ブログトップ

心の万華鏡  

<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

椿を求めて/白毫寺から神苑まで 2

白毫寺から神苑まで歩きましょうと言う事で、ぶらぶらと道すがら。

光がとても似合う菜の花。お日様の色だね。
d0027244_0412100.jpg

里山の春を代表する花。もう記憶の中だけの私の里山が立ち現れたようでズキンとしたよ。


興味もなかったのは若い頃。足下の草なんてろくに見ていなかった。
d0027244_0101161.jpg

小さなはぁとがいっぱい付いて嬉しいな。
d0027244_022213.jpg

お望みのはぁとをどうぞ。良ければ差し上げます。


ハルノゲシ 見慣れた花ね、「史前帰化植物」らしいの。古い古い時代に異国から来たって事?
原産はヨーロッパって言うから、長い旅路の末にここにいるのね。
d0027244_0255011.jpg

こんな小さな花にも、物語が有るのね。長い旅路のロマンを感じたわ。
日本本土の植物(シダ類まで含む)が約4000種、そのうち帰化植物は1200種と言われている(2003,清水他)。恐らく最も古いものはヒトの伝来にまで溯らねばならないかもしれない。少なくとも、農耕文化は多くが国外からもたらされたものであり、それらは同時に多くの帰化植物をもたらしたと考えられる。現在も農村や畑周辺に見られる雑草にはそのようなものが多いのではないかと前川文夫は考え、これを史前帰化植物と呼んだ wikipediaより抜粋


勢い良く流れる農耕用水路に小さな白い花が咲くよ。この花はなんて言ったっけ、野に咲く花はどれもこれも懐かしい顔だ。幼い頃のお馴染みさんばかり。
d0027244_0342415.jpg

青い宝石、空の色、季節を先駆けて咲くのはこの美しい瑠璃色の花。
d0027244_0365685.jpg

この花を見ると野の花の完璧な美しさが胸に迫る。

レンギョウも
d0027244_0405197.jpg

ユキヤナギも
d0027244_0412423.jpg


白毫寺から降りてくる道は、家が建て込んでいるとは言え、まだどことなく鄙びた印象も少しは残る道。
途中に食べ物屋さんがあるの、まだ入った事はないのだけれども。
「花」って名前のお店です。お茶したいなといつも思うのだけれど・・・・ね。
d0027244_045237.jpg


えんきりんとえんむすび えんきりんは違うなあ 縁切りさんと縁結びさん、可笑しい?
d0027244_048578.jpg

一回のお参りで事足りまする。一度でニ度美味しいグリコみたい??効き目有るんかしらん。
新薬師寺の門の斜め向かいに有ります。
d0027244_0505673.jpg

この道も好きな道。

どれもこれも3月22日の撮影です。

奈良と京都、あっち行ったりこっち行ったり、忙しおますけどよろしゅうに。。。
[PR]
by hanarenge | 2013-03-31 00:54 | 奈良 | Comments(8)

京都の枝垂れ桜 1

奈良の椿もまだ有るのだけど・・・・・・

散ってしまわないうちに、やっぱり桜を載せたいから^^


京都御所(御苑)の近衛邸跡の糸桜 (クリックするとポップアップします)
d0027244_12595840.jpg

満開です 朝日が射し込んで桜はいっそう輝きを増します。

出水の小川の糸桜
d0027244_1353339.jpg

たった一本の枝垂れです、華やいで見えるでしょう?

京都府庁旧館の中庭にも
d0027244_1372999.jpg

ルネサンス様の旧館の庭に咲くのです。

千本釈迦堂の阿亀桜(おかめざくら)
d0027244_13125986.jpg

可憐な桜です。

千本釈迦堂から西へすぐの上七軒 京都五花街の一つです。
d0027244_13145146.jpg

舞妓さんが急ぎ足で向かうのは上七軒の歌舞練場、華やかに北野をどりが始まった所です。
コッポリではなく草履で歩いていた舞妓さん、きっとちょっと用事で屋形に戻った後で向かう所だったのかも。



晴れ渡った朝、空気はピリッと冷たかったけど思い切って京都まで。。。。

出町柳の駅前でお握り買ってぶらぶらと今出川口まで歩いた私。
御所の朔平門の装飾が朝日できらっと光っていたよ。

御所見学の人も見えていた。まだ一般公開ではないから申し込んだ方々だけね。

近衛邸の桜から出水、京都府庁、千本釈迦堂と桜巡り。おまけは上七軒。

また、後で日記代わりのアップをします。
[PR]
by hanarenge | 2013-03-28 13:18 | 京都 | Comments(8)

椿を求めて/白毫寺から神苑まで 1

d0027244_1616516.jpg

ううん!!いい気持ち!  高円山の麓から奈良市内一望、↓の下は興福寺。五重塔が解るかな?。
南からずっと流して合成しようと思ったけど、いざ作る段になって写真が合わずに凸凹になるから諦めたです。

高天山 白毫寺(こうえんざん びゃくごうじ) 私はずっと「たかまどのやま」だと思ってました。

ここは、ひっそりとしたお寺、そのお寺に五色椿があるのです。

d0027244_16401752.jpg

これがそうなんですが・・・・咲いてない   ーー)
天辺が賑やか。日当りの問題?違うよね。。。今年は気温が低かったからやっと咲始めだそうな。
d0027244_16411687.jpg

枝の陰に咲いているのも有りました。
d0027244_16424876.jpg

五色椿以外にも色々植わっています。
でも、レンズの手ぶれ防止をオフにしていたのを、レンズ交換まで気づかなくて、ほとんど×でした。ドジ〜〜〜〜。
山茱萸(サンシュユ)漢字が難しいのね。小さな花火のような可愛らしさ。
d0027244_16521429.jpg

もう満開を過ぎた子福桜、寒桜でしょうね。
d0027244_1655482.jpg

こんなに可憐な桜です。
d0027244_16584393.jpg


水仙さん、こんにちは。
d0027244_176757.jpg

紅白です
d0027244_1765659.jpg

この色が好き
d0027244_1772065.jpg

光が濃くなって来ましたね
d0027244_17163780.jpg


秋には萩が参道の石段を彩ります。両脇にずっと萩が咲くのです。
d0027244_1781814.jpg

あの山門のもう一つ向こうに受付が有ります。
受付の前から。築地の破れ加減が実にいいと思いませんか?萩を短く刈ってあります。
d0027244_1711326.jpg


とても晴れて暖かな一日、椿を求めて奈良まで。
道すがら、可愛い野の花も撮ってみた一日でした。
[PR]
by hanarenge | 2013-03-24 17:28 | 奈良 | Comments(4)

買いたかったものは買えなかった手作り市

手作り市と言えば、百万遍さ!私的にはそう思っていたのだけど。

府下でも開催しているんだと知りまして、行って来ました。ファイル(1435×811)少し大きいです。
d0027244_1043495.jpg

あいにくの曇り空の中を出かけたのです。
私的に一番良かったのは右上の竹細工と言うか、笊、籠などの細工の物でした。
昔は生活の中にいっぱい有りました。
私の子供時代、小学6年生になると山の分校での複式授業は終了、本校に毎日通う勉学環境^^;になります。
帰る時は山道に差し掛かる前に、ある家で水を飲ませてもらって一休み。
そこのお爺さんが毎日毎日、竹を割ってヒゴを作って笊や籠を編んでいました。
見事な手さばきを見せてもらった物です。
そしてお爺さんの手から編み出される様々な形の竹の笊や籠は、とても美しかったのです。
もちろん、お爺さんはプロです、商売で作っているんです。
私の家に有った笊や籠等はきっとこのお爺さんの作った物だったでしょう。
手作り市の竹細工は大きな籠で¥12,000からでした。高い?安い?今回は買えなかった私です。
笊が一枚欲しいなあ・・・・・
それとね、これには載っていないけど、革の細工のポシェット、とっても柔らかくて軽くて素敵でした。
ちょうどお昼時、ハルワ食堂のコフタのタジン、モロッコパン付きでお腹がいっぱい。
これ中々いけました。
ミートボールの横は、ブリキ?のオモチャと言うと失礼かしら?アート感覚のロボット。
小さなブローチとか色々と。見ているだけで楽しかったな。
あららら、間違って同じ写真を二枚貼付けてしまった〜〜〜〜原本捨てちゃったからもうこのままにしておきます^^/。
結局買った物と言えば・・・・・
d0027244_115552.jpg

ジャムとパン。何だかね〜〜〜。
この顔のように見えるのは揚げパン。シナモンと黒糖の二種類、これは黒糖味。
オヤキみたいなのも見えるでしょう?あとはチーズパン。
イチゴジャム、瓶が可愛いかな?。
d0027244_117745.jpg

味?美味しいですよ。
でもねえ、パンはねえ、イマイチでした。
あれですね、こんな所に行くと何か買わなきゃ損するみたいに思ってしまってついつい財布を開いてしまう私ですけど。。。。
どこでも買えてしまえるような物を買っちゃって反省です!!。
本当に欲しかったのは竹細工の笊、もちろん実用品として使うのですよ。
手が出なかったわ〜〜〜〜〜〜(涙^涙)
じ〜〜〜っと観察してると、やっぱり一番売れてるのはパンとかジャム、蜂蜜、クッキー&ケーキ、お握り、コロッケ、お弁当。あ、あと蒸しパン!キッシュのお店は1時間余りで売り切れてました。
この後、並んでコロッケも買っちゃった^^でもそこは参道の商店街にあるお店のでした、なぁんだ並ばなくても買えたんだ!
所で桜!開花してました、もう満開になった木も。
d0027244_11352342.jpg


咲いていない木の方が多いのだけど。。。。。
d0027244_11364239.jpg

満開になるとまた華やかで賑やかで。この門の下を笑顔で行き交う人の事を思いました。

さて、本来ここは梅が有名。
d0027244_1145655.jpg

じゃぁぁぁん、梅は終了です。この2〜3日前に大雨と大風が有りましたからね。また来年ね。
[PR]
by hanarenge | 2013-03-23 11:49 | 散策中 | Comments(0)

過ぎて行く日を

タイトルは記事には関係ないと言うか、気取り過ぎと言うか。。。。

お抹茶が好きです。
d0027244_2342186.jpg

茶道と言うのはあまりにもおこがましい::::おこがましさmaxなんです。
そんな上品なものではないのですが、抹茶をちゃっちゃと点てて楽しんでいます。

高級なお抹茶には、貧乏な私は手が届かないので、スーパーで安いのを買いますと言うかこれ一手しか置いていないのですけどね^^
前は三段階くらい有ったのですが、今は¥500です。
たまたま桜餅が有ったのでそれと合わせてみました。

もう年賀状のお年玉を見ました?
私はいつもぐずぐずして今頃です。

そしたらね 5635
なんと3等が我が家に!!!!

いつもは切手シートが当たるかどうかと言うくらいのものなんだけど、今回は!!!でした。
早速商品の申し込みをしましたわ^^え?何やって?はい、用心棒の希望で磯自慢の佃煮詰め合わせになったんです。
佃煮の理由は・・・・この頃お昼に茶粥(こっちで言うおかいさん)を食べているからです。
香り高いほうじ茶のおかいさんに佃煮。たまりませんよ!!
[PR]
by hanarenge | 2013-03-20 23:19 | 心模様 | Comments(0)

兄貴君の絵

携帯電話がプルルルル♪チューリップの歌が流れる・・・・・メールの着信音は兄貴くんの3才の時の歌なのだ
お嫁ちゃんからだemoticon-0154-mail.gifemoticon-0152-heart.gif

向日葵は明るく楽しく
d0027244_11582119.jpg


恐竜もこんな色だと嬉しいね
d0027244_122733.jpg


子供の頃はとても自由。白いキャンバスにはタブーなど無い。

小さい人の心は柔らかくしなやかだ。

そのしなやかな心をいつまでも持っていてね。

兄貴君と観たミニスキュルが絵の中に見えるよ
彼は忘れてないんだなあと嬉しかった私。
[PR]
by hanarenge | 2013-03-16 12:14 | 天使の宝箱☆ | Comments(6)

大阪城梅林 2

晴れ渡った空の下、言う事無しの良い気分。
どうしたってお城を入れて撮ってみたくなるのね〜〜〜。
d0027244_20492759.jpg

似たようなのばかりだけれど・・・・・梅の花の向こうのお城と青空。
梅の時期は、絶対晴れていないとなあと思うのです。

またまたメジロです。スズメ目メジロ科となるんですなあ(野鳥図鑑より)
d0027244_20522086.jpg

はい!オスマシのメジロ。花にピントが合ってしまった><。

器用に首を曲げています。美味しいのねえ。
d0027244_20534477.jpg

d0027244_2054312.jpg


他にも鳥がいますねん。スズメ目ハタオリドリ科ですって。スズメは。^^
d0027244_2056506.jpg

誰かが雀かぁ、雀はあかんと言いましたよ。何でやねん!雀可愛らしいやんか!
ハクセキレイ。これもスズメ目です。濠の石垣の所です。
d0027244_20581216.jpg

田舎では通勤する時には車でした。山道をセキレイが道案内のようにして車の前を飛んだものです。
これは????カラアカハラか???と思ったけど・・・・シロハラじゃないでしょうか?
大阪城野鳥図鑑見てたらマミチャジナイにも見えてくるんですよね〜〜〜
d0027244_2152115.jpg

カラアカハラは☆全国的にも珍しい種であるが、大阪城公園では過去3回の記録がある。 大阪城公園鳥便りより抜粋
野鳥には全く詳しくないです、カワセミと(田舎の谷でしょっちゅう見かけたので)ツバメ、スズメ、セキレイ、キジ、メジロ、くらいです 分かるのは(((ーー:
これは?シジュウカラですか?自宅近くのお宮さんで。
3/18 追記 ブログのお友達のmakoさんがヤマガラではと教えて下さいました。私も写真検索してみて、ヤマガラだと分かりました。
makoさん有り難うございました。

d0027244_2125183.jpg

2月立春過ぎに大阪城の梅を見に行った時、野鳥専門に撮っている方がいらして、シジュウカラがいますよと教えて頂いたんです。見よう見まねでカメラを構えたのですが遠すぎてアップする写真にはなりませんでした、そんな訳でシジュウカラを知っているのです 笑。
以下は2月に見かけた鳥です。
これは?ピントが甘いですねえ〜〜〜ツグミですか?
d0027244_21422770.jpg

これも大甘><シメ?ですか????
d0027244_21451719.jpg


森ノ宮駅の方向にある森には、野鳥観察の方が何人かで見えています。
双眼鏡を持って、観察されているのを帰りに良く見かけます。
ぱっと見てぱっと名前が出てくるんでしょうねえ。

大阪城公園鳥だよりここに詳しく分類されています。
[PR]
by hanarenge | 2013-03-15 22:00 | 散策中 | Comments(4)

大阪城梅林 1

2月の初めにはまだほんのチラホラ咲きの梅は、この頃の温かさで満満開に。
2月の梅林です
お天気も上々、お城も青空の下で梅林を見下ろして笑っているような。。。。
d0027244_0443742.jpg


東外濠から見上げたら、梅林の鮮やかさが目立っていたよ。
d0027244_048254.jpg

カメラのプレビューで確かめた時には暗すぎたと思ったけど、梅林に光が当たって思った感じに撮れたかな^^。帰路について森ノ宮駅に向かう途中です。
森ノ宮までの道は好きな道なのです。

画像の表示が突然変わって。。。エキサイトはシンプルさが売りだったのに。
でも、不評が多かったようで3月の末には画像表示を選べるようになるようです。前の方が私は好きよ。

メジロがわんさか来てました。器用に蜜を吸いますね。トリミングしてます。
d0027244_0532519.jpg

早く300mmが欲しいなあ。。。こんな時の為とコンデジの倍率の大きいのも持って行ったんだけど。。。バッテリーが切れてた><。
枝が邪魔してる〜〜〜〜。梅林の中で人盛りがしているので行ってみたら、メジロがわんさか撮り放題でした^^。でも動きが速いから難しかったです。
d0027244_0553829.jpg

せわしなく飛び回って顔ごと花に埋もれそうになって蜜を吸っていました。
d0027244_058733.jpg

細っこいメジロですよ。これもトリミングです。
d0027244_059677.jpg

もう本当に満開でね梅林公園の近くまで行くと、馥郁と香ってくるんです。
d0027244_111965.jpg

うららかな本当に気持ちのいい日でした。
d0027244_122475.jpg


今年の梅林公園、柵越えして中に入る人を見かけなかったので気分が良かったです。
ま、他の日は知りませんけど・・・・。

暫く梅の花にお付き合い下さいね。
[PR]
by hanarenge | 2013-03-13 23:24 | 散策中 | Comments(2)

ちょっと奈良まで

3月はお水取りの大松明が夜空を焦がします。
そして水取の行の間はとても寒さが厳しい事が多く、寒いなあ、水取やもんなあなど言い交わしたりする季節でもあります。
所がこの三月はもうこのまま春かいなと思う陽気が続いたりして・・・・・

今朝も晴れ渡っていたのですが、ドンドン暗くなって今は雨模様です。

2月16日の奈良です。この日は朝から雪でした。
d0027244_1395092.jpg

12時を回るとさすがに雪も溶けてしまいましたが。公会堂の後ろの若草山には雪が残り霧もかかっています。
d0027244_1313738.jpg

人が少なく見えるでしょう?所がこの日は団体さんで大賑わいでした。
韓国や中国からの団体旅行が入っていました。
中には入らず^^表から。
d0027244_13145511.jpg

鎖を齧る鹿。熱心にやっています。これにはきっと何か意味があるのでしょうね。
d0027244_13164835.jpg

例によって二月堂へ。もうお水取りの準備が始まっていました。
d0027244_1318343.jpg

二月堂へ向かう路を左に取ります。この辺りは雪が残っています。
d0027244_13193671.jpg

写真の小さな橋を渡って二月堂の方へ。でもその前に向かいを見たら私も見られていました。
d0027244_13221781.jpg

勝手気ままにどこでも行ける鹿です。
大仏殿の屋根が見える所まで来ました。
d0027244_13231649.jpg

二月堂の北の手水場の灯廊には雪が残っていました。
d0027244_13264914.jpg

舞台から下を見下ろすとお松明の上がって来る北の登廊と柵が見えます。この柵はお水取りの行の為ににだけ設置されます。
d0027244_13303575.jpg



この日の奈良はとても冷たかったです。鹿の息も私の息も白く見えました。
お水取りの行はもう始まっています。3月1日からお松明が上がり14日まで続きます。
今年は私は行けそうに有りません。と言うか、もうあの混雑がいやなのですよね〜〜〜。
[PR]
by hanarenge | 2013-03-10 13:40 | 奈良 | Comments(4)

五個荘 4

三月になりました。
だけど、今日は雪が風に乗って舞いました。真冬のような北風が冷たいのです。

五個荘のお雛さんの最後のアップが遅れ遅れて今頃になりました。

三軒めのお雛さんは中江準五郎氏のお屋敷です、三中井(みなかい)百貨店を築いた方です
d0027244_1532680.jpg


創作雛です。
d0027244_15214080.jpg

雛匠 東之湖さんのお雛さんです。

近江八景として、お雛さんにそれぞれ近江にちなんだ名前がついています。
比良暮雪 無垢の神 東の女神 木の神 山の神 六人官女 十人囃子等です。
ちょっとアップにして見ます
d0027244_15274432.jpg

お雛さんも、物語ですね。東之湖さんのこちらに詳しく載っています。
色とりどりの琵琶湖の物語が聞こえて来そうですよ。

おっとりとした雰囲気のお雛さん。二階にいてはりました。
d0027244_15323533.jpg

この市松さんの顔が好き。
d0027244_15332679.jpg

お庭に入る所にもこんなお雛さんが。
d0027244_1534181.jpg

♡の鯉 赤い模様はサザンカの花のようです、♡マークも見えるでしょう^^
d0027244_15361733.jpg


もう遅かったのだけど、彦根にもちょっとだけ行ってみました。
土産物屋にはひこにゃん ひこにゃん ひこにゃんにゃんと凄い勢いで音楽が流れていて、思わず私も一緒に歌ってしまいました。
お城はすごい人出です。いろは松の所は車もずらっと入庫待ちで行列です。ひこにゃんスケジュールも張り出されていて、凄い人気ですねえ〜〜〜
ちらっと彦根城の入り口まで行って回れ右で駅に向かいました 笑。
彦根のお堀の白鳥、首が黒いのは仕方ないのね〜〜〜だいたい白鳥さんは首が汚れてる〜〜〜
d0027244_15412355.jpg

[PR]
by hanarenge | 2013-03-02 15:44 | 滋賀 | Comments(8)

 心模様の一こまを・・   れんげそう