心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:幼い頃の・・・( 7 )


2017年 05月 03日

山道通学

小学校は 分校へ行った

ちいさな分校は たった二つの教室

複式授業だった  

低学年は複複式?

1年生から3年生までが一つの教室

4年生と5年生がもう一つ

休み時間の遊びは ほとんど全校生徒参加だった 何せ人数の加減もあるんですよ 

6年生になると 6キロくらい離れた本校通学が始まる

もちろん1年生から 何かあるたびに本校まで歩いたが 毎日ではなかった

6年生は毎日 雨も風も日照りも雪も関係のない 山道通学が始まる

それは当然のこととして生徒に受け入れられていた

小学校と中学時代の山道通学のことなど書いてみます

毎朝友人と待ち合わせて 山道を下る

そしてそれは 移り変わる季節をたっぷり味わうことでもある

野いちごが真っ赤に熟れて 私は躊躇なくそれを摘んでは口に入れるが 真面目な友人は学校の行き帰りに物を食べてはいけないと言う規則に縛られて 私に文句を言う

私は私でそんな彼女に生返事をしながら ありったけのスピードで野いちごを食べつつける

なんてったって美味しいんだから 買い食いじゃないんだから 道にあるんだから 食べたいんだから 甘いんだから

とうとう彼女も食べ出すのだ

バナナの木を横目に見て(バナナはならないがこの葉で押し寿司をするのだ バショウとか言っていたように思う)

道を下ると ショウジョウバカマが咲いている

毎年増えもしないが減りもしないで 変わらずに可憐な花をつけるこの植物が私は大好きだった

道はどんどん下り坂 杉の山の中の一本道を下っていく

空気は少しひんやりとして 土と苔と木の匂いがしている

友人とのおしゃべりは果てしなく続いている

夏には蜘蛛が巣を張るのでそれが苦になった

登下校の時にベタッと顔にくっつかれてはたまったものではない 私は蜘蛛が大嫌いだ

だから友人と順番を決めて 木の枝で払いながら歩くのだ

夕方は蜘蛛が巣をせっせとはるから、暗くなってもしっかり目を凝らさないといけない

毎日巣を張り替える種類の蜘蛛が山道にはかなりいる そいつらがせっせと精を出して家を作るのだ

でも こっちとしてはそんな事にかまってはいられない 顔や服につくのは嫌だし たまに蜘蛛まで付いてくる 

そうなったら一大事 暗い山道に私の悲鳴がこだまする

朝は朝で やっぱり壊れかけた蜘蛛の巣が残っている 油断は禁物

一度など大急ぎで山道を駆け下りる私のお腹のあたりの高さに ジョロウグモの巣と彼女(大きかったからメス)がでんといたことがある

ものすごい勢いで急ストップ 泣きそうだった

その朝は日直で私は早く家を出たから 一人の登校だったのだ

その辺の草を用心しながら手にして 思い切って巣を払った 彼女は??何と!!草を伝わって私の手の方へやってきた!!

きゃああああ 思いっきり草を下の田んぼへ放り投げた私 タッチの差で彼女も奈落へ ザマアミロ!!

暗い夜道に光が尾をひく 翡翠のようなその色はホタルだ

友人の髪に止まったこともある 綺麗な髪飾り 私は見とれてしまった

分校の下まで来ると山道は途切れて大きく空が開けてその下に水田がある

ホタルは水田の上でたくさん 舞っている それは何と美しい光景だったろう

翡翠の帯があっちにもこっちにも尾を引いて消えていく 私と友人はものも言わずそれを眺めていた

光は弱くなったり強くなったり またたいたり いろいろな表情を見せてくれるのだ

ホタルの季節が過ぎたら ありがたくない事にヤブ蚊の襲来も始まる

竹藪の中を通ると必ずヤブ蚊が団体でやってくる いやはや今年初めての洗礼 痒いのなんのって!!!

用心してあちこち叩いても 必ず噛まれた いや血を吸われた

血を吸った蚊を叩き潰すと 後で猛烈に痒くなる 毎年の恒例だ

それでも友人と私はおしゃべりを続ける 毎日会って毎日山道を歩くのだが 話は後から後から湧いてくるのだ

やがて夏休みも終わり 二学期だ

空気も冷たくなって日も短い

真っ暗になった山道は まるで何かが口を開いているかのようだ

満月の晩 道は白く光り 空は冷たかった 月の明かりになれた私の目には今から入っていく山道がとてつもない闇の世界のように思えたものだ

少しの物音がまるで何かが待ち構えているように思えたり この世のものではない者が潜んでいるように感じたり

おっかなびっくりで山道に入っていく私のうなじがぞわぞわした 怖かった

ところが友達と二人だと平気なのだ もうどんなことも怖くも何ともない 一人だと想像力が果てしなく広がってしまうのかもしれない

雪が降ったらもう大変 滑りやすい山道は用心がいる

一度など ホタルを見た田んぼの上から カバンだけ先に放り投げたことがある

その年は雪が多くて 深かった 細い道はバランスが取りにくく 滑ると下まで転げ落ちそうだったから 友人と熟慮の上 先に通学カバンを落とそうと

しかし カバンが途中で口を開けてしまい 教科書 ノート 筆箱 果ては弁当まで出てきた

カバンが下の田んぼに着地するまでに それらのものは カバンから飛び出して 放物線を描きながらあちこちに落下して行ったのだ

もう 笑った 笑った お腹が捩れるとはあのことだろう いまでもその光景を思い出すと笑えてくる

友人はこれも笑いながらあっけにとられたように 落ちるって思わんかったと

ちゃんと閉めてなかったら 落ちるわ

これは中学時代 山道が尽きたら自転車通学なのだが その道も雪で埋まっている

だから自転車は押していく 当然遅刻 でも仕方がない これが当たり前 そんな時代でした 

とにかくこうして書いていると 鮮やかに蘇ります あの山道の匂いまでしてくる気がします

季節毎に違う光景 季節毎に変わる山道の小さな事件 私の子供時代が目の前を横切っていきます

スキャンしたら故郷の様子はわかりますが  写真はあえて載せません 

どうぞ山道を想像してくださいな

[PR]

by hanarenge | 2017-05-03 21:45 | 幼い頃の・・・ | Comments(2)
2017年 05月 02日

庭石菖は夏と共に


d0027244_23501438.jpg


庭石菖は今頃咲くのですねえ

Yちゃんこれはアメリカの花よ 祖母が言ったことも思い出す

私にとってはこれは夏の花

田舎の道にツンツン ツンツン それはたくさん咲いた

素足にこれが触れると こそばゆいような痒いような妙な感触

でもこの花は それこそ道いっぱいに咲いているから 踏んで通らないと仕方がない

もう夏休み 私はウキウキ

夏休みは蚊取り線香の匂いと お盆の仏様 そしてラジオ体操 海は最高の楽しみ

夏の友 競書会 図工 絵日記 肝油 読書感想文 写生

いっぱい課題があった

だけど ウキウキの夏休みは始まったばかり

今日は下の川まで泳ぎに行く 大きな川だ 深い淵もある 

緑色に見える淵の底には白い流木が骨のように揺らいでいる

だから淵の方へは行かない

水中眼鏡は持っていない 自分の目で見る川の中はぼやっとして何もかもが二倍に見える 虹色に縁取られて見える

川の上の方から水に入る。ふわりと浮いて流れて、耳の周りで川のささやき声が聞こえる 

私は顔をつけて潜っていく 目を開けると 

石が水の中で色とりどりに輝いて見える 

それは人魚姫のお城の庭のようだ

底まで潜って大きな石をつかむ そうすれば川は私を追い出そうとはしない

大きな石を持って 川の底で座ると 私の髪は逆立って水に着いて行きたそうにゆらゆら揺れる

大きな石も川の底では私の手にも軽々と扱える

アチコチ見回してみると 魚が泳ぐのが見える

川の中は光が溢れてとても明るい 見上げたら泡が滑っていく 木の葉もクルクル回っている

息の限界までそうしていて 一気に石を離すと 私はふわりと浮き上がる

あとは流れに任せて

友達の家で休憩して アイスクリームをもらって おしゃべりして 私たち3人は山の上に帰っていく



庭石菖の咲いている道をさっきと同じように踏みながら

夏の終わりの物悲しさ

家の隅っこが青黒くなって日が短くなったことがわかる

そして私は世界中に取り残されたような寂しさを感じるのだ

だけどそれはまだ先

だって 夏休みはまだ始まったばかり

ウキウキの夏休みは庭石菖が知っている




[PR]

by hanarenge | 2017-05-02 06:45 | 幼い頃の・・・ | Comments(2)
2007年 02月 26日

日なたのにおい

d0027244_2349897.jpg
d0027244_23451414.jpg

           小さな日溜まり 見上げた私の髪にもほろほろと 零れる花の・・・・・・・春
[PR]

by hanarenge | 2007-02-26 23:51 | 幼い頃の・・・ | Comments(10)
2006年 06月 21日

ヤマモモ

赤い丸い大きなキャンディのような、ヤマモモ

口に含んで、ギュッと圧すと酸味の勝った果汁があふれ出す

ヤマモモは、幼い頃への、記憶の扉
d0027244_18123353.jpg


初夏の風が、頬に心地よい、I屋敷の畑で、私は遊んでいる
「お父ちゃん、そこに、いてへんか?」母の声が、茄子の畑の向こうからする。
「いてへんよ」 私は、顔も上げずに、手元の「小さな自分の畑」の、土をいじりながら返事をする

I屋敷は、家から一山越えた所にある、大きな畑だ。昔ここに屋敷があったが、今は畑になっている。
それでも、畑の名前は昔からの名前で呼ばれている。

父と母について、この屋敷に来るのが楽しみの一つだった。

清水が湧き出る小さな泉は、底まで澄み切って、ジッと目を凝らすと、底の砂が湧き出る水に押し上げられ、永遠に終わらないダンスをしているように見える。
夏でも、冷たい泉から、何度、喉を潤した事だろう。
そこらじゅうに生えている、フキの葉を丸めて水をすくうと、緑色の葉は銀色に見えるのだ。

柿の木が、たくさんあって、今は大きな葉の影に隠れる様に生っている青い実は、秋には夕焼け色の甘い実になる。それを、木に登って、捥いで食べると、冷たい秋の空気のように、ジンと歯にしみた。

ひょっこりと、父が、姿を見せる。仕事をおいてどこにいっていたのだろうか?

父は、手を背中に回したままで、私の前まで来て、ヒョコッと大きな木の葉を丸めた物を出す。

開けてみると、丸い赤い実が、ポロポロとこぼれる。

ヤマモモだ、一つ口に含むと、苔の匂いが満ちる、羊歯の匂いがあふれる。
山の香りが口いっぱいに広がっていく。

ヤマモモは、畑の上の山の崖の所に一本あるのだ。とても大きくて、その下に行くと、茂った葉で空が見えない。

父は、この実の生る頃をよく知っていて、今のように、時々、ひょいと消えて、ニコニコしながら山から下りてくるのだ。

果物屋の店先に、この実が並ぶ頃、私の心は遠くあの夏に飛ぶ。
d0027244_1814264.jpg

[PR]

by hanarenge | 2006-06-21 18:16 | 幼い頃の・・・ | Comments(12)
2006年 04月 22日

ダンコロは宝物

暗く 寒い 冬が、ようやく終り、田んぼも山も、明るい光に包まれる四月

ダンコロは、なだらかな、小さな雑木林 二段になって広がっているから、私たちはそう呼んでいた。

雑木林は、柔らかな芽を付け、苔の匂いや、羊歯、枯れた葉や、チョッと湿った土の匂いがしている。
よく手入れされた、林には、木の間を通して、光が、其処ここに降り注ぎ、草の上に、明るい日だまりが幾つもできている。

丸く光が落ちている所に、今年は、菫が群れて咲いている。
丸く盛り上がって、其処だけは紫色の世界だ。

柔らかく暖かい雑木林の地面に座っていると、緑色の光が目の前で踊っているようだ。

私が、ジッと動かずに、その辺にある木の一部のようにしていると、この林の小さな住人のリスがひょこっと顔をのぞかせる。
静かに、静かに、首も動かさずに目だけでリスを見る。

ふわふわのしっぽを、ビンのブラシ洗いの様に立てて、木の枝を伝わって降りてくる。

今は私のすぐ前の、草の広場で、前足を口に持っていって、忙しく周りを見回している。

でも、リスはそこからは決してこちらに来ようとしない。フンフンと鼻をうごめかせ、匂いをかいでいる。
この林に、侵入者がいることを、知っているようだ。

長くジッとしたままだと、足も腰もだるくなってくる。私は、ウーンと伸びをしながら立ち上がる。
リスはとたんに、あっという間に、木の上に駆け上がり、葉っぱの後ろに隠れてしまうのだ。

春になったら、私は、家の持ち山の雑木林に行って、何をするともなく、山の匂いに取り囲まれて、座っているのが好きだった。

私の小さな秘密のつまった雑木林。

誰でも子供の頃には自分だけの宝物の場所を持っていますね
[PR]

by hanarenge | 2006-04-22 18:00 | 幼い頃の・・・ | Comments(6)
2006年 04月 21日

パフッと煙?

おーい、おーいと呼ぶ声がする。父の声だ。
何だろう。。。と思いながら、出てみると、父は摩訶不思議な物を持っていた。

山から落ちてきたぞと言いながら、ポンと地面に投げて、足で軽く踏むと・・・・・
パフッと微かな音がして、紫色の煙がその摩訶不思議な物から立ち昇る。
わー!!これ欲しいと言うが早いか、私も蹴ってみた。ポーンと弾んで、また、パフッ パフッ
春に買ってもらった、赤い毬よりも、面白そう!!

庭で蹴り上げると、少しだけ先にとんで、天辺からは紫色の煙 パフッ
夢中になって蹴って遊んだ。
蹴ることに飽きてくると、今度は踏んづける。やっぱり、パフッ しかも煙の量が多い
こんな面白いものが、裏山からうちの庭に転げ落ちてくるなんて、なんて素敵なんだろう
夢中で踏みつけ、踏みつけ、遊んでいるうちに、とうとう、ペシャンコになってしまった
もう、蹴っても、踏んでも、煙は出ない、パフッとも言わない。

どうやらタヌキノチャブクロ と言うキノコらしい。
ここにリンクをして下さっている「四季彩日記」のyoas23さんのブログに乗っているキノコの素晴らしい写真を拝見していて、裏山から落ちてきた摩訶不思議な物を思い出した。
[PR]

by hanarenge | 2006-04-21 00:05 | 幼い頃の・・・ | Comments(6)
2005年 12月 23日

憧れた叔母

私が、まだ、小学校に上がる前、叔母はお嫁に来た。
母の実家の仏間で座っていた、叔母は、幼い私の目から見てもとても美しい人だった。
黒引振袖の花嫁衣裳の叔母は、文金島田に白い角隠しをしてキラキラ光る簪を挿して少しうつむき加減で、座っていた。
お嫁さん。。。この不思議な優しい響きにうっとりとなって、私は、叔母のそばを片時も離れまいと、きっと真面目な顔をして、そのくせ何を言って良いのかもわからずに見ていたのだ。
叔母はそんな私を見て、ニッコリと笑ってくれた。
まあ、まあ、この子は、こんな所に居たのかえ?じゃまになるやろぅ?母か祖母が言って、私は別の部屋へ、連れて行かれたのだが・・・・・。

座敷に、明りが入り、その、丸い明りの下にお嫁さんが座っている。
いつも私に冗談を言う叔父とお嫁さんが、綺麗な色の座布団に座り、皆、笑ったり、お酒を飲んだり、楽しそうにしている。
私は、夢の中のような気分で、自分の席でやっぱり綺麗なお嫁さんをじっと見ていた。

私が憧れた美しい叔母は、その次の朝は、もうちゃんとお化粧をして、茶の間にいる親戚の皆と話しをしていた。
○○ちゃん、おきたの?おはようさん。叔母は私を見てニッコリ笑って、これ食べる?とお菓子を差し出してくれた。

私の一番初めの叔母の記憶だ。コロコロとよく笑う美しい人だった。

叔母は、童女のようになって、12月17日に叔父の元へ逝ってしまった。

眠っているような穏やかな顔をした叔母は、あの日のお嫁さんのように美しかった。
いっぱいの花に埋もれて、すっきりとした顔で、叔母は逝ってしまった。
[PR]

by hanarenge | 2005-12-23 01:30 | 幼い頃の・・・ | Comments(11)