ブログトップ

心の万華鏡  

おもろうて、やがて・・・・哀しき?

こんにちは 秋の兆しがこちらでも感じられるようになりました、お変わりもなくお過ごしでしょうか
あの時は、若草山から降りて来る間ぁに、雨に降られてわやでした。
そやけど、やっとの思いで椅子に座って、かき氷を頼みましたんや。それにお店の人は皆さん親切で、なんや、ホッとしました。

若草山の天辺は、お日ィさんが、ようあたって、風がピカピカ光ってええ気持ちでした
まあ、鹿にえらい事睨まれて大変だしたけど・・・・・・
鹿をすり抜けて、大きな鬼ヤンマを追い回していたら、用心棒が雷、鳴ってるから、はよ、降りよといいまして。。。。
せやけど私は、途中から、横腹がものすごぉ、痛み出して、用心棒の肩にすがりながら降りてきましたんやで。
橋まで、どんだけ長いこと歩くんやろ、まだか、まだかと、目の前が暗ろうなって・・・・・・・
息がつまる、目がかすむ(ちょっと、オーバー)思いでした。
お店の椅子に座ったときは、ほんまに心から、ホッとしたんです。
何にも頼まんのは、あんまりやと、喉も渇いて、みぞれを食べたら気分もよぉなるやろと思って、冷や汗を出しながら、みぞれを注文したんですえ。
真っ直ぐ座っているつもりやのに、体が右側に傾いて、おかしな格好でしたやろな?
目の前に、運ばれてきたみぞれは、真っ白で、甘い匂いがしていました。
せやのに、スプーン入れたら、カチンと、カチンとだっせ、スプーンが何かにあたってそれ以上、はいりまへんのや・・・・・・
なんでかしらんけど、又、冷や汗が、どっと出ました。
お姉さんが暑いですなあと言いながら、ご親切に扇風機を私に向けてくれましたんやけど・・・・・
いえ、冷や汗どすとも言えず、かたい、かたい、みぞれに、向き合いました。
みぞれは、スプーンを入れると、ふんわりと、柔らかい雪みたいな氷がすくえるもんで、ないと、あきまへん。
そない思えば、氷をかく音がせんかったし、すぐに、ミルク金時とみぞれをもってきてくれはりました。
用心棒が、かたいミルク金時と格闘しながら、これは、先に作ってあるんやな・・・と呟いています。
あ、あかん・・・又、痛うなってきた・・・・・
背中を用心棒に押してもらうと、ようよう、楽になってきましたけど、みぞれは、半分以上、皿の上で固まったままです。
冷や汗たらしながら、体を、傾けて、ウンウン言いながら、みぞれを食べた私は、こっけいでした。ほんまに、こっけいでした。
せやけど、あの、かたいみぞれは・・・・・・・・・・

やっぱり、注文受けてから、氷をかいてほしいです。

忙しい中で、大変でしょうが、かたい、みぞれは、あきまへん・・・・・・。なあ、そない、思わはりませんか。
[PR]
Commented by yoas23 at 2006-09-21 06:57
市販のアイスクリームに混じって売ってある「カップのみぞれ」の方がまだましなようですね。
もう一度掻き掻きして欲しかったでしょう(笑)。
微妙な色、形、食感を好む日本人としてはやりきれないですね。
外国ならいざ知らず・・・この日本で・・・それも冬でも無い季節に・・・。
もっとも冬なら誰もかき氷を頼みはしませんが・・・。

それで、体調の方は治りましたか?。


Commented by yokomoko at 2006-09-21 09:13
かたい「みぞれ」ですか、、ちょっと、いやかなりツライ。
普通のスプーンでは歯が立ちませんね。
あの先がギザギザになっているスプーンで、がつんがつん
砕きつつ食べなければ、、
って、そんな風に食べても美味しくなーい!
これは絶対にクレームものですが、何かと親切風味のお店の方には
なかなか言えないかな、、
おつかれさまでした。。

蓮華草さんの京言葉、大好き!
また書いてくださいね(^◇^)
Commented by namazu_5757 at 2006-09-21 19:55
奈良公園の店はみんなあきまへん。中には気ぃきくとこもあるやろけど、
まぁ期待せん方が無難です。大仏商法と言われるやつでんな。
大阪では考えられまへん。痛いおなかに冷たいもん入れておなかも、
ビックリしたんちがいますか?おだいじに。
Commented by hanarenge at 2006-09-22 00:15
yoas23さん♪ほんまにカップのみぞれの方が、なんぼか、ましやったか、知れまへん^^;
ほんまに、お姉ちゃん、悪いけど、取替えとくれやすと言いたかったですわ。
せやけど、体が、具合悪いと、気ぃまで弱なって、あきまへんなぁ・・・
あんな店、今でもあるんやねぇと、変に感心したような・・・・・
はい、おおきに、体のほうは、今は、どないもあらしまへん
Commented by hanarenge at 2006-09-22 00:23
yokomokoさん♪うまい事、いわはる!親切風味やなんて
親切とは、ちごうて、風味とつくとこが、微妙な、とこどすな
あの、かたい、岩みたいなみぞれは、哀しいもんだした。スプーンでつつくと、テーブルに、氷が、飛び散るんえぇ。情けないったら、ありまへん。
yokomokoさん、私の、言葉は、京都の言葉やおまへんのよ
怪しい、関西弁どっさかい、お耳汚しだす^^;
Commented by hanarenge at 2006-09-22 00:33
namazuさん♪そうだしたんか?奈良にお詳しいnamazuさんのお言葉どっさかい、間違いは、あらしまへんなぁ。
大仏商法と言うんどすか?えらいことに、大仏さんを使うたはるんだすなぁ。
ほんま、大阪やったら、こんなん出したら、えらい事、言われますわなぁ
氷饅頭なんか、頼んだんとちがうでぇなんて言われますわ^^;
おおきに、ありがとさんでおます、体は、もう何ともあらしまへん。

Commented by brizu at 2006-09-22 15:35
馬酔木の森は馬酔(迷い)の森です。
みんな少しいつもと違う自分に出会うのです。
春日山から吹いてくる風に気がつくと
迷いはいつの間にか消えます。
奈良はやはり古の人の想いが残っているようです。
Commented by 蓮華草 at 2006-09-23 18:36 x
burizuさん♪ほんまですなぁ、馬酔木の小道で迷うてしもたみたいな話でした。
あの、かたいみぞれは、迷い道で、であったのどっしゃろか?(*^_^*)
突然だすけど、今。石川県に来ていますんや
お天気もよおて、すっかり、のんびりしています。
帰ったら、burizuさんもみなさん、また、遊んでくださいまし。
よろしゅう、お頼み申します<m(__)m>
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hanarenge | 2006-09-20 21:59 | 心模様 | Comments(8)

 心模様の一こまを・・   れんげそう