「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

心の万華鏡  

パブロバとカルボナーラ

12月23日から体調がすぐれず、イヴもほとんど寝たままでした。

母がショウートステイ中で、助かりました。

でも!24日夕方から少し元気になりました

やっぱりケーキでも焼いてみようかと^^

でも材料はほとんど無し(ー ー;)

で、卵の白身で
d0027244_12413798.jpg
砂糖と卵白を泡立ててメレンゲにします  
d0027244_12453321.jpg
ジャン!!焼きあがったらこんな感じ^^ 

で、生クリームとラズベリーでお化粧
d0027244_12414337.jpg
d0027244_12414082.jpg
ブラックベリーをつまみ食いしたらちょっと数が (⌒-⌒; )

d0027244_12414908.jpg
外はカリカリ 中はしっとり パブロバの出来上がり!初めて焼いたけど、まあまあの出来かしら(自画自賛 ♪(´ε` ))
デコレートの下手なのは、大目に見てね。

美味しかったですよ。母が帰ってきたので、一緒に食べました。

でもパブロバは卵白のみを使いますからね〜〜〜〜〜
黄身が余る余る
そんな時は、迷わずこれ!!
d0027244_12415224.jpg
手抜きです!何ちゃってカルボナーラ
粉チーズと黄身を混ぜて、茹で立てスパに絡めます 黒胡椒はお好きなだけドバッとね^^

お節も、今日から取り掛かってます。

[PR]
# by hanarenge | 2016-12-28 12:56 | キッチンから | Comments(0)

ライオン

ライオンってやっぱりいいですね
私は、野生動物の中では一番好きです。
ナショジオのグラフィックマガジンです
ページの左下にメニューがあるからそこからコンテンツを選べます
いつでも見たいから^^シェアします

 うまく見られるかなあ。。。。。ナショジオのグラフィック

最初は見られたのですが・・・無理かもしれません。










それと、今夜から始まったプラネットアースⅡですね




一番初めに観たのは、海の物語 ブループラネット?名前は違ったかも
7日間に渡って海の様々な生き物を紹介していた。
遠い海原でちょっとした動きから波が起こってその波が、風と海流でどんどん大きくなって打ち寄せる様とか

恐ろしいほど澄みわたった外洋を旅する魚たち クジラ サメ マグロなどの 大型の回遊魚たち(クジラは哺乳類だけど)

海の砂漠と言われるだけあって、プランクトンも小魚も中型の魚も何もない海

植物性のプランクトンがいて、それを食べるものがいて、食物連鎖の果てにクジラやイルカ、サメなどの捕食者が饗宴を繰る広げる様 空からは海鳥の果敢な海中ダイブ 北の冷たい海洋で生きる動物や魚

どれもこれも見事だった

と言う事で今回も大変楽しみなのでございます。カメラワークがすごいです。録画もしっかりしましたよ。

アルプスの天空を舞う犬鷲の飛翔には鳥肌が立ちました 鳥だからではないですよ 笑


[PR]
# by hanarenge | 2016-12-26 00:14 | ネット関係 | Comments(0)

ナンチャッテ Elvisサンド

d0027244_13033810.jpg
Elvisが 子供の頃からお母さんに作ってもらっていた サンドイッチ

どこかでレシピを見てうろ覚えのまま作ってみました

中はベーコンとバナナ

ベーコンとバナナの甘ジョッパさが、美味しいです

焼いたベーコン&バナナをパンに挟んだらフライパンに戻してバターで焼くというより
揚げる感覚らしいのですが、それはちょっと・・・・・・
なので、バターを溶かし入れて軽く焼いてみました

10枚切りの食パン2枚で作りました。

ランチにちょうど良かったです。

キッチンを掃除中 少しでも、しとかなくっちゃね。

午後からケアマネジャーさんが来ます

母は、今行っているショート先がお気に入りです。

以前行っていた所は、デイサービスだけにして、新しいショート先を探してもらいました。
母のメガネにかなってよかったとおもいます。

[PR]
# by hanarenge | 2016-12-16 13:17 | Elvis | Comments(0)

嵐山花灯路 2

残り物ですみません

まずはこれ!
d0027244_17210870.jpg
あっつあつを歩きながらね この頃は、かなり名前が知れてきましたね。
d0027244_17205731.jpg
化野の念仏寺の近くに、まゆ村の本店があります。繭玉でマッサージもいいのです。それ用も置いてます。

法輪寺には初めて行きました
d0027244_20021191.jpg
法輪寺HPリンクします
めちゃめちゃ綺麗な青葉の頃のトップページです、

d0027244_19593030.jpg
でんでん虫ではありません 電電宮 ちょっと珍しいでしょ?電気とか電波の守り神?
今の時代、電気がなくては、な〜〜〜〜〜〜んにもできませんね
d0027244_19593612.jpg
iPad片手にしっかりお参りしました

舞台からは
d0027244_20093580.jpg
京都一望 もう少し右(南)に京都タワーが見えます。
d0027244_20113110.jpg
TGー4で目一杯寄って 仁和寺の五重塔です
d0027244_20134971.jpg
虹が出ました。

これで嵐山花灯路終了です お付き合い有難うございました。
おまけ
d0027244_20145463.jpg
           ドラえもん        


[PR]
# by hanarenge | 2016-12-14 20:17 | 京都 | Comments(0)

嵐山花灯路

嵐山花灯路 よーするにライトアップです。

どこもかもライトアップですな。

イヤミを言いながらかくいう私も乗せられた口 笑

友人と三人で、初冬の嵐山へ。

久しぶりに会う友人もいて、楽しくおしゃべり。

そやけど、私、思います。なんで、あないに、緑や紫や赤でライトアップせなあきませんの????

都会のビルには、あの色もまあ許せても(見られても)山や神社には;;;;;;合わんと思うんですけどね!

では、花灯路 いきます。
d0027244_17370330.jpg
MacBook Proをバージョンアップして、まだ慣れていないせいか、妙に使いにくいです。 泣

渡月橋を渡った所、西側に甘いものやさんがありますね。私、今回初めて入りました。
d0027244_17453598.jpg
おうすのセット、中々美味しい桜餅です。塩漬けの桜の葉が効いてます。

話に夢中になっていたら、とっぷりと暮れて、ライトアップが始まりました。

渡月橋を見てから、やはりハイライトの竹林の路へ。
老松さんの手前から、もう混雑してます、一方通行になっている様子
一番混雑していますね
d0027244_17591982.jpg
ず〜〜〜〜〜〜っと先、大河内山荘までこんな状態です わややわemoticon-0107-sweating.gif ま、誰しも気持ちは一緒、おまけに京都名物?の時雨まで来ちゃいましたよ
d0027244_17592373.jpg
ここまで来るのにかなり時間がかかりました。混雑の割には皆さんのマナーはとても良かったです。
三脚立てるバカもいませんでした←当たり前か 笑

大河内山荘まで来て引き返す人もかなり見かけましたが、ここから先へ行くべきです。

ここを抜けると、左側に、小倉池が見えて、日本で此処だけと言う御髪神社があります。
小倉池もライトアップしてました。
d0027244_18164552.jpg
池の周りにも灯りが入っています、この灯篭?行灯?は、地元の小学生あたりが作ったのでしょうか。
 
さらに進むと、常寂光寺と落柿舎です。
落柿舎の前です
d0027244_18263266.jpg
この前だけ田んぼが残っています。夏の落柿舎は素敵ですよ

落柿舎の横をさらに奥へ向かいます。混雑は随分とマシになりました。

西側は山 でもそれは昔の話で 笑 ちょっとした自然公園みたいになってます
落柿舎の近くの土鈴や小物のお店 名前を失念しましたが おかもと勇楽さん?でしょうか 友人が立ち寄っています。
d0027244_20171099.jpg
その山の向かいに、みたらしと甘酒なんか売っているところがありました。俄かか、元々あるのかちょっと確かめてないのですが
そこで頂いた甘酒が、ほっこりと温かくとても美味しかったです。
公園に入ってみた。。。。。。カイロくださいに笑いました。

ここまで来たら二尊院はすぐです。「紅葉の馬場」は有名ですね。

d0027244_20295594.jpg
二尊院の由来は「釈迦如来と阿弥陀如来の二尊を本堂にお祀りされているのに由来します」
ここはお公家さんのお墓とか映画スターのお墓とか、あります。

ライトアップはここでお終いです。ここからほど近くに祇王寺があります、行ってみたけど真っ暗でした 笑 誰もいてへん^^

では、戻りましょう。
清涼寺まで行って下ります。あの混雑はどうしたと言うくらい空いてます。
食事はどうかなあと心配していたのですが、琥珀堂の向いっ側で和食にしました。琥珀堂は今度ね^^
d0027244_21405999.jpg



途中で画像アップができなくなりました、なぜかなあ????


500KB以下にしろって?209kBしかないんだけど?エキサイトさん!!totalってこと??まさかね。

とりあえず ここまでです💨

[PR]
# by hanarenge | 2016-12-13 21:52 | 京都 | Comments(0)

チェン・ダオミンさん

チェン・ダオミンは、好きな俳優の一人だ
d0027244_00513063.jpg

HERO(英雄)(2002)

d0027244_00294940.jpg
妻への家路と同じ監督のチャン・イーモーだった
一枚一枚同じ黄色の銀杏を集めて、それを扇風機で風を送り、落ち葉を舞わせたとか、一年の内2日しか湖面に風が吹かない日がない湖のシーンとか。
とにかくシーンがとても美しかった。

アクションも美しかった。 無名と言う刺客が、秦王の所にやって来て、秦王の暗殺者を倒したという話を始める。
無明はリー・リンチュウ 秦王はチェン・ダオミン

リーはアクションを封印した「海洋天堂」で、自閉症の息子を育てる父親役が一番新しい記憶です。

その後に撮られた香港ノワールの大ヒット作の3部作のインファナルアフェア3では、本土マフィアの大物(武器商人)のシェン、実は潜入刑事。その役を演じている。
d0027244_00295234.jpg
上から下まで黒で決めた凄腕の潜入刑事 まあ、これがトニー・レオンとレオン・ライと三人のシーンでも、存在感がすごかった。

GYAOに上がっていたんだけど、中国式離婚と言う、あちらでは視聴率が高かったドラマに主演していた。
その頃私は、HuluでMI-5とかリトルブリテン、カーニバルにはまっていたなあ

だから、GYAOは後回しにしていたけど、時々は観て、あら、ダオミンさんはこんな役もやるのかと妙に感心した。

この中国式離婚、今はネットからレンタルして見はじめたのですけどね。全話ユーチューブに上がってるけど北京官話は解りませんもん 笑
彼はインテリの雰囲気があるでしょう?物静かで。
d0027244_01111774.jpg

ドラマの中では、奥さん一筋、腕はいいけどあんまり出世とかには縁のない外科医

奥さんは大地の子のジャン・ウェンリー この奥さんがまあ上昇志向が半端じゃない

恋愛結婚7年目、可愛い一人息子がいる中流家庭なんだけど、毎回毎回夫を罵る。意気地なしとか人でなしとか

とにかく国立病院は給料が安い、もっといい外資系に変えろとそればっかり。
根回しが下手な夫、中国はコネ社会ですよ、ワイロとかさあ、、、、裏でこっそり(>< 
だけどダオミンさん演じる夫はそれが嫌、それが苦手、裏返せばプライドがすごく高いんだね。

嫁は鼻で笑う、それが憎ったらしいのよね 笑
13億もの人がひしめく中国では、のほほんとはしてられない。
子供に金がかかる、家も車も洋服も欲しい、私から見たら欲張りすぎと思うんだけどなあ。

で、おきまりの隙間風、毎回、夫婦喧嘩勃発 
キャンキャン言う割には、夫にすぐ電話する嫁、でも拗ねるし、ふくれるし もう何をどうしてもらいたいんや!?あんたは。

まあ、嫁のキンキン声に私がどこまで付き合えるかですけどねえ

とにかく観始めたわけです。

あららら!!今見てみたら、Huluにあがってますやん
項羽と劉邦 長いみたい 最後まで観る馬力。。。。。。。あるかなあ。。。。。。頑張れ!私  苦笑 

追記です。観始めたけど。。。。。ってか、字幕じゃない〜〜〜〜〜〜吹き替えの声がイメージをぶち壊し〜〜〜
なんとかしてくれえ〜〜〜〜!!って感じ。嫌やなあこんなの

d0027244_02041812.jpg

ところで!!妻への家路のダオミンさんは、今までとまたちょっと違ったイメージで。
d0027244_01490406.jpg
またまた男っぷりが上がったという感じ インテリのボンボン育ちの教授役がとっても合ってたと思う
質素な身なりでもダンディだしね。若者にはない色気がまるだわね。





[PR]
# by hanarenge | 2016-11-13 01:43 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(0)

帰来/COMING HOME 妻への家路

張芸謀(チャン・イーモウ)監督 2014年の中国映画です

張芸謀(チャン・イーモウ)監督と言えば、中国のオリンピックの開会式と閉会式のチーフディレクターを勤めました。
あの開会式の模様は記憶に新しいのではないでしょうか?

その監督が、「活きる」と「サンザシの樹の下で」に次いで文革(文化大革命)を、題材にした映画を撮りました。
その映画がこれです
d0027244_20281731.jpg
  • 陸焉識(ルー・イエンシー):チェン・ダオミン(陳道明)
  • 馮婉玉(フォン・ワンイー):コン・リー(鞏俐)    この2人がルーとフォンの夫婦を演じています。

ネタばれ有ります

文化大革命とは。

中国全土を恐ろしい厄災が吹き荒れた10年間とでも申せばいいでしょうか



言わば毛沢東は中国の皇帝です
広大な中国は彼が政権を握ってから毛の実験場と化したのです。

兄弟、親子、知人、友人、隣人、同僚 ありとあらゆる場所で密告が奨励され、人間関係は崩壊しました。

文革の事をここで書いたらとてつもなく長くなりますので割愛しますが、興味を持たれた方はどうぞ検索してみて下さい。


夫は反革命分子と言う事で、囚われ、妻は一人娘とひっそりと暮らしています

お前の亭主が逃亡した、きっと立ち寄るだろうが会ってはならない、すぐに党に申し出よ

そんな命令を持って、党中央(中国共産党=毛沢東)から役人がやってきます

娘は3歳で父親と引き離され、記憶も余り無い、加えて物心ついた時から、党の絶対性を教え込まれているので役人の言葉に素直に頷く
しかし、母は。。。。。
コン・リー扮するフォンがアップになるが、彼女が全く納得していないのがその表情に有々と出ている。
だいたい、夫が右派と言うことも納得していない。
当たり前の事を言っただけだ。
追記します。
逃亡したと聞かされて、ワンイーは「あの人に何を」と聞きます。

「あの人が何を」ではなく、あの人に何をと問うのです。

この言葉は早速聞きとがめられて、党を信じているかと聞かれます。
嫌々ながらはいと答えるのです。

本音はあの人は10年以上も思想犯として牢獄に囚われている。
そんなあの人が脱走するような、どんなひどい事を、あんたたちは、あの人に対してしたのかということなのだ。

(文革ではこのような冤罪がとても多い、党に疑問を持ってそれを口に出したら即右派なのだ。
要するに党=毛に服従、いや盲従せよと言う事なのだ。)



政府の役人にも、これはおかしいと思う人も大勢いる、しかし・・・・・沈黙は何よりの防御になるのだ、明日は我が身。

激しい雨の中、夫は妻に会いに来る。
帰宅した娘に会って、大きくなったなあと言うのだが、拒絶される。

お母さんに明日駅で待つと言ってくれと頼まれるが、そんな事は出来ない、さっさと自首せよとにべもない。
私たちはお父さんのせいで、色々な非難を受けている。とても気をつけて暮らさなくちゃならない。これ以上私たちを困らせたり巻き込んだりしないでと強く言われる。

何とかアパートに入ったものの、外には公安が(中国の警察と言うか思想警察と言うかそんな類い?)張り込んでいる。
夫はドアをノックする、妻は夫だと解っているが、じっと沈黙したままだ。
会いたい!会いたい!しかしここで会ったら・・・・・・
色々な難儀が(謂れのない難儀)あの娘に降り掛かる・・・・・
夫は外で張り込む公安に連れて行かれる。。。。。。ひどい目に遭わされて、ひょっとしたら殺されるかも知れない。

鍵を開けたい、夫に一目会いたい そんな気持ちをコン・リーは動きを止めた体全体で演じる。
そして外では夫がこれも沈黙したまま、ドアに身を寄せて妻を思う。コン・リーとチェン・ダオミンの見事な演技だ。

夫はとっさに壁に貼られた紙を破って、明日の朝、駅の高架の下で待つと書いてドアの下から部屋にさしいれる。
妻はそれを万感の思いで見つめる。

妻は粉をねって万頭を沢山作る。布団を丸めて中に着替えを入れて肩から下げるように荷作りする。

学校から帰った娘が見とがめる、お父さんに会うの?止めて欲しい。私は学校のバレエの主役をやりたいの。

今度だけはお父さんのことだけを考えて。あなたは踊りのことだけ考えなさい

いやよ!会わせない!娘は断固とした決意を母にも促す。

駅には大勢の人が行き交う。約束の朝だ。

高架の下にホームレスの男がいる、ぼろを着て、見るからに惨めだ。

男は何かを探すように高架の下から必死に目を凝らす。

妻は荷物を持って駅に急ぐ。夜なべして作った万頭と布団の包みを下げて。

行き交う大勢の人の中で中々探す人は見つからない。

男が高架下から出て、帽子を振りながら叫ぶ「フォン・ワンイーーー!! フォン・ワンイーーーーー!!」

妻がその声を聞き、必死に走る。しかし公安も動き出す

「ルー・イエンシーーーー!!逃げて あなた!!早く逃げて!!」

娘も母親を心配してやって来た

前夜、娘は公安に母と父が朝、駅の高架辺りで会うと密告したのだ。
党の絶対性を疑わない娘に取って、父は改造されるべき犯罪者 母は父と一線を画しなくてはならない。
党に告発する事は正しい事なのだ、前夜政府の役人は言ったではないか。
君は正しいのだ、教えてくれるなら、バレエの公演で主役をやれるように推薦するよ。
出身のせい(父親が右派)で、今回の脱走事件のせいで、1番踊りの上手い私は主役どころか、大勢の兵士の一人にしかなれない。
それは理不尽だ、私の実力が1番なのに、どうしても革命劇の「紅色娘子軍」を主役でを踊りたいのに。。。。。

ワンイーーーー!!イエンシーーーーーー!!夫と妻は互いの名を呼びながら走るが・・・・・・・

目前で、公安に捕らえられた夫は妻を呼びながら引き立てられて行く。
妻は追いすがろうとして、それを止めようとする役人に突き飛ばされて頭から血を流しながら呆然と夫を見送った。

あの辛い別れから三年が過ぎ・・・・・
狂気の文革は終わった。。。。。。。
そして今日は夫が名誉回復をして帰って来ると言う嬉しい知らせが届いたのだ。

ルー・イエンシーは沢山の荷物を持って帰って来る、駅で待つ彼の元に来たのは娘だけだった。

お母さんは?聞く父親に、娘ははっきりとは答えない。

愛しい妻は夫の顔を忘れてしまったのだ。目の前に愛する夫がいるのに、解らないのだ。

彼は呆然とする、何としても妻に自分を思い出してもらわねば。。。。。。

収容所から、夫が出した5日に帰ると言う手紙が遅れて届けられる。

その5日、妻は念入りに髪をとき、駅で夫を待つ。

妻の目の前にイエンシーは立つが・・・・・ワンイーは自分を見ても知らない顔を見るように一瞥して、駅の階段に目を凝らす。
イエンシーはまだかしら、イエンシー早く帰って来て。

イエンシーは愕然とする、私の顔だけを忘れている。妻の写真を見ながらイエンシーは泣くのだ。

それからイエンシーは、妻のアパートの近くに住み、涙ぐましい努力を始める。

妻が好きだった曲 妻に弾いて聴かせた2人の曲、それを聞けば思い出してくれるのではないか。

ピアノの調律師になって妻の家に行く。無邪気に喜び笑顔をイエンシーに見せる妻 だけどそれは・・・・空しい思いにかられるイエンシー

調律したピアノに向い妻の帰りを待って弾き始めるイエンシー。

階段の途中から、音楽を聴いて真剣な顔で上がって来るワンイー、見えたのはピアノに向うイエンシー。

ゆっくりと彼に近づき、涙を浮かべて、そっと、そっと、その肩に震える手をかける。

(私はもうこの辺りから涙が止まらない)

ピアノに向うイエンシーも泣いている。ああ!今度こそ、ただいまと言おう どうか思い出して。。。。。

そっと抱き合う2人 イエンシーの腕に力が入る、妻の顔を優しく見て・・・・・


しかし、妻は抗う 何をするのですか?あなたは誰?ここから出て行って!

ワンイーは、イエンシーが弾いた曲は覚えている。。。。。
だけど、イエンシーを認識できない。。。。

ワンイーはイエンシーからの手紙を待っている。
収容所で夫は妻を思い、沢山の手紙を書いた。それは一度も出される事は無かったが(私は、これは党の罰と言うか嫌がらせだと思う)
持ち帰ったその手紙を夫はわざわざ小包として届けて貰う。
夫の前で、涙を流しながら手紙を読む妻、夫の筆跡を愛おしそうに撫でる妻。そんな妻を愛しげに見守る夫の目にはまた涙が。

その日から、イエンシーはワンイーの為に、自分が書いた手紙を読む人になった。

ワンイーは娘の丹丹(タンタン)を許せない。
娘は夫(父)を密告し、大事なアルバムから父親の顔を全て切りとってしまったのだ。
タンタンは、結局主役から外されて、バレエを続ける意欲を失った。それはこの子に取っては人生の一大事だったと思う。

役人は密告させる為に推薦すると嘘を言ったのだろうか?それとも、やはり右派の子は罪深くあるのだろうか?。

この時代出身が全てにおいて重大だったのだ(知識人、地主、海外留学経験者、海外から帰国したものなどは全て人民の敵で、反対に貧農、党の幹部などプロレタリア革命の騎手となったものは出身がいいのだ)

お母さんを一人にしておいてはいけないよ。でもお母さんは私を許さないわ。
追記です
タンタンも大人になった。
母親が記憶をなくし、お父さんを認識できないのは私のせいだと涙ながらに父親に言う。

あの時以来私を許してくれないの、私が悪いの。
何を言う、悪いのは私だ、私のせいで。。。。もう終わったことだ、明日も仕事だろ、早く帰りなさい。

娘は父親に言う、私が密告したの。知ってるよ。奴らに聞いたから。あっさりと父親は言う。
タンタンは、この事をとても気に病んでいたのだろう。父親はとっくに娘を許している。

紡績工場の寮住まいの娘を許してやるように、夫は妻に手紙を書く。あの子と一緒に住みなさい。


たった一枚残っていた若い頃の2人の写真、ワンイーはそれを夫と並んだ写真の、切りとられたイエンシーの顔の所に入れて大事そうに額に入れるのだ。

夫の言うことは聞くワンイーはタンタンと暮らし始める。

方(ファン)と言う役人がいた、その昔、イエンシーが銃殺されるかも知れないと言う時に、ワンイーはファンに頼ったのだ。

どんな下っ端の役人でも党を後ろにしたら、権力者なのだ。

イエンシーが初めて家に帰って来た時も、夫をファンだと誤解したのだ。

どうやら、ファンは夫の命の口利きをする代わりに、ワンイーに言うことを聞けと迫ったらしい。

しかし、もしかしたら、ファンは銃殺など嘘を言ってワンイーを我が物にしたのかもしれない(これは私の想像ですが

その記憶がワンイーを苛み、今の記憶障害になったのではと思えるような所もある。

私もまだ小さかったから・・・・・でもお母さんをお玉で殴っていた。

イエンシーは娘にファンの事を問いただし、会いに行く。

所がファンの家では妻が半狂乱で、私の夫を返してと叫ぶ。どうやらイエンシーを政府の役人と勘違いしたらしい。
ファンもまた反革命分子として罪を問われ収容所送りになっているのだ。

背中に隠したお玉を持って、イエンシーは何も言わず帰って行く。

妻は毎月5日には欠かさず駅に迎えに行く。帰らぬ夫、いや、夫は帰って来て妻の側に寄り添っているのだが。

ワンイーの中では、夫は手紙を読んでくれる親切な人。私のイエンシーはどうして帰らないの・・・・・・・・

長い年月が過ぎて、寒い寒い冬の朝、雪が積もっている。

足下がおぼつかないワンイーが、娘と共に表に出て来る。

イエンシーが待っている。

今日は5日だ

イエンシーの三輪車の後ろにワンイーを乗せて駅に行くのだ。

ワンイーは夫と共に、陸焉識と大書した板を持って、今日もイエンシーの帰りを待つのだ。

その側に、ずっとこうして来たイエンシーは寄り添う。彼が妻の心に帰る日はくるのだろうか。

アジア版 きみ読むだわ。。。。。。。


この映画は声高に文革を批判したりはしません。政治的に難しい反面も有るでしょう。

このように静かに声も上げず、政治の波に翻弄された名も無き大勢の人がいるのです。

文革を 恐ろしい笑い話と言った人がいる。
本当だ。夢でも芝居でもない、20世紀の中華人民共和国で繰り広げられた、グロテスクで残酷で恐ろしい笑い話だ。
告発の中身が笑い話なのだ。尋問も笑い話だ。しかし笑えないのだ。
この馬鹿げた政策を輝かしい理念として心から信じる人がいる。出世の為に利用する人がいる。
人の心は荒廃して思いやりも情愛も勘定沙汰になる。それは病のように中国全土を覆い尽くしたのだ。



おまけは、帰来の主題歌です 聞いてね 更に言うとiTunesでも手に入りますわよ^^
違うバージョンも貼りますね♡




[PR]
# by hanarenge | 2016-11-10 11:17 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(0)

ブリジット・ジョーンズの日記3


ネタばれ有ります

ブリジット・ジョーンズの日記3を観ました。

するなよ!!と言う方は、ここで回れ右でお帰りを。

d0027244_20202238.jpg
1と2を書くのも面倒っちいので に私の映画のブログを貼ります

30代のブリジット、いわゆる負け組。彼氏無し 体重 酒、煙草 ばんばん、で、最大関心はダイエットと恋愛。
そんなブリジットが恋したのだ。
お相手は?

世の中のアラサー女性の強い共感を呼び大ヒットになったこの映画

そんな彼女も40代 え???独身なの????マークがプロポーズしたやんか!2で!

なんと長年付き合ったけど、別れてしまった2人。マークは別の人と結婚してた!!

映画館で観た印象は・・・・・・老けたなあ・・・・・・でも当たり前だよね そんな所もいいじゃんと納得。

30代と40代が見た目一緒なんて気持ち悪いものね。

ブリジット役のレネー・ゼルウィガーは47歳です。


マークの永遠の恋敵ダニエルが死んじゃった?!!
ダニエル役のヒュー・グラントは出演しないのです、仕方なしに死んだ事に 笑

マークとダニエルの、喧嘩観たかったのにな〜〜〜〜〜

アメリカ野郎が新たな恋敵さ。パトリック・デンプシーが演じています。

長年のファンとしては、ブリジットにはマークマークにはブリジット。これ絶対譲れないことね。

途中は、ハラハラ、ブリジットのビッ○ぶりに、そりゃあないぜと言いたくなったり。

しかしなのである。マークの事を忘れられなかったブリジット、マークもブリジットをずっと思っていたんだって。

そしてマークは、もう離婚しちゃってるのだ。いや、これ直接ブリジットに関係ある訳じゃない。

ラストの嬉しい事。

やっとやっと、マークとブリジット、結婚したんだもんね〜〜〜〜〜〜。パパとママになった2人^^V
これで大騒ぎだったけどね〜〜〜〜

[PR]
# by hanarenge | 2016-11-02 20:23 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(0)

 心模様の一こまを・・   れんげそう