心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 03日

山道通学

小学校は 分校へ行った

ちいさな分校は たった二つの教室

複式授業だった  

低学年は複複式?

1年生から3年生までが一つの教室

4年生と5年生がもう一つ

休み時間の遊びは ほとんど全校生徒参加だった 何せ人数の加減もあるんですよ 

6年生になると 6キロくらい離れた本校通学が始まる

もちろん1年生から 何かあるたびに本校まで歩いたが 毎日ではなかった

6年生は毎日 雨も風も日照りも雪も関係のない 山道通学が始まる

それは当然のこととして生徒に受け入れられていた

小学校と中学時代の山道通学のことなど書いてみます

毎朝友人と待ち合わせて 山道を下る

そしてそれは 移り変わる季節をたっぷり味わうことでもある

野いちごが真っ赤に熟れて 私は躊躇なくそれを摘んでは口に入れるが 真面目な友人は学校の行き帰りに物を食べてはいけないと言う規則に縛られて 私に文句を言う

私は私でそんな彼女に生返事をしながら ありったけのスピードで野いちごを食べつつける

なんてったって美味しいんだから 買い食いじゃないんだから 道にあるんだから 食べたいんだから 甘いんだから

とうとう彼女も食べ出すのだ

バナナの木を横目に見て(バナナはならないがこの葉で押し寿司をするのだ バショウとか言っていたように思う)

道を下ると ショウジョウバカマが咲いている

毎年増えもしないが減りもしないで 変わらずに可憐な花をつけるこの植物が私は大好きだった

道はどんどん下り坂 杉の山の中の一本道を下っていく

空気は少しひんやりとして 土と苔と木の匂いがしている

友人とのおしゃべりは果てしなく続いている

夏には蜘蛛が巣を張るのでそれが苦になった

登下校の時にベタッと顔にくっつかれてはたまったものではない 私は蜘蛛が大嫌いだ

だから友人と順番を決めて 木の枝で払いながら歩くのだ

夕方は蜘蛛が巣をせっせとはるから、暗くなってもしっかり目を凝らさないといけない

毎日巣を張り替える種類の蜘蛛が山道にはかなりいる そいつらがせっせと精を出して家を作るのだ

でも こっちとしてはそんな事にかまってはいられない 顔や服につくのは嫌だし たまに蜘蛛まで付いてくる 

そうなったら一大事 暗い山道に私の悲鳴がこだまする

朝は朝で やっぱり壊れかけた蜘蛛の巣が残っている 油断は禁物

一度など大急ぎで山道を駆け下りる私のお腹のあたりの高さに ジョロウグモの巣と彼女(大きかったからメス)がでんといたことがある

ものすごい勢いで急ストップ 泣きそうだった

その朝は日直で私は早く家を出たから 一人の登校だったのだ

その辺の草を用心しながら手にして 思い切って巣を払った 彼女は??何と!!草を伝わって私の手の方へやってきた!!

きゃああああ 思いっきり草を下の田んぼへ放り投げた私 タッチの差で彼女も奈落へ ザマアミロ!!

暗い夜道に光が尾をひく 翡翠のようなその色はホタルだ

友人の髪に止まったこともある 綺麗な髪飾り 私は見とれてしまった

分校の下まで来ると山道は途切れて大きく空が開けてその下に水田がある

ホタルは水田の上でたくさん 舞っている それは何と美しい光景だったろう

翡翠の帯があっちにもこっちにも尾を引いて消えていく 私と友人はものも言わずそれを眺めていた

光は弱くなったり強くなったり またたいたり いろいろな表情を見せてくれるのだ

ホタルの季節が過ぎたら ありがたくない事にヤブ蚊の襲来も始まる

竹藪の中を通ると必ずヤブ蚊が団体でやってくる いやはや今年初めての洗礼 痒いのなんのって!!!

用心してあちこち叩いても 必ず噛まれた いや血を吸われた

血を吸った蚊を叩き潰すと 後で猛烈に痒くなる 毎年の恒例だ

それでも友人と私はおしゃべりを続ける 毎日会って毎日山道を歩くのだが 話は後から後から湧いてくるのだ

やがて夏休みも終わり 二学期だ

空気も冷たくなって日も短い

真っ暗になった山道は まるで何かが口を開いているかのようだ

満月の晩 道は白く光り 空は冷たかった 月の明かりになれた私の目には今から入っていく山道がとてつもない闇の世界のように思えたものだ

少しの物音がまるで何かが待ち構えているように思えたり この世のものではない者が潜んでいるように感じたり

おっかなびっくりで山道に入っていく私のうなじがぞわぞわした 怖かった

ところが友達と二人だと平気なのだ もうどんなことも怖くも何ともない 一人だと想像力が果てしなく広がってしまうのかもしれない

雪が降ったらもう大変 滑りやすい山道は用心がいる

一度など ホタルを見た田んぼの上から カバンだけ先に放り投げたことがある

その年は雪が多くて 深かった 細い道はバランスが取りにくく 滑ると下まで転げ落ちそうだったから 友人と熟慮の上 先に通学カバンを落とそうと

しかし カバンが途中で口を開けてしまい 教科書 ノート 筆箱 果ては弁当まで出てきた

カバンが下の田んぼに着地するまでに それらのものは カバンから飛び出して 放物線を描きながらあちこちに落下して行ったのだ

もう 笑った 笑った お腹が捩れるとはあのことだろう いまでもその光景を思い出すと笑えてくる

友人はこれも笑いながらあっけにとられたように 落ちるって思わんかったと

ちゃんと閉めてなかったら 落ちるわ

これは中学時代 山道が尽きたら自転車通学なのだが その道も雪で埋まっている

だから自転車は押していく 当然遅刻 でも仕方がない これが当たり前 そんな時代でした 

とにかくこうして書いていると 鮮やかに蘇ります あの山道の匂いまでしてくる気がします

季節毎に違う光景 季節毎に変わる山道の小さな事件 私の子供時代が目の前を横切っていきます

スキャンしたら故郷の様子はわかりますが  写真はあえて載せません 

どうぞ山道を想像してくださいな

[PR]

# by hanarenge | 2017-05-03 21:45 | 幼い頃の・・・ | Comments(2)
2017年 05月 02日

庭石菖は夏と共に


d0027244_23501438.jpg


庭石菖は今頃咲くのですねえ

Yちゃんこれはアメリカの花よ 祖母が言ったことも思い出す

私にとってはこれは夏の花

田舎の道にツンツン ツンツン それはたくさん咲いた

素足にこれが触れると こそばゆいような痒いような妙な感触

でもこの花は それこそ道いっぱいに咲いているから 踏んで通らないと仕方がない

もう夏休み 私はウキウキ

夏休みは蚊取り線香の匂いと お盆の仏様 そしてラジオ体操 海は最高の楽しみ

夏の友 競書会 図工 絵日記 肝油 読書感想文 写生

いっぱい課題があった

だけど ウキウキの夏休みは始まったばかり

今日は下の川まで泳ぎに行く 大きな川だ 深い淵もある 

緑色に見える淵の底には白い流木が骨のように揺らいでいる

だから淵の方へは行かない

水中眼鏡は持っていない 自分の目で見る川の中はぼやっとして何もかもが二倍に見える 虹色に縁取られて見える

川の上の方から水に入る。ふわりと浮いて流れて、耳の周りで川のささやき声が聞こえる 

私は顔をつけて潜っていく 目を開けると 

石が水の中で色とりどりに輝いて見える 

それは人魚姫のお城の庭のようだ

底まで潜って大きな石をつかむ そうすれば川は私を追い出そうとはしない

大きな石を持って 川の底で座ると 私の髪は逆立って水に着いて行きたそうにゆらゆら揺れる

大きな石も川の底では私の手にも軽々と扱える

アチコチ見回してみると 魚が泳ぐのが見える

川の中は光が溢れてとても明るい 見上げたら泡が滑っていく 木の葉もクルクル回っている

息の限界までそうしていて 一気に石を離すと 私はふわりと浮き上がる

あとは流れに任せて

友達の家で休憩して アイスクリームをもらって おしゃべりして 私たち3人は山の上に帰っていく



庭石菖の咲いている道をさっきと同じように踏みながら

夏の終わりの物悲しさ

家の隅っこが青黒くなって日が短くなったことがわかる

そして私は世界中に取り残されたような寂しさを感じるのだ

だけどそれはまだ先

だって 夏休みはまだ始まったばかり

ウキウキの夏休みは庭石菖が知っている




[PR]

# by hanarenge | 2017-05-02 06:45 | 幼い頃の・・・ | Comments(2)
2017年 05月 01日

たらたら緑地

5月ですよ

まあまあに晴れた1日

緑地まで 

今日は静かでした

スケボーもなし

自転車は、いるから スピードを1/25にしてみた

初めは1/20にしたがいくらなんでもこれではと思いなおして

結果?は推して知るべし

10秒ってどれくらいかな

私の仕事 採血でいうと 受信者さんに消毒用アルコール負け&気分聞いて、腕出して 駆血帯しめて 針さして ここまでくらい?
もう少し前 駆血帯くらいまで?

しかしこの10秒は永遠にも思える

30秒と20秒の間には深い川があるのか?

超えられるやろか

はあああってため息ついても仕方がないわ

まだ第一回めやもんな たかが写真やしって思うことにした(されどとも言うけど 笑)

また練習やねえ 


初め、いきなり鳥が目の前に キツツキではないけど その仲間かなってなかんじで

木を盛んにつついて嘴に虫をくわえたところまで写した

この前のように真っ黒影絵ではないけれど ピンが甘い

私の目はおかしいのかも???? 

そんな5月の始まりでした

5/2 自分のピンアマの写真と検索写真を照合して コゲラと確信致しました。
d0027244_17525990.jpg

[PR]

# by hanarenge | 2017-05-01 18:18 | ネット関係 | Comments(0)
2017年 04月 30日

友人から

一人のメル友さんがいる

ひょんなことから メール友達になっていただいた

メル友さんが 送ってくれた写真を 公開の了解も得られたので アップします
d0027244_08565366.jpg
たぶん 私のHNがれんげそうなので 送ってくださったかと

このふんわりした感じが好きです

d0027244_08582746.jpg

タンポポて書いたけど 違ったようです

お分かりの方お出ででしたら
名前教えてくださいね
メル友さんもちょっとわからないとおっしゃっておいでです

もっとあるのですが
それはまた次の機会にでも


送っていただいた写真の数々を見ていると 人となりがわかるというか

とても優しい眼差しを感じます

きっといつもこういう風に被写体に向かっておいでなのだろうなあと

ちょっとジーンときてしまいました

MTさん ありがとうございました 

アップも了解いただいてありがとうございます

これからもよろしくお願いいたします


[PR]

# by hanarenge | 2017-04-30 09:14 | ネット関係 | Comments(0)
2017年 04月 29日

小さなハート2

d0027244_11473635.jpg
風に揺れてた小さなハート

うつむいて歩いていたら

声が聞こえたよ

どうしたの 

何か探してるの?

何か忘れ物?

そう

忘れ物

私が忘れたものは?

あの日忘れたものは

言えなかった一言?

聞けなかった言葉?

いいえ

そうではありません

置き去りにされた私の気持ち

ここへ落としていったあの気持ち

私の落し物

小さなハートになったのかな

風に揺れてた小さなハート

どんな言葉で話してるのかな

聞いてみたいよ 君たちの言葉


みょうなことにこのハートが好きで これを見るとやっぱり寄って行ってしまいます

どこにでもある野草や野に咲く花は美しいと思います


[PR]

# by hanarenge | 2017-04-29 23:01 | 小さな童話 | Comments(0)
2017年 04月 29日

あざとすぎます!

ちょっと!!

へ〜〜〜〜

そう来ますか!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




光テレビにもオンデマンドがあります

ビデオもあって それは一本毎に購入

でも イマジカとかミステリーとかシネマとか色々なチャンネルで、番組として放送されたものは 見逃しで再鑑賞できる

この下のジャンヌダルクとか 氷の家 ジキルとハイドなどなどは放送されてオン デマンドで上がったもの
ジキルとハイドは、私的にはハズレっぱなしでしたけど>< ほんまに、こんな解釈あれへんわ!

ターミネーターは購入するビデオです
d0027244_10551270.jpg

ハウス・オブ・カードは もう皆さんとっくにご存知かと思いますが

ネットフリックスが配信し、ネット配信で初公開されたドラマシリーズとして史上初めてプライムタイム・エミー賞を受賞した とwikiにもある

ネットで配信したこのケースは非常に成功したと思う



ケビン・スペイシーが演じるフランシス・アンダーウッドは 問題処理能力に秀でているが非常に権力志向が強い
と、言うより、そこだけ異常に肥大している。

彼と彼にあらゆる点で似ている妻の目指す最終目標は合衆国の大統領だ。

栄えあるそのゴールを目指して 彼と妻のとった手段とは。。。。。



で、人気番組のこれは各局放送したいところ
2016年3月以降 ネットフリックスで配信中 
U next を契約していない私はイマジカで放送されるのを待ってS1とS2を観た

そのあとhuluで再鑑賞

ますます続きが気になった

当分ないと思っていたが 3月からS3が放送されていたのだ 知らなかった〜〜〜〜〜

S4は今放送中ですよ!でも、もうエピ7くらい? ため息〜〜〜〜


当然 オン デマンドがあると

所が!!!ビデオ並みに料金追加となっている

待てば また何処かで放送されるし 

でもさ、心情的には今なんですよね 今 

今 観たい 観たい時が旬なの これわかる?

クリックしちゃいそうです

記事を書いてる下にU NEXTの広告がでかでか 笑
 
知るか〜〜〜〜 契約するわけないわ〜〜〜〜


過去 最初に私がハマった野望の階段(英国のオリジナル)

これも最高に面白かった

古い記事ですから リンク切れあります ご了承くださいませ



[PR]

# by hanarenge | 2017-04-29 10:56 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(0)
2017年 04月 28日

タイトルは何が良い?

d0027244_20083096.jpg
多分空を背景に入れたと思う そういうことはすぐ忘れるのだ^^;

霧の中で撮ったみたいな感じで好き

私の独断と偏見だよ

d0027244_20083706.jpg
同じく


この前の万博のポピー



思ったより雲が多かった 後になって日が差してきたけど それもすぐ雲に邪魔されると言うような具合

d0027244_20082412.jpg
これってお絵描きみたいじゃない?

オレンジと黄色の絵の具 いやクレヨンかな

小さい時 お気に入りの色ってなかった?

花びらの傷んでいるのが散見される中で、この花はまっさらぴん!だった

[PR]

# by hanarenge | 2017-04-28 05:31 | 心模様 | Comments(2)
2017年 04月 27日

流し撮り

引き続き 流し撮りです

はい まだ続きます

お兄さんと 女の子

自転車です

今回は結構ピンが合っていて どれもこれもアップしたいと言うセコイ誘惑に勝たなくてはいけません  

アホかいな 爆笑



d0027244_18095165.jpg
彼女 真剣な顔しています 表情が良いと思いました

d0027244_18203968.jpg
快く撮影させて下さったお兄さん
敬意を表して ^^

最後は自転車です

d0027244_18232099.jpg
一番奥の西の広場で
彼は 真剣かつとても楽しそうに乗っていました
何回も何回も回ってくれて
おかげで私はいっぱい練習できました
ありがとうね
d0027244_18232480.jpg
これはどうなのかなあと思ったのですが
大人の自転車の乗った人の頭も切れているしね

でも動きが出て面白いかと思ったので

もう一枚 花の塔?の周りを回るのもあるのですが
すこーしピンアマですのでボツです

d0027244_18233132.jpg
これはアウトの分だと思います
右が切れてしまいました
ただピンが良いしスピード感があるので練習アップと言い訳

スケボーの彼女
もう少しあるのですが
それはまたの機会にでもさりげなく 笑




[PR]

# by hanarenge | 2017-04-27 18:31 | ネット関係 | Comments(0)