ブログトップ

心の万華鏡  

用心棒の思い出小道 6

d0027244_12102654.jpg

降りてきたのはうんと左側 池は半分埋められ耳成山公園になっています
この池も 用心棒が高校生の頃は もっと大きく もちろん公園もありません
そこから 歩くと 住宅街に出ます

このあたり み~~んな 田んぼだったといっても良いくらい 平野が広がっていました
その真ん中に 酋長の家があったと言うのです
酋長とは 高校のクラスメート  よく遊びに行かせて貰ったとか・・・言うのですが
ご覧のようにすっかり変わった今では 探すのは一苦労 家も見当たりません
しかし 用心棒は昔の記憶を頼りに歩く  歩く  (でもね 方向音痴だもんね 見つかるわけが無い・・・・わたしゃ 疲れた 怒・・・)


d0027244_12173678.jpg

ここから別行動に・・・・・(無断で)
線路脇の細長い空き地は 草が生い茂る児童公園  もう遊ぶ子供もいないのだろうか・・・・・
d0027244_12192414.jpg

ホタルブクロの群生
d0027244_1220714.jpg

日の光を撥ね返すように咲いた黄色いコスモス
d0027244_1222616.jpg

耳成駅の近くの 不思議な空き地にあった蔦の絡まる木  真下から眺めてビヨヨョ~~ン
d0027244_12225685.jpg

不思議な空き地の不思議なムードの木 松や棕櫚  家は無いのだが庭のような雰囲気で畑らしきものもある
やたらと日が明るい 


用心棒は生まれた時から お坊ちゃんで それこそ 何不自由なく育ちました

しかし 今までの道のりは決して平坦なものではなく 波乱万丈 疾風怒濤 の人生でした


(もちろん 波乱万丈 疾風怒濤に関しては 私は一切関係はございません  笑)

まあ それから色々とあったけれど いいんでない??

人生の道の途中でめぐり合えて こうやって一緒に歩けるんだからさぁ・・・・

おや?私を呼んでいる   さあ 耳成駅から電車に乗って帰ると致しましょう

用心棒の思い出小道は 今回を持ってお開きと致します 長い間お付き合いくださいまして有難うございました

また いつか 思い出を語る日も来るかもしれません
[PR]
Commented by mitiko-aran at 2007-06-30 14:09
大きな池を埋め立てるなんて!如何して?と聞きたいです、
池や沼って!環境には大切なのに、公園なんて!作らなくても、
風景が変わり、用心棒さん、チョッピリ寂しいですね、山川
位変わらないで欲しいですね、
白のホタルブクロの群生凄い!我が家はもう!早くに終わりましたけど、
此処は、涼しいのですね、
人生、生きてる限り、色々有りますね、今が一番幸せと感じたら、
万歳ですね、夫婦で同じ風景に思い出の小道を
歩かれて、思い出のアルバムが膨らみましたね。
Commented by yoas23 at 2007-06-30 16:39
用心棒さんの思い出の場所を拝見して、
私も自分の場所を歩いてみたくなりました。
育ったのは隣町ですからそんなに遠くは無いのですが、
そんな気持ちで眺めたことも無く・・・

でも何時かその場所に立った時、
そこに忘れてきたものに出会えるかも知れませんね。
Commented by eos44 at 2007-06-30 17:24
こんにちは~v(=∩_∩=)
良い思い出作りをされていますね。
とても羨ましいですよ。
僕もそういう夫婦を目指して行きたいですね。
Commented by ぐ~ at 2007-06-30 17:25 x
立派なブランコとシーソーがあるのに、主がいない公園。器具も淋しがっている事でしょう。
少子化の波が押し寄せてきてるんでしょうか。
ホタルブクロの群生、すっごいですねぇ。実際に見たい光景です。私、おたおたしそうです。
歴史深い山のそばでの思い出、誰にでもありますが自分にしかない思い出です。ところで、酋長のお家はあったのでしょうか。心配です。
ミツバチ先生の蓮の花の講義、面白かったです。試験に出でても大丈夫です。
Commented by hanarenge at 2007-06-30 23:38
みちりんさん♪昔は田んぼばかりで、灌漑の役も負っていたのでしょうね
埋め立ては、いつ頃行われたのでしょうか。住宅街になってきた頃かなあ・・・・・
用心棒は、長い間、訪れていなかったので、浦島太郎の心境みたいでしたよ。でも変わっているのは当たり前やんかと、意地悪な私は言ってやりました^^;
ホタルブクロ、これは五月の写真なのです(汗:)
実はね・・・これ、箱に入れていっぱい生やしていたのですよ^^
夢を壊してごめんなさい。
まあ、人生、トントンですかねぇ。元気で暮らせたら幸せですよね。
違う人生もあったでしょうが、今ここにいるのは私たちですものねえ。
Commented by hanarenge at 2007-06-30 23:42
yoasさん♪懐かしくなりまして?本当に思いがけない発見があるかもしれませんね。
お隣の町ですか?近いと中々行きませんね。
子供の頃に遊んだ、思い出が、路地の角にあるかもしれませんね。

故郷は変わらずにいてほしいですが、現実にはそうはいきませんね
でも自分も変わっているんですよね。その再発見が嬉しかったり、淋しかったりするのでしょうか。
Commented by hanarenge at 2007-06-30 23:48
豆乳ちゃん♪そうですかぁ?(^_^.)
思い出は、哀しく透明で暖かくこみ上げてきますね。
もう二度と戻れない自分がいる。何て遠くへ来てしまったのだろうと・・・・・
しかし、其処に立ち止まって入られません、また、一歩、一歩、進んでいくのですね。
振り返ったとき、其処に、寄り添う人がいれば、やっぱり幸せかな・・・なあんて、わけの分からない話になってすみません。
豆乳ちゃんも、素晴らしい想い出小道を、お二人で作ってくださいね。
Commented by hanarenge at 2007-06-30 23:54
ぐ~さん♪置き忘れられたような、ブランコとシーソーがとっても様になっていた公園でした。茂った草も一役買っていました。
荒れた感じはちっともしないのですよ、まるで遠い記憶の絵みたいでした。
ホタルブクロもコスモスも公園の一角にありました。
おたおたさせてごめんなさい^^:実はこのホタルブクロは、箱の中で群生させてあったのです、夢を壊してごめんなさい。
酋長の家、聞かないでくださいまし^_^; 方向音痴の用心棒は、あんまり私を待たすとえらい事になると、気が付いたのか、途中で戻ってきました(笑)
ぐ~さん、講義を受けてくださって、ミツバチ先生も、嬉しかったと思います。これで進級試験は、もう、ばっちりですね☆
Commented by kotapi_1 at 2007-07-01 16:28
想いでの場所はいつまでもそのままに残っていて欲しいものです。
用心棒さんの想いで巡りにご一緒されて、今まで知らなかった一面を見つけたりして(・・・すいません読者の感想でした)
少年の頃の用心棒さんには会えましたか?
公園の草の中のシーソーやブランコは、想いで小道と重なっているような・・・。
Commented by hanarenge at 2007-07-01 16:56
タンポポさん♪こちらにも書いて下すって!有難うございます。
読者の感想、大歓迎(^_^.)
用心棒の少年の頃には、会えたような・・・・・実はこのとき、私は、怒っていて、あんまり話を聞いてやらなかったのです^^;
公園のシーソーもブランコも、用心棒の想い出小道には、出てこないのですよ。
こんなハイカラな公園は無くって、それこそ畑と田んぼでしたんですって。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hanarenge | 2007-06-30 12:41 | 奈良 | Comments(10)

 心模様の一こまを・・   れんげそう