

目立ってましたね 入り口に「花菱アチャコ」の店とあります

北浜ダイニングのACHAKO(アチャコ)高麗橋にあります

最寄駅は 京阪 地下鉄堺筋線の北浜駅 


d0027244_16092797.jpg
ここは特等席。。。。

船場ビルディングから栴檀木橋へ向かう途中で

8月の街中でした


[PR]

# by hanarenge | 2017-11-03 00:01 | 散策中 | Comments(2)
2017年 11月 02日

船場ビルディング


d0027244_23510468.jpg

アパルトマン?集合住宅?平たく言えば長屋?

うろ覚えの記憶で申し訳ないのですが こんな風景を見た覚えがあるのです

もっと広かったと記憶にあるのですが はっきりとは覚えていません

BSの世界街歩きでしたっけ

パリかスペインか イタリアか 多分パリだと^^ イギリスではなかったと思う

向かい合わせの部屋がパティオに面して並んでいます

船場ビルディングです 1925年(大正15年) 10月に竣工しました

とてもモダンだったと思います 

店舗と住宅を兼ね合わせたビルディング きっと大きな話題を呼んだことでしょう

このパティオは車や馬車を引き入れられるように設計されているのでしょう

今も賃貸オフィスとして機能中です

災害も戦火もくぐり抜けて建ちます

d0027244_23504474.jpg

写真を撮りたいのですがと聞くといいよ!と快い返事 嬉しいです

d0027244_23495584.jpg

一階の一番手前のお店には 小物やアクセサリーなどを置いてあるようです


d0027244_00184112.jpg

ここは一番奥のお店です


d0027244_23492029.jpg


二階に上がってみましょう


d0027244_23483367.jpg
階段は木の手すりと柱で 暖かい雰囲気

二階もオフィスです



d0027244_23483539.jpg
表からは少し段差があります 緩やかな傾斜です

この表玄関から中に入ります

ずらっと古い郵便箱が並んでいます

各事務所の名前が載っています


半袖!そうです 撮影は8月でした

深まる秋 三休橋筋をもう一度歩いてみたくなりました

[PR]

# by hanarenge | 2017-11-02 00:01 | 散策中 | Comments(4)
2017年 11月 01日

南船場 オーガニックビル


d0027244_19325023.jpg
突き出した132個のポットは建物の一部です

d0027244_19325535.jpg
これを初めて見たのは どれくらい前だろうか  

目が点になった

この色がこの建物にはベストだと思う

上からも撮ってみたいけど勝手に入るわけにもいかず。。。。。

1993年 建築
昆布の老舗 小倉屋山本がオーナーです

1993年と言えばバブルと言われた好景気が崩壊して それが社会問題化し始めた頃だったでしょうか

[PR]

# by hanarenge | 2017-11-01 00:01 | 散策中 | Comments(4)
2017年 10月 31日

ある日 ある時


泣きそうなビル

d0027244_23341563.jpg




d0027244_23351563.jpg
フックの見本?影が面白かった


[PR]

# by hanarenge | 2017-10-31 00:01 | 心模様 | Comments(0)
2017年 10月 30日

お久のキッチンから



雨の土曜日 仕事帰りの電車の中 同僚に教えてもらったのは カレーです

カレーと言ったって そんじょそこらのカレーではない ほんならどこら辺のカレー⁇

鯖缶と木綿豆腐のカレーです

ツナ缶とシシトウのカレーは私の定番だけど 豆腐とは考えつかんかったわ

レシピ検索したら 出ましたねえ

これはドライカレーなんやね

ドカンとレシピ通りに作りたいけど この雨 買い物に出る気にもなりゃしない

豆腐と鯖缶は奇跡的に家に有る 笑

バーモントカレーもね 母御用達でございます

作りますか!

d0027244_12011916.jpeg

料理は前はけっこうマメにしたけど この頃は簡単手軽ばかり

この豆腐カレーも簡単手軽 もうなんてったって簡単手軽が一番 そして美味しかったら言うことなし

味は?興味ありますか? 笑

追記 母にはもう少しスープ系にしたほうがよかったようです

次は少し緩めに作りましょう

もう一回トライしてみます

[PR]

# by hanarenge | 2017-10-30 00:01 | キッチンから | Comments(6)
2017年 10月 29日

晴れた日のお茶

秋晴れの日

仕事が9;30に終了 こういう時は素直に嬉しい 

御堂筋線の最寄駅で職場のバスから 降ろされたのは 10:00を回った頃

午後からも仕事のある同僚と帰宅する同僚と私 同じく仕事のDrと4人でモーニングかランチ&お茶と話がまとまる

所が大概が11;00からのオープン

スターバックス。。。。。。ちょっとねえ

ここと思う所は全て11;00からなのです

結局 ハンズで時間つぶし 欲しかったものの下調べも兼ねて 一人の同僚とDrは可愛らしい小物を購入


d0027244_09034347.jpg

左上は 同僚の生ハムとモッツァレラのサラダクレップ ソースが付いています 
右上は Drのベーコンとアボカドのエッグベネディクトパンケーキ 

左は 同僚のランチセットのペペロンチーネとマフィン?ミニパンケーキ? 他にも色々可愛らしいプレートにありましたけど 撮れなかった
右は 私のクラシックスフレ ホイップのハニーバターとメープルシロップが付いています

それぞれ全部お皿の形が違います

上記メニューにプラス¥280でドリンクがつきます

話が弾んで 時間はあっという間に経つ

ここのお店はノーチェックだった

大概 梅田に出てしまって 近場はウロウロしないから

探していたお店とは違いましたけど 

中は広くて静か ゆったりできます

パンも販売しています イートインで頂けるのも嬉しい 




BUTTER & DEL’IMMO BAKERY CAFÉのリンクです

私の行ったのは1号店です^^





[PR]

# by hanarenge | 2017-10-29 00:01 | 散策中 | Comments(2)