心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 06日

ある朝に

彼の家はどこなのだろう

彼は何をしているのだろう

とにかく ここに彼はいる

d0027244_11503153.jpg
早朝の駅はまだ静か

ゆっくり新聞を広げて 指で記事を追っている

彼は多分家を持たない人なのであろうと私は想像する

ここで朝のひと時を過ごしているのだろう

ちらっとこちらを見ただけで何も言わなかった彼

黙って自分の世界に戻っていった

彼の時間を邪魔した私

途端に自分がつまらなく思えた

[PR]

by hanarenge | 2017-09-06 12:04 | 心模様 | Comments(2)
Commented by sikisai03 at 2017-09-07 07:04
人と人の関わりって色々あると思いますが、ほとんどの場合はその場だけで終わってしまうものですね。
それも会話も無い場合がほとんど・・・
でもそれでも迷惑なことは無いと思います。

ちらっとれんげそうさんを見て、また自分に戻るって何となく人間らしいと思います。
きっとそれで彼は独りではないことを自覚すると思いますよ。
孤独であれば尚更にね。
Commented by hanarenge at 2017-09-07 18:13
sikisai03さん コメントありがとうございます

実は多くの人と関わっているものですよね
そして、もう二度と会うこともない人もいるのです、いえそちらの方が多いくらいですね

>ちらっとれんげそうさんを見て、また自分に戻るって何とな人間らしいと思います。
>きっとそれで彼は独りではないことを自覚すると思いますよ。
>孤独であれば尚更にね。

都会の朝のひと時でした^^

コメント拝見して ほわんと温かい気持ちになりました
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ドラゴンフルーツと恐竜      大阪 3 >>