心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 29日

旬の話題ですよ



多くは言いません 汚染の深刻さ 内部被爆の恐ろしさ 聞いて下さい 

梟通信のsaheiziさんのブログから転載です

書き起こしも貼っときます
ざまあみやがれい!!のこちらから読めますよ

もう一個追加です 7月30日
風向き!そう、私ですら あの事故の後 気象庁は何故福島原発の風向きを言わないのかと思いましたよ
気象庁がどんな態度で 自分たちの握っている情報を出さなかったか 出した時はどうだったのか
このページに書かれています 
031.gif保安委ではないけれど 人間は3日たったら忘れますからね 033.gif
私はこれをブログに残してしっかり覚えておきますよ 
台風のときは あんなに 繊細に 微に入り細に入り 進路予報も風向きも丁寧にアップして放送するではありませんか
原発も災害ですよ 出さなかったのは とても大きな事故で 今後の予想は計り知れないことになると知っていたからです 私は確信しています
[PR]

by hanarenge | 2011-07-29 21:54 | 原発関係 | Comments(4)
2011年 07月 27日

税金で作る洗脳マニュアルと言うことです

国民洗脳マニュアルを税金で作っていたと・・・・週刊現在記事より


(停電は困るが、原子力はいやだ、という虫のいいことをいっているのが大衆である〉

〈不美人でも長所をほめ続ければ、美人になる。原子力はもともと美人なのだから、その美しさ、よさを嫌味なく引き立てる努力がいる〉

〈繰り返し繰り返し広報が必要である。新聞記事も、読者は三日すれば忘れる。繰り返し書くことによって、刷り込み効果が出る〉

〈原子力がなければどんなことになるか、例をあげて説明するのがよい〉

 文面から溢れる傲慢、不遜、〝上から目線〟に、開いた口が塞がらない。同時に、3月11日以降、我々がずっと違和感を持ってきた、「原発擁護論」の不可解さに通じるものがあることに気付く。

 実はこれは、「日本原子力文化振興財団」がかつてまとめた、原発推進のための〝国民洗脳マニュアル〟の一部である。

 同財団は、文部科学省、経済産業省という、国の原子力推進のツートップ官庁から業務委託を受け、「原子力への国民の理解増進に寄与するため、様々な広報活動を展開」(同財団事業報告書)する組織だ。

 役員名簿には、電気事業連合会の幹部の他、東京電力の清水正孝前社長、関西電力の八木誠社長、佃和夫・三菱重工会長、西田厚聰・東芝会長など、電力・メーカー幹部の名前がずらり。東京大、大阪大などの名誉教授クラスも、理事に名を連ねている。

以上引用です 

ツイッターからの情報です

さもあろうとは誰でも思っていても 口にすると そんなアホなと思うのかも

大手マスメディアはこんな事は報道しませんから 知らないでいる人のほうが大半です

原子力は 簡単に捨てられる物ではありません たとえ事故が起ころうとも!です

こうして 日本中が 騙されて あるいは 関係ないよ〜〜〜と思い込み

停電困るよ〜〜〜 電気大事よ〜〜と思い込み そして今でも思っているのです
[PR]

by hanarenge | 2011-07-27 20:23 | 原発関係 | Comments(9)
2011年 07月 27日

久しぶりの色々と食の安全ってどう言う事よ!!

d0027244_115118.jpg

いきなりのボケ写真ですが 6月から7月にかけて梅で梅酒と梅ジュースを作りました
これは まだ青い固い梅で漬けた梅ジュース 氷水で割ったり炭酸で割ったりです
 氷水が一番美味しいかなあ
d0027244_11524954.jpg

梅はエキスが出てしまってしわしわになっています
d0027244_11533287.jpg

出来上がった梅ジュースはこうして煮立てます 灰汁を取ってからさまして保存
梅に傷をつけたり或は冷凍してからつけると書いてあったのですが 私は青梅はそのまま漬けました
一リットル以上のジュースに仕上がりました 梅の香がしてとてもいい味ですよ
d0027244_11562785.jpg

二回目はレシピにあるように 水につけて放置 (これは熟した梅ではしないこと)
d0027244_11573624.jpg

完璧に水気を切ってから 梅に傷を付けて 一回目の砂糖で漬け込んだ所 発酵すると酒になってしまうので 砂糖を4回に分けて入れると いいらしいのです 6月の初めの頃であれば発酵も押さえられるのでしょうが もう7月に入って暑い日が続いていたので 発酵を心配してこの作り方で
d0027244_120391.jpg

氷砂糖は4回分の用意 これを日を置いて一個ずついれます 梅は冷凍しないほうが香りはいいと言うことなので今回もそのままです

これを一日一回ゴロンゴロンと転がしてやるのです 12日から15日くらいでジュースになります
これも一リットルくらい出来ました 色は少し濃い感じですが梅の香りが爽やかです

この時の梅は 初めの梅のようにしわしわにならずに ちょっと膨らんだ梅で終わりました
その梅は 甘酸っぱくて 食べられるから冷蔵庫に入れてあります
梅ジャムにもできるそうですが 砂糖をこれ以上取りたくないのでオヤツにかじります^^

さて私が毎年漬けているのは梅酒です 初めに二つ漬けて その後は一瓶ずつ漬けています
d0027244_1254987.jpg

二年前の梅酒を出して 今年の梅酒を漬けました 毎年同じ容器を使うので瓶も保存容器も洗いません そのまま漬け込みます(アルコールで消毒されてますもんね)
煮魚をする時に重宝しています ナイトキャップにもいいですよ

来年は 梅のしょうゆ漬けとか 梅の甘いお菓子とか色々作ってみたいです
何k買うことになるかなあ・・・・赤紫蘇ジュースだって作るつもり 山椒も炊きたいな
と 計画色々 早く来年が来て欲しいな〜〜〜〜〜

d0027244_12102619.jpg

父の日に届いたヨナヨナエールのビール詰め合わせの中から^^毎年珍しい物がお嫁ちゃんの見立てで送られてきます 用心棒は大喜びです
味はこくがあって甘いのや辛口や とりどりで美味しいですよ
d0027244_12135289.jpg

釣たてのチヌをカルパッチョでと 友人が野菜もソースも作って持って来てくれました
ご主人が釣が趣味で 友人がさばいて持って来てくれるんです 彼女はプロですので出来上がりもとてもきれいです


さて 原発 もう危機を煽るとか安全か安全でないかと言うような時限は過ぎました
原発は事故を起こして 放射能を出して 今もそれは出ていたとしても見えないし匂わないし
私たちは あとで 汚染された実態を聞いてそうかと知るだけです
この日本で今こんな話題が
問い 食品安全委員会の考えはですね、一生涯で、上限、リミットが、100ミリシーベルトとする、という評価報告書をまとめました

小出 要するにそこまでは我慢をしなさいということだと思いますけれども。そんなことをそんなひとつの委員会が言う権限があるのでしょうか。日本人、というか日本に住んでる人というのは1年間に1ミリシーベルト以上の被曝をしてはいけないというのが法律の定めなんでね。えー、それは外部被ばくも、食品も含めての内部被曝も含めて、1年間に1ミリシーベルトと決めているわけです。まさか100歳まで生きるっていう人はあんまり多くないわけですから。まあどんなに生きても100ミリ、全部の被曝を合わせても100ミリになってはいけないというのが法律の定めであるにも関わらず、食品だけを通じて100ミリシーベルトまでいいと言ってるのですよね、この委員会が
 小出裕章非公式ブログから転載文です

7月26日食品委員会発表 生涯上限100mシーベルトのゆるさについて 小出裕章(MBS)

私がここでブログに書いても 汚染は無くなりはしないし 政策が変わる訳でもないけれど
食は命の基本です そこの所を こうやって簡単に決めていいのでしょうか
高齢者や私のような中年はまだいいですが(細胞分裂も遅いし 現実問題として今から何十年も生きる訳でもありません) 若者や子供 赤ちゃん 授乳中のお母さん 妊婦さん 色々な人がいるのです

他人事のような政府や管を見ていると 毎日毎日腹が立ってとても平静ではいられなくなります
自民党も大変お粗末でしたが 民主党もお粗末だらけで 政権を取って大臣席に座れて はしゃいでいるようにしか見えません

今笑っている人達も 先のことなど解らないのです
原発は安全だと嘘を言っていたのですから 
安全でないことが露呈しただけで この先何処まで影響が出るか 誰も何も解らないのです



種まきジャーナルからの転載です

[PR]

by hanarenge | 2011-07-27 12:39 | キッチンから | Comments(2)
2011年 07月 27日

法金剛院 蓮 2

法金剛院の私の蓮のはじまりは・・・・・さ・い・あ・く でございました

d0027244_0309100.jpg

雨に煙る法金剛院 蓮も。。。ではございません!レンズが曇っているのでございます!!
初めは目がおかしいんかと・・・・・何故や〜〜〜〜

d0027244_031575.jpg

山門をくぐった所にある建物のお屋根にも蓮ですよ これも ご住職手作りですか?なんて思ったりしました^^(リンクの記事を一番下までスクロールして下さいませ)

d0027244_0354069.jpg

お寺の前の庭には鉢植えの蓮が咲いています この光の透け具合が好きです

d0027244_0365434.jpg

こんな具合です お屋根の曲がり具合が何とも味があると思いませんか

d0027244_0382627.jpg

真ん中にある蓮池には こんな蕾が (これは多分 天竺斑蓮 すこし大酒錦にも似ているかな)
d0027244_04237.jpg

蓮の葉も 中々面白いし美しい形です
d0027244_043487.jpg

ひっそりとした中に 艶やかさを秘めた蓮も好きです

朝の7時開門と言うことですが 私はさすがに7時には行けません 
私が行ったのは7時半を回った頃でしたがもう大勢の方がいらしていました。
休日と言うこともあったのかも知れません

三脚も一脚も禁止です(もちろん!)中に一名 一脚を持ち込んでいる奴がいました
それはルール違反ですぞ!
[PR]

by hanarenge | 2011-07-27 00:28 | | Comments(4)
2011年 07月 22日

雨の法金剛院 蓮 1

d0027244_12463719.jpg

玉になった水は 首飾りのよう
京都の花園町にある 法金剛院 蓮の時期には早朝開門してくれます
午前7時には開いてます

台風がゆっくりと向かっている17日に 朝早く行ってきました

d0027244_12483890.jpg

降り出した雨が 転がる転がる    蓮の葉は 自由に水を遊ばせます

d0027244_12512748.jpg

花も 水を受け止めて 
[PR]

by hanarenge | 2011-07-22 12:52 | 京都 | Comments(16)
2011年 07月 20日

宵山 (屏風祭)2

d0027244_2323356.jpg

室町通を下ると 菊水鉾が ずんと! 鉾頭は菊 榊も美しいです
d0027244_23301542.jpg

祇園祭 鉾と山のページからお借りしました
祇園祭 鉾と山
d0027244_23334616.jpg

厄よけちまきを買うと 菊水鉾に上がる事が出来ます(食べられません 神社から授かって 門などに付けておくもの)
d0027244_23363425.jpg

提灯にも灯が入りました もっと暗くなると鉾の提灯も灯りが入って美しいでしょうね
それにしても だんだん 人ごみがひどくなります
d0027244_23381292.jpg

四条通には 長刀鉾が建っています
d0027244_06289.jpg

これは 多分 函谷鉾 囃子方の浴衣が白と黒であっさりです
四条通には 東から 長刀鉾 函谷鉾 月鉾 放下鉾 蟷螂山 四条笠鉾 と 並んでいます
全部見たくても動きません この四条通が歩行者専用道路になるまでまだ少し時間があります
歩道は 東から西へ 西から東へ 南から北へ上がる人 下る人 皆てんでバラバラに歩くから
押し合って固まって 団子状態です
 
京都府警さん!! 西と東を分けてそれぞれ一方通行にしなはれ!034.gif033.gif

d0027244_23462083.jpg

長刀鉾は 囃子方の浴衣も華やかです 
d0027244_23471373.jpg

色鮮やかな 堂掛 囃子方から下がっている水引ですか これが 囃子と共にチャラチャラと上に下に動いて 華やかさを引き立てます

この人ごみで 用心棒とはぐれてしまい ケイタイで連絡を取って 何処の通りや ここの通りやなんてやり取りしましたが やはり京都の道は中々ややこし
用心棒は疲れて先に帰ってしまいました ほんま 使えん奴ですわ015.gif

その後 私はまた柳馬場通を上がって 三條通を西へふらふら 堺町通のイノダでお茶して
d0027244_23574237.jpg


でも 用心棒がいないとちょっとつまんない 笑(むかついてたけどね)
蛸薬師通をふらふら歩いて 寺町から新京極 三条通から河原町 ごちゃごちゃ歩いて ああしんど
d0027244_011291.jpg

四条通は 歩行者専用になって 人が溢れてきました (東から西方向へ)この向こうに長刀鉾があります
d0027244_053282.jpg

四条大橋から 北西方面を向いて 風が気持ちよかった 床がでて お料理楽しむ人 歩く人
座るカップル 色々で 上から見てて飽きません
ここから 京阪に乗って 出町まで戻って(座れませんから)特急で帰ります
[PR]

by hanarenge | 2011-07-20 00:12 | 京都 | Comments(8)
2011年 07月 18日

宵山 (屏風祭)1

7月の声を聞いたら 京都は 夏のお祭り一色です

祇園祭 動く美術館と言われる 鉾の美しさ 見上げるような高さの鉾が シズシズと動いて行く様は
本当に 見応えの有る物です

その山鉾巡行の前に 宵々山と宵山があります

各町の旧家が ご自慢の秘蔵の屏風を飾って それを見せてもらえます

山鉾巡行」は動く美術館とも言われ、この「屏風祭」は静の美術館とも言われています京都観光情報ページから引用

屏風祭

d0027244_18493665.jpg

奥行きの深い町家です 襖も夏仕様で涼しげです
d0027244_18512494.jpg

ニ軒の町家が仲良く並んでします こちらでは中に入って素晴らしい屏風を拝見しました
奥の町家では 市松人形のように可愛らしい女の子が浴衣姿で座って挨拶してくれました
奥座敷にはお爺さんとお婆さんが座ってお出ででした 
通り庭を通って行くと前栽が有って打ち水をして 涼しい風が通り抜けるんだろうなあと思いながら....
こちらのニ軒のお宅では カメラを構えるのは無粋な気がして 写真は撮りませんでした

d0027244_1905746.jpg

祭提灯が似合います
d0027244_1915279.jpg

ここは人がいっぱいで 一枚だけ撮らせてもらいました
d0027244_198932.jpg

中々 いい感じ・・・・
d0027244_1984730.jpg

北観音山
d0027244_1991348.jpg

北観音山の堂掛け 手が込んでいます
d0027244_1995856.jpg

こうして町家の二階から 直接 山に乗ります

どこら辺をあるいたんやろ
烏丸御池から下って 姉小路通 三条通 六角通も 新町通を下って蛸薬師通を東へ
室町通を下って
d0027244_1917542.jpg

山伏山のお人形
d0027244_19182816.jpg

古い 町標 しっかり用をなしています

以前は この何通 何下るとか上がる 入るがよく解らずにいましたが 慣れてくると便利です

四条通に近づくにつれて人がどんどん増えて来て 身動きもままならないような混雑でした

暑いのと人出で凄い熱気です 祇園祭は暑くないと祭ではないですね^^
[PR]

by hanarenge | 2011-07-18 19:46 | 京都 | Comments(8)
2011年 07月 15日

暑中のお見舞いを申し上げます

d0027244_1272922.jpg


暑中お見舞いを申し上げます いかがお過ごしでいらっしゃいますか 今年の夏は節電も有ってか特に暑いように感じます 皆様お身体をお大切に 暑さに負けないで 暑さを楽しんで下さい

私の家も ホカホカです
壊れている居間のエアコンを やっと19日に新しく付け替えます
申し込んで 2週間くらいかかりました

暑いので パソコンに向かっても 長時間はとても無理で 皆様の所へもご無沙汰ばかりのこの頃です
[PR]

by hanarenge | 2011-07-15 12:13 | 心模様 | Comments(8)
2011年 07月 12日

哀しいね

小出先生の非公式まとめのブログから引用です
8月4日衆議院議員会館にて小出裕章氏の講演会が開催
7月21日は 後藤さんの講演だそうです

これは 私は是非聞きたいです またユーストで流してくれる事を期待します
音声だけでも載せて欲しいです

食物の汚染が だんだんと ニュースにも 載ってきます

これから もっと深刻になるのだと考えています

でもここで書く事はしません それは 福島に対してもっとひどい事を突きつける事にもなるからです

しかし 子供達の口に入るのですから 充分注意を払って 調べる事だと考えます

追加です 7/12


ブログの右にリンクしている小出先生の発言まとめのブログに上の映像の書き起こしもあります

余談ですが この種まきジャーナル?私はずっとタマネギジャーナルと思い込んでいました028.gif
[PR]

by hanarenge | 2011-07-12 00:33 | 原発関係 | Comments(6)
2011年 07月 11日

明智風呂 退蔵院

法堂の見学の後は 明智光秀の浴室の見学です ずっと何故 光秀の浴室??かと 妙心寺に来る度に気になっていたんですけれど・・・・

信長を本能寺で討った光秀は 叔父(ちょっとうろ覚えです)である妙心寺の僧侶を頼って赴いたのですが (敗戦濃厚のため)自害するつもりであった事を悟られ ここで果てる事はまかりならんと言われました 
何故ならば 寺全体を血で汚す事になるからです

そうして光秀は 山崎の戦いにも破れ伏見で命を落としたのです

主君を討った大謀反人の光秀を公に弔う事は出来ず この浴室を建てて密かにその菩提を弔ったと言う謂れです
その後は 境内をぶらぶらしながら 退蔵院に
d0027244_9553469.jpg

昭和の小堀遠州と言われる 中根金作氏の設計の名園  余香苑です
d0027244_9574841.jpg

水音が高く響く中 東屋や椅子も有って 静かに庭を眺める事も出来ます

d0027244_9591796.jpg

上の方にも庭が有って 蓮の鉢が並んでいました 鳥の声が聞こえて来ます
d0027244_100444.jpg

藤棚の緑が あまりにも美しかったので 見とれてしまいました
d0027244_102536.jpg

退蔵院の沙羅はまだ咲いていません 

d0027244_1035698.jpg

余香苑の石庭で  風が運んだのでしょうか (見事な枝垂れの桜が植わっています)
退蔵院ももちろんお墓がございます 日当りも良く こじんまりとした素敵なお墓でした
そこに掲げられていたのは 西条八十の この文章
d0027244_1062790.jpg


d0027244_9545833.jpg

妙心寺の南の総門をくぐった所から  この広い境内は生活道路でもあります
自転車に乗った人や時には 車も通ります
すっかり晴れました さあ!帰りましょう!
長い間ご覧頂いてありがとうございました。
[PR]

by hanarenge | 2011-07-11 10:08 | 京都 | Comments(2)