2018年 12月 31日

ようこそお出で下さいました

d0027244_10065026.jpg
こんにちは 私のブログへ来て下さいまして有り難うございます

スキンを変えました 

2014 01 お知らせです。と言うほどでもありません。

HNを蓮花草から「れんげそう」に変更しました。

どっちでもええけど 笑

[PR]

# by hanarenge | 2018-12-31 01:26 | ご挨拶
2018年 12月 30日

トランプ現象


日本の高校生が和訳してくれています

英語の勉強の為に思いたったとか

トランプ大統領のツイッター 

⬆️ 和訳2月半ばで止まってます
新しいリンク貼ります ⬇️ここ見てね 



世界は最低4年間は彼と付き合うのです

話題に事欠かない指導者は世界中にたくさんいます

しかし、これだけ毎日トップニュースでその言動が配信される指導者はそうはいません。

やっぱりアメリカは、世界で一番大きく強い国なのだと実感


2月6日 リンク追加です ゴーストライターの良心の告白 なんだそうな


トランプはTwitterで、いろいろ様々呟いていますよね〜〜〜 

4年間は長いぞ 
私的に、とてつもなく長い気がするこの頃であります。




[PR]

# by hanarenge | 2018-12-30 09:27 | 心模様 | Comments(0)
2017年 04月 27日

スカッと来たかな?

4/23 たらたら緑地 流し撮り
d0027244_23195058.jpg
この子の笑顔が素敵なの

d0027244_23200328.jpg



私は流し撮りも好き 

スーッとする感じ^^   変なの 笑

ローラースケートしていた人に行き合った

こっそり撮るのは気がひける

でも撮りたい

勇気を奮い起こして(誰や?そこで笑ってるんは 爆)

流し撮りの練習してるんですけど 撮っても良いですか?


ああ、いいですよ 僕も練習ですから気ままに滑りますけど
黙って撮られるより気持ちが良いですよ

ここでスケボーも滑りますよ 僕らの仲間でおっちゃんばっかしですけど^^

土 日は仕事が休みならほとんど来ます

また行こうっと 
 

173.png 嬉しかった昨夜に乾杯 182.png


[PR]

# by hanarenge | 2017-04-27 04:23 | ネット関係 | Comments(0)
2017年 04月 26日

PM5:50のワクワク

朝から降った雨も夕方には何とかやんだ

仕事が思ったより早く終わって 駅に着いたのは5;20くらいだったろうか

家路を辿っていると水滴のついた葉っぱが見えた

その向こうにはサクラソウ

私の胸がコトンと鳴った

このごろちょっと沈みがちだったけど 

もしかしたらワクワクできる?

夕方が迫るけど とにかく帰ろう

マクロを取りに帰ろう

まさか仕事先にカメラは持っていけない

雨上がりのチャンスなんて現役ではなかなか行き当たらない

私は超面倒くさがりやで 気が向かなけれれば 縦のものを横にもしない手合いだが

カメラは苦にならない(今のところはね)

風が出てきた でも大丈夫だろう

家に戻る間も 戻ってすぐに引き返す間もワクワクしていた

水滴の向こうのサクラソウ 取れたら良いなあ!!

ところがそこの足場は良くない おまけにかなり低い位置に水滴の葉はあって坂道になっている

溝には雨水が溜まって。。。。。。。

ズボンはシミだらけ 裾の長いジャケットは裾が溝に浸かってしまった

そしてそうまでして撮ったのに 全部ピンがずれてた!!! >< 泣きたいね〜〜〜〜〜

削除だ 

でもさ PM5:50にワクワクできたから良しとしよう ね

毎日一つづつでも良いことあればいいね 

1個ずつ見つけて行こう・・・・・・・と思ったよ 

まあいつ変わるか わかんないけどさ 笑
d0027244_20052754.jpg

[PR]

# by hanarenge | 2017-04-26 20:10 | 心模様 | Comments(0)
2017年 04月 26日

ぐるぐる

たらたら緑地の ぐるぐる
d0027244_05461474.jpg


d0027244_05461112.jpg


d0027244_05460524.jpg


植物は不思議

面白い

見飽きない

上から2枚はトリミングです


[PR]

# by hanarenge | 2017-04-26 05:55 | ネット関係 | Comments(0)
2017年 04月 25日

私の桜物語

桜も気がつくと終わりましたね

みなさんの今年の桜はいかがでした?

心に残る桜と巡り会えましたか


花の季節は心がざわざわとしてくる

坂口安吾が 「桜の森の満開の下」の傑作を書いたのは有名です

彼の心にも満開の桜が妖しく揺れていたのでしょうか

作家というものは、見かけがどうであれ心の中に狂気を抱いているものだと私は思っています

いや 私のことではありませんよ 笑 作家じゃないしって言わんでもわかってるよね 爆笑




ショート ショート 「桜と女」を書いていますが どうにも筆が進みません

妙な方向に筆が滑っていきます

こういう時は無理に書くと必ず失敗します(と、言い訳 笑

書けないかもしれません



代わりにと言っちゃあ何ですが。。。。。。

私の故郷の桜と 心に深く残る桜のことを 書こうと思います

私の心に咲く桜は山桜

ソメイヨシノではダメ あれは退屈な桜だ


私の故郷は深い山の中 

と言っても 子供時代は美しく手入れされた棚田と畑 雑木林と山林が広がる里山だった

私はレンゲが咲く田んぼで遊んでいる

暖かい光は野にも山にも満ちて、向かいの山の影が濃い

風もないのに白い山桜が私に降ってくる

ちょっとした広場が上にあり そこに樹齢何百年かの山桜の古木があるのだ

ひらひら はらはら 桜が舞い落ちる 私はレンゲを摘むのに忙しい

いつの間にやら風が出て 花びらはますます落ちてくる

私の頭の上にも、田んぼの緑の草の上にも白い花びらが舞い落ちる

目をあげると 陰影の濃い向かいの山が見える そこにも山桜の古木がある

谷風に花びらが舞うのが見えるのだ

谷風が山肌を縫うように上がっていく その風が桜に到達すると しばらく時間をおいて花びらが舞うのだ

私の頭の上の桜と山の桜は まるで呼応するように花びらを散らしている

私はレンゲ摘みをやめて それをじっと見ている 多分小学校に上がるか上がらないかの私の桜の記憶です」


d0027244_20401965.jpg

もう一つ 忘れられない私の桜

静かな静かな風のない夜

満月だった

道が煌々と光っているように見えた

山道を走っていた私は 思わず車を止めて降りてみたのだ

満月の夜は銀色の夜だった

柔らかい月の光は 山も道も草もなにもかもを銀色のベールで覆っているかのようだった

そして、暗いはずの山の端は薄い青色に煙って見えるのだ

夜はこんなにも華やかだったのだ 

銀色の光が溢れる中で 一本の桜が花びらを散らしていた

風もないのに、我と我が身を震わせるかのように その桜は花びらを散らしていた

桜の花びらは月の光を受けて真白く輝くのだ

あるかないかの風に乗るように桜の花びらは しばらく木の周りをひらひらと舞っている

そして静かに落ちていくのだ 

私の目にはその落ちていく一枚一枚の花びらが 行く春を惜しんでいるかのように見えた

一生に一度見るか見ないかというような光景でした

満月の夜 花びらが舞う 

月明かりの下で静かに春を舞う

私はどれくらいそこに立っていたのでしょうか

どんなカメラにも捉えきれない美しさと広がりがそこにありました

私の忘れられない桜です

[PR]

# by hanarenge | 2017-04-25 00:14 | 作文 | Comments(0)
2017年 04月 24日

めっちゃ可愛い

昨日のたらたら緑地のイグアナちゃん  5匹くらいいました 霧吹きで水かけてもらっていた

ちょうど行き合わせたので お話を聞かせてもらった

名前は恐竜が生きていた中世代

もっと言えば 白亜紀 ジュラ紀から名前をつけているとのこと

カンパニアンとかアルビンとか プリンスバッキアンなんてかっこいいやん 

いや 名前聞いたけど忘れた 汗

あと5〜6匹?くらいは今日は家で留守番らしい



彼ら彼女らの見かけは、引くかもしれないけれど 

よく見るとめっちゃ可愛い ずっと撮っていてわかったけど 表情が変わる 目も変わる 

やったーとか しめしめとか どーしよーとか 困った顔もする・・・・・・ ようにも見える

d0027244_15312928.jpg
多分色が多い?かなり小さくしないと容量オーバーのアナウンスあります



d0027244_20583663.jpg
一番大きな子 5年生きてるって

この子は草を食べようとしていた

尻尾を子供達に切られたとか

だから少し短いのだそうです
バランスとるのに必要なの

無駄についてるものなんてなんにもないんだよ!

ピンアマ?許してね


d0027244_20544999.jpg
高いところが好きさ!
だからみんな我先に登る 
日光浴の必要もあるのかもね

d0027244_20334048.jpg
イグアナのお腹はとっても柔らかい
肋骨がすぐに触れてその下はとてもソフト
強く持ったり 指でツンツンしたりは厳禁
内臓破裂や骨折の原因になる

d0027244_20372345.jpg
美しいグリーンになる
大きくなるに従って色も変化していく


この公園で 乱暴な扱いを受けたイグアナは死んでしまったそうです

お腹をきつく握られて その時は元気だったのだが 家に帰ったらぐったりしてしまったとか
獣医さんに連れて行って レントゲンを撮ったら骨折と内臓破裂だったそうです
草食動物は 弱っているところを見せるとすぐに肉食獣の餌食になる だから弱っていても元気に見せようとするとのこと
この子たちも果物と草しか食べないそうです

頭のてっぺんにも第三の目(スピリチュアルとかわけのわからない話ではない)というかセンサーみたいなものがあるそうで
空からくる天敵を察知するためとか よくわからないけど
だから 頭のてっぺんも触らないでと言われました

お願いして手に乗せてもらったら あなたはこの子が好きですか?と聞かれた 

はいと言うと この子がリラックスしているからとのこと

嘘でも嬉しかったねえ 

家では暖房入れっぱなしだそうで 

温度管理を完璧にできる別部屋もあるのだそうですが この子たちはそれぞれお気に入りの場所があってそこでじっとしているそうです

家に来た初めは落ち着かなくて 噛みつこうとしたりするらしいけど 3日間くらい飼い主さんの肩のところに止まらせて
ブラ下がるという方が良い?
話しかけながら生活するのだそうです
そうしたら、だんだん、落ち着いてくるのだとか

この飼い主さんは、別に鳥に餌をやったりしてはいない

しかし鳩がいっぱい飛んでくるのだ

ちょっと不思議だった

この人は危険ではないと解っているのだそうで。

一緒にいた私の手にも止まりそうなくらいの距離まで来た

これからは結構来ていますというので

また会いに来ますといってイグアナちゃんたちとバイバイしました

◯◯ちゃんと動物にちゃん付けはしないけど^^:イグアナたちは別やなあ

会いたいよ また

[PR]

# by hanarenge | 2017-04-24 21:12 | My ブーム | Comments(0)
2017年 04月 23日

私のナース卵物語

ことの発端は 私のメル友が 質問してくれたことがきっかけ

私の過去です 笑

いやいや、そんな大げさなものではないのです。

メル友さん ありがとうございます。

そこから妄想 もとへ!

空想 ちがう!

回想のスイッチが入ったのだ

私たちは 総勢11人の学生 美人揃いゆえ?目立った、目立った 笑 

(ただ人数が多かっただけだ だから目立った 煩かったのだ)

実習先は

泣く子も黙る 和歌山日本赤十字病院 通称日赤

ここは独特の雰囲気がある 医大系と日赤系では雰囲気が決定的に違う ナースの帽子のかぶりかたまで違う

今でこそ新しい建物になっているが 昔はなんというか薄暗い廊下 暗い緑色の廊下 白いペンキ塗りのドア

クレゾールや他の消毒液の匂い リネン室の匂い 病室の匂い 何とも言いがたかった

ナースの帽子をやたら上にかぶった総婦長 病棟婦長 外来婦長 それぞれの科の婦長 なんか近寄りがたかった
今は師長だけど 婦長の方が感覚的にしっくりきますのでこれを使います

でもこれぞ日赤だったのだ この大物婦長さんたちを抜かしては日赤の雰囲気は半減する

そこでの実習は・・・・・・・

何と言うか、一言で言えば疎外感があった

これは私だけの感覚ではなく 先輩も同僚も同じことを言っていた

日赤には自前の看護学生がいて、彼女たちが優先されたのだ

今、思えば当たり前のことだけれど 多感?な乙女時代はいろいろ傷ついたのです。

同僚がいない一人ぽっちの実習なんて、拷問みたいに嫌だった。(とてもいい科もあったけどね)

そこで負けずに努力 負けずに食いついていく そんな根性はなかった 怠け者だったのだ。

で、考えることはただ一つ サボタージュさ。底が浅いもので。

日赤から歩いていけるところに和歌山城がある 別名虎伏城 徳川御三家の紀州家のお城だ

ここに実習仲間と繰り出すのだ 制服で。

番茶も出花の18歳 何を見ても聞いてもおかしいお年頃

きゃあきゃあ、わあわあ 実習のことなど綺麗さっぱり忘れて。

広い公園内ではあるが 道は決まっているから 同じ制服組とよく行きあった

さぼったん?どこやの?皮膚科やねん Yさんたちは?今日は外科第一病棟

いややもんなあ そう あそこ意地悪やねん

勝手なことばかり言い合って右と左に分かれる気楽さ

学生の身ゆえ 金銭的な余裕はない

何をしたかというと

天守閣に上がり アホみたいに長い間展望した そして座っておしゃべり

それにも飽きると 広い公園内を熊みたくあっちにウロウロ こっちにうろうろ

おかげで お城に上がる表門の道の石段の上の大木には リスが住み着いていて 道で遊んでいることも知った

たまには 小松原通りで 美味しいランチかお茶

こんな事は、滅多にない

こうして不真面目学生生活を送って、何食わぬ顔で病院に帰っていたのだ

しかし 

あまりのサボり加減はやがて人=婦長さんに知られることになって (当たり前)

とうとう日赤から所属病院に連絡が来た

ある日 全員で事務所に呼ばれて 怖い顔をした事務長さんにこってり叱られてきついお灸を据えられたのである

お粗末様でございました。

今なら、もっと勉強する 勉強してして 専門知識を身につけて 海外協力隊とか ほらエボラが流行った時なんか行くでしょう?

ああいうことをしてみたかったと思う

それか、シップナース。客船に乗って世界中を回るのだ

客船の医務室のナース ああ!!いいだろうなあ!サザンクロスも見られるのだ サンセットも クジラも

でも、もう人生は変えられない

そう、人生は一度っきり

私の人生の事もちょっと考えたりもする

男女問わず もっと早く出会いたかったと思う人がいる 

反対に出会わなければよかったと思う奴もいる^^お前も思われてるって?爆

でも、仕方がないのだ 色々な出来事も出会いも必然だったのだろう

そうして今があるのだろう

だから、毎日を、しなやかに、投げ出さずに生きるのだ

こう書いてるけど心の中はしょっちゅう変わる 

変わって当然 生きてる証拠だと思うようになった 

なんかどんどん意味不明

私、恥ずかしいことのみ多かりきでございます。

こうやって書くとほんまにええ加減で恥ずかしいです。

二十歳の私です うひゃひゃ♫
d0027244_19482789.jpg
同僚と私(右側)たぶん何かの行事?わか〜〜〜いって当たり前 爆

たらたら緑地は これから写真の整理です これがね〜〜〜〜宿命やね、カメラ小僧の。

[PR]

# by hanarenge | 2017-04-23 19:39 | 心模様 | Comments(0)