心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:心模様( 144 )


2017年 11月 20日

嬉しいね

千葉から次男がが帰宅 (母には孫2号)

出張から帰って翌日帰阪した次男

*******************************************

何処へ行ったん?

広州やで

遠いなあ

Hちゃんのこと待ってたんやで

朝 Nちゃん来てくれた

Hちゃんは お兄ちゃんと出会ったか?

会ったよ いっぱい話したよ

*******************************************



久しぶりに会うので話すこといっぱい
 

朝は長男の見舞い (孫1号)

孫が2人来てくれた 母は喜んでいる

点滴自己抜去につき ミトン装着の処置でした
d0027244_22145635.jpeg
また来るよ 待っててね

[PR]

by hanarenge | 2017-11-20 08:17 | 心模様 | Comments(4)
2017年 11月 16日

ありがとうございました

一つ下の記事

ショックだ ですが これを書いたときは とても重苦しい気持ちでした

職業柄 ある程度のことはわかってしまい またどうしても悪い方へばかり考えが走ってしまいます

臨床を離れて長いとは言うものの トドのつまりを予想してしまうのです

そして暗い重い記事を読んでくださった方

メッセージを下さった方々に心から感謝します

本当にありがとうございました

皆様からのお言葉がとても嬉しかったです

今日母のところへ行ったのですがとても落ち着いていました

点滴が漏れて差し替えが足になったので それは痛がっていましたが

暴れたりはしていませんでした

痛いのは当たり前です 足は痛いのです 抹消ならなお痛い

特に母だけ特別と言うわけでもないのです

母にとっては納得いかないでしょうが なぜ点滴をするのかを少し話してみました

そうかあ・・・・・ 解ったような顔で頷きますが

解ってくれたかなあ

入院はこれまでの人生で3回しかありませんから 点滴の経験もほとんどなく戸惑うことも多いでしょう

病院の環境にも慣れなくてはならないし

忙しいねと言うと笑っていました

人の気持ちはクルクル変わります

今日思ったことは明日にはもう変わっているでしょう

それでも 随分と気持ちが楽になりました

考えたら 私の生きてきた道もみなさま同様 嬉しいことも苦労も多くありました

自分で選んだ道ですから 後悔はしていませんが

これからどう言う風な展開を辿るのか 未だ未だわかりません

それでも 私は 仕事に励み 趣味を楽しみ 友人と語らい 母を見守り しなやかに生きたいと思います どこまで出来るか 気持ちが続くかは未定ですが

私は私 こうだと決めつけず

腹をくくって やってみましょう

決してまなじりを決すると言うようなオーバなことではなく 呑気に構えて

と、まあ ここまで書いて

人は弱いものまたいつ落ち込むか それでもいいさと 割り切って一日を過ごしてまいりましょう

一日が無事に終わったら感謝して また明日一日が無事に終わることを願いつつ。。

[PR]

by hanarenge | 2017-11-16 20:32 | 心模様 | Comments(2)
2017年 11月 15日

ショックだ

94歳の母ですが 少しずつ状況が変わってきました

食べられない 飲めないから始まったのです

口の中が痛いと言い始め では見せてくださいと言うと 頑として拒む

私の仕事の日とショートステイ利用開始の日が重なった朝でした

見せてもらわないとショート先に症状が言えないからと 見せて欲しいと頼むと 大声で痛いと言う

ではとばかりに実力行使に出ると まるで私が暴力沙汰を起こしたようにわめかれました

何とか少し開けさせて見るも異常は見当たりません

大丈夫やで ということで 少し食べることを拒みますと言って送り出した

案の定電話がかかってくる 栄養補助剤で様子を見て往診も依頼するということで 幸いなことに母の主治医がショート先の担当医なので 私からもお願いに行く

往診に行かれた後でまたお話を聞きに行く

思ったより元気そうだった 栄養補助剤と食道の動きをよくする薬も出しておいたとの由

診断では嚥下障害でも胃の問題でもなさそうですとのこと ただ水分は通るのに固形が無理というのはおかしいと言われた
最初は水分から始まるとのこと

ショート中は なんとかメイバランスを半量〜全量摂取 パンを牛乳に浸したもの ミルク 水 お茶などで乗り切る

帰宅後 2日くらいは文句も言いながら(美味しくない=これは本当)一回に一本摂取していた

そのうち メイバランスもいらない 飲めないと言いだす

ショートから帰宅した時は歩行器を使ってトイレまでは歩いていたが デイケア利用時は玄関まで歩けなかった由 ヘルパーさんが深刻な顔で私に説明してくれた

歩けない!!大問題 母に何とか歩いてみようと 昨日までは歩けて今日急に歩けないというのはちょっと変よと言うと
ベッドに倒れこんで怒る

ここで負けてはいられない 一番困るのはお母ちゃんと私や 歩行器で立つだけでも立ってみよう

なだめて すかして 怒って お願いして1時間 やっと歩くわと言ってくれる

がんばれ えらい さすがや 褒め倒してトイレまで何とか歩行 失敗なしに用足しできる もうこれだけで恩の字

ショートで歩かへんかったから足が弱ったんやなあ つぶやく母 
よう頑張ったねえ 私嬉しいわと言うと そりゃ迷惑かけるわけにはいかんもんと言う 

私ウルウルきちゃいましたよ

ところが 問題は翌々日 デイケア先ですごく元気がない メイバランスも水も飲まない と ケアマネさんからメール

弟と入院になるやろうけど 主治医に相談してからと決める

仕事が終わってから主治医の医院に直行 ものすごく混んでいるがまたなけりゃ仕方がない

デイから帰宅している母も気になるが 往診依頼をしておかなくては・・・・

ここでも問題 明日はもう手がいっぱいで往診ができないというのだ はああ悪いことは重なるねえ

では救急車ででも行かなくては仕方がない?

どんなところに連れて行かれるかわからない 弟と相談して 弟の知っている病院にお願いしてみることに

翌日 幸いに私も休みだったので まず外来受診から

ここでも問題 母は介護タクシーでないと移動は無理 ところが予約していないと介護タクシーはつかまらない

以前利用していたところへも電話するが 予約が入っているとのこと

介護制度は 緊急時の手配が ほとんどできないのは問題だと思う

ありがたいことに ネット検索でこの辺りと見当をつけた介護タクシーの業者に事情を話すと 探してくれて1台つかまった

雨の中を病院へ 当然のごとく脱水もあるだろうから入院して点滴となる

そこからが 大変なことの始まりだった

レントゲンを撮る時痛いと大騒ぎ 点滴も嫌がってナース三人で抑えてしたと 罵詈暴言も吐いた由

そして お茶を自分で飲もうとしているところをナースが見て お茶飲んだの?と声かけ

飲んでないと頑固に否定 メイバランスも飲んでみる?との問いかけに あんなもの飲めるかときつい口調で答えた由

やっぱり疑っていた通り 飲めないというのは嘘だったのだと思う  薬は飲んで水が飲めないなんて理屈はないよ

だけれども これを責めても仕方がないと思う 

母の中で何かが変わってきたのだろうか

それとも 緩慢な自殺を選択したのか(私はこれが一番気になっている 今の医療ではなかなかそれはできないよ 家で看取らない限り100パーセント無理 家で看取るにしても覚悟がいる)

自分で食べないという手段を選ぶ人もいると 師長さんは言う

それの理由はわからないけれど 食べないと決めた人が再度食べるようになる例は少ないと

母は家にいるのが嫌で 子供じみた芝居をしたのだろうか

それとも 人格変化の現れなのだろうか

今日面会に行った弟と姪の話ではご機嫌だった由

私の長男夫婦と孫たちが来た時もとても機嫌がよかった 入院した時ついていた私にももう帰っていいよと普通に言っていた

やっぱり 少しずつ何かが変わってきているのだろうか

弟はこれからもっとややこしくなってくるだろうと これからのことを考えようと私を励ましてくれた

病院も点滴処置の必要がなくなったら退院しなければならないだろう

そこで問題なく食事を摂取できれば デイもショートも問題ないのだが。。。。。

この後がどうなるのか まだまだ現状ではわからないのだ

ちょっとショックで 途方に暮れた感がある私です


[PR]

by hanarenge | 2017-11-15 23:19 | 心模様 | Comments(4)
2017年 11月 13日

綺麗事ではすませられない



ドキッとするタイトルでした

介護の現実 介護の限界

介護という 牢獄

長寿大国となった日本

長生きはめでたい いつまでもお元気で

お元気でいられりゃいい

ところがだんだんと弱ってくる 足腰がやられる 目も耳もやられる 

老いは容赦なく誰にでも迫ってくるのだ

老いるとはどういうことなのか

体の自由がどんどん奪われて できないことがうんと増える 

自分が思うようには何一つできない現実がやってくるのだ

そして 自分が誰かも忘れてしまうことだってあるのだ

敬老の日になると 長寿の方のところにお祝いが届く

何がめでたいものか 私の母は言うのだ

深淵な真理だ

綺麗事では済まされない



d0027244_21451414.jpg

介護をするものが元気でないと 介護などできない

滅私奉公はできない

自分を追い詰め 自分だけで考えないこと 

自分を責めないこと

外に向かって声を上げること

親の介護を自分一人で担うことなどしなくてもいい

この本のタイトルを見て 胸が詰まった 

お母ちゃん 大好きだけど 腹たつときあるよ




[PR]

by hanarenge | 2017-11-13 21:58 | 心模様 | Comments(4)
2017年 10月 31日

ある日 ある時


泣きそうなビル

d0027244_23341563.jpg




d0027244_23351563.jpg
フックの見本?影が面白かった


[PR]

by hanarenge | 2017-10-31 00:01 | 心模様 | Comments(0)
2017年 10月 28日

こよない秋晴れ


d0027244_15325981.jpg
美しい青空 美しい秋晴れ

よく晴れましたね

やっと10月が戻ってきた感じです

今朝は電車から 金色の玉ねぎがさぞ美しく光って見えるだろうと期待したのですが
遠くに霞む 玉ねぎは一本だけ見えました 湿気が多いのかも


時間が経つにつれ 空は高く青く澄んできました

真っ白い建物と青い空を見ていると 心はいつの間にか遠くエーゲ海へ ミコノスの白い家も浮かびます




青空を見上げながら歩く私が感じたのは 甘い草の香り 秋の日に照らされて乾いていく草の香り

田んぼの土の香り 秋の静かな昼下がり
 
幼い時 田んぼで遊ぶと乾いていく草の音がかすかに耳にも聞こえたのです

ここには田んぼも見当たらないのに。。。。。。。。

秋の香りは私の中にあるのだろうか 

記憶の中にとどまっているのだろうか 

風景はいくらでも思い描くことはできるけど 香りは。。。。。。

たしかに甘い草の乾いた香りが 鼻腔をくすぐるように立っていった

こよなく青い空の下では 色々な夢を見られます




この青空 もう日付は変わったが 土曜日には一面の傘傘傘傘傘 雨に変わっているのでしょうねえ

そして雨は日曜日にもかかる様子 2日続けての雨 さらに二週間続けての日曜日の雨

意地悪な台風ですこと

先週の21号で被害のあった所 この台風の進路にあたる所
これ以上の被害がないことを願うばかりです



ちょっと以前のブログをひっくり返してみたら2014年にも10月に台風が来ていました

10月は秋晴れのイメージが強い

気象庁のデータでみると1951年以来台風の上陸数は17個
9月に比べると極端に少ない しかし統計の資料のある1951年から見ても
上陸数は増えるでも減るでもなく1〜2個は来ている

1960年代から1980年代は 20年間に3個の上陸数だ
私の10月の秋晴れイメージはこの頃に形作られたのだろうかと興味深かった
8月も思ったより多い 
ただしこの資料は上陸した地域はまた別資料参照なのでその辺りで感覚は違ってくると思う

1951年からの台風経路も公開されている

大きな被害のあった台風も(記憶している限りだが)経路が載っている

統計は興味深いものだと改めて感じる

以下気象庁HPより 
d0027244_17365009.png




[PR]

by hanarenge | 2017-10-28 00:01 | 心模様 | Comments(4)
2017年 10月 21日

落ちるでぇ

近すぎて撮れない 


d0027244_14224180.jpg
車の窓を開けて iPadを持って身を乗り出して

落ちるでぇ

同僚が言った




葱坊主?タマネギ頭

一番初めにこれを見た時

USJだと思い込んだ私


この金色の葱坊主と言うかタマネギ頭

電車から見えます

曇ってない日は大概見えます

2本のネギ頭が光って見えます

出勤途中のちょっとした楽しみです


d0027244_14383476.jpeg
10/18はこの近くで仕事だった
 
^^V 職場シリーズでした


この妙な建物

舞洲工場です 1本のタマネギの分です

2本目は 舞洲スラッジセンターの分だそうです

2本の葱坊主を門番にした 一つの施設だと思っていた私……………

2枚目の写真から言えば 奥がスラッジセンターです

葱坊主の色が濃いでしょう?








[PR]

by hanarenge | 2017-10-21 00:40 | 心模様 | Comments(0)
2017年 10月 06日

最強の私と雨の大阪駅

ふざけたタイトル?

だいたい れんげそうの最強はロクなものではない?

まさにおっしゃる通り 爆

いや 別にふざけてるんやないんです

大真面目にやってても 最強ということになるんです

三脚でクイックシューをつけてカメラを取り付けますね

撮影が終わってカメラを外すとクイックシューのネジ部分ががガタガタ動く ネジが緩んでる

これって雲台が揺れてるんと同じことやな???

それに梅田フォトでTさんに教えてもらって動かした時はもっとスムーズやったのに

私がやるとカメラの動きがえらい固い 無理やりって感じのところもある

おかしい おかしい どうも何かが違う気がする

ということで この雨降りに梅田フォトさんへ

Tさんに言うと それはおかしい それはダメと

カメラがガタガタでは手ぶれするもんね

クイックシューも持参するのを忘れた私

Tさん早速お店ので実演

ひゃ〜〜〜〜〜!!!!!!!! 原因わかった!!!!!!

d0027244_19054745.jpg
私は何と写真の左の矢印の所?を動かしていたのだ Tさん絶句 苦笑い そんなところ動かしたらダメです

そうやったんや〜〜〜〜左の矢印のところを動かしてたんや〜〜〜〜

それでカメラを(固いから無理やり爆 )左右に振っていたのだ アホです

ほんまは右やったんや〜〜〜〜!!!

私赤面 でも最強で開き直り 私は宇宙人か 笑

Tさんありがとうございました 何でも聞いていいとおっしゃっていただいて感激です トホホ

帰りの大阪駅で ちょっと撮影しました

雨シリーズ またアップしますね

d0027244_19134577.jpg

今日はこういう顛末でした 

いっこ賢くなったぞ〜〜〜〜〜って言うほどのことか???

でも私には新発見 最強のれんげそうでした お粗末様 

笑わんといてね   いや笑われるか  ショボンです

[PR]

by hanarenge | 2017-10-06 19:17 | 心模様 | Comments(2)
2017年 10月 06日

鳥は・・・・・・・



鳥は恐竜

d0027244_15404695.jpg



d0027244_18470397.jpg

d0027244_15405896.jpg



[PR]

by hanarenge | 2017-10-06 05:01 | 心模様 | Comments(0)
2017年 10月 05日

薔薇と観覧車とお月様と仕事

全く題名通り

何のひねりも工夫もありません><

仕事たて込むと眠たい〜〜〜 朝が早いから。。。。。

仕事は何の仕事も同じ 苦労もあるけど 楽しいことの方が多いかな 

みんな同じナース同士 採血の苦労話に花が咲くときもある

これは絶対にナースでなければわからない 笑 

逃げる血管とか 漏れる血管とか 脆いのとか硬いのとかいろいろね

楽しく仕事ができるって大事やと思いませんか?

おふざけとは違いますよ

忙しいけど 仕事は嫌じゃない

同僚と話していると面白いし愉快だし^^

採血が失敗なしで終わると充実感あるし 

血圧と検査箋書きも随分と慣れました(ベテランさんの域にはまだまだ遠いけど)

ECGも随分と慣れました

私は採血も血圧係もECGも好きです

病院と違うところは数をこなすということ スピードが要求されること でも完璧にね

機材の運び込みと設置 これもみんなで協力してあっという間に終わります

移動につぐ移動の時はちょっと大変だけど それも自分だけではなく同僚もいるから協力してあっという間に

撤収してまた移動 機材設置 検診スタート 機材撤収 移動 多い時は日に7回もこれを繰り返します

検診人数が少なくても多くても機材の設置は一緒 だから多くても一箇所で出来るときのほうが有り難かったりして^^

1日で1000人超えもあるのですからね〜〜〜

つくづく思うのはナースの資格を持っていて良かったと思うこと

だって お給料が全然違うもん

資格のない一般の人の時給を聞くとわあ〜〜〜っ大変って思います(あ 別に偉ぶってるわけとは違いますよ)

働いて 自分の趣味も楽しんで 映画もコンサートもエトセトラ やりたいこと多すぎ

目下の一番はカメラだよん 撮影会楽しみ^^V

今はこんな気分です



薔薇と観覧車と月齢8・9の月
d0027244_19451475.jpg



d0027244_19453766.jpg

どちらも9月29日です


[PR]

by hanarenge | 2017-10-05 20:15 | 心模様 | Comments(2)