2005年 11月 08日

思い出バトン 素敵なネーミングだと思いませんこと?

さて、「思い出バトン」というバトンを、私がお邪魔しているHさんの所から戴きました
Hさんは、一言では言えないくらいとっても素敵な方です。
思い出バトン すごくいい名前だと思いませんこと?思い出は心の中で美しく一枚の絵のように輝いています。
私も思い出を綴っていきたいと思います。


[質問1]小・中・高の中で一番思い出深い時期は?

それぞれとっても、思い出があるのですが、それでは答えになりません。
まず、やはり、何てったって、山の分校時代。一年生から五年生までたった二つの教室で勉強に遊びに、ワアワア、楽しく過ごしました。
以前、ドリコムのほうの万華鏡に書いた山の分校です 思い出としてこちらに載せましょう。

教室は二つ 職員室は机が二つ 理科室と図書室は同じ部屋
教室には、大きな机と小さな机  窓は透明のガラス 床はあめ色の板。
始業の鐘がなると、子供達は、名残惜しそうに外から入ってくる。
暑い日は窓を開けて、そよ風を入れる、この小さな分校
運動場には大きな楠の木と大きな桜が一本ずつある。桜の木下には青いペンキで塗ったブランコが揺れている。
分校の前には、野生のアヤメが咲き乱れ、裏山には笹百合が群生している
秋にアケビがどっさり生る裏山だ。
教室にはオルガンが置いてある。
子供達は音楽の時間には先生の弾くオルガンに合わせて歌を歌う。
お日様の光が窓越しに差し込んで、子供達や窓の下の棚においてある水槽の影を床に落としている。
もうすぐ授業も終りだ。運動場には子供達の賑やかな声が響くことだろう。
d0027244_042685.jpg


この分校はもう廃校になってしまった。
今はもうここには子供達の声が響くこともない。野生のアヤメも笹百合も、もう、見る事は出来ない。
分校は120年の歴史を閉じた。校舎だけがひっそりと残っているだけ
分校の裏側の写真です、表の方は運動場に草が生い茂っています。
これ分校時代が一番、思い出深い時間です。

[質問2]一番お世話になった先生はいつの時代の先生
分校時代の先生です。いつも一緒に給食を食べました。
そして、私がまだ乙女時代?に入院した時のムーミンDrです。厳密には先生ではありませんが、私が今こうして健康を保っていられるのは冷えたカレーが好きな変なムーミンのおかげ。これは多分知る人ぞ知る話?ってオーバーですね
詳しくは、旧ブログで。(ドリコムの万華鏡に載っていまーす(^.^))
大嫌いで大好きなムーミン、今はもう天国(多分・・ごめん!ムーミン)にいます。
[質問3]得意だった科目は?
これはもう、迷い無く、現代国語と歴史と古典、読むことが大好きでした。


一番最後に、よろしければ、バトンタッチをしてくださる方へのお願いがあります。

思いでバトンはまだまだ続きます。
[PR]

# by hanarenge | 2005-11-08 12:17 | バトン | Comments(15)
2005年 11月 07日

天の川の村

奈良県天川村(テンカワムラ)天の川(アマノガワ)かと、思っていました。
ミタライ渓谷や、洞川(ドロカワ)温泉がある村です。ドロカワと言いますが、ここの水はとても澄んでいます。
「ごろごろ水」と名前もついて、日本の名水百選にも選ばれています。
そこには、気持ちのいい温泉もありました。もちろん、極楽、極楽と言いながら入ってきました

紀伊山地の霊場と参道 で奈良と熊野の村々の紹介があります

追記 22:37’上記のリンク先から那智勝浦町のHPで、那智山や那智の滝、
那智山青岸渡寺等のライブ映像を観ることが出来ます(HPの観光をクリックしてください)
興味のある方は、是非御覧下さいませ。

洞川の写真など
[PR]

# by hanarenge | 2005-11-07 13:45 | 奈良 | Comments(9)
2005年 11月 04日

秋模様

奈良の山は、すっかり秋模様。
雑木林は、とても複雑で美しい色の、葉で、秋の装いです。
d0027244_2371783.jpg

鳥の声が、聞こえる山道。苔や羊歯の匂いが強くする山道。
雨が上がり、霧が少し残る。

落ち葉が積もった道は、足音も消してしまう。

耳を澄ますと、風の音、谷の音、鳥の鳴声、落ち葉がカサコソ、音をたてる。

さわさわ さわさわ、木々は風に嬉しそうに梢を揺らせる。

雑木林はとてもにぎやかだ。自然のままに伸びた枝は、美しい曲線を空に向かって投げている

何にもしないこんな自然が、私は大好き。
森は生きている、そんな実感が湧いた秋の森。
[PR]

# by hanarenge | 2005-11-04 23:14 | 奈良 | Comments(10)
2005年 11月 01日

下町の甘いお話

さて、下町物語もこれで一応最終に。
今回は甘い甘いお話を・・・・。
d0027244_191104.jpg

もうお馴染のハロウィンの、カボチャが、ドカンと置いてあるケーキ屋さん。
小さなお店ですが、味は、とっても、とっても、満足です。
余談ですが・・・・カボチャの上に写っている妖しい影は、別にお化けではありません(^^ゞ
賢い皆様には、もうお解かりでございましょう。(言うなって??でも私は言いたがり 爆)
ハイ 蓮華草でございます(恥+汗’’)鏡になっていて、自分が写りこんでいました。
正視に耐えないので、心ならずも?モザイクを致しました。

ケーキ屋さん♪
[PR]

# by hanarenge | 2005-11-01 19:34 | 散策中 | Comments(12)
2005年 10月 31日

大阪下町物語 2

d0027244_1252644.jpg

お好み焼きならぬキャベツ焼、千切りのキャベツを沢山入れて焼いてあります。
この前ラジオで、大阪の味の一つとして紹介されていたのですけど。。。。
お好み焼きとたこ焼きについにこれも加わるのか。粉しかないのんか??と突っ込みを入れてしまいました^^;
d0027244_12542368.jpg


焼いている様子はこんなふうです。値段はさすがにこんな物ですね。だってキャベツがほとんどですから。
でも、これは昔からあったのですよ。子供達が小さい頃、やっぱり別の商店街でとっても可愛いおじいちゃんとおばあちゃんが焼いていました。
d0027244_1259759.jpg

もう一軒奥の魚屋さん ここはよくテレビで紹介されたりします。
いつでも、やすいよーこうてやぁ~~と、後姿のお兄さん?が独特の声で呼び込みを担当しています。

100円で買えます
[PR]

# by hanarenge | 2005-10-31 13:16 | 散策中 | Comments(8)
2005年 10月 29日

大阪下町物語

電車でトコトコッといった所にある、ごく普通の商店街。
黒門や庄内と言えば、少しは有名だけれど、ここの商店街も千林と並んで、安くて新しいことで有名な所です。
千林と言えば、主婦の店 ダ○エー発祥の地として有名ですが、ここは??。
しかしワザワザ隣の街から定期を買って、買い物に通う人もいると聞く。大阪庶民は安くて美味しくて、新鮮な物がある市場が大好きです。では、私と一緒にしばし大阪下町散歩に!!
d0027244_2294782.jpg

商店街の始まりです。買い物の人で賑わいますが、見物しながら写真を撮る奴(私)もいます(爆
d0027244_22122668.jpg


たこ焼きを焼くおばちゃん♪さぁーこうていきなよーあつあつやでぇーの声もよく通ります
d0027244_22151497.jpg

子供の頃、町に行けばこんな食堂がありました。ここでは健在です。しかもまだ2~3軒こんな店があります。それぞれご贔屓がいるようです。
招き猫と福ちゃん、レトロ~~と、前に張り付いて写真を撮ったのはどいつや??(^^ゞ

下町の商店街は長いのです
[PR]

# by hanarenge | 2005-10-29 22:37 | 散策中 | Comments(2)
2005年 10月 28日

公園で

d0027244_84196.jpg

「万葉」という薔薇 
公園の薔薇園では秋の薔薇が咲いている 春に比べると、花は小さめだが
薔薇にとっては、そんなことは関係ない。

d0027244_881752.jpg

空を見上げて
d0027244_892153.jpg

花びらの色にはいつも感心して見とれてしまう。

春の薔薇園とは少し趣きが違う、春はもっと沸き立つような、賑やかな感じがする。

秋の薔薇園は、やがてやってくる、冬を予感するようにしんとした感じ。

北から雪の便りが届くのは、もうすぐだ。

そのときには、植物はしっかりと準備をしているだろう。

いつも、自然の無駄の無さに感心する。

秋日和の一日、公園の薔薇は、美しい花をつけた。凛とした決意のような美しい花。
[PR]

# by hanarenge | 2005-10-28 08:24 | 散策中 | Comments(8)
2005年 10月 27日

ひがしむき

K電車の奈良駅から上がったところに「ひがしむき」の商店街があります
土産物屋や奈良漬、喫茶などが並ぶ、賑やかな通りです。
d0027244_619655.jpg


d0027244_6212841.jpg

ひがしむきを西向きに見て。ここを突き当たると、猿沢の池に上がる道です
奈良は、蚊帳の産地、蚊帳の生地を利用した小物が置いてある店。

座れない椅子も
[PR]

# by hanarenge | 2005-10-27 06:43 | 奈良 | Comments(4)