心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 26日

オフ会 パパラッチ

降臨 鶴橋記念撮影会
d0027244_23485465.jpg




センス良く決める人
d0027244_23311067.jpg


三者会談
d0027244_2346399.jpg



うみひこさんは行く
d0027244_23204956.jpg



和気あいあい
d0027244_2323339.jpg




腹減った み〜〜〜んな腹減った!!!
d0027244_232425100.jpg


満足じゃぁ〜〜〜068.gif068.gif068.gif
d0027244_23422178.jpg


tomoさん闊歩
d0027244_23325110.jpg



関係者各位に申し上げます。
写ってる人、写ってない人に関わらず他意はございません^^

033.gifにゃろめ〜〜!アップ取り下げろい!
:::::::::::::::::::::::::::::と仰る方は、事務局れんげそうまでご一報をお願い申し上げます。
[PR]

by hanarenge | 2014-02-26 23:52 | ネット関係 | Comments(12)
2014年 02月 24日

オフ会 鶴橋

日曜日はオフ会  051.gif

晴天で暖かい23日 皆、精進がいいのだ。

始まりはここから


d0027244_14522044.jpg
鶴橋市場
鶴橋の謂れは「鶴橋という地名は、4世紀頃にかけられた「つるのはし」に由来している」などブログのお仲間のhirosiさんに教えて貰う。
鶴橋市場とは
大阪府大阪市天王寺東成生野の3区にまたがり、6つの市場や商店街からなる大規模な市場。戦後闇市から発展し、往時活気が今も溢れる。巨大アーケードの下には生鮮食品や乾物などの食料品はもちろん、衣料品や化粧品などの生活必需品関連の店など約800軒がひしめき合い、国際商店街ではチョゴリから各種キムチまで韓国衣食に関するものがすべて揃う。店舗数の多さだけでなく、どの店も安く品数が多いため、大阪東部奈良三重からも人が訪れ、広範エリア台所として親しまれている。営業時間・定休日は店舗によって異なる。JR大阪環状線近鉄または地下鉄千日前線鶴橋駅からすぐ」コトバンクより引用
d0027244_15031655.jpg
                 鶴橋市場の一光景 韓国の食材が並んでいる
d0027244_15073831.jpg
ステンレスの枠に写り込む電光看板の文字と看板の文字
一番下がお化けちゃんに
d0027244_15105509.jpg
古い自転車は荷物運搬用 今も現役
d0027244_15115606.jpg
お世辞にも新しいとは言えない市場
こんな古い市場は大阪から消えて行く時代
d0027244_15134024.jpg
市場のどの辺りだろう・・・・
角を曲がったら突然のように現れた魚屋
突然か必然か・・・・・
古いオーブンには錆が浮く ゴムの前掛け 長靴 日めくりカレンダー 長く使ったまな板は前にでんとあった
奥には店主とおぼしき老女が一人座っていた。開店前なのだろう。
d0027244_15182232.jpg
長靴に光が射し込む
古い長靴はかつての色を取り戻した様に真っ白に輝く

左の模様が木の枝の様に思ったが長靴のしわだった。
2/26追記 この魚屋へはhirosiさんが案内して下さいました。


何だかシュール?シュールが流行?
d0027244_15281551.jpg
シュールな一枚を!!!!!

一体ここで何してまんねん







モデルはスポック艦長さんです、おおきに!!!!(本文とモデルさんには何の関係もありません)

2月、大阪オフ会は鶴橋から始ったのです。
秋の奈良紅葉オフ会から お久しぶりにお会いした皆さんとワイワイ言いながら町撮りでした。
とても楽しい美味しい時間でした。
オフ会のアップ、続きます

[PR]

by hanarenge | 2014-02-24 15:24 | ネット関係 | Comments(12)
2014年 02月 21日

あっちもこっちも

d0027244_19012832.jpg 古い家がパン屋さんになりました












d0027244_19065183.jpg
今日はクロワッサンを
左はアンチョビ入りで塩味 右はバターの香りのプレーン

d0027244_19084126.jpg
陽射しはもう春
d0027244_19241325.jpg
鎮まる拝殿

ミラーレスの一眼を買ってもらったので、ぶらぶら散策しました。
d0027244_19282361.jpg
大きなお寺の大きなテーブルに これは?何の実?






d0027244_19293261.jpg
白梅



d0027244_19300674.jpg
見返り美人^^





d0027244_19304353.jpg
紅梅が池の畔で



窓から外を見ても、表に出る気が失せるような冷たい風が吹いています。
でも!日の光は、明るく明るく輝きを増して行きます。
そんな光に誘われて、あっちもこっちも春の気配を感じながら、散策中です。

[PR]

by hanarenge | 2014-02-21 19:35 | 散策中 | Comments(4)
2014年 02月 20日

別嬪さん


老舗の桜餅
ほんのり ほんのり 桜色
d0027244_20464242.jpg
別嬪さんでっしゃろ^^
d0027244_20481379.jpg
塩漬けの桜の葉と甘い餡子の醸し出す味
何とも言えまへん



おまけは
d0027244_20493769.jpg
陣太鼓 
友人のお土産です

管理画面が強制的?に変わりましたのですか?
いきなり〜〜〜でちょっとビックリ
試用期間はやっと終わったの?
ま だんだん慣れますやろ


[PR]

by hanarenge | 2014-02-20 20:52 | 心模様 | Comments(6)
2014年 02月 17日

ある日の光景

お八つは
d0027244_20482652.jpg

ざくざくゴマクッキー 焼き上がったらつい手が伸びる

お昼は
d0027244_20493787.jpg

オムライス 小さな頃の夢がつまってる

窓辺の日射しは柔らかい
d0027244_20503293.jpg


シクラメンも柔らかい
d0027244_20511361.jpg


ぐるぐる
d0027244_20513696.jpg



お茶は
d0027244_21114811.jpg

古いランプの下で




待ち合わせは
d0027244_20525631.jpg





36年来の友人と 中之島倶楽部で、オムライスのランチ。

食後のコーヒーを飲みながら、あれこれ たわいもない話に花が咲いた。


剣先の噴水
d0027244_21112928.jpg




八軒家浜まで行って対岸からこの噴水を見よう



ユリカモメ
d0027244_21161451.jpg

近くに行ったら飛んでった

噴水よりおしゃべりに夢中になってしまった

d0027244_21202811.jpg

ちょっとボケたけどこの雰囲気が好きだから


帰りは天神橋の商店街へ歩いて向う
天一から天五までわいわい言いながら歩いた。あっという間。
天二当たりで、創作のバック、パッチワーク、携帯入れ、色々小物を展示即売のブースに寄ってみたけど、何も買わずに見学のみ

古いランプの喫茶店でお茶を
名前は忘れたけど天神橋筋商店街の天三か天四辺り
ケーキもいいけど、ここのスコーンは多分美味しい筈、コーヒーも丁寧に入れてあって満足。

おまけ
d0027244_21352275.jpg

天神さんの梅


ゴマクッキーを持って友人と会った日はあっという間に過ぎてった。
[PR]

by hanarenge | 2014-02-17 21:29 | 散策中 | Comments(4)
2014年 02月 14日

私とケーキ(節分はケーキ記念日)

小林カツ代さんが1月に亡くなりましたね。

私は彼女の楽々ケーキづくりを24年ほど前に書店で手に取りました。
それは、まさに目からウロコでした。
早速購入、夢中になって読みふけり、私にもきっと焼ける!私の息子たちに焼いてやりたい!そう強く思ったのです。

ケーキを作るのがとても上手な同僚がいて、泡立ての要らないベイクドチーズケーキのレシピを貰って焼いたのが初めてでした。魔法のように上手く出来ました。
クッキーは何度も焼いていたのですが、ケーキはそれが最初。
でも、それから田舎に引っ込んだ私は、中々ケーキを焼く暇もなかったのです。
材料だって、今みたいにネットでクリックと言う訳にも行きませんし、田舎では中々お菓子の材料は揃いません。
所が、小林カツ代さんのケーキレシピは小難しい手順も要らないし、田舎のスーパーか、私の勤務先のある小さな町のスーパーでも、揃える事が出来る物が多かったのです。

このレシピで初めて焼いたケーキは24年前の節分の日です。
イワシを焼きながら、全卵仕立てのスポンジケーキを焼きました。
イワシは表で七輪に炭火で(魚は七輪で、表の庭で焼いていました、七輪の煙がすごいから家の中では焼けません)
中では楽々ケーキ作りを広げて、玉子を泡立てて、ああ!イワシも見にいかなあかん!バタバタでした。
ドキドキのケーキ作り、オーブンの中では卵と粉と砂糖の種が膨らんで金色に焼けている!
息子たちは、ニコニコしながら私とオーブンを覗き込んでいました。
焼き上がったケーキは、ふわふわで甘い匂い、こうして私のケーキ作りは始まったのです。

ザッハトルテを焼いた時、チョコレートでコーティングして砂糖をぱらぱらと振るのですが。。。。

それを家庭訪問に来てくれた次男の担任(次男は小学2年生)に薦めて、先生が帰られた後で、ヤレヤレお茶しようっと一口食べて。。。。。。
??ちょっとしょっぱいぞ??あら・・・(゚_゚i)タラー・・・塩だった!!と言う具合なミスもありました。

あ、もちろん、ケーキ自体は砂糖で作ったのですよ。
あくまでも塩はぱらぱらの分です( ̄ω ̄;)


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆。。。。。。。。。。。。☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


時は流れて、いつしか息子たちも成長し、私たちは再び都会で暮らす事になりました。
こちらに来て、ケーキを焼く時、息子がいれば必ず手伝ってくれました。
次男曰く、「子供の時、お母さんがケーキ焼く言うたら嬉しかった」
私は、息子たちの「美味しい!」と言う言葉が嬉しく、更に次は何を焼こうかと考えたものです。


小林カツ代さんのケーキの本は私の宝物、幼い息子たちと田舎の父母が食べてくれた私のケーキの想い出がページから溢れている。
父は、お!美味そうやなといつも言ってくれました。
ケーキばかりではありません。好きが高じて小林カツ代さんのお弁当作りハッと驚く秘訣集も同じ時期に手に入れた私。
この中の三色丼弁当は絶品です。
もう一つ、わざわざ冷凍の薦めと言う、鶏肉のミンチの肉団子があります。
冷凍物は使わないと言う小林カツ代さんが、この自家製肉団子はわざわざ冷凍しますと言うだけ有って、色々使えます。
カツ代氏レシピの肉団子の揚げ物
揚げたてにお醤油をぴゃ〜〜っとかけてね。
d0027244_263429.jpg

久しぶりに作りました。
長い間闘病された小林カツ代さん、今はもうお楽になったのですね。
でも貴女がいないのは、とても淋しいです。

さて、今日はバレンタインデー。
私は用心棒にガトーショコラを焼いて差し上げる事にした 笑
アップルパイに続けだ、お菓子作りは楽しいものだ。

お昼のテレビでやってた、ガトーショコラ。ふわふわのメレンゲとチョコレイト。

さっそくレシピを真似て。
d0027244_16482582.jpg

1 材料を揃えましょう 卵は古いんとちゃいます、卵白と分ける時殻が硬くて卵黄が壊れたんどっせ^^;
2 チョコレイトは製菓用のクーベルチュールチョコレートをAmazonで購入
これは製菓用なので、コーティングはしてありません。もちろんこのまま食べてもいい味ですよ。
3 使う道具も出しておきましょう(いつもは、あれが要る、これが要ったと慌てて出すのです)
4 チョコレートとバターを湯煎にかけて完全に溶けたらしっかり混ぜてなめらか〜〜〜に。
5 その中へ、泡立てた卵白を半分どかんと入れる、丁寧に丁寧に底からホッパーで混ぜる。
6 残りのメレンゲも投入、泡を潰さない様に、でも、しっかりと底から混ぜる。
7 チョコレートとメレンゲが混ざりました。かる〜〜〜い感じ、いい感じと♡自画自賛。
  因にこのまま冷やせばムースに、凍らせばアイスクリームになりまする。

しかし・・!

ムース様になった種に意気揚々と小麦粉を放り込んだ私、軽いね〜〜〜〜!
違う!!!重い!重たすぎる!

8  かる〜〜い種が溶岩流のようにケーキ型の中で固まってはる〜〜〜〜涙

レシピは・・・・・・・・メレンゲに加える砂糖は80g、小麦粉は40g。。。。。。。
ああ!無情!私は砂糖のグラム数を見ていて小麦粉も80gにしてしまっていた!

小麦粉を入れたばかりなら、なんとか、粉をすくい上げる事も出来ようが、もう混ぜてしまったのだ!
どないしょう、失敗やんか〜〜〜〜〜((((ノTTTωTTT)ノ 完璧アホやんかあ。

若いときなら癇癪切れまくって、ぜ〜〜〜んぶゴミ箱行きやったかもしれへん。
そやけど、勿体ない、何と言うても、もったいないやんか。
もう無塩バターも70gくらいしか残ってえへん。作り直すんは今からでは無理や。。。。。。

ええい!このまま焼いてしまおう!な、そないしょう、、、ともう一人の癇癪持ちの私に言う。

d0027244_17134499.jpg

ほんまはここでブランデーも入れるんやけど、小麦粉騒ぎで忘れ果てる。。。。

予熱の上がったオーブンに放り込んだものの、カチコチの石みたいに硬いガトーショコラが目の前を踊りながら横切って行く。。。。。



小林カツ代さんのケーキの本を引っ張り出して、ガトーショコラを見ると、何と!!チョコレートの分量と卵の分量に少々の差はあるが、小麦粉は70gとなっている。

いけるかもしれへん!!!いや、いけるはずや!アホみたいに唸る私。




d0027244_17241858.jpg

溶岩流のケーキはめでたく焼き上がりました。硬そうやね〜〜〜〜〜笑うしかないわ。

小麦粉倍量、お酒入れ忘れのケーキでもちょっとお砂糖振ってみた。(粉糖切れてるし)
d0027244_17254444.jpg



して!結果は

d0027244_1727611.jpg


うま〜〜い チョコレートがうま〜〜〜い もの凄くいい感じに焼けた


今度は、小麦粉40gで焼くんや。もっと柔らかい軽いケーキになるやろうね。
そやけどな 80gでも、中々いいんよ、ほんまよ。
[PR]

by hanarenge | 2014-02-14 17:34 | 心模様 | Comments(10)
2014年 02月 12日

古都の華

古都の華と書いて、古都華(ことか)。

大きくて実がしっかりして甘い、奈良生まれのです

d0027244_21141831.jpg

毎年下さる方がいらっしゃいます。

こちらでは手に入りません。

奈良には売っている所もあるとの事ですが、生産数が少ないのだとか。。。。。

d0027244_21163768.jpg


d0027244_21171545.jpg

古都華のお尻。。。。(●^^●)大きな葉っぱが元気でしょう?スーパーとはちょっと違うよ。

もっと、沢山作ってほしいな^^
[PR]

by hanarenge | 2014-02-12 21:20 | キッチンから | Comments(4)
2014年 02月 10日

独り言

アップルパイは、紅茶がいいね。

でもこれは失敗。

何故って、つや出しのドリュールをぬるのを忘れた。

タルト皿も少し大きい。

そんな事を言いながら明日のお茶が楽しみな私。

近くに美味しいパン屋さんがあるんだ。

広い庭があった古い家 

長い事誰も居なかった古い家

ハーブと可愛らしい季節の花と木の有る庭になって 古い家は重たい扉のついたパン屋さんになったよ。

パイ生地は必ず余る だからチーズをのせて オーブントースターで焼くの。

美味しいよ。

d0027244_2145891.jpg



非公開とか予約投稿にすると プロフィール投稿のボタンは消えるんだね。
[PR]

by hanarenge | 2014-02-10 21:09 | キッチンから | Comments(6)
2014年 02月 09日

八坂さんまで

八坂の塔へ行く前に二年坂で見かけたのは
d0027244_23234688.jpg

看板∪・ω・∪ちゃん 胸の花がいい感じよ♡

高大寺の手前で。
d0027244_23301954.jpg

八坂の塔が見えると和む気がする
石塀小径で
d0027244_23322448.jpg

ええのん撮れた?

ちょっと振返って
d0027244_23332470.jpg

石塀小径はここでお終いや
d0027244_23333097.jpg


東大路通りより一本東側の道を行きます
d0027244_23343543.jpg

水円の焼れんこんは売り切れや。。。。無いとなると食べたい。。。。
この当たりは町家風の旅館が多い。

ここも人気ね。ぎおん畑中さん。
d0027244_23494193.jpg


すぐ突き当たるのは八坂神社の南楼門
d0027244_2359677.jpg


花街らしい華やかさの提灯が揚げられている
d0027244_004129.jpg


井上流家元の提灯
d0027244_0171779.jpg

次男は大学時代に先代の四世家元井上八千代さんの舞を見せて頂く機会に恵まれました。
大きな舞台ではなく、すぐ側で拝見出来ました。
素晴らしいと話してくれました。

京舞井上流は、祇園甲部の芸妓舞妓が習うお座敷舞や都踊りの流儀として知られています。井上流wikipediaより参照

で、その八坂さんの境内には
d0027244_144329.jpg

京名産 焼竹の子一本¥500タイムサービス中で¥400と。
あの〜〜〜〜これ、ずぅっとこうなってる気がするんですが。。。。。。気にせんでもええんやね?

と言う事で、これから、出町柳まで戻って特急で帰りまぁす。

長い事お付き合いしてもろて、おおきに、ありがとさんどした。

ソチ冬季オリンピック始まりましたな、観てはりますか?
フィギアスケート、私はアイスダンスが好きです。
せやけど、今はなんやせわしない^^時代遅れですやろか?
私はサラエボの(1984)のアイスダンスがすごく好きだした。
あの頃のアイスダンスには、もっともっと物語が有った様に思てます。
次はその好きなペアの事を書きたいと思てます。(ボレロです)
[PR]

by hanarenge | 2014-02-09 01:56 | 京都 | Comments(4)
2014年 02月 07日

遅いお昼と八坂あたり

建仁寺にお別れを
d0027244_19113737.jpg


金魚は建仁寺のマスコット的な存在かな。
d0027244_19121145.jpg


このまま四条通りにでるのは、面白くないな。
と言う事でそのまま東山安井の交差点目指して東へ向う。

虎の巻的京都の情報で、安井の交差点の近くの洋食屋さんがいいと聞いていたので(読んでいたので)
洋食の店 安井亭へ。
d0027244_0415229.jpg

ランチを頼んでみた。ハンバーグとエビのクリームコロッケ。ランチはハンバーグと別のフライのセットだったが、ご主人の好意でコロッケの方をサービスして頂いた。
何故かと言うと。
以前来たときはお休みの時ばかりに当たって、やっと入れましたと言った私に、色々と話しかけて下さって、カメラ談義も始まって^^。
ご主人はカメラが趣味だそうです。フィルムカメラで撮られています。そろそろデジタルも考え中と仰ってお出ででした。
奥様もとても気さくな方で、いろいろ(アメリカの美味しいお菓子はどれかとか)教えて下さいました。
ご主人と奥様。とってもいい雰囲気♡♡(許可を頂きました、有り難うございました)
d0027244_0442489.jpg


ずらっと祇園の綺麗どころの団扇
d0027244_0513151.jpg

舞妓ちゃんも時々は見えるらしい。出前も良くするのでとの事です。

コストパフォーマンスもいいし、ハンバーグもコロッケも熱々&とろ〜り、ポテトサラダも手作り感。
メニューは特別変わったものはないけれど、一つ一つが丁寧にきっちりと作り込んでいるのが良く解る。
久しぶりに懐かしい味に会えた感じでぺろっと頂きました。
正しい洋食屋さんと言う感じです、この辺うろうろの時のお昼候補にどうぞ!

さあ!もうひと歩きだよ。
d0027244_1343671.jpg

安井の交差点から東大路を南へちょっと下って、八坂の塔へ。人が増えてきている。
団体さんが、法観寺の(八坂の塔)境内へ。中で説明が聞けるらしい。
d0027244_1363271.jpg

これって一人で入っても説明してくれはるのん?
私は塔に上がりたい。

だらだらと坂を登る道すがら、お店をキョロキョロ。
d0027244_1385885.jpg

雪うさぎと南天の実の可愛さに思わず。
d0027244_1393923.jpg

ここは、観光案内所。
d0027244_1405748.jpg

針金?(総称したらそうなる??)お洒落に変身だわ。

八坂の塔の手前の横道
d0027244_11545310.jpg

あの橋の道が面白い。観光客は誰もいない南へ延びる細い道、通ってみたいな。

庚申さんは八坂の塔の西側に。金剛寺と言う寺です。日本で最古の庚申堂との事です。
d0027244_1224876.jpg

色とりどりのくくり猿?さるぼぼそっくり、色々な願い事が書いてあります、英語でも書いてありました。

庚申とは、人が寝ている間に体内に住む三尺ほどの庚申の虫が這い出して天に昇り、天帝にその人の悪行を告げる、天帝は人の寿命を司っていて、罰として悪人の寿命を縮める。そうなってはかなわんと言う事で庚申日の夜には、人は夜っぴて眠らずに起きて虫を見張らなければいけないのだ。これを庚申待ちと言う。寝なけりゃ虫は這い出せないとの理解でよろしな?。

庚申とは干支の庚(かのえ)の申(さる)の日を指す。

今日は庚申待ちだから眠らずに起きていて、皆、定子中宮の御前で歌や物語などを披露するとか何とか、枕草子にも有ったね。

夜叉姿の青面金剛はこの虫を食うとされ、やがて本尊として拝む様になったと言う。
青面金剛の使いが三体の猿で不見(みざる)不言(いわざる)不聞(きかざる)となっているそうなのだ。
庚申日、寝ずに願い続ければあらゆる願いも叶うとされている。
だから、こんなにお願いごとのくくり猿が奉納されているんだ。なあるほど、謂れと言うのは面白いものです。
京都寺社案内 金剛寺(八坂庚申堂)より引用
上記庚申堂のページには、三門の上の三体の猿など、境内の写真が載っています。
私はちっとも気がつかなかった。

混雑する二年坂を抜けて、高台寺の方へ。
向ったのは石塀小径。この当たりは下河原町と言うんだね。
d0027244_1413235.jpg

ねねの道から円山公園への道は混雑するが、この小径は空いている。
くねくねと曲がる細い路地、一つ角を曲がるとまた向こうに角が続く。何が出るのかおもちゃ箱みたいで面白いね。
石塀小径の地図リンクです、ぐっとアップにして行くと細かい路地が良く解ります。

あと一回くらいで終わりかな。

PS
今日、お嫁ちゃんから嬉しい電話をもらいました。
今から、これから、まず一歩、この一歩は小さい一歩だけど大きな一歩に繋がります。
[PR]

by hanarenge | 2014-02-07 17:56 | 京都 | Comments(6)