<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 29日

ガスパチョ&体調の事など

ローマのjunkoさんのガスパチョを見せていただいて、早速作りました。
暑い夏、トマトは甘く果汁タップリ、キュウリも夏が一番美味しい。タマネギは甘くてぴりりと隠し味が効く。
d0027244_2084428.jpg

ボールにざく切りのトマト、キュウリ、タマネギ、パプリカなど入れて、ニンニクと冷たいコンソメスープとオリーブオイルも。
ビュワーンと混ぜて冷蔵庫で冷やす、冷やす&更に冷やす。
ある日のお昼にペペロンチーネとがガスパチョ。飲む野菜です。

夏野菜のピクルスも、この次期ならではの楽しみね。ズッキーニとパプリカとキュウリと月桂樹と黒胡椒20粒ばかりは忘れないでいれましょう。
漬けて1Wからがとても美味しいらしいけど、2日ばかし経った頃も中々で、1Wは保たない予感^^。
一番下は・・・・おまけの唐揚げ 笑。
鶏のモモ一枚は余分な脂肪を取って、1センチ角に切る。後はエリンギ!そうエリンギも同じくらいに切って、下味をつけておいたもも肉と合わせてジュワッとあげます。カロリーはダウン、量的にはアップ、アップ、味も大満足で言う事無しです。

さて、私、この前から左背部痛に悩まされておりまして。
初めは、長時間PCに向かっていたからかと思ったのですが、左の背中に貼付いた痛みはジワジワと存在感を増してくるのです。
座っても寝ても、痛みは去らず動かず、それどころか勢いを増して来る。
鈍痛なんだけれど、その鈍痛がどんどんアップ。
昨夜はどう足掻いても、眠れなかった。
キリキリと射し込むような嫌みではなく、ジワジワと広がり、ヒトデみたいに貼付き、ストレスのたまる痛みとでも表現したらいいのか。。。。。うめき声まで出てしまう有様・・・・。

沈黙の臓器の膵臓に何か起こっているのかなんて事も考えたりして、とうとう夜明けを迎える頃に2時間ばかりの睡眠。

痛む所にピンポイントで貼ってもらったシールのお陰か、心無しか痛みが遠のいた。。。。
でもこの際ちゃんと受診しなさい、臓器の痛みか筋肉の痛みか私には解らないと用心棒。

エコーで診てもらった所、膵臓も肝臓も腎臓も異常なし(機能的には血液検査待ちでまだ解らないけど、腫れているとか腫瘍が有るとか石持ちでは無かった)ついでに甲状腺も血管の動脈硬化も診て頂く。
こちらも異常なし、あ〜〜〜やれやれ。
血液検査はもう少し時間がかかりますが、取りあえず一次はパス!。
筋肉痛かしら?????。痛み止めの内服と貼付薬を頂く。
現金な物で、どんどん痛みは遠のき、昼寝をぐっすりしてしまった。

今まで、健康診断らしい事は勤務していた頃にしただけで長い事なんの検査もしていなかったなあと反省。
もう無理の効く年齢でもないのだ。
これを機に、ちゃんと受診することにして時には健康診断をして頂こう。と思ったのであります。

健康が一番ですもんね。
失って解る健康とお金?美貌????なんちゃって 爆

だいたいこれから「色々出て来るお年頃」なんだよね〜〜〜〜超嬉しくないわ〜〜〜。
[PR]

by hanarenge | 2013-06-29 20:39 | 心模様 | Comments(14)
2013年 06月 19日

舞洲(まいしま)

舞洲、夢洲、咲洲。大阪市の人工の島です。埋め立てて造った島。
その中の舞洲に百合が咲いています。初めて行きましたよ。

明石海峡大橋。右側が神戸市 左が淡路島です。(以下、ファイル大きいです 1316×877 )
d0027244_19324275.jpg


海風が吹くので案外涼しく感じます。

d0027244_2064727.jpg

百合には太陽が似合うねえ。
d0027244_2010995.jpg


海にはヨットが帆の花を咲かせていた。(1382×922)
d0027244_20105932.jpg


晴れた日曜日、道はとても混雑していました。

舞州に渡る橋が大渋滞でバスはいつ来るか解らないし、バス停には長蛇の行列。

結局、桜島駅から若いカップルとタクシーをシェアして行きました。
混雑の為、遠回りで思ったより高くついたのですが、橋の上で渋滞に巻き込まれるよりはね。
時間がもったいないもの。
[PR]

by hanarenge | 2013-06-19 09:00 | 散策中 | Comments(14)
2013年 06月 13日

5/15 奈良をぶらり2

夏空が広がる今日この頃。

5月の奈良、2です。026.gif

d0027244_15513455.jpg

へ〜〜〜そうなんだ、名前の謂れも面白いなあと。。。。
古い。。。。仁丹って言う所も古い。
d0027244_15521760.jpg

納院町とある 奈良町には 勝南院町・福智院町・十輪院町と何々院とつく町名があります。

奈良町と言うのは行政名ではなく元興寺の旧境内を中心とした一帯の町を奈良町と呼び習わしているそうな。

気怠い昼下がり、家もくたびれた様子で。
d0027244_1611155.jpg

手前の家などはもう人が住んでいない様子に見受けられて。

元興寺塔跡の前には寧屋工房さんがあります。繊細な燈火器を作っておられます。
d0027244_163351.jpg


寧屋工房さんHP
寧家さん
とても美しい燈火器の数々を是非見て下さいね。

今回初めて伺った十輪院。蔀戸が美しい。
d0027244_16202628.jpg

ここで高野山の、角濱の胡麻豆腐を購入出来ます。一本¥450なり〜〜^^
庭にはアヤメとサツキが ついでにカッパとごとちゃんも。
d0027244_1628660.jpg

芍薬は御霊神社にて。
十輪院までの路地には、玄があります。
d0027244_17111184.jpg

ミシュラン星付きになった蕎麦屋、いや、別にミシュランなんぞ、どうでもよろしいんやけど。
夜は2組 昼は40枚くらいの蕎麦、要予約です。
お気が向かれたらおこしやす。

四葉カフェに寄りたかったけど、今日はお休み、しょうがないからカナカナへ戻ってお茶しました。

冷たいミントティは・・・・・あかんかった。><;私には合いません。

この後は。
d0027244_1719578.jpg

後1時間くらいで閉門の元興寺へ。極楽坊と禅室。
極楽坊は飛鳥時代の瓦も使われています。写真には写っていませんが色が少し違うのですよ。
庭の石仏の間に咲く桔梗が風に揺れる季節もうすぐです。

興福寺の塔が見える。
d0027244_17294560.jpg

さあ帰ろう!
[PR]

by hanarenge | 2013-06-13 17:36 | 奈良 | Comments(6)
2013年 06月 09日

初体験

ひや〜〜〜何てったって18年振りよ

平成7年、田舎の実家の父母が我が家の障子を全て貼りかえてくれました。
もちろん!私も一応お手伝いはしたのさ039.gif
しかし、母の側で口だけ参加(文句たれ&世間話)しただけだったのだ。

以来我が家の障子は年を経て黒ずむばかりだった。
知らん顔しているのは、もう限界、とっくに限界。
d0027244_20125973.jpg

何かもの凄い有様だ。
霧吹きで障子紙と桟を濡らして剥がしていく、これが案外面白い。
d0027244_20154070.jpg

黒い筋は長年の汚れが水で流れたのさ!
綺麗に吹き上げた障子は暫く置いて乾燥させた後、のりをつけて貼っていくのだ。
d0027244_20163760.jpg


居間の障子、大小合わせて都合8枚。張り替えた後の白さに感動する用心棒と蓮花草であった。
d0027244_20191777.jpg

え?右側がしわだらけだって?
まあ、何と言うか、一番初めに貼った奴さ!
そのまま障子紙を転がせばいいのに寸法を測って切ったもんだから〜〜〜〜012.gif
まあ、難は有りますが、初体験にしては上手く出来たと自画自賛^^。

この後は仏間の障子を張りかえまする。
3階と4階はまた後でね、次男の部屋の障子なんてまっさらみたいだから^^。。。。

一年一回張り替えよう我が家の障子^^と言う事です。
都合24枚の障子、腕も上がろうってもんさ 苦笑(やけくそ)
[PR]

by hanarenge | 2013-06-09 20:27 | 心模様 | Comments(8)
2013年 06月 08日

5/15 奈良をぶらり1

東向き商店街、南に延びる商店街なのに何故東向き???。
d0027244_23471518.jpg


それは興福寺に関係しています。商店街の東側は興福寺、その昔南都の興福寺と言えば一大勢力でした。(写真に向かって左側が東側、すなわち興福寺です)
鎌倉時代大和一円を支配していた興福寺の勢力は強大で、かりにも伽藍の近辺に商家を作ることはできず、興福寺からの眺望を妨げる二階建てさえも堅く 禁止されていました。従って興福寺に面した東向通りは道の西側だけに人家があっただけで東向町という町名もここから生まれました。その後興福寺の勢力が衰え、道の東側にも住宅がたちならぶようになりました。現在人家の裏に一部溝を残しているのが、興福寺との境界の溝といわれています。奈良東向商店街HPより抜粋

そう言う事でしたか、寺社の勢力は、貴族にも匹敵、いやそれ以上だったかも。
昔の物語に南都の僧兵が押し寄せたとか、比叡山の僧兵が神輿を担ぎ、槍、刀を押し立てて衣の下に鎖帷子等を着込んで都に押し寄せたとか。。。。書いてあります。
白河天皇が、「賀茂河の水、双六の賽、山法師、是ぞわが心にかなわぬもの」と嘆いたと平家物語に有りますが、それは中々頭の痛い事だったでしょう。
それが後の世の、比叡山焼き討ちにも繋がっていくのかも知れません。

大乗院庭園
d0027244_23584250.jpg

興福寺の門跡寺院である大乗院の寛治元年(1087年)創建と同時に築造された庭園とWikiには有ります。
大乗院は明治の廃仏毀釈で廃寺となってしまいましたが、庭園は残りました。
復元工事がなされ一般公開されています、その昔はもっともっと立派な庭園であっただろうと。。。後ろに見えているのは奈良ホテルです。
今回初めて大乗院に行ったのです。
d0027244_094999.jpg

その道すがら、こんな塔がぽつんと残されてありました、わざわざ残しているくらいだから謂れがありそうです。
ちょっと休憩。
d0027244_0101170.jpg

これはぶとまんじゅうです、春日大社の御例祭に神前にお供えする唐菓子です。

ぶとは、奈良時代に遣唐使が伝えたと言う唐菓子の一種で、神社、寺院の神饌菓子なのだそうで。
平たく言えばあんドーナッツみたいなお菓子^^(多分、現代風にアレンジされていると思います)

「萬々堂通則さん」と言う和菓子屋さんでこしらえて販売しています。
d0027244_018661.jpg

餅飯殿商店街にあります。
京都ほど、有名所が押すな押すなでは無いけれど(有名でない所も押すな押すなに、なっている感も有ります)奈良にも由緒あるお菓子があるんです。

京都にも唐菓子が有りましたね、あれも食べてみたい^^
[PR]

by hanarenge | 2013-06-08 00:26 | 奈良 | Comments(8)
2013年 06月 05日

母の日の

遅くなったけど、母の日の事を。

届いたのは(お嫁ちゃんが毎年選んで、手配してくれるのです)

d0027244_1235749.jpg

真っ赤なベゴニアと治一郎のバームクーヘンと楽寿久房(ラスク)の詰め合わせ。
冷たい紅茶と。。。。早速頂きました。

とっても美味しかったよ、毎年気遣ってくれるお嫁ちゃんありがとうね。

5月の日曜日に皆で来る予定になっていたのだけど、真ん中のmちゃんが発熱しちゃいまして(><)
長男宅へ用心棒と一緒に行って来ました。

兄貴のi君は雨の中を友達と遊んでいて、じいじとばあばが来るからと帰って来たのだけど頭からびしょぬれ、お風呂へ直行です。
素っ裸で出て来て、何して遊ぶ?とニコニコしながら聞いて来ます。

mちゃんは、静かに寝ていましたが、やはり皆がお喋りしていると少し淋しそう。。。。熱が出てるときって淋しかったり不安だったりしますもんね。
お父さんに小さな声で、ジャガリコ食べたいなんて言っていました。少し食べて、ヒエピタをオデコに貼ってうつらうつらと。。。。因に翌日はすっかり元気になりました。

さて末っ子のiちゃん一才と二ヶ月になりました。
人見知りします、私を見て大泣き、じいじにはそんなに泣きませんのよ^^
それで私とお兄ちゃんがゲームをしているとジイジの横でワハハハって大笑いしてるんです。
d0027244_1553489.jpg

歩き回れるようになったので、どこへでも行きます。

三人の孫達がすくすく健康で大きくなってくれますように。
[PR]

by hanarenge | 2013-06-05 01:57 | 天使の宝箱☆ | Comments(10)
2013年 06月 03日

打ち上げだーい

ブログの輪の写真展が5月28日から6月2日まで開催されました。
そして昨日は最終日。ブログの輪の交流会でした。
写真の素晴らしさは、もちろん言うに及ばず、ブロガーさん達のおしゃべりも楽しく、お料理もおいしく楽しい時間が過ぎました。

スポック艦長さんのライブもありました。

軽妙な語りと素晴らしい歌の数々、どの歌も素晴しいselectでした。
中でも「長崎の鐘」は圧巻でした。

カメラを忘れた蓮花草は携帯でライブの模様を隅っこからパチり。
d0027244_11404284.jpg

[PR]

by hanarenge | 2013-06-03 11:46 | ネット関係 | Comments(16)
2013年 06月 02日

ブログの輪の写真展

d0027244_2244833.jpg


まだまだ先だと思っていたブログの輪写真展

開催の日が近づいて参りました。

私、蓮花草も一つだけ、出させて頂いてます。

「私的そうだ京都へ行こう 笑」と言うタイトルです。
JR東海のようにはいきませんけど・・・・無謀にも同じタイトル付けちゃいました。


記事はこの下になります。
[PR]

by hanarenge | 2013-06-02 14:53 | ネット関係 | Comments(2)