心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 19日

あなた

眠れぬままに

心に浮かぶのはあなたの事

あなたと出会い あなたと歩いた日がよぎっていく

とても好きだった 心の底から好きだった


何処が?とあなたは聞いたけど 答えを探すふりをして 黙ってあなたを見つめた


あなたの全てが好きだなんて照れくさくて言えなかった


あの日 あなたは突然出て行ったね

深く考えもせず 雪の降る街を見ていたんだ

だんだん時間が経って いくら何でもこれはおかしいのではと突然 やっと気がついた

あなたがやりかけたことがいっぱいあって あなたがこんなに色々なことをしていたんだなあって 胸を突かれるような気持ちでいたよ


あなたの好きなサボテンが ポツンと窓辺に置かれていたね

可愛がっていたサボテン

あの日 冷たく暗い部屋で膝小僧を抱きしめながら あなたは去ってしまったのだと

泣きたい心で思ったよ

この心が晴れる日は来ないと思ったよ

お元気ですか?

あれから後で 結婚したんだ

僕の奥さんはあなたには似ていないけど あなたのように洗濯が好きだよ

もう随分と昔のことだね

あなたと街でばったりあったらわかるかしら?

相変わらず 少し笑いを含んだ目で僕を見てくれるかい?

何の屈託も無く 笑ってくれるかい?

きっとあなたのそばには 素敵なご主人がいるのだろうな

あなたを忘れない僕を この頃少し嬉しいんだ

今更 どうという事もないけれど あなたを好きだった頃が一番生き生きしていたのかもしれないね

僕の奥さんが 僕を呼んでいる

もう行かなきゃね 可愛い人なんだよ 幾つになってもね

あなたが好きだったサボテン 僕が世話をして花を咲かせたよ

驚いたでしょう?花が咲くなんて

僕はあの頃サボテンが咲くとあなたが帰ってきてくれると思って 一生懸命世話をしたんだよ

僕の願いは聞き届けられなかったけど あなたの代わりに僕の奥さんが来てくれたんだよ

よかったよね?

あなたも きっと喜んでくれるよね?

あなたが うんと幸せでうんと綺麗で うんと笑っていることを願っています





もうお分かりですね これはチューリップのサボテンの花の妄想です 笑笑

題名をストレートにサボテンの花としなかったのは あなた様をちょっとドキッとさせたかったから
ちょっとホホーッと思わせたかったから
あなた様は 私の作文を読んでくださる ネットの海の見知らぬたくさんのあなた

もしちょっと戸惑って 読んでくださったのなら 私の小さな成功です

有難うございました

iPadからだと サボテンの花 の貼り付けが上手くいきません

時間ができたら パソコンから試みて見ます

良い歌ですよね この前iTunesで買いましたよ

そればかり聞いています だから妄想もふくらんだのでしょうね

お付き合いいただいて有難うございました







[PR]

by hanarenge | 2017-03-19 01:20 | 作文 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 感謝 驚嘆 万博記念公園 1      最強  >>