心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 31日

はんなり

建仁寺に向う途中
d0027244_0103571.jpg


お茶屋の軒先から、ふわりと踏み出した舞妓ちゃん
d0027244_011333.jpg

お昼のお仕事入ってたんかな

d0027244_0115721.jpg


寒にしては暖かい日でした058.gif
[PR]

by hanarenge | 2014-01-31 07:16 | 京都 | Comments(2)
2014年 01月 29日

スポットライト

d0027244_2320428.jpg


中々似合っているでしょう?
大勢の観光客に一番人気が有った「舞妓ちゃんたち」でした。
素敵な京都の想い出になってくれたらいいなあ。良い旅を!!。

智積院(ちしゃくいん)から始まった京都。東大路から八坂の塔へ、ぶらぶらと上がってきました。
清水さんから産寧坂当たりはいつも混雑しています。
d0027244_23284571.jpg

この写真に見える和服の女性が上の彼女たちでした。
[PR]

by hanarenge | 2014-01-29 23:35 | 京都 | Comments(2)
2014年 01月 28日

美味しいもの発令中???

京都と大阪の記事が控えているんですが。。。。。。忘れないうちに。

白菜と牡蠣、今、一番美味しい頃?

N○Kのみんなの料理から。
食べる直前に待って〜〜〜〜とばかり撮ったから、湯気で曇って何が何やらですけどね。
更にあまり美味しそうに見えませんけどね〜〜〜〜〜フン!!実はもの凄く美味しいのさ!!
d0027244_21421234.jpg

白菜と牡蠣、後は水とお酒と塩、これっきりです。
水はカップ1弱、酒は大さじ2くらい、塩は上品に?ひとつまみ。
土鍋で蒸し煮にすると〜〜〜〜うま〜〜〜い!!牡蠣と白菜の蒸し煮の出来上がり。
ポン酢とゆず胡椒で。マジで感動ものの美味しさです。

これ、ぷりっぷりっの白菜を選んで下さいね、注意点は其所だけ。

レシピで〜〜す。
今年はこれで、牡蠣をどんくらい食べるんやろ・・・・

もう一個、これはキッシュとなんちゃってアップルパイ?
d0027244_21504638.jpg

左は焼く前で右は出来上がり。
キッシュの生地が黄金比なんだそうな。だれないし硬くないしちょうどいい加減。
余った生地は、薄切り林檎にシュガーをまぶしてオーブンにポイよ。
出来上がって、ちょっとシュガーをぱらぱらと^^
d0027244_21543510.jpg

超簡単、居眠りしてたって出来ちゃいます。
後ね、余ったパイ生地はそのままヨリヨリしてオーブントースターで焼くだけでも美味しいです。
ゴマとかチーズを入れても良いのではないでしょうか????

これもアサイチのレシピからです
パイ生地は三角が綺麗ね、やっぱし。。。。。

以上、れんげそう家のキッチンに発令中のレシピでした。
[PR]

by hanarenge | 2014-01-28 22:00 | キッチンから | Comments(2)
2014年 01月 26日

大きなお寺で

久しぶりに行ったのは大きなお寺。

ズラリンと並んでた。温いでぇ。
d0027244_18394292.jpg

こんだけ有ったら、寒さ知らずやな。

春の桜の妖艶な雰囲気ではありません。律儀に毎年花をつけます。几帳面な印象があるのです。
d0027244_18415755.jpg

早咲きの桜、なんて言うんやったかな。。。。。。寒桜?まんまや。

山茶花は白が好き?
d0027244_18445595.jpg

バラ科やなあと思いました。椿はバラ科やもんね。

山茶花の木を長男が小学校の卒業記念で貰いました。

田舎の大きな柿の木の側に、今は亡き父が植えてくれました。小さな小さな苗木でした。
赤い花が、その次の年に少し咲きました。

今、山茶花はとても大きくなって、毎年、ざんざん花を付けます。赤い山茶花です。
田舎の家に誰もいなくなっても、毎年山茶花は赤い花を咲かせるでしょうか。

私の目には、誰もいない田舎のお日様がぽかぽかと照る冬の日に、赤い山茶花が光っている様子が浮かびます。負けるな!山茶花。



d0027244_185261.jpg


箱入り娘みたいに柵の中で咲いていました。
d0027244_18514898.jpg


たっぷりの赤。
d0027244_18522025.jpg


これも田舎の話ですけど、花壇に南天と松と牡丹が植わっています。
松は枯れてしまいました。牡丹はもう百年近く経ちますが、毎年花を咲かせます。
南天も白と赤が競うように実を付けます。

そんな花壇は、祖父が丹精していました。
所が、母だけになり、農地が原野に戻りつつ有るこの頃、猪が山から里に下りてきてさんざん悪さをするようになりました。 南天も牡丹も、もう、風前の灯です。

切ない話です。

シクラメンは燃えるようです。
d0027244_1954051.jpg

私はどうも上手く育てられません。頂いても、結局枯らしてしまいます。
だから、この頃は見るだけにしています。
[PR]

by hanarenge | 2014-01-26 19:01 | 散策中 | Comments(4)
2014年 01月 25日

この頃よなよな

d0027244_1344079.jpg

インドの青鬼
思わずニガッと叫びたくなると有りますが、其所まででは有りませぬ。
私のお気に入りのよなよなエールの一つです。

d0027244_1371442.jpg

ちょっと色が濃いでしょう?ビールの「喉ごし爽やかすぎる事」がないので気に入っている「よなよな」です。
え?グラスがプア?はい、電気屋のおまけグラスです。
一口グラスを出すのが面倒で、このプアグラスになりました。
本当のお洒落はグラスからね 笑 解っちゃいるんだけど面相なのさ〜〜〜〜〜。

東京ブラックも好きです。
ちびちび飲むのが好きなのですよ。

おまけ
d0027244_1394263.jpg

パプリカ、キュウリ、セロリ、ハム、玉子 全部細かい角切りに。
お寿司も綺麗です、ポテトサラダもね。
[PR]

by hanarenge | 2014-01-25 13:15 | My ブーム | Comments(6)
2014年 01月 19日

京都まいまい 直指庵から豆腐まで

昨年の11月30日の、京都のアップ最終が今頃になりましたのです 苦笑。

直指庵に西日が影を落とします。秋の日はつるべ落としとか申しますが実感します。

d0027244_129572.jpg


庭も影が濃くなりました。
d0027244_12514593.jpg



この前に、本堂内で想い出草のノートなどを読ませてもらいながら、風の音など聞くともなく聞いていました。
本堂から見る庭園は額縁のようになっています。でも残念な事に貼紙がありました。
堂内の撮影は禁止です。今年からかもしれません。何か有ったのでしょう。
例えば、カメラマンの無礼とか....あくまで想像ですけれど、撮影に関して不愉快な事が有ったのではないでしょうか。
いつも思う事ですが、自分もカメラを持ってウロウロする者としてマナーや礼儀は守っているだろうかと言う事です。
我先にと、被写体に群がる、立ち入り禁止も何のその、撮りたい 撮りたいをむき出しにして行動する人がとても目につきます。
それを一歩引いた所から見ると、ぶさいくこの上ない、ダサイ!!の一語につきます。
デジタルになってより手軽に楽しめるようになってから、長いですが、マナーはどんどん悪くなっているようです。
だから、撮影禁止がどんどん増えてくるのです。自分で自分の首を絞めているのに気がつかないバカヤロウがいるせいです、怒怒。
写真が撮れない事よりも、そんなマナーも心得ない奴がいる事が情けない。
そんな奴は、はよ消えてまえ〜〜〜〜〜。


では直指庵を辞する事に致します。
d0027244_12243377.jpg

d0027244_12255589.jpg

見事な紅葉を見せて頂いて有り難うございました。またきっと伺います。

大覚寺の裏手を歩いて、門前に出ます。(この辺は省略です^^)

そして、お茶をいっぱい。
d0027244_12341793.jpg

ふつーの喫茶店、マスターが写真好きで色々と撮りためた写真を見せてもらえますよ。
そしてコーヒーが美味しいのです。大覚寺の門前を少し下った所に有ります。
前の菊は嵯峨菊です。どうぞ行ってみて下さいな。

コーヒーを頂いたら、清涼寺までは、すぐです。まだ歩くのだよ!!あったり前じゃ。

で、嵯峨豆腐の森嘉よ。
d0027244_12392555.jpg

凄い行列だと思うでしょう?でも豆腐買うだけやからね、そんなに時間はかかりまへん。
夏は無理やけど、これからやったら買うて帰れるやん。
d0027244_12403913.jpg

中では、大勢の店員さんが忙しそうに注文をさばいて行きます。
待っている間にも、料亭の厨房の中の人とおぼしき方々が、沢山持って帰られていました。
お土産に10丁くらい買う人もいてます。
私ですか?もちろん買いました、それから嵐電に乗って白梅町まで、もう一回バスに乗って出町まで。
今出川の通りでパンを買って、京阪で帰ったのです。

d0027244_12434664.jpg

嵯峨豆腐と油揚げ、柚子は直指庵へ向う道で。パンは今出川通りのパン屋で。
豆腐は柔らかめですから、車か、アイスボックス持参で、買ったらすぐ帰るくらいでないと無理です。
案の定、壊れました、でも味は同じ筈、美味しかったですよ。
油揚げは、かりっとあぶって頂きました、文句無しの味です。
まいまいのお土産はひろうすとか油揚げが、いいなと思います。

おまけ^^
d0027244_1328535.jpg

直指庵への道すがら、八百屋兼郵便局かな。野菜の自動販売機も置いてあります。
ベンチもこの前に有った記憶が。。。。。
自販機から買った野菜を齧りながら。。。。。では有りません。コーヒーを買った記憶有り。
[PR]

by hanarenge | 2014-01-19 12:56 | 京都 | Comments(10)
2014年 01月 17日

末っ子ちゃん♡再び

d0027244_21153743.jpg

「ごちそうさん」のファン?
末っ子ちゃんは、ごちそうさんの歌が聞こえて来ると、うひゃ^^っと言う感じでテレビに走ります。
d0027244_21175911.jpg

年末の初めてのお泊まりの時も、テーマソングをかぶり付きで聴いていました。

16日から一泊でお出まし末っ子ちゃん。

今回はお父さんとお母さんが人間ドックの為でした。
職場から年一回の健康診断です。受けておくにこした事は有りません。

じゃーん!おでこ初公開?お姉ちゃんの水疱瘡を貰いました、もう治りかけです。
d0027244_2120254.jpg

いっぱい出て花盛り〜〜〜〜〜橤橤橤 保育園に行く前に貰っておいて良かったね。

小さな足をくねくね、お家は暖かいので素足ですが、じぃじとこは寒いからソックスは必需品。
d0027244_21224370.jpg

可愛い足です♡

d0027244_21241725.jpg

白い布団は、ひいおばあちゃん(私の母)が、作ってくれたお昼寝用の小さなお布団。
敷く分ですが、何故か自分で足の上にかけるのです、ホットカーペットでぬくぬく。
息子たちも、おばあちゃんが作ってくれたお昼寝用の小さい布団を持っていました。
その上で日光浴やお昼寝をよくしました。思い出します。

朝は6時起き、7時には朝ご飯をパクパク。 じぃじを起こしに行った孫ちゃんでした。

d0027244_2130329.jpg

053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif胸キュン
9時過ぎに眠たくなって来た孫ちゃん、コテンとなってます。
でもまだ目はしっかりあいていて「ひいばあちゃん作のお布団」に行くのはもっと先。
このままにしておかないと寝てくれません><

しっかりおネムしてご機嫌です、もうすぐお昼だもんね。
d0027244_21401239.jpg

お兄ちゃんのチャンチャンコ、真ん中ちゃんから末っ子ちゃんへ。
まだ大きいな、このくらいの頃のお兄ちゃんと真ん中ちゃんを思い出しました。

この後、お昼の用意をしていると検査を終えた両親登場。
とっとっとっとっとっと、お母ちゃんとお父ちゃんの所へ走って行った孫ちゃん。
何とも言えない極上の笑顔です。
この笑顔が、親への贈り物なのですねえ。
お母ちゃんに食べさせてもらった末っ子ちゃん、ばあばの用意したお昼をすっかり平らげてくれて嬉しい私です。
ばいばい、また来てね。待ってるよ。
[PR]

by hanarenge | 2014-01-17 21:48 | 天使の宝箱☆ | Comments(4)
2014年 01月 15日

四天王寺さん

1月3日は日本晴れ。
次男を送った帰りに、四天王寺さんへ。
用心棒が何か言うてます。。。。
d0027244_19574611.jpg

JR天王寺駅から谷町筋をぶらっと歩くと
d0027244_2051018.jpg

四天王寺さんだす。
d0027244_2054441.jpg

名物は釣鐘饅頭、同じく紀州道成寺の名物でもあります。
いえいえ、同じ饅頭ではなくあくまでも別の名物です。道成寺のんはアンコは白やったかなぁ??。
ビルに挟まれて建ってます。ひっきりなしに人が訪れていました。

四天王寺さんは日本仏法最初の官寺です。建立は聖徳太子。物部守屋と曽我馬子の戦いにさいして、曽我馬子に組した聖徳太子が勝利を誓願し、めでたく勝利したので建立したのです 四天王寺HP参照。
毎月21日はお大師さんの日です。色々な店が出ますが、私はまだ行った事ないのです。
それはさておき
d0027244_2253773.jpg

朱の回廊.これを見ると2001年にNHKで放送された聖徳太子(厩戸皇子)のドラマを思い出します。
蘇我馬子君は、緒形拳でした。厩戸皇子君は(聖徳太子です)木元雅広でした。
ここ四天王寺もロケ地でした。真夜中の撮影だったそうです。

馬子君と厩戸君はこの時は手を組むのです。何故って守屋君は崇仏派じゃあないんだもん!
後の世には、馬子君の孫の入鹿君が、ものすっごい力をつけて、もう自分はお上だと。
そういう風に振る舞い始めて、大化の改新へと進んで行くんですけど、この時はそんな事は知らない事で。
こてんぱんにやられて歴史から消えてしまった蘇我氏です。
まさしく、人生は糾える縄のごとしやな。
権力争いに負けると言う事はこう言う事なのね。時の政府には入鹿君の事やら何やら公に出来ない事がきっと有った筈や

そ〜〜〜〜んな由緒あるお寺ですけど、法隆寺のように飛鳥、奈良時代に遡る建築や宝物を伝えている訳では有りません。
四天王寺の伽藍は今まで幾度となく火災に合い、伽藍はほとんど消失しています。
そして太平洋戦争の空襲で、またまた焼け落ち、今の伽藍は1957(昭和32年)から再興された鉄筋コンクリートの伽藍です。
燃える度に立て直すのはもう御免や!!と言う気持ちも有ったんかな〜〜〜〜。
そんな四天王寺さんやけど、しっくりと馴染んで見えます。

手水舎は、正月のうららかな日が照り映えていました。
d0027244_23323527.jpg

お母ちゃんとおばあちゃんと一緒のお参りかな
d0027244_23372420.jpg

ハルカスはどこからでも見えるなあ。上の灯廊にはお供養のお名前が書いてあります。
d0027244_23383379.jpg

「新年の開運を特別に祈願して差し上げましょう」「来なさい」。
d0027244_2340346.jpg


亀の池は静かなものです。亀って冬眠するよね?変温動物よね?この二匹は何故起きてんのよ?
d0027244_23504961.jpg


d0027244_23514051.jpg

四天王寺の楠。まだ小さいなあ。
もう随分前にNHKのアーカイブスで四天王寺へ毎日お参りする老女たちの特集を白黒で放送していました。
近くの長屋に住む老女たちが毎日のように四天王寺へ来て、喋っているのです。
その老女たちが楠の木の下に座っているのです。この楠はその時のかなあ、違うやろうなあ。。。。
もうあの老女たちは誰も残ってはいないだろうな。。。。。。。
まだまだ木造の家々が沢山残る時代の事でした。

普段は、そうそう人も多くないと思いますが21日の弘法大師の日は店も人も多いと聞きます。
[PR]

by hanarenge | 2014-01-15 20:08 | 散策中 | Comments(6)
2014年 01月 13日

新世界界隈

えべっさんの後は。
新世界ってどういう由来?今までにない新しい町?何となくは解ったつもりやったけど。
以下抜粋大阪ストーリーズ
時は1903(明治36)年、現在の天王寺公園と新世界の位置にあたる敷地において、第5回内国勧業博覧会が開催されます。当時における国内外の先端技術を集めた博覧会は大成功のうちに終わりました。1909(明治42)年に博覧会跡地東側が天王寺公園となり、西側の土地22,000坪が、大阪財界出資の大阪土地建物に大阪市より一括払い下げされました。ここに、新世界の一大歓楽街としての開発がはじまります。「大都市のふさわしい模範的娯楽場を」と、パリとニューヨークを足して2で割った街「新世界」を作ろうとの構想のもと、用地の北半をパリに、南半分をニューヨークに、それぞれ見立てたまちづくり時がスタートします。放射状3方向の通りと中央のエッフェル塔似のシンボルタワー、これはまさにパリのそれを模したものであったわけですね。なお、用地の南半分は、ニューヨーク・コニーアイランドを見本ににした遊園地「ルナパーク」がつくられました。ルナパークは大正期に閉園してしまったものの、新世界は一大歓楽街として目覚しい成長を見せ、通天閣の大火災による炎上・戦時中の金属供出による消滅、そして戦災という受難の時代を乗り越えて、今日のまちへとその隆盛を受け継いでまいりました
「大大阪」の幕開けやね。

一昔前まではこの界隈はもっと混沌として、猥雑なイメージが有ったように思う。
それはきっと今でも本質的には変わっていないと思うが、表面的にはもう少し明るい「レトロチック」←こう言う表現は嫌いだけど」な街並を前面に出しているように思う。
若い子も多い、彼ら彼女らは串カツのだるまの前に列をなしている。

さて
新世界市場と言うアーケードが有る。通天閣コロッケを売る店の前には少しだけ行列。
飛び交う言葉は、関東のイントネーションだ。美味しいのかな?。

さすが「新世界市場」や、万国旗がはためいてる^^
d0027244_12214242.jpg

とあるお店の前に
d0027244_12232420.jpg

懐かしいなあ!お土産言うたら「こけし」やった。可愛いね。
d0027244_12242082.jpg

各地の見所とか名前とかを体に書いてあったよね?
シャッターが閉まったままの店が多い。
d0027244_1225324.jpg

今日は休みかな?と私。えべっさんの日に休む分けないやろ?と用心棒。
そうかー閉めはったんか・・・・・こんな通りが何処の商店街にも有ります。
綺麗になった大きなビルの中は、飾りやマネキンが華やかやけど、個人商店が連なる商店街の魅力はまたそれとは違って、粋やったんやけどなあ。

もうちょっと歩いて行くと。
新世界の映画館があります。その名も新世界東映 wikiによると日劇ローズ 日劇シネマを併設した元祖シネコンと言う位置づけです。
寅さんの渥美清が死去した時、追悼としてここで寅さんの第一作が真夜中に上映されました。
中はものすご〜〜〜くカオスな場では有りましたけど(宿無しがここで夜明かしするのだ)。
なぁんも知らん私は、用心棒に、寅さんが観たいから連れて行けと命令したんです。
ほんまに行くんか?と言いながら連れてくれました。
カオスやと気がついたのは寅さんが半分くらい進んでからでした、アホな私です。
真夜中の新世界そのものがカオスでした。

その前には、田園が。
d0027244_13591461.jpg

1955(昭和30年)にお店をここに開きました。
昔の喫茶店です、中はごちゃごちゃしています。でもね!コーヒーは注文を聞いてから点ててくれるし、チャーハンはぱらぱらでカツはサクサク、もの凄く美味しかったよ。
チェーン店の不味いコーヒーが幅を利かせている中で、こんな喫茶は貴重やね。
カツチャーハンは用心棒が頼んだんよ^^私は一口、二口、三口〜〜〜貰っただけやで〜〜〜〜。

そうそう、「ごちそうさん」の焼氷平成バージョンがここで頂けます。
ただ、御飯時なんかで忙しい時は無理のようです。お店の女将さん談。
お店に聞いて下さいと表に出てありました。
写真を撮っていたら暗くなりました。焼き氷を注文したお客さんが二個前のテーブルにいてはりました。
白い氷とクリームかな?ちらっとだけ見えましたよ。

d0027244_135676.jpg

店の中の植物は全部ほんまもん^^そんな所もいいなと思った私です。


ちょっと長くなりますけど、お付き合いを。

ジャンジャン横町を通ります。
串カツ屋とか立ち飲み屋、将棋とか囲碁の館、地元の人オンリーみたいな飲み屋では土手焼きを美味しそうに食べてはった。
d0027244_2101459.jpg

お好み焼き屋はコンコンと言うんかな?

新世界の方を振返って。
d0027244_2115180.jpg

このかなり向こうに、用心棒が友人と学生時代に行った店が有ります。今も行列してました。
今度は其所へ連れて行け〜〜〜〜004.gif

新世界の田園ともう一軒の喫茶店玉一とジャンジャン横町の喫茶店千成、ここはコーヒーが美味しいよ。
見本はやっぱり横町の古い喫茶店のです。
d0027244_21929.jpg


ジャンジャン横町を抜けたら
d0027244_214824.jpg

動物園前一番街、初めて見たわ〜〜〜〜
きっと路地に入ったら面白い店有るんやろうな。

このアーケードを抜けずに東?(右)に行くと天王寺です。

と、ありましたよ。てんのじ村記念碑。
d0027244_21202410.jpg

道頓堀、千日前、新世界などの演芸街に近かったために大勢の芸人がこの一角に住んでいました。
話に聞いたり、古い映画でてんのじ村の事が出て来ますが、見るのはこれが初めてです。
何かこの一角シュールやなあ。。。。。
大阪あそ歩マップ集のPDFに詳しく載っています。
そこからちょっと東に路地がある。喫茶Qピットやて、今度よってみようか^^
d0027244_21313921.jpg

ここを南に下ったら、飛田やな。
何かもの凄く濃い感じの路地やわ。
そう思うからそないに見えるだけやと用心棒に言われました。

この辺、いろいろ探検したら面白いやろうけどな。。。。。
一人ではちょっとね、それにカメラ下げて興味本位でウロウロしたら、張り倒されそうやな。
これにて帰ります。長い事おおきに。
[PR]

by hanarenge | 2014-01-13 22:05 | 散策中 | Comments(8)
2014年 01月 12日

えべっさん

9日から11日までは十日戎(とうかえびす)。

関西では「えべっさん」の名前で親しまれていると言えば浪速区の今宮戎神社です。

残り福の11日、用心棒と20年振りに行って来ました。

d0027244_15365777.jpg

神社の外にはえべっさんの縁起物を売る店と食べ物やの屋台が所狭しと出ています。
熊手にも恵比寿と大黒、箕(み)にも恵比寿(写ってまへん)と大黒 熊手はかき集める、箕は何でも取り込めますから。
なんで猫がおんのや?と思いますが^^招きかな。
このザルと言うか箕は昔で言うちり取りです、なんでもこの中へ集めますから、福もここへと言う具合。
福飴は金太郎飴の十日戎バージョン?えべっさんとか、おたふくの顔の飴です。

回転焼きとか御座候とか言いますけど、熱々が美味しいのです。
用心棒が食べてます^^湯気の上がった所を撮りたかったけど中々上手く行きませんわ。

境内では
d0027244_19102815.jpg

福むすめに吉兆を付けて貰う人々が大勢 どの娘さんも笑顔が可愛らしゅうて別嬪さんぞろいです。
d0027244_19132795.jpg

吉兆とか子宝とか言う縁起物がいっぱいです。赤が多いけどけばけばしくなくて綺麗です。
用心棒が言うには、昔(バブルの頃です)は、鯛や俵、箕、さらえなどの子宝はとても高かったそうです。笹はただで頂けますから、福むすめに順番に付けて貰って、いざお会計となるとビックリするほど高かったそうで・・・・
今は一個¥1500なり〜〜〜〜この世相では妥当な値段ではないでしょうか。

d0027244_19381434.jpg

境内で色とりどりの縁起物を見て回るのも面白いです。美しい細工だと思います。

私の福むすめさん
d0027244_19243849.jpg

左側の黄色の法被の女の子、忙しいのに撮る間カメラを見ていてくれました。
右側の女の子もポーズを取ってくれました。
ブログ掲載の許可を頂きました。有り難うございます。
赤い法被の女の子、笑顔がとっても可愛らしい、ほんまに福むすめさんや。

カメラを構えていると頭を下げてくれたり撮る間待っていてくれたりする方に良く出会いました。
人でごった返す境内ですがほっこりと温かい気持ちになります。ほんまにおおきに。

結ぶ願いは。
d0027244_19421635.jpg

この一年が良い年で、福がようさんきますように。。。。。。
[PR]

by hanarenge | 2014-01-12 19:45 | 散策中 | Comments(8)