心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 22日

私が泣くとき

私が泣くとき 

泣くときなんて、沢山あるじゃない 人生は涙の海だ  誰かが言っていた?

いやいや、人生は涙の海でもだ、泣くときと、タイトルつけた限りは泣く事を書かなくっちゃね。

もちろん、Elvisの事でも泣ける まだ書いてないけど、ディクシーの言葉には胸にぐっと来るものがある。

それはこの次の記事まで取っておこう。

泣いた赤鬼  
濱田廣介のあの童話。

これはジンと来るとかそう言うものではない、読み進んで青鬼が赤鬼に手紙を書いて、それを赤鬼が読む下り。
親友は去って行った。そしてもう二度と会う事はないのだ、
あの下りで、私はいつも涙腺が崩壊するのだ。ほとんど号泣と言ってもよい。

幸福な王子          
オスカー・ワイルドの短編小説 私はこれを、アンデルセンの童話だと思い込んでいた時期が有る。
南に渡り損ねたツバメと王子のお話 像であるけれど王子には魂が有って、町の貧しい人々の事を思って心を痛めていた。
ツバメはそんな王子の手伝いをする
絵本を読んでいても、涙で声が曇る 息絶えるツバメと王子 町の裕福な人々の醜さ やっぱり私の涙腺は崩壊する。

そして、今日の本題は・・・・・・・

マディソン郡の橋

小説はベストセラーになり、映画はメリル・ストリープとクリント・イーストウッド(主演と監督)で、やっぱり大ヒットした。
ここでくだくだストーリーを書いても退屈でしょう

そして、この物語を絶賛する人と、つまらない、くだらないと切って捨てる人に、物の見事に別れている。

これは、大人の純愛物語り、究極のラブストーリー

これはお子様では解らない。

まあ、好き嫌いは有って当然だし、自由だ。

私は何年も前にこれを観た、そしてイマジカか、ザ・シネマでに上がっていたのを、去年録画していたのだがそれをやっと観た。

それと合わせて、iTunesで原作を買ってiPadにも入れたのを読んで。。。。。。。

フランチェスカ(メリル・ストリープ)にロバート(クリント・イーストウッド)が、一度だけ書いた手紙を読んで、またまた涙腺が崩壊してしまった。

もちろん映画もそうだ。

イーストウッドの(彼はこのときもう65才だ)少年のような眼差し (何?それ?なんて言わないでよね)
フランチェスカのキッチンで、彼がフランチェスカを見るあの眼差し。
フランチェスカのロバートを見上げる、あの目。言葉などいらない、眼差しが全てだ。

雨の中で、車の中にいるフランチェスカと、あの雨の中に立ち尽くすロバート。
少しだけかわす微笑み。もう二度と逢えない、逢う事は叶わない。

フランチェスカと夫の乗った車の前に、ロバートのトラックがある。
ロバートは、ペンダントをミラーに掛ける。
フランチェスカはそれを見る。ペンダントは揺れている。 涙をすかして目を凝らすのだ。
ロバートの気持ちが痛いほど伝わって来る
d0027244_21563735.jpg
フランチェスカの右手が車のドアにかかる、このドアを開けて!!このドアを開けて彼の元に走って行くのよ!!

やがて信号が変わり、何も知らない夫のリチャードはクラクションを鳴らす。
フランチェスカは思い出す、私の責任、夫と子供たちへの責任 それは投げ捨ててはいけないものなのだ。

やがて、ロバートの車は左へと去って行く。

行けないと言った私が悪いの でも、何故行けないのか説明させて。もう一度教えて、何故私が行くべきなのか。

お互いがお互いに逢う為に生まれて今日まで生きて来たのだ、私が写真を撮っているのは、フランチェスカ、君に会う為だったのだ。
もうずっと、遥か昔、私はどこか高い所から落ちたのだ、それはフランチェスカ、君に会う為だ、君に向って落ち続けたのだ。

そしてロバートはフランチェスカの視界から消えた。

もう二度と逢えないのだ。お互いを思いながらずっと生きて行くのだ。

でも、フランチェスカは、その時は解らなかった、ロバートの言った事が。
それは、後から解ったのだ、彼の言った事は正しかった。もしあの時それを理解していたら私は行っていただろう。

フランチェスカは、農場に残り、今まで通り善き妻、善き母であった。
ロバートとの4日が無かったら、私は農場で生きて行けなかっただろう。

長い年月が過ぎ去り、リチャードは、お前には夢が有ったのだろう しかしその夢を与えてやれなかった、すまないと言って先に逝ってしまった。
リチャードは、ロバートとは違う、絶対に違う、決定的に違う。
しかし彼もフランチェスカを愛している。それは彼女が一番良く知っている。
だから、彼女は彼に責任があるのだ。

もしかしたら彼は・・・・・・ある時期に知ってしまったのかもしれないし、そうではなかったのかも知れない。

フランチェスカはロバートの死を知る、そして彼の思いを改めて知るのだ。それはフランチェスカと同じように揺るぎない思いだ。

あの橋の袂に、ロバートの遺灰はまかれたのだ、彼の遺言に寄って。
そして、フランチェスカもまた灰になって、橋の袂にまかれた。(私は家族に自分を捧げました、残の身はロバートに捧げたいのです)


アイオワの、遠く過ぎた暑い夏の4日間の物語である。


余談ですけど、これは初めはハッピーエンドの映画となるように脚本が書かれたらしい。
しかし、それは気に入らないと言う事で、監督がクリント・イーストウッドに変わった。
彼はこの映画は原作通りでないといけないと思っていたそうだ。

これがハッピーエンドだったら・・・・・いやいや、後味はさっぱり良くないだろう。何も残らない映画になる。
私の涙腺も崩壊しなかったし、本も買おうと思わないし記事も書かないね、きっと。

そして、ロバート・キンケイドは、彼の友人たちが言うにはクリント・イーストウッドそのものだった。
彼にとても良く似ていたのだ、考え方も物腰もね。
今までは違う人を演じたけれど、今度は自分自身だったとクリントは言ったらしい。
(彼の友人たちとは、クリント・イーストウッドの友人たちと言うことです。ロバート・キンケイドは小説の中だけの人物です)

監督となったイーストウッドが指名した相手は、メリル・ストリプープ1人だった。彼女でなくてはならない。
このイーストウッドのセンスは素晴らしいと思う。

そして、最後の雨のシーン、あの時はメリルの演技を見ながら、彼女をロバートの元に行かせてやりたいと共演者やスタッフ、監督、皆で泣いたそうだ。

メリル・ストリープは、映画の後半ではもうずっと泣きっぱなしで、氷で目を冷やしながらの撮影だったそうです。

当然の事ながら、イーストウッドは、この撮影を物語の初めからストーリーを追って撮ったとか。これは大正解。

あのキッチンでのダンスとキスの名シーン、イーストウッドはメリルの背中越しに指示を出していたとか ちょっと笑いました。

そして、ロバートがキッチンで男泣きに泣くシーン、みんな(メリルやスタッフ、共演者)が、イーストウッドの名シーンだと言ったのですが、結局このシーンをカットするようにクリントは指示したらしい。
見たかったなあ!!!!!。


[PR]

by hanarenge | 2016-03-22 22:53 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(2)
Commented by desire_san at 2016-04-03 23:08
こんにちは。
私もラブストーリーの映画が大好きなので、興味をもってブログヲ読ませていただきました。ブログを拝見して「マディソン郡の橋」はぜひ見たくなりました。本当に泣けそうな映画ですね。

私も私の好きなラブストーリーを桜の花の写真とともにリストアップしてみました。ご覧になった映画、お好きな映画はあるでしょうか。読んでいただいた、ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。
Commented by hanarenge at 2016-04-04 16:42
desire_sanさん
コメントを有り難うございます。
私の拙い作文を読んで下さって、映画を観たくなったと嬉しい事を仰って頂いて喜んでいます。

先ほど少しだけ見させて頂きました。
今日は母の受診付き添いで、病院に出かけ、先ほどやっと帰宅しました。
少し休もうと思います
後ほど(明日になるかもしれません)必ずお伺い致します。
楽しみに読ませて頂きますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2016 04 京都 桜      2016 02 15 姪のM子... >>