心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 22日

ダンコロは宝物

暗く 寒い 冬が、ようやく終り、田んぼも山も、明るい光に包まれる四月

ダンコロは、なだらかな、小さな雑木林 二段になって広がっているから、私たちはそう呼んでいた。

雑木林は、柔らかな芽を付け、苔の匂いや、羊歯、枯れた葉や、チョッと湿った土の匂いがしている。
よく手入れされた、林には、木の間を通して、光が、其処ここに降り注ぎ、草の上に、明るい日だまりが幾つもできている。

丸く光が落ちている所に、今年は、菫が群れて咲いている。
丸く盛り上がって、其処だけは紫色の世界だ。

柔らかく暖かい雑木林の地面に座っていると、緑色の光が目の前で踊っているようだ。

私が、ジッと動かずに、その辺にある木の一部のようにしていると、この林の小さな住人のリスがひょこっと顔をのぞかせる。
静かに、静かに、首も動かさずに目だけでリスを見る。

ふわふわのしっぽを、ビンのブラシ洗いの様に立てて、木の枝を伝わって降りてくる。

今は私のすぐ前の、草の広場で、前足を口に持っていって、忙しく周りを見回している。

でも、リスはそこからは決してこちらに来ようとしない。フンフンと鼻をうごめかせ、匂いをかいでいる。
この林に、侵入者がいることを、知っているようだ。

長くジッとしたままだと、足も腰もだるくなってくる。私は、ウーンと伸びをしながら立ち上がる。
リスはとたんに、あっという間に、木の上に駆け上がり、葉っぱの後ろに隠れてしまうのだ。

春になったら、私は、家の持ち山の雑木林に行って、何をするともなく、山の匂いに取り囲まれて、座っているのが好きだった。

私の小さな秘密のつまった雑木林。

誰でも子供の頃には自分だけの宝物の場所を持っていますね
[PR]

by hanarenge | 2006-04-22 18:00 | 幼い頃の・・・ | Comments(6)
Commented by kotapi_1 at 2006-04-22 20:58
蓮華草さん こんばんは。
雑木林は楽しい場所ですね。これからの新緑の季節も、ガサゴソと落ち葉を踏みながら、きのこ取りのお供で歩く秋の季節も大好きです。
Commented by hanarenge at 2006-04-22 21:44
タンポポさん♪こんばんは。
お出でいただいて、有難うございます。とっても嬉しいです。
リンクの件も有難うございました。私のほうでもリンクをさせていただきました。これからもよろしくお付き合いくださいませ(ニコニコ)。

林や森は、そこにいるだけで、いい気持ちになりますね。
落ち葉を踏む音、いいですね、最近本当にそういうものから離れてしまいました。
タンポポさんは、素敵ですね。そうやって木を身近に感じていらっしゃるんですから。
Commented by brizu at 2006-04-23 00:16
なんか、上質のエッセイを読ませていただいたようです。
目の前に絵が広がること・・。
それが何より一番ですね。
自分だけの宝物、忘れないで持っていられたらいいですね。
Commented by yoas23 at 2006-04-23 06:00
とても良く描けた文章ですね。読んだだけで情景が伝わってきます。
雑木林の匂いって、季節によって変わりますね。だから一歩踏み入ると何故か以前の懐かしい記憶が蘇る気がします。
覚えようとして覚えているのでは無いのですが、きっと身体が覚えていたのでしょうね。
素敵なエッセイ・・・ありがとうございました。
Commented by 蓮華草(姉^^;) at 2006-04-23 10:29 x
ブリズさん♪広がりますか?そう言って頂けて、とても嬉しいです。
小さな頃の宝物は、時間が流れても、尚、いっそう、鮮やかに心の中に蘇ります。
匂いや、風の音・・・何故なんでしょうか?
頭の中に宝箱の部屋があって、きっと、色とりどりの思い出を、誰でも持っているんですよね。
それを出しちゃぁ眺め、仕舞っては出し、雨の夜は特にそうです。

Commented by 蓮華草 at 2006-04-23 10:47 x
yoas23さん♪しばし、ダンコロで遊んでいただけたでしょうか。
有難うございます。とても嬉しいです。
雑木林は季節ごとに、匂いが変わる  yoas23さんの言われるとおりですね(^^♪
春の雨上がりなどは、特に、緑のむせかえるような匂いに包まれます。
まるで、木の樹液がほとばしるように。
そして遠い記憶が、体の中で目覚めるのでしょうか?
山ばかりの寒村で育った私は、毎日朝夕、山を見て育ちました。
これからも、折に触れ、私の山里を書いていきたいなと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 大きなお寺の八重桜      パフッと煙? >>