心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 02日

庭石菖は夏と共に


d0027244_23501438.jpg


庭石菖は今頃咲くのですねえ

Yちゃんこれはアメリカの花よ 祖母が言ったことも思い出す

私にとってはこれは夏の花

田舎の道にツンツン ツンツン それはたくさん咲いた

素足にこれが触れると こそばゆいような痒いような妙な感触

でもこの花は それこそ道いっぱいに咲いているから 踏んで通らないと仕方がない

もう夏休み 私はウキウキ

夏休みは蚊取り線香の匂いと お盆の仏様 そしてラジオ体操 海は最高の楽しみ

夏の友 競書会 図工 絵日記 肝油 読書感想文 写生

いっぱい課題があった

だけど ウキウキの夏休みは始まったばかり

今日は下の川まで泳ぎに行く 大きな川だ 深い淵もある 

緑色に見える淵の底には白い流木が骨のように揺らいでいる

だから淵の方へは行かない

水中眼鏡は持っていない 自分の目で見る川の中はぼやっとして何もかもが二倍に見える 虹色に縁取られて見える

川の上の方から水に入る。ふわりと浮いて流れて、耳の周りで川のささやき声が聞こえる 

私は顔をつけて潜っていく 目を開けると 

石が水の中で色とりどりに輝いて見える 

それは人魚姫のお城の庭のようだ

底まで潜って大きな石をつかむ そうすれば川は私を追い出そうとはしない

大きな石を持って 川の底で座ると 私の髪は逆立って水に着いて行きたそうにゆらゆら揺れる

大きな石も川の底では私の手にも軽々と扱える

アチコチ見回してみると 魚が泳ぐのが見える

川の中は光が溢れてとても明るい 見上げたら泡が滑っていく 木の葉もクルクル回っている

息の限界までそうしていて 一気に石を離すと 私はふわりと浮き上がる

あとは流れに任せて

友達の家で休憩して アイスクリームをもらって おしゃべりして 私たち3人は山の上に帰っていく



庭石菖の咲いている道をさっきと同じように踏みながら

夏の終わりの物悲しさ

家の隅っこが青黒くなって日が短くなったことがわかる

そして私は世界中に取り残されたような寂しさを感じるのだ

だけどそれはまだ先

だって 夏休みはまだ始まったばかり

ウキウキの夏休みは庭石菖が知っている




[PR]

by hanarenge | 2017-05-02 06:45 | 幼い頃の・・・ | Comments(2)
Commented by 高兄 at 2017-05-02 21:20 x
れんげそう様、こんにちは

この時期は

新緑と共に、野の花が咲き乱れる季節ですよね^^

御blogからも、伝わって参ります

梅雨に入る前に、私も、野花を追いかけてみようかな^^
Commented by hanarenge at 2017-05-02 22:03
高兄さま こんばんは

新緑と野草 まさにそうですね

私は花壇の手入れされた花よりも、野草に惹かれるほうなんです ぺんぺん草とか 笑

どうしてこんなに美しいのだろうかと 敬虔な気持ちになります(その時だけでも)

高兄さま 私、高兄さまの野草のお写真拝見したいです^^

是非!是非!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 山道通学      たらたら緑地 >>