心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 19日

やっぱり 泣いてしまったよ

原作は残念ながら読んでいない。
ドラマでオカンが田中裕子だと知って、では、観ようと思ったのだ。

ここで、粗筋を長々と書くのは、野暮と言うもの・・・と言う事で、筋は割愛(言い訳めいている気もする^^;)

オカンのほのぼのとした、内からにじみ出るような、暖かさ、優しさ、マア君といつでも呼びかける母の眼差し。

雰囲気がとっても良かったなあ。。。。チョッピリ可笑しいと言うよりも、笑いが堪えられなくクスクスと湧き上がってくる、でも、いつの間にか瞼の裏が熱くなって、涙があふれてくる。

オトンのいい加減さ、こんなオトンでも、オカンは気持ちのどこかで待っているんだね。
オトンは、風来坊で、どうやら、別に暮らす女がいるらしい。だのに、離婚は、オトンが避けている。
オカンに甘えているんだろう。甘えと言い切ってしまうと一寸ニュアンスが違ってくるかもしれないが、なんて言えば良いのかなぁ?ずるい?そうかもしれない。

こんな、オトン、昔はいたような気がする。型破りな、はた迷惑な、そのくせ、あかんたれのオトン。今の世の中では、真っ先に、あなたがいけないんです、全てはあなたの怠慢です!!とでも、賢そうな他人に言われてしまうタイプ。
オトンは、オカンが、いつでも、居てくれる港のように思っているんだろうな。。。。

じゃあ、待っているオカンの立場はどうなるのさと、思うけれども、それでも、オカンはそんな事は、顔には出さないのだろう、そこがオカンを、あの可愛らしい笑顔のオカンにしている所なんだろうなあ。

1+1は2とならない所が、人間の面白いところなんだよね。

ボクは、オカンが居なくなっても、何とか一人で生きてもいけるだろうけれど、オトンはどうなったのかな?気になる。

どれだけ愛していても、一緒には逝けないのだ。だから、生まれてきた奇跡が嬉しい。

私の子供に生まれてきてくれて有難う。私に子供を授けてくれて有難う。お嫁ちゃんに有難う。小さな孫に有難う。

私の友達に有難う。ブログへ来てくれる人に有難う。

私が出会えた全ての人に有難う。私に出会ってくれて有難う。

そして、私のオトンとオカンに有難う。             加筆しました

ドラマの公式サイトです。東京タワー オカンとボクと時々オトン
[PR]

# by hanarenge | 2006-11-19 00:12 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(8)
2006年 11月 17日

私の好きなもの

好きなものは沢山 好きな人も大勢
その中で、一つ紹介するとすれば、トニー・レオンと、アンディ・ラウのインファナルアフェア
マフィアと警察との戦い
マフィアの中には潜入捜査官 警察の中にはマフィアのスパイ
日々抗争を繰り返し、覚せい剤の密輸 今日も誰かが闇にまぎれて消される
マフィアの中の潜入捜査官の、本当の身分を知るものは、たった一人 もし彼に何かが起こったら、潜入捜査官の身分を保証してくれるものは誰もいない。
警察へも戻れない マフィアに正体がばれたら、その時は、あっという間に、あの世行きの超特急に乗せられてしまう。

マフィアのスパイも警察と言う組織の中で、昇進していくに連れ、元の立場を忘れたくなる。
警察官になりたい、いや、今でも、立派な警察官だ。。。違う!!本当の自分は、警察官ではない、どれだけ、功績を挙げて、どれだけ昇進しようとも、俺は、本物にはなれない。。。

この二人が軸になり、物語は展開していく。偽者のマフィアと偽者の警察官。
二人が顔をあわせた時・・・・・・・殺したくなるほどの羨望と焼けるような哀しみ 白いギブスの秘密 いつか、戻る きっと戻る 俺は警官だ。

あいつになりたい・・・・警察学校で呟いた少年の日からどれだけの日々が流れたか。。。誰にも言えない秘密を抱えて。。。。俺はあいつになれたのだろうか。。。。。

インファナルアフェアこちらで、トニーレオンの扮するヤンのとっても素敵な笑顔が見られます♪
卯月さんのインファナルアフェア
こちらに、リンクを頂いている卯月さんの映画ノートです。
卯月さんの解説は、もう、とっても素晴らしくて、私はいつも、感心しています。そして楽しみにしています。


さて、チョッとだけ来年のお話をば。。。。
山崎豊子の原作の華麗なる一族、もう有名ですね。原作、映画ともに楽しめました。
そのリメイク版が来年から放送されます。これはチョッと、日曜日のお楽しみになるかも。。。と、期待している私です。
華麗なる一族 ドラマ2007
[PR]

# by hanarenge | 2006-11-17 00:20 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(10)
2006年 11月 15日

薔薇 薔薇 ずっと 薔薇

d0027244_2002197.jpg

なんて表現しましょうか
d0027244_19541592.jpg

真赤な薔薇、空をお供に従えて
d0027244_19552272.jpg

桃割れに結った女の子みたい
d0027244_195643.jpg

開いたばかりの小さな白い薔薇 
d0027244_19573234.jpg

これは多分、オールドローズ?
d0027244_19581616.jpg

下で載せた複雑な私 花びらがとても多いのです、イングリッシュ・ローズかしら。

薔薇の花ばかりですね。もう少しお付き合いくださいな。今は、これしかないのですよん。。。

チョッと、右手の中指に傷をして、ホンのすりむき傷ですが、何と、キーボードを打つ時に、中指ってけっこう使うのですよね。

痛いの何のって!!指に厚く絆創膏を巻いて、せっせとキーを打つ私です。トホホです。
[PR]

# by hanarenge | 2006-11-15 20:16 | 薔薇 | Comments(20)
2006年 11月 12日

秋桜子の秋

d0027244_0205164.jpg

ほわ~~ん ホワ~ン 揺られるのもいい気持ち
d0027244_021368.jpg


d0027244_0223522.jpg

影絵
d0027244_0231290.jpg

影絵
大きな 大きな 秋の空 風がゆっくり空を渡る 原っぱは まぶしい光がいっぱい

秋桜子は 無心に 咲く

この前から、大風が吹きました。秋桜子はもう散ってしまったかもわかりません
また、来年、会えたらいいね。待ってるよね。有難うの気持ちを込めて・・・。
[PR]

# by hanarenge | 2006-11-12 14:07 | 奈良 | Comments(18)
2006年 11月 08日

おふさ観音の・・・・・・

僕はモグラです。おふさ観音のモグラです。毛並みも柔らかいので、触ってみてね。
d0027244_23255782.jpg


じつは・・・
[PR]

# by hanarenge | 2006-11-08 23:31 | 奈良 | Comments(14)
2006年 11月 08日

藤原宮跡

d0027244_233862.jpg

広いね~~藤原宮跡 向こうに見えるのは、天の香具山
d0027244_2341485.jpg

秋桜子のさざなみ    
d0027244_2354030.jpg

ユラリ ユラリ 陽炎で 屋根が揺らいでる
d0027244_2364674.jpg

背高ノッポの秋桜子   お~い、そこからの眺めはいいだろうねぇ

ここが都だったんだね、大和三山がすっぽりと入ってしまうほどの広さだったんだよ。

都人の生きていた時代の声が、こだまするようだったよ。

薔薇と秋桜子が続きます。よろしくお願いしますね(●^o^●)
[PR]

# by hanarenge | 2006-11-08 23:22 | 奈良 | Comments(2)
2006年 11月 06日

薔薇 雫

朝まだき、薔薇の花びらには露が降りました。朝日に照らされ、露は天に帰ります。
d0027244_21194055.jpg

d0027244_21204691.jpg

d0027244_2121323.jpg

なごりの 雫が 煌いて 

今朝も晴れました、お日様がまぶしいです。
[PR]

# by hanarenge | 2006-11-06 23:20 | 薔薇 | Comments(16)
2006年 11月 06日

薔薇 光

d0027244_17502025.jpg

白雪姫 と申します
d0027244_1751111.jpg

スターは あなた
d0027244_1752577.jpg

光りの入れもの
d0027244_17533014.jpg

おはようの挨拶
d0027244_1755546.jpg

弾ける

おふさ観音の薔薇です
朝日が薔薇の上に、降り注いで、色々な顔を見せていました。

市内の公園にも、薔薇園はありますが、やはり、市の管理の悲しさ、手入れが、もう一つ足りない感じです。
ここ、おふさ観音の、薔薇の花々は、毎日のように手入れがされています。
花も、大きく、葉も美しく茂っています。お住職様はじめ、お寺の方々の、愛情が、隅々まで行き届いているようです。
[PR]

# by hanarenge | 2006-11-06 18:00 | 薔薇 | Comments(10)