心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:映画あるいは読書&ドラマ( 45 )


2006年 10月 18日

久しぶりにテレビの事など

嫌われ松子の一生は映画にもなり、一躍有名になりました。

嫌われ松子の一生テレビ版が、この前から始まって、まあ、早速見始めたと言うわけです。

原作は図書館を検索すると、ものすごい予約状況で久しぶりに本屋で、購入しました。
あっという間に読めますね、ものすごく、深い本でもないし。。。と言うか、深い話しですが、さらっと書いてあります。
大人になって、人生の出発点で、何の因果か、躓いてしまった松子のものすごい転落の話です
落ちる、落ちる、果てなく、螺旋階段を駆け下りていくように、松子は、人生が社会がバームクーヘンのように、階層になっているとすれば、ドンドンもぐっていきます。社会には厳然と格差は存在します。
松子の生きる世界は、吹き溜まりのようです。浮かび上がるチャンスは有るし、松子の几帳面な性格は松子が何の仕事に従事していても、プロとして一流の境地に達します。
しかし、何故か、這い上がれそうになると、まるで、灯りに吸い寄せられる蛾の様に、転落の道へを辿ってしまうのです。
松子のこの性格が転落への扉をノックしたと言ってもいいほどです。
私は、松子の話を読んで、ゾラの「居酒屋」のヒロイン、ジェルベーズを思い浮かべました。

人生の嵐が来た時、なすすべもなく、より困難な道に踏み迷ってしまう彼女らは、しかし、とても純粋で可愛い所の有る女達です。

ゾラのジェルベーズと違う所は、松子は、嫌われて一生を送ったけれど(それは、自分の人生の幸運の神様から・・・有るとすればの話しですけど・・・)松子の甥が松子の人生を丹念に拾い出し、愛情を持ちます、松子を愛した人も沢山います。

ジェルベーズは、作者で有るゾラからも、徹底的に見放され、彼女を心配する人は、たった一人。鋳物工の男です。ギリシャ神話の神のような立派なあごひげを蓄えた、堂々たる体躯の彼は、しかし、心優しい、純な魂の持ち主です。その心で精一杯彼女を愛します。ジェルベーズの心では、彼はちょうど、日なたのひなげしの様に無邪気で汚れのない場所なのです。
この、鋳物工とジェルベーズの、哀しい別れには胸に迫る物があります。

ヒロインの転落には似ているところも有るけれど、読み応えのあるのは、ゾラですね。
長編ですが、人物描写がとても面白く引き込まれてしまいます。

いけない!居酒屋のことではありませんね、これは、また、次の機会にしたいと思います


原作とテレビでは少し違う点もありますが、まあ、楽しめそうな予感でございます。

以下、私が今、見ている番組などを並べて見ました。
慶次郎縁側日記高橋英樹と寮の世話人の掛け合いが何とも面白いです。

朝の連続テレビドラマ「芋たこなんきん」、これは、濃いですよ、キャラクターが。
ヒロインは、新人ではなく、藤山直美です。改めて彼女は父である寛美の血を濃く受け継いでいると思いました。皆さんが自然な関西弁なので、見ていても、違和感がありません。

関西のドラマをもう一つ、古いですよ(笑)「あかんたれ」です。昼のドラマとしては最高の視聴率を誇ったと聞きますが・・・・・・・・・。テレビ大阪で放送中ですが何度目の再放送なのでしょうか
卯月さんのあかんたれあらすじはこちらに詳しく書いておられます。

原作はまだ読んでいないのですが、ドラマは出演者がそれぞれ個性的で、目下、はまっています。

脇役まで、しっかりと、役作りをしています。
分家の、憎たらしい物言いと番頭のとぼけ方、漫才のようです。

船場の商家を舞台に、明治、大正、昭和と、続きます。のれんが、幅を利かせ、船場独特のしきたりの中で、この、「秀松」の苦労は果てしなく、続きます。
虐められても虐められても、頭を下げ続ける秀松、其処まで何故尽くすのだろうと、たまらなくなりますが。

そして、秀松のいじけ方が天下一品!!これでは、秀松をよく思わない人は、虐めたくなるだろうと・・・・思っちゃいます!!
次は、いったい、どんな事件が・・・と、見るものは、いやがうえにも期待してしまいます。

話しが、これでもかと、くどいのですが、それがちっともイヤではありません。
テレビの前に座って、この引っ張り方にはまっているのです。

ここまで、はまるとは、自分でも思わなかったので、それが、愉快で、楽しみなこの頃でも、あります。

あかんたれ  退屈な時は、検索してみてくださいな(^^ゞ
[PR]

by hanarenge | 2006-10-18 21:57 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(4)
2006年 08月 22日

とりとめもなく

長い間。。。と言うほどでもありませんが、ブログは夏休みでした。
ネットの世界では、現実の世界とは少し違って、一ヶ月にも足らない間ですが、とても長時間の休みのように思ってしまいます。
何だか不思議です。何故なのでしょうか。
日々流れていく時間の観念が現実世界とは、全く違っているのでしょうか。

休み中は、たくさん、本を読みました。特に印象に残ったのが、「ユン・チアン」のマオです
彼女のワイルドスワンが発売された時、早速購入して読んだのですが、所謂、中華人民共和国の王様 毛沢東の暗い側面を書いた本を初めて手に取ったのは、「上海の長い夜」からです
チェン・ニェン女史の(長い迫害に耐えた彼女はとても美しい人です)上海の長い夜
ショックだったのがこの本を検索しても、あまり情報がない事です。20年も前の事ですから、無理もないのかもしれません。チェン・ニェン女史は、流行作家でもありませんから、情報を期待しても無理はないのでしょうが。

彼女は、理不尽な文革の迫害を強い信念と(自分は何ら間違った事はしていないし、中華人民共和国に対して何も後ろめたいことはない)信仰でこの「恐ろしい笑い話にもにた」狂気の世界を生き抜きます。

「毛沢東の私生活」これは、この独裁者の主治医を心ならずも長年勤めたDr リーが書いた本です。
もちろん中国では、発禁処分と聞きました。

これ等を読んだあとでしたので、マオを読むときにもある程度の事はわかっていましたが、ここまでだとは思いませんでした。
私が中学生の頃、ラジオに中国放送が入り、日本語で、盛んに文革の喧伝を行い、偉大な毛主席・・・と言う言葉もしょっちゅう流れていました。

毛は壮大な夢を持っていました(ただその夢は、人民のためのものではなく自分だけの夢でありその夢の持ち主が中華人民共和国の支配者であると言う事が、恐ろしいことです)。
夢の実現のため、広大な中国は彼の実験場になったのです。
私自身も悪い夢の中のように思えましたが、この夢の世界を現実として生きざるを得なかった、人々の痛みや必死の叫びが聞こえてきそうです。

d0027244_224037.jpg


休む前にコメントをいただいていた方々の所へのご挨拶も、まだままなりません、申し訳ありません
ゆっくりではありますが、また、ブログに、書き綴っていこうと思います。
[PR]

by hanarenge | 2006-08-22 21:11 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(14)
2006年 06月 03日

観たい映画 ジャスミンの花開く

不思議な街 上海 
ヨーロッパの香りとアジアの風 上海 何て素敵な響きなのかしら

混沌とした中国の喧騒と洗練された街角が溶け合う上海の街に咲いた恋の花

観たい映画の一つです


ジャスミンの花開く リンク切れてます
音量に注意してください


追記 2007 5月   アー観ましたけれど・・・・・・・
ちょっとね、話が弱いです  三人の女の生き方が もう一つ 心に入ってこない
チャン・ツイイーは綺麗ですけれどね・・・・・・もっと、リアルに現実感を出してほしかった
中国の政治情勢を考えると、中々 難しいのでしょうが。。。。。残念です。 
[PR]

by hanarenge | 2006-06-03 07:19 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(4)
2005年 11月 23日

チョッと素敵な映画の事

モンゴルのゴビ砂漠で、遊牧をして暮らす四世代同居の家族のドキュメンタリー映画
砂漠の中に白いゲオが二軒、仲良く並んでいる。
家畜はヤギとらくだ。
らくだがお産をするのだが、生まれた子供は白いらくだ。
母らくだは子らくだを愛そうとしない。家族は色々試してみるが、母らくだは頑として子供のらくだを無視する。困り果てる家族は・・・・・。

 らくだの涙の公式サイトです。

ドイツ映画です。モンゴルのゴビ砂漠でオールロケです。
淡々と日々の生活が描かれ、二つ並んだゲオで暮らす善良で優しくて美しい人たちとらくだの話しです。
ハリウッドのように、感動のスペクタル!!も、無理やりの泣かせも無し。
あるのは風と砂嵐と、ゲオの中の暖かい生活と、沢山の羊とらくだ。

いつの間にか映画に引き込まれ、モンゴルの砂嵐の音が耳についています。
懐かしい、優しい気持ちになれる映画でした。
映画の上映はもう終わっているので、DVDで見たのですけれどもね。
[PR]

by hanarenge | 2005-11-23 00:21 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(2)
2005年 10月 21日

ああ!熟年離婚

男は35年真面目に勤め上げた、会社を今日退職する。
妻は夫の為に、朝からご馳走作りに余念がない。
子供達にも早く帰るように言い渡し、夫を見送る。
男は、淋しさと、りっぱに勤め上げた満足感を持って、長年、苦労をかけた妻に、プレゼントの買い物をする。
照れくささを隠して、妻とのこれからを、あれこれ考える

女は、これで私の役目は終わったと言う。
自分の考えを押し付ける、男とはやってはいけない・・・・。長い間家事と育児を一手に荷って台所を這いずり回り、そうやって今までやってきたのだ。
仕事仕事で、私一人が、何もかも家庭の雑用を引き受けてきたのだ。もういい。

退職祝の楽しい食卓で、ご苦労様の言葉の代わりに切り出された、妻からの突然の離婚話し!。

男は、ズンズン進んできた確かな一歩が、突然崩れたように、何が何だか理解できない。

娘の婿に言われて、家事や料理をしてみる。ゴミだってちゃんと分別しているぞ。

きっと一時の気の迷いだ。虚勢を張るが、大人しかったはずの妻にことごとく粉砕される。

秋のテレビの新番組で熟年離婚 が始まりました。


でもね、それは決定的なことを決めた女から見ると、全くよけいな事。はっきり言ってウザイのだ。
渡哲也演じる幸太郎に私はつぶやく。そんなことしても、無駄、絶対に振り向いてはくれないよ。
もっと時間がたてば、肯定的に見てくれても、今は、ダメだなあ。

男から見ればこれほど理不尽きわまることはないだろう。
一生懸命家族の為に(男はそう思っている)働いて、最後がこれか!俺が何をしたって言うんだ!?。
でも女は、言うのだ。そう、あなたは仕事は一所懸命してくれました。でも、それだけ、私が、何を言っても聞いても、あなたは聞いてくれた事があった?何もかも私に押し付けて、あなたはしたい仕事をしてきただけなのよ。私のしたい事をただの一度でも聞いてくれた事があったかしら?

女の私から見たら、まあ、テレビの番組として楽しめるのだが、連れ合いはこの時、無口になる。(爆)
男から見れば身につまされるのだろうか?

友人と話したのだが、これ、今、渦中にある人には、ものすごいインパクトだろうなあ・・・

私としてはこのドラマの結末が、幸太郎も洋子も、二人の道がまた、一緒になるか、それとももっと別の形で、親友(戦友)のような間柄になるか、興味が尽きない。
[PR]

by hanarenge | 2005-10-21 00:30 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(15)