心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:桜花( 39 )


2012年 05月 07日

御衣黄

大きなお寺の御衣黄を久しぶりに見に行ったら すっかり花が開いていました(4月20日 撮影です)

d0027244_204478.jpg

かろうじて見つけた蕾です

d0027244_2043890.jpg

すっかり開いた花 緑の線がはっきり解ります

d0027244_2052823.jpg



d0027244_2061123.jpg

緑色から桜色へ

d0027244_207341.jpg

やさしい色になります

御衣黄はすっかり葉桜となりました もうGWも終わりましたね 
皆様のGWは如何でした?
[PR]

by hanarenge | 2012-05-07 20:09 | 桜花 | Comments(2)
2012年 05月 02日

下りて来ました 奈良桜最終便

若草山から下ってきました 新公会堂の庭園が見事なんですが もう閉園時間ギリギリで諦めました
奈良県新公会堂のHPです
お能があったようで 観覧客が大勢出て来ていました

d0027244_10354852.jpg

奈良公園 春日野園地です 私はここがこんなに奇麗に整備されていたとは恥ずかしながらちっとも知りませんでした
奈良公園には色々と詳しい情報が載っています
d0027244_1038029.jpg

南大門の屋根です この反り加減が好きです
d0027244_10384854.jpg

大仏殿の大屋根 まあ言うたらここは大仏さんの前 右手側言う事です^^(背中と対です)
そこに シルクロード交流館があります ランチもありますよ 食べてませんけど
d0027244_1042325.jpg

その交流館の横手に 桜の園があります まだ若木の八重紅枝垂れや紅豊などが植えられています
それが どれもこれも満開でしてん
d0027244_1045485.jpg

紅枝垂れのシャワー    右端に用心棒が写り込んでます 待ってくれてますねん^^
d0027244_10462581.jpg
 
シャワー
d0027244_1046353.jpg

シャワー
d0027244_1047983.jpg

シャワー  なんて言うか やさしい色やなあ
d0027244_1049175.jpg

こちらは 紅豊です
d0027244_10492972.jpg

ほんまに・・・・豊
d0027244_1050369.jpg

ゆたか
ずいぶんと日が傾いて 少し暗くなって来た春日野園地です
d0027244_1051524.jpg

なだらかな園地の向こうに浮かぶような大仏殿
d0027244_10533739.jpg

なら燈花会(とうかえ)に来たときここに来ましたが 春は初めて 
同じような 瑠璃会(るりえ)と言うのが 2月にあります 冬の煌めきです
行事案内がここに載っています 瑠璃絵のHPもあります 私も今回初めてゆっくり見ました^^(((何も知らんやん私 笑)
d0027244_10563372.jpg

ズームしてみるとこんな感じです みな そろそろ帰り支度かな
d0027244_10586100.jpg

吉城川に沿って帰ります
d0027244_10595887.jpg

モミジが花をつけています 可愛いらしな これがタケコプターみたいな種になるんやな
d0027244_1113059.jpg

花びらが散ってます 季節は確実に 次へと進みます

アホほど ようさん写真貼付けました 私は欲張りやもんで あれもこれもとなりますねん

引き算でやらなあかんけど なかなかできんと・・・足してばっかりですわ
桜の京都と奈良は特に足してばかりでした   
長い事ご覧頂いてありがとうございました ほんまにおおきにです  感謝です

だいぶったん(大仏さん)の背中と前 かなり印象が違てます
背中は より自然な感じ 前はもう少し整理された感じ?けど 鹿はどっちも闊歩してますわ
どっちが好きかなあ 前もええけど 背中の広い空間は捨てがたい魅力やなと思た蓮花草です
[PR]

by hanarenge | 2012-05-02 11:11 | 桜花 | Comments(8)
2012年 05月 01日

若草山の天辺では

5月1日になりました 4月中に桜を全部アップしてしまおうと思っていたんですが 無理でした

さて 登って来ました若草山では
d0027244_038174.jpg

この子がお出迎え センベイは積極的には取りに来ません つつましいんや
その向こうでは
d0027244_0392473.jpg

力比べ?をしています 角はタケノコの先くらい出てます
d0027244_0403696.jpg

やっぱり展望写真を貼ります
d0027244_0413573.jpg

こちらは?南の方でしょうか 金剛山や葛城山 二上山?上の写真に見えるのかも?明日香や畝傍なんかも見えてるはず?大和三山も写ってるはずです えらいアバウトですみません
d0027244_0453157.jpg

ベンチで休んでると おずおずと寄って来ます 別に脅かしたわけではないさかい^^安心しておくれやす
d0027244_0464657.jpg

下の大仏さん辺りの鹿とはかなり態度が違てます
d0027244_0475815.jpg

用心棒は 鹿とたわむれ
d0027244_0484538.jpg

花嫁さんと花婿さん 
d0027244_0492425.jpg

文金島田と赤い打ち掛け 簪が桜の下で輝きます お幸せに(もしかしたらモデルさんかもしれまへん)
d0027244_055940.jpg

馬酔木の花がまだ咲いています

d0027244_0554116.jpg

朽ちた木に命が育ちます (写真真ん中のアップを貼付けてます)こうして命は続くのですね
これは この森がおよそ1200年前から繰り返してきた命の連鎖です

水谷茶屋では店じまいの様子です
d0027244_115596.jpg

水谷茶屋から 少し上手に瓦屋根の長屋が仲良く並んでいます 空き家が多かったのですが
イタリアン(ケーキも売ってました)のお店もできていて 今度覗いてみようかなと思いました

相変わらず写真が多くてすみません 桜シリーズはどうしても写真ばかりになります
この後も まだ続きます よろしゅうに
[PR]

by hanarenge | 2012-05-01 01:04 | 桜花 | Comments(8)
2012年 04月 30日

若草山へ

大仏さんの背中から二月堂 そこから若草山へ向かいます
若草山のふもとを通って向かいます ここは旅館やお土産屋さんが立ち並んでいます
春日大社へも通じる道でもあります(水谷茶屋の橋を渡ると春日大社への道です)
d0027244_1225574.jpg

ふもとの道では鹿が呟きます 道行く人にセンベイをねだります
若草山には入山規制があって 入山時期には入山料を払って入ります 頂上まで道が付いています
もちろん 鹿は顔パスでいつでも入れます^^
私たちは 春日山原始林の若草山までの道を通って行きます
d0027244_1230127.jpg

登り始めるとこんな藤がありました 木に絡み付き伸び上がり・・・・ここまでになるともう芸術品みたいやと用心棒
d0027244_12315140.jpg

月日亭の庭に赤い笠があります 道から見えています  月日亭のHPです
d0027244_12351320.jpg

こんな道や
d0027244_12354114.jpg

そんな道 緩やかなカーブの山道は 市内のど真ん中とは思えないほど静かで鳥のさえずりが聞こえます モミジの頃とは違い若葉を透かして木漏れ日がよく射し込みます 
d0027244_1239223.jpg

この木は 実は一本の木でしょうか?それとも二本の木でしょうか?
d0027244_12402171.jpg

切り株の上には苔が
d0027244_12405634.jpg

あら!もう着いた 笑 若草山の天辺です 桜が出迎え あとは鹿です鹿!
d0027244_12421281.jpg

展望です 見える道は入山して歩きます 県庁も 大仏殿も見えてます 解りますか?生駒山がかすんでいます 西ノ京も見えます
d0027244_1246622.jpg

ずんとアップで興福寺五重塔です 鮮明でないのはご勘弁を
d0027244_1247082.jpg

大仏殿の西側には 西ノ京が見えるのですが(唐招提寺や薬師寺があります) 桜の絵の→の下の佐保川の桜も見えます
d0027244_1249370.jpg

ズームです  JR関西線の線路も見えてます

写真ばかり並べて記事は簡単になってしまいました 奈良編まだ続きます よろしくお願いします
[PR]

by hanarenge | 2012-04-30 12:54 | 桜花 | Comments(4)
2012年 04月 28日

二月堂へ

d0027244_11395428.jpg

大仏さんの背中から二月堂へ向かうと 出迎えてくれるのは大湯屋の桜
私は二月堂へ向かうこの路が大好きです この湯屋には大公孫樹もあって秋には見事な金色の松明のようになります
素敵な絵が描けたでしょうか
d0027244_11443567.jpg

湯屋から少し上がると二月堂の屋根が真ん中に見えます
d0027244_11451948.jpg

お松明が終わって 翌日の未明に行われる(3月13日午前1時過ぎ)お水取りの行を見学に行った時の事を思い出しながら 春の二月堂へ向かいます
d0027244_11485724.jpg

この階段を 練業衆とお松明は駆け上がります(11名の練行衆が一人一人、二月堂での行のために上堂するための道明かり 東大寺修二会より抜粋)
d0027244_11551212.jpg

二月堂からの眺めです この景色を眺めるのも楽しみの一つです 大仏殿の大屋根の向こうに生駒が見えます ここに夕日が沈むので二月堂からの夕景はとても美しいのです
d0027244_11581453.jpg

上がって来たのとは別の階段で降ります ここから若草山の方へ向かいます
[PR]

by hanarenge | 2012-04-28 11:58 | 桜花 | Comments(13)
2012年 04月 27日

お▲つきの奈良です

d0027244_21101648.jpg 赤飯の(誰が?って蓮花草が作ったです^^^)お握りを持って 用心棒と奈良へ行ったのは4月15日
d0027244_21124049.jpg

興福寺の枝垂れは満開 ここは三重塔で国宝の五重塔に比べると地味〜〜〜ですが この季節は注目度が上がります
d0027244_2115169.jpg

三重塔を見て上がると南円堂 ここも満開です
d0027244_2154944.jpg

大仏殿へ向かう参道は いつものように込み合っています 一番人が多い所でしょうか
東大寺の大仏さんは 凄いなあと改めて感心する用心棒と蓮花草でした
d0027244_21191419.jpg

大仏殿にほど近く こんなお寺があります 屋根と桜に魅せられて カシャッと
d0027244_21204314.jpg

大仏殿に向かって左側 西南門の外から望んだ桜と若草山 この枝垂れは見事に咲いていました
d0027244_2125623.jpg

歌いたくもなろうさ 寝たくもなろうさ 
人も少ないここは ゆっくりと花を見られます しかし・・・・・芝生の上には・・・・
ちょっと『香り』は我慢して下さい
昨年は枝垂れは一本も咲いていませんでしたが 今年はどの枝垂れも満開です 

大仏さん(だいぶったん)の背中側の枝垂れです ここには 立派な枝垂れが幾本もあります 

d0027244_21314742.jpg
 
こんな菫が咲く小道を抜けて行くと
d0027244_21323128.jpg

昨年 いかずに引き返した 東大寺塔頭の「知足院」です
この土塀の崩れ加減 石段の傷み具合 鬱蒼と枝を広げた楠からは古い葉が絶え間なく舞い落ちます
どうです?え〜〜〜〜こんなとこ〜〜と思われますか? 私はここが好きです^^雰囲気ある〜〜〜でしょう??
d0027244_2136523.jpg

知足院の本堂の屋根と山桜 見事に咲いていましたよ

これから二月堂へと登ります でもその前に
d0027244_21385367.jpg

去年も撮った『大仏さんの背中』 やっぱりここは素敵だよ

奈良の桜と若草山の天辺の巻です 
京都と奈良 平城と平安 大きな二つの時代の都がおかれた町 
どちらも 大好きな町です 
[PR]

by hanarenge | 2012-04-27 21:43 | 桜花 | Comments(2)
2012年 04月 26日

御所で櫻 8

閑院宮さんのお屋敷を出た後は 九条池の方までぶらぶら
d0027244_1371056.jpg

北を見ると どんと御所に突き当たります 
d0027244_1391991.jpg

ズームすると こんな具合です 健礼門の後ろの大屋根は清涼殿です
これが近くなると 清涼殿の屋根がが健礼門に隠れてしまいます
さあ 今日はこの辺で帰るとしましょう
また北に上がります
d0027244_1312108.jpg

仙洞御所の方から今出川口までぶらぶらと上がりました
d0027244_131435100.jpg

今出川口にも桜が咲いています  美しい花を見せてもらって満足です ありがとう
さて ここから出町までまた歩きます どうして戻ったかと言うとふたばの豆餅をお土産にするからです 平日の割には 混んでいましたよ 桜の季節だもんねえ 
d0027244_1318819.jpg

童夢と言うケーキ屋さんで 林檎のタルトを買って 河原で食べようかと
だけどね トンビが空で待機中 で 持って帰る事にしました^^
賀茂大橋の上から 西側(写真の左側)の川は賀茂川(鴨川)東側(写真右側)高野川 
この写真では西側の川は左下に見えます
もう一本の橋は河合橋 ここで出会って一本の川となります
高野川沿いの染井吉野が満開で 河原では大勢の人が遊んでいました
長い記事にお付き合い頂いて 有り難うございました 御所で櫻は8で終わりです^^
[PR]

by hanarenge | 2012-04-26 13:28 | 桜花 | Comments(0)
2012年 04月 24日

御所で櫻 7

シリーズその7です 大げさですけどね  ((((照れているのですよ012.gif目を瞑って下さいな
d0027244_21295310.jpg

知る人ぞ知る?御所の細道 いつか消え 消えたと思えば現れ都の空に摩訶不思議なんて言うてます^^
砂利が敷かれるとこの自転車の轍は消えますが 御所を通る人は多く またいつの間にか出来ているのです
d0027244_21335477.jpg

おじいさんの楠から南へ下ると 出水の小川です 今は水は循環だとか
『最近まで御所には防火などのため 御所水道が引かれてありました 明治に開かれた琵琶湖疎水を三条蹴上で分水した専用水路です 1981年=昭和56年 その内 御所周りの流路「御溝水(みかわみず)」から 導水して作ったのが出水の小川です 1992年(平成4年)の御所水道閉鎖にともない 今は井戸からの地下水を循環濾過して流れを維持している』と立て札がありました

そこに 出水の枝垂桜があります 満開になると大勢の人が訪れます
d0027244_21505949.jpg

落花盛んを通り越し 葉桜寸前?でしょうか 
だけど 花のような可愛いお嬢ちゃんを囲んでお父さんとお母さんが それはそれは素敵な笑顔で写真を撮っておられました 中々素敵  うんと素敵
お父さんとお母さんにとっては お嬢ちゃんこそ極上の花でしょう すくすく育って大きな花を咲かせて下さいね
d0027244_21554138.jpg

閑院宮邸(かんいんのみやさん)の前には里桜大島桜が満開でした 里桜大島桜のそばに行くととても良い香り そう桜餅の匂い^^確か葉っぱは桜餅の桜になるのでしたっけ?
閑院の宮邸は公開されています
お公家さんの家中を見せてもらう事に と言っても平安時代のお公家さんの家ではありません
こちらにざっと説明が乗っています
d0027244_2222583.jpg

6枚まとめアップです 左の上が閑院宮邸 残りは御苑を整地したときに出て来た貴族の生活用品や装飾品です
フォトショップでの貼付けはさっぱり出来ません 面倒ですが引退したXPに入っているJTrimで加工しました><d0027244_2249242.gif

御苑に住むアオバズク 北山辺りから飛来するオオタカなどの剥製もありました
オオタカは 御苑にいるアオバトを狙ってやって来て005.gif襲って食べるのです その食事時間が二時間くらいかかるので 行き合ったカメラマンたち(アマ)が写真を撮っておられるとか 邸内の職員さんにお聞きしました
d0027244_22324780.jpg

簡素なお庭です
d0027244_2233895.jpg

ちょっと面白いかなと
d0027244_22335444.jpg

床モミジとシャレてみましたが・・・・・う〜ん 弱いですね

閑院宮邸の庭 この塀の向こうはもう丸太町通りだっせ
d0027244_2238594.jpg


やっと 丸太町通りまで来ました もう一回今出川まで戻るんですけどね^^
後一回で終わるかなあ  せやけど まだ 奈良編=だいぶったんの背中もありますねん::::
[PR]

by hanarenge | 2012-04-24 22:40 | 桜花 | Comments(2)
2012年 04月 21日

御所で櫻 6

いつまで続く〜〜〜お花見〜〜〜と皆さんに呆れられそうですが、まだまだ続くのであります
私は 欲張りですから いっぱい載せるのであります


御苑の東側 土御門第跡の西側に北へ向かって延びる小道があります
d0027244_2233286.jpg

母と子の森に続く道は こんな小道です バッタが原とかコウロギの森なんて言う原っぱを抜けて行きます
御苑の晩秋でもご紹介した母と子の森は 今はどんなかなあと 染殿井の前を通って歩いて行きました

d0027244_2239109.jpg

金色の公孫樹に埋もれていた広場はカラリとしていました バームクーヘンのような木のベンチもちゃんとありました
d0027244_22413028.jpg

森の文庫も春の日を受けています
d0027244_22422876.jpg
 
上を見ると 春のモミジです
d0027244_22464174.jpg

母と子の森の番人のように立つ木

晩秋の頃の森とは印象ががらりと変わりました もうすぐ青葉の季節 ここは輝くような緑の世界になるでしょう その頃にまた来てみたいなあ

櫻はどうなっとると?はい 里桜でしょうか 奇麗ですよ
d0027244_2251178.jpg

花びらが少し色づいています 後ろの木はまだ固い芽だけです
d0027244_2254252.jpg

もっとアップにすると  ほら!何とも優しい色でしょう?
d0027244_22564269.jpg

瓦をバックにすると 薄紅色が引き立つように思います

6まで来ましたけど まだ続きます 10くらいまでいくかも知れまへん・・・・・・
[PR]

by hanarenge | 2012-04-21 23:02 | 桜花 | Comments(6)
2012年 04月 20日

御所で櫻 5

d0027244_21224589.jpg

まだまだ続く御所お花見編です ^^
こんな小道もあります  東から西方面を向いて撮りましたが 場所は?母と子の森を出て西側かなと朧な記憶です
自転車に乗った人がツーと行き過ぎたり ワンコを散歩させている人がいたり 静かです

足下低く目を転じたら
d0027244_21265253.jpg

ハコベが光ってました あ〜〜〜春やなあと

d0027244_2128824.jpg

楠のおじいさん
桃林から出水の小川に下る途中にあります どうしておじいさんかと言うと
d0027244_21294514.jpg

田舎の柿の木とか カヤの木はこんな具合に寄生している植物があります フウランと間違えて採りたいと言って来た人がいました それはさておきこの楠にはびっしりと枝から枝にほとんど寄生していました こんな風な木は何故かおじいさんに思えるのです
d0027244_21401019.jpg

母と子の森へ続く小道に 咲いていた 辛夷の花 
d0027244_2141308.jpg

御所のユキヤナギは立派です こんもりと盛り上がって咲くユキヤナギは何処までも続くように思えます その前の木陰のベンチには 大勢の人が座っていました
向こうに見える門は 多分 下立売御門かしら
d0027244_21444581.jpg

春が腕を伸ばしたようなアーチ この下を通ってさあ 歩きましょうよ

のんびり ゆっくり まどろみたくなるような春の御所です
[PR]

by hanarenge | 2012-04-20 21:46 | 桜花 | Comments(6)