心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:心模様( 138 )


2008年 06月 26日

ささゆり

d0027244_22332278.jpg

                          スポットライト

ちょっと前から実家のことで気になることが出現しまして ブログには当分出られそうにありません

まあ ずっとサボりでしたけど

皆様 お体を大切に  そして暑い夏を楽しんでくださいまし  七夕の夜に追記


                     
[PR]

by hanarenge | 2008-06-26 22:34 | 心模様
2008年 06月 04日

象たちの災難  あるいは復讐

またまた テレビの 話で 申し訳ないのですが

今夜 とても 興味深い番組を観ました ゾッとする悲しい話です


南アフリカの自然公園で サイが殺されました とても不可解な傷跡がありました
サイはその角のせいで 過去も今も 人間による密猟が盛んに行われています
しかし この件に関して言えば 犯人は 人間ではありませんでした   (珍しいことに)

やがて 遠く離れたケニアでも マサイの人が飼っている牛が次々に殺される事件がおきました

どちらも 恐ろしい力で 傷をつけられていました

何と犯人は あの 象だったのです

南アフリカの公園では若い象が サイを襲い ケニアではメスの象が群れを成して牛を襲いました。
とうとう人間まで襲われたのです

「象はなぜ殺し屋に・・・・リンクはこれからの番組に差し替えられました015.gif

南アフリカでは 1970年代に自然公園を作りその中で多くの野生動物を繁殖させ 野生のままで展示しようと言う計画が持ち上がり 多くの野生動物が連れてこられました
象も例外ではなく しかし 大人の象を移動する手段がその頃には無かったのです
だから子供の象を捕らえました そして 子象たちの前で 大人の象を殺し食用としたのです
悪気は無かったでしょう そしてその時代(1970年代)には 繁殖のため象を餞別して移動することは良い事だとの考えが多かったと言うことでした
子供の象は 親を目の前で殺され 守ってくれる大人の象も無く 身も知らぬ土地に放り出され自力で生きていかなければならなかったのでした

ケニアでも象の保護区ためにそこにすんでいたマサイは 土地を奪われました
もちろん  マサイの人々にとっては 理不尽なことです
そして マサイの人々と象の間には 憎しみの感覚が生まれました(それは マサイの人々が 理不尽に土地を奪われたことを訴える過程で 象を 傷つけたりあるいは殺してしまったからです)
ウガンダでは あの アミンの恐怖政治の下で 人間はもちろん象にも厄災が降りかかりました
アミン大統領は象を大量に殺しました それも手榴弾を象の群れに投げて そして 兵たちは象牙をたたき切って持ち去ったのです

像の学者は言います 象の社会性は高く 大人たちに子供は叱られたり 可愛がられて大きくなると・・・・・・群れで暮らし きちんと躾けられるのです
高い社会性を営むと言う彼ら象にとっては 一連の残酷な仕打ちは 消すことの出来ないトラウマを像の心に刻み 群れから 子象を取ったり 親を殺したり 群れを別けてしまうようなことをしたら 象の社会は根底から崩れてしまうと

そんなことがあるのだろうか 象じゃないか と思いながら しかしこの一連の事件を起こした象たちの過去を見てみると 過酷な人生を歩んでいることが事実として浮かび上がります
暴力を受けたり 残酷な扱いを目撃したり・・・・・・・・・

(良かれと思ってしていたことでも) 象の社会にとってはこの上ない災難であったり いわれの無い暴力であったりしたのですね

「象の社会は私たち人間の社会を写しているのです」
ウガンダのアミン大統領に 部族を惨殺された 動物学者の言葉が胸にこたえました
[PR]

by hanarenge | 2008-06-04 20:24 | 心模様 | Comments(11)
2008年 05月 19日

ドバイ

蜃気楼のような都市 高く高くそびえる高層建築 砂漠をくねくねと伸びているハイウェイ

青い海の上には 椰子の木の模様が浮かぶ もちろん岩と砂を埋め立てて作った人工島だ 

中東の小さな港町に過ぎなかったドバイは 今 世界中から物と金が集まり 人々は吸い寄せられるようにこの町にやってくる

石油資源はドバイには無いが 今オイルマネーはドバイに奔流のように流れ込んでいるのだろう

アラブ首長国連邦の一国 ドバイ  10年前からこの国は とてつもない変化を遂げた

世界中から大富豪が集まり 買い物を楽しむ ここは税金とは無縁の世界だ

イスラーム戒律の厳しい他の中東に比べれば 緩やかだとも聞く

きらきらと眩い光を放つ この中東の一国に 黄金の夢を持って人々は集まる

イラン人の投資家は ここは最高の狩場だと言う

彼の資産はこの何年かで 2千万から20億に増えたと言う

最高の獲物を狩るためには あらゆる情報を手に入れ 抜け目無く立ち回り タフな精神が要求される

ここに集まる投資家たち 言い換えれば ギャンブラーだ

今は土地と不動産を 張っているのだ  そう それが最高の利益を生んでくれるから

彼は青い空の下に建つ色々なビルをさして言うのだ  あそこにも物件を こちらのはオフィスを
そこには 別荘を と次々と 手に入れた獲物を指す

もちろん次の日には 売り飛ばすものもあり 更なる利益を狙って(そしてそれは必ず利益を生むのだが)何年か寝かせておくのだ

もちろんここの企業も 次々と 魅力的な 商品を提供するべく 日夜努力している

陸のエマール社と 海のナキール社  ナキールは人工島ザ・ワールドを売り出し 次なる人工島ザ・ユニバースを建設中だ ザ・ワールドは不思議な島々を海の上に作り出し その島一つ一つを売り出しているのだ 空から見ると むき出しの島の隣には魅力的な家を建てオアシスが出来ている

そして エマール社のブルジュドバイ 何と地上800メートルの高層建築 ホテルとオフィスと住居などが入る予定と聞く 
正確な高さはまだ決定していないと聞く 世界一の高さを目指しているからだ
しかも来年の秋には完成だとか

建物もすごい 風景もすごい 集まってくる金もすごい ドバイを楽しむ人もすごい

熱気に当てられてしまったが 一番興味を引いたのは ドバイを商う人々だ

投資に沸きあがるドバイで 商売をする人々のタフな精神と抜け目のない眼力
きっと彼らは失うことも恐れてはいないのだろうと思って画面に釘付けになっていた

そして 不夜城のように輝くこの都市は 光が濃い分影も濃い
10先 20年先 ドバイはどうなっているのだろう 落ち着いた都市になっているのだろうか

今のドバイを」とことん利用する人々にとっては 誰かがババを掴むまで この倍々ゲームは続くのだろう

沸騰する都市のリンクです

作夜テレビを見て 沸騰都市の魔力にはまってしまいました 上手く書けてませんが・・・・ドバイです
[PR]

by hanarenge | 2008-05-19 17:44 | 心模様 | Comments(8)
2008年 05月 15日

恐ろしい話

怪物がこの世の中を闊歩している 

梁石日(ヤン・ソギル )作の「闇の子供たち」 この恐ろしい内容の本をご存知だろうか

ノンフィクションとは銘打っているが 私は これは 実に恐ろしい真実を凝縮したものであろうと考える

何気なく本屋で手に取り ざっと斜め読みして その深刻な内容に 眉をひそめながらも 購入したこの一冊の文庫

読むのが苦痛で しかし 目を背けられない何かがあり しかも その内容は 人間の持つ
底の知れない暴力性と 残虐な 一面を 読む側の人間にも自覚させられるようなものだ

私は凶暴な怒りに(それは 大部分が 虐げられた幼い子供たちに対する「正義」感から)目も眩みそうになりながら しかし 私の中にもこの恐ろしい大人たちのような暴力性は潜んでいることをも自覚させられ 唖然と し 恐怖感を覚えた

詳しい内容をここで書き連ねても意味が無いのだが・・・・・・・・・・

腎臓移植の話が出てくる 貧しさゆえ腎臓を生活のためにひとつ売り払う話はよく聞くが・・・・・・
そしてそれを禁止する法令が(やっと 出来たとか出来るとか・・・・)

この腎移植はもっと凄い 売春宿に売り払われた 10歳にも満たない子供 

もちろんお姫様のように暮らせるわけでも 買春宿の夫婦が 罪の意識から 可哀相な貧しい女の子を引き取ってせめてもの償いに 学校に通わせ 自立できる道を見つけてやる と言ったものではない
純粋に 商売のため そのためにだけ こうやって売られてきた子供たちは存在する

その子供の中に 複雑な医療検査をパスして もう何日も前から客を取らされることも無く それどころかお菓子を(何とお菓子だ!!)もらって清潔にして遊んでいていいと言ってもらった子がいる
「つらい仕事」をしなくても良いので彼女は無邪気に喜んでいる

ここからそう遠くない白亜の病院では 金持ちの(何処の国かはあえて書きませんが・・もうお分かりでしょう)小学生が腎移植を待っている

もうここから書く必要も無いだろう 彼女の体の中で利用できるものはすべて利用され 明日になれば誰も彼女を思い出す者も無い

悪魔のような!!!なんて恐ろしい!!人間のすることではない!!

でもね もしも 自分の愛する者が 自分の命よりも大事な者が 最後の手段として移植を必要としていて しかも 順番を待っていられるほど安定していない
その時耳元でこっそりとそれは非合法で しかし 3000万円で片がつくと聞かされたら
幸運なことに3000万円は手元にある・・・・・・・・・・
犠牲となる子供のことは誰も教えてはくれない いや そこだけすっぱりと抜け落ちている
その時 お前の代わりに見も知らない誰かが犠牲になるんだから お前 辛いけれどどうかあきらめておくれと 私に 言えるだろうか・・・・・・・・この 私に・・・・・・・・・言わなくてはいけないのはわかっている・・・・・・
しかし 言えるだろうか   この私に・・・・・・怪物は私の心の中にもいるかもしれない

恐ろしい話である 怪物はこの世を闊歩している

闇の子供さわりの部分です
[PR]

by hanarenge | 2008-05-15 14:07 | 心模様
2008年 05月 01日

う~~~む・・・・・・

d0027244_2041417.jpgこの所 うなってばかりいる まるで 檻の中の何か??のようだ

私は物欲が強い 人一倍 強いと思っている  

この世の中は だから私にとっては 欲しいものだらけの店なのである

今日も今日とてネットでお気に入りのお店を見ていてうなってしまった

あたし好みのパンツがバーンと目に入ってくるが・・・・う~~む・・・・・・・・・

クリックしようかな やめよっかな  悩む うなる 頭が痛くなる

これを買うと あれが・・・・あれをかうと あっちが・・・・・・・物欲にまみれて苦しむ私 う~~む 醜い

小遣いが何十万とあれば・・・え、現実に乏しい???
では・・・・月に何万とあれば・・・・・・・・少しはうなり方も違ってくると言えるだろうが・・・・・・・・・

何万でもピンからキリまであるもんなあ・・・・・・・

キリの私としては この先もうなり続けるしかないか・・・と納得している
[PR]

by hanarenge | 2008-05-01 00:20 | 心模様 | Comments(10)
2008年 01月 27日

火曜日から

024.gif一月二十二日から 孫ちゃんを、あずかっておりました
016.gifとっても可愛いのですが 何せ 2歳児 047.gif暴君ハバネロのようなときもありまする
片時も目が離せず どっぷりと孫ちゃんのお守り いえ、相手をした日々。。。。

でも、本当は 相手をしてもらったと言うか楽しませてもらったのです。

しかし、やはり、疲れまする いえ、もう寂しいなあと思って折る気持ちもあるのですが・・・

そんなこんなで 更新と皆様方のおうちへ伺う余裕がございません。

今しばしのご猶予を

いくたまさんへのお返事も 今しばらく しばらく~~~
[PR]

by hanarenge | 2008-01-27 23:17 | 心模様
2008年 01月 08日

書かずにはいられない

長い間放って置いたこのブログ
更新して   たくさんのネットのお友達の方々から暖かいコメントをいっぱい頂きました

本当のことを言うと これだけ長い間放りっぱなしにして置いた、ブログを更新するのが少し不安でも、ありました。

でも、待っていたよ~~と声をかけてくださり とても嬉しい思いでいます

7月の記事へ書き込んでくださった方々へのコメントもそのままにしていたのに、皆さんのなんと暖かい事!!!

ネットの不思議さ 魅力を改めて感じています

改めて御礼と感謝を申し上げます

皆様 本当にありがとうございます  とっても とっても とっても 嬉しくて 胸にじんと迫るものがあります

これからも どうぞ 蓮華草をよろしくお願い申し上げます

d0027244_11123221.jpg

嵯峨野の人形博物館にて   郷土人形の抜き型です。
[PR]

by hanarenge | 2008-01-08 11:13 | 心模様
2007年 06月 11日

イタ!イタタタ!

コメントを下さっている皆様 いらして下さる皆様 有難うございます

蓮華草は 今朝 背中を痛めてしまい パソコンに向かう為 椅子に座るのも ままなりません

手当てをしてもらって ずいぶん ましになりましたが 長時間椅子に座るのはまだ無理な状態です

しばらく 静養しまして 回復してから 皆様のところへもうかがわせていただきます

コメントへのお返事も できず ごめんなさい

皆様も お体を ご自愛くださいませ
[PR]

by hanarenge | 2007-06-11 14:16 | 心模様 | Comments(14)
2007年 06月 03日

変わりゆく万物

諸行無常 
平家物語の冒頭 流れるような名文に乗って語りだされる一こまに、この有名な字句がある。

奢れる平家の、栄耀栄華は、夏の夜の夢のように消え果て、今は、壇ノ浦にその命運を託し・・・・・・
大海の、波間に揺れるのは船ばかりでは無く 平家の命運なのだ。

何となく、消え果る、世の無常 滅びの事のように感じていた。

しかし、仏教では、万物は変わりゆくという、至極当たり前のことをこの字句で言うのだ。

変わりゆく景色 変わりゆく季節 変わりゆく世界
なのに何故、人は、我が身が明日も変わらず、ここにいると、思うのだろうか。

何故 明日の事のみならず 来年も 再来年もと、思うのだろうか。

来年どころか 明日さえも、分からない世界に、我が身はいるのだ。

変わりゆくのは、物や景色、季節だけではない 人の心もまた変わりゆく

一時間前と、今では、もう同じとはいえない

この、万物流転 これを知ったとき、真に理解しえたとき、人は謙虚になり 他人を我が身と同じように慈しみ 気にかける事ができるのだろう。

などと、偉そうな事を書いたけれど 私が理解したわけでもない、ほんの少し、理解したような気持ちになっているだけなのだ。
そしてその気持ちは、春の淡雪のように消えやすい、移ろいやすいものなのだ。

80歳を過ぎてから、エジプトの砂漠の熱い風に吹かれてみたいのよと言って、飛行機に飛びのり、一人旅をした方がいた。
私は、その感性がすごく好きだった。

今夜、その人を送る席で お寺様の、諸行無常のお話を伺った。

短いお話だったが、心に深くしみたのだ。

この世では、変わらないものなど何一つとしてない

せめて、私も、変わりゆく世界に、少しでも思いを致し、小さな、小さな、善行を、わずかでも、積んでいきたい。

お心安らかに・・・・・・ご冥福を、心よりお祈りいたします   合掌。
[PR]

by hanarenge | 2007-06-03 23:51 | 心模様 | Comments(2)
2007年 05月 19日

温泉だい

忙しくて、毎日があっという間に過ぎていきます

まあ、働けることは、素敵な事なのですが。。。。。

生来の、怠け者の、私は、あまり、忙しいと、体が拒否反応を起こします。
なんて、怠け者の私でしょう  (#^.^#)


朝起きるのが嫌になったり、ご飯が面倒くさくなったり、掃除をサボりたくなったり
全て実行です

そこで、温泉で、ぼけ~~~~っと、体を休める事にしました。

組織に属しているわけでは、ないので、休もうと思えば何ヶ月でも、自己責任で。。ですが。
そこはそれ、経済状態に、直結しますからねぇ

明日から一泊だけの、骨休めです

帰ってきたら、皆様のところへうかがわせていただきますね、では、では。

d0027244_2143494.jpg

                    風に吹かれて    びよょょ~~~~ん
[PR]

by hanarenge | 2007-05-19 21:44 | 心模様 | Comments(14)