心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 31日

山菜とお菓子

Tちゃんと行った島根の鳥取県の智頭町のお土産の山菜は
島根と書いていたのですが実は鳥取県でした!OH勘違い!
ブログの輪展のお仲間のKUMIKOさんから教えて頂きました KUMIKOさん有り難うございました!

d0027244_663899.jpg

ワラビは煮浸しに、芹は田舎の味付けの炒り煮に。タラと芹も天ぷら。 
桜えびと新タマネギもついでに天ぷらに。
残った芹はゴマを入れておひたしに。旬を食べると贅沢な気分になれます。

4月から5月は妙にお菓子を作りたい気分でした。
d0027244_6124862.jpg

アップルパイとクッキー、型で抜いたのはドイツのクッキー、名前は・・・忘れた。
かなり歯ごたえのあるクッキーです。
黒いつツブツブのはゴマクッキー、小麦粉と片栗粉と少しの牛乳で。ザクザクのクッキーです。

自分で作って自分で食べて満足満足、手軽な遊びです。

抹茶をシェイクしてクイッと飲むと、蒸し暑さも消えます。
d0027244_6294120.jpg


今日は058.gifの一日のようです。洗濯干そうっと060.gif
[PR]

by hanarenge | 2013-05-31 06:32 | キッチンから | Comments(2)
2013年 05月 27日

智頭町 2 みたき園

茅葺きの古民家と東屋が、広い敷地内に点在しています。清流が敷地内を流れています。
d0027244_1782517.jpg

私たちはメインの母屋に案内されました。
d0027244_15252493.jpg

田舎育ちの私は、日常の生活をこんな茅葺きの家で送りました。最も私の家はもっと屋根が高かったのですけど。
屋根には植物が生えていますが、これは多分演出の為に生やしたままにしているのでしょうね。
この風景の中の、茅葺き屋根。可愛いでしょう^^
中に入ると囲炉裏には火が。
d0027244_15295153.jpg

開けておかないと煙が凄いの、だから暖はストーブで補っていた。
玄関を入って右側の別室で食事を頂いた。
d0027244_15314692.jpg

ヤマメを焼いて味噌を塗ったものとこんにゃくの田楽、揚げ物は山菜と松葉など。。。
Tちゃんとおしゃべりが弾んで、時間が経つのも忘れるくらい。一番の御馳走は楽しい語らいですね。
敷地内の写真を少し。
d0027244_16594510.jpg

毛氈を敷いた床机が木立の間に見えます、その下は北又川です。川と言うより谷かな。
山桜が咲いて、新芽はやっと出たばかり。対岸には「天空の滝」があります。
こんな物も有りました。シイタケの木にはいっぱいのシイタケ、これは食材に使われます。
d0027244_17102427.jpg


表も見たいから、ちょっと出てみました。
d0027244_17143420.jpg

芦津渓谷はもう少し先。

橋を渡った所は、公園に、その名もどんぐりころころ公園。
d0027244_17223959.jpg

橋の上には、これは何?苔の一種?赤い頭を付けた木の枝のような物がいっぱい生えていた。

さあ!帰りましょう。
高速から見える山にはサクラが咲いています。気温は15℃です。4/15 午後3時過。
d0027244_17532366.jpg

お土産はアワクランドで買った、山菜と栃餅でした。

Tちゃん、本当にお世話になりました、ごちそうさまでした。また会いましょうね!。

智頭町観光協会のHPです

長い記事をご覧頂いてありがとうございました。
[PR]

by hanarenge | 2013-05-27 17:52 | 小さな旅の思い出 | Comments(2)
2013年 05月 19日

智頭町へ 1

1月に38年振りに会った友人と島根鳥取まで行ったのは4月15日だった。

Tちゃんが山菜料理を楽しめる所に連れて行ってくれました。私は初めて行く所ですからもうウキウキワクワクです。

彼女の運転で、播但道から中国自動車道の佐用I.Cでいったん下りて、(一般道の方が面白かろうと^^)
で、因幡街道平福の宿。ここも宿場町として栄えた所です。宮本武蔵の初めての決闘もこの宿の外れであったとか。それも今は昔、道の駅には山菜やお餅、味噌、茸、そして鹿コロッケが。
d0027244_0172283.jpg

ちょっと塩っぱかったコロッケ、美山の鹿コロッケの方が好みかな。。。
ドライブ途中に立ち寄る人も多いのね、ここは。
d0027244_0201398.jpg

山は利神城跡かしら、ちょっとアップに。
d0027244_0242855.jpg

宿場町のマップを貰ったのですが、時間があればここも立ち寄りたいと思わせる中々の所でしたよ

平福から智頭街道、西粟倉村を経て芦津渓谷の手前にある、みたき園までドライブです。
(マップはみたき園さんからお借りしています)。
d0027244_23255494.jpg



智頭線と平行して走ったり。。。。スーパーはくとが走行中だったのだけどカメラが間に合わず。。。普通の車両で我慢です。
智頭宿に入る前には岡山の美作市も通ります。
d0027244_2347149.jpg

美作と言えば宮本武蔵。温泉の案内も見かけました。
知らない土地なのに、懐かしい景色が目に入る、心が弾む、和む。Tちゃんに感謝です。
山ツツジとサクラがとても美しい。ここで止めて、こっちも見せて、喧しい蓮花草の希望を聞いてくれるTちゃん、学生時代の友人ってへんな気遣いはいらない、それが一番。
西粟倉村のアワクランドにはハーレーも仲良く止まってました。ツーリングには持って来いの天気です。因にハーレーのお二人もみたき園に来たはった^^。
d0027244_029050.jpg

アワクランドで山菜をゲット(芹とたらの芽、お餅等など)味噌も有る〜〜〜と言う私に、それは重たいよというTちゃんです。Tちゃんの所からは電車の私だったのだ 笑。
お土産ゲットでニンマリして、ドライブは続きます。
みたき園には毎年二回は来ていると言うTちゃん、道々の案内も頼もしい。
目指す芦津まで約5k、渓谷までは11kとの表示も楽しく見ながら快適な走り。
思わずわ〜〜〜っと声が出たのは、間道に入ってからです。
村の小学校と公民館とおぼしき建物と桜並木、そして風に舞う花吹雪。春の風と光に花びらは白く輝いて、ひらひら、はらはら。
d0027244_0391787.jpg

鼻の奥にツーンと樟脳の匂いがして、私の分校の庭が鮮やかに目に浮かんで来た。

そんな新鮮な驚きとお笑い道中の中、Tちゃんと、たどり着いたみたき園です。
d0027244_0403737.jpg

Tちゃん、慣れたもんです。私は、写真を撮るのに右往左往><全く落ち着かないのでした!
続きます。

6月4日訂正加筆
コメントを下さったmagomagomさん、私は鳥取県と島根県を取り違えていまして。。。。。
智頭町は鳥取県でした〜〜〜〜〜すみませ〜〜〜ん。

ブログの輪展のお仲間のKUMIKOさんが教えて下さいました。有り難うございました。
[PR]

by hanarenge | 2013-05-19 00:07 | 小さな旅の思い出 | Comments(2)
2013年 05月 11日

ベジブロス

夕方のN◎Kで、流れて来たベジブロスと言う言葉

いったい何ぞや?と思うと。

野菜の屑から出汁をとると言う事だそうで、ベジタブルとブロスを足して出来た言葉?だそうな。

昆布、鰹節、イリコ、シイタケなどで出汁をとっている私ですが、これは試して見る価値有りかなと。

早速やってみました。
d0027244_21425042.jpg

集めておいた野菜の屑を水からコトコト、金色の出汁がとれます。

豚肉と木綿豆腐、生若布も残っていたので、味噌仕立てに。干した生姜も入れました。
d0027244_21453660.jpg

なんちゃって豚汁です。

残った出汁は、冷蔵庫で保存、明日使います。
d0027244_21435810.jpg


とった出汁はまさしく野菜の味、それに塩を入れると何となくコンソメっぽくなります。
醤油を入れるとまた違う味。
大根の皮なんかキンピラにすると美味だけど、少ないときなんか捨てていたのね。
野菜なら基本何でもいいらしいけど、キャベツとかブロッコリーは香りがきつくなるらしいです。
茄子は紫色のスープになってしまうから(別にいいけど^^)カレーなんかに使うといいらしいです。
ただし、野菜屑は冷凍すると味が薄くなるらしいです。
農薬を使っている物はアウトね、と言ったって全く使わないのは、商品として売る場合、まあ、あんまりない話やから・・・・・
あんなに青々したピーマンとか、キラキラの紫の茄子とかありえへん。田舎の畑の野菜見てる私はそう思うよ。
今は、農薬の心配のない産直野菜もネットでもリアルでも買えるから。
そう神経質にならなくてもいいかな^^
[PR]

by hanarenge | 2013-05-11 22:00 | キッチンから | Comments(10)
2013年 05月 09日

私のGW @

床での食事を楽しんだ後は。。。。
ちょっと、貴船を歩きましょう。
もう何年も前に鞍馬から貴船まで越えた事が有ります。その時は奥の宮までは行かなかったので。
貴船マップ ストリートビューもありますよ。

川沿いに道を上がりますと 見えて来ました、奥宮への鳥居。
d0027244_21351296.jpg

ここから参道を歩きます。
d0027244_21444934.jpg

緑濃い参道は山の匂いが満ちている感じ。
貴船神社の奥宮と言えばね、丑の刻参りで有名な所です。
昔、宇治の橋姫が貴船神社の奥宮に丑の刻(午前2時)参りをし、男に呪いをかけたという伝説があり、それをもとに書かれた謡曲『鉄輪』が広く知られ、丑の刻参りの跡らしき五寸クギが実際に残されています。
しかし「丑の刻参り」というのは、貴船神社の祭神・高おかみ神が貴船に降臨されたのが丑年丑月丑日丑刻だと伝える古事によるもので、人々のあらゆる心願成就に霊験があり、呪いを叶えるというものではないそうです。京都のパワースポットより引用
いつの間にか本来の意味より、恨みの方に話がいってしまったのね。
この貴船奥宮の、丑の刻参りの伝承が残る鉄輪の井を訪ねるのも面白いかな。
この井戸水を、切れたい相手に飲ませると縁が切れるのだそうな。
この井戸は今は枯れているのですけど、この井戸の上にペットボトルに詰めた水を一晩置くだけでも効果があるらしい・・・と言われているそうです。
しかもですよ、聞く所では、昭和10年にこの地を整理した時、鉄輪が出たと言うのですから。。。。。。

丑の刻参りは、顔に朱、全身に丹を塗り口に松明をくわえて、頭に鉄輪をかぶり京都の街中から洛北の貴船までひたすら走ったと言うのだから、想像するだに恐ろしい姿だ。古い都には色々な事が隠れているのだなあ。
あら脱線。

さあ奥宮です。
d0027244_2251919.jpg

赤い社と青葉がとても美しいと思いませんか。
連理の杉(杉と楓が二本寄り添っています)この他にもここより下の結社には相生の杉があります
d0027244_22521692.jpg

奥宮
d0027244_22555126.jpg

d0027244_22562819.jpg

船形石の後ろにはこんな可憐な花が咲いています。
船形石は御祭神の御料の船を石で囲ったと言い伝えが有ります。
d0027244_2257524.jpg
d0027244_22574019.jpg

d0027244_2256526.jpg

深呼吸しよう 山の香りが満ちている。気が満ちると言うけれど、私はそっち方面は全く疎いから^^:
d0027244_2322366.jpg


奥宮の横には駐車場が有り車道は芦生峠に伸びています。
貴船川に下りてみました。
d0027244_2332547.jpg

私の田舎の谷を思い出す。。。。こんな所で遊んだっけなあ。。。
水の音が心地よい。
道々にはシャガの白い花が咲き乱れていた。
d0027244_23103526.jpg

この大きな木。
d0027244_23113390.jpg

幹はウロになっている。
d0027244_2312984.jpg

道はかなり狭いのです、そこを車がドンドン通る。。。。繁忙期は上高地みたいに制限した方がいいのじゃあないかしら。。。。
食事をした右源太さんを下手から。右の赤い提灯の所から下ります。
d0027244_23132481.jpg

貴船口までは送ってくれます。
d0027244_2315592.jpg

叡山電車で帰りましょう。
おまけ^^先斗町ウロウロ。
d0027244_23161530.jpg

木屋町通りを北に上がって、喫茶グリーンで卵サンドをと思っていたのだけれど。。。。
ああ!無慈悲にも閉店している〜〜〜〜コロナも閉店してしまったし・・・卵サンド食べたい!
で、蕎麦を食べて帰って来ました。
GWはこうして終わりました。そうそう卵サンド、もう一軒なんとか見つけたので今度は其処へ行きたいです。笑.行けるかなあ・・・・行けたらいいなあ。。。。
[PR]

by hanarenge | 2013-05-09 23:25 | 京都 | Comments(4)
2013年 05月 07日

わたしのGW

exciteのブログテーマではないけれど058.gif

GWには、ちょっとしたお楽しみがありました。

5月3日は
d0027244_1494211.jpg

姪のMちゃんも出るチャリティーコンサート。
d0027244_14103988.jpg

これは合唱です。姪は右端の一番前です。カジュアルなコンサートかと思ったら皆さんドレスで。
フルート演奏中のMちゃんです。右端です。
d0027244_14125892.jpg

音楽関係の事務所から、結婚式の演奏などを頼まれて出向く事もあるので練習は毎日頑張ってます。
弟夫婦とお祖父様とお祖母様と私たち、Mちゃんのお姉ちゃんと彼氏の都合8人で行って来ました。
二人の姪っ子は、成長したなあと感無量^^。息子たちは姪っ子たちより大きいので、彼女たちが小さい時はお守り役でした^^。

帰りにはグランフロントを冷やかして行こうと。
右はヨドバシカメラ その左がずっと工事中で白い壁しか見えなかったグランフロントです。
d0027244_14285063.jpg

ナレッジキャピタルは何番目かな?6Fに近大水産研究所が出店してます。
d0027244_1858841.jpg

世界で初めての養殖のクロマグロが食べられますよ。取材も一番多かったとか。凄い行列でしたよ。
もっと落ち着いてから行ってみようと思います^0^。
同じフロアにロート製薬の農場が。
d0027244_14381093.jpg

旬穀旬菜シティファームです、水と光の野菜畑です。
隣にはレストランが有ってここの野菜を調理しています。ここも面白そうです。
6Fから見たナレッジキャピタルの2Fフロア?。
d0027244_14432387.jpg

用心棒と私、まるでお上りさん状態ですよ 笑
至る所にガードマンが立っています。案内も兼ねていて、丁寧に教えてくれます。
夕方だからか、恐ろしい込み具合という感じではなかった。建物が大きくて広いからかな。
新しい所ってどうしても見たくなりませんか?

5月5日は京都へ。
d0027244_1458422.jpg

大極殿本舗さんの栖園さんへ。頂いたのはわらび餅と琥珀流し。(わらび餅は用心棒です。)
写真は五月の琥珀流しです。
d0027244_19112680.jpg

毎月テーマが変わります。壷庭からの風が心地よい季節です。暖簾はアヤメ?カキツバタ?
暖簾も月代わりのようですよ。
混雑する四条通りから離れてますので、静かです。
さあ、本日のメイン?貴船に参りましょう。
出町柳から電話をすると、貴船口までお迎えが来ます。

貴船
[PR]

by hanarenge | 2013-05-07 21:31 | 天使の宝箱☆ | Comments(4)
2013年 05月 02日

マーク




          


                                                                                                     
d0027244_22301861.jpg

                                


Windowsから見たら、にしか見えないそうで。。。。

More
[PR]

by hanarenge | 2013-05-02 22:30 | PC等 | Comments(2)
2013年 05月 02日

京都で櫻

妙心寺を後に。
d0027244_1741195.jpg

写真は全て4月1日の撮影です。

バスで降りたのは、やっぱり京都御所^^。御所=御苑の広い敷地内には桜がいっぱい。
d0027244_1742113.jpg

3月にはまだ咲いていなかった山桜も満開に。
枝垂れ桜は、柔らかな花の影
d0027244_17432758.jpg

小さな花びらが集まって朧な影を出すのねえ。。。
d0027244_17461399.jpg

近衛邸跡から西へ歩いた所に咲く枝垂桜

生け垣に沿って幾本もの桜の花が揺れる。
d0027244_1749962.jpg


3/26日は見頃だった近衛邸跡の糸桜は、もう散りかけています。
d0027244_1750468.jpg

その後ろで色の濃い紅枝垂が見頃を迎えて。
記念写真のお二人さんや花を観る人で賑わいます。
d0027244_175475.jpg


d0027244_17554812.jpg

d0027244_17562112.jpg

近衛邸跡からもっと東には山桜の見事なのが一本。
d0027244_1757114.jpg

3/26にはまだ蕾だったなあ。御所から始まって御所で終わる私の桜です。
そう、ちょうど朔平門の前なのね。この門の南側には若宮御殿、姫宮御殿、飛香舎(ひぎょうしゃ)などの建物があるのです。
d0027244_1759990.jpg

西に傾いた日を背中に、そろそろ帰るとしましょうか。
今日は石薬師御門から出ましょう。(北東の門です)
ここから出町柳までぶらぶら歩くのが好きです。
賀茂大橋の上から、高野川に沿って咲く桜を。もう満開ですね。送り火の法の字が見えるでしょう?
橋は河合橋です。
d0027244_18181580.jpg

手前が賀茂川、ここで右の高野川と左の賀茂川が合流して鴨川となるんですね。
d0027244_18202242.jpg

写真には写っていませんが、この三角州の西側(左)にかかる橋は出町橋です。
京都御所を出発した葵祭の行列が下鴨神社に向かう道筋に当たるのです。出町とは都=京の出口と言う事らしいです。町を出る・・・・なるほどね。知らんかった。
京都の桜はこれで終わりです、長々とご覧頂いて本当に有り難うございました。
[PR]

by hanarenge | 2013-05-02 18:45 | 京都 | Comments(2)