2016年 01月 19日

第一容疑者 (Prime Suspect)

d0027244_16035379.jpg
ヘレン・ミレンは私の好きな女優だ
その彼女が主役の「第一容疑者」
ヘレン・ミレンはジェーン・テニスン警視を演っている
はじめて観たのは2012年にANXミステリーで。
第一容疑者 こちらWikiです
以下 2012年に映画の方の私のブログに書いた記事を加筆転載します。

突然何故かと言いますと イマジカで、ついこの前から、何度目かの再放送が始ったのだ。
そうするとまた記事にしたくなった。


1991年に始まった人気脚本家リンダ・ラ・プラントの原案に基づく英国のドラマシリーズとWikiにも有る通り。

メリル・ストリープがテニスンを演じたいと希望したそうだけど立ち消えになったとか。良かったと思う。
私は彼女も嫌いではないが、テニスン警視は、絶対にヘレン・ミレンで無くてはならないと思っている。

このドラマの素晴らしい所は、非常に丁寧かつ緻密に作り込んである所だ。
内容はとても暗いし重い、性暴力有り 幼児虐待あり、快楽殺人有り 映像だって綺麗事や格好いい映像では済まない。
観ているのが辛くなるほどの物をぶつけて来る
では、何故観るのか?
答えは簡単、非常に面白く、また、登場人物も素晴らしいからだ。(犯人も含めてと言うか、犯人がまた素晴らしい)

アホみたいな日本やアメリカなどのサスペンス??(何処がよ?そんなもんあるのか?)ドラマとか犯罪物のドラマなんか、これを観て一からやり直せよって感じなのだ。おまけに(日本のタレント紛いの演る刑事物なんか、ゴミ以下だ)と思う。

テニスン警視は、ハンサムウーマンだ。
良い所ばっかりではない、押しもあくも強いし、頑固だし、冷徹だし、必要とあらば、どんどんと手を伸ばしてくる所もある

ワーカーホリックで(事は殺人事件だから、おまけに自分で納得しないと気が済まない)寝る間も惜しんで書類の山に埋もれているか電話で怒鳴っている(これは、彼女の恋人の談=僕たちの時間はどこに行った??と言うことだな)

しかし、それくらいでないと殺人課のチーフは勤まらない。ここの男たちの結束と来たらもの凄い、超保守的だ。
ここでチーフを務めていた刑事(もちろん男)が死ぬのだ
そこで、チーフになった彼女。もちろん自分から売り込んだのだ。待っていては、やりたい仕事はやっては来ないもの。
当然風当たりは強い、それどころか皆でバカにしている。

能力を活かす場を与えられずにくすぶっていたジェーン・テニスンは、若い女性の絞殺事件の捜査を指揮していた同僚が心臓発作で倒れたことをきっかけに、殺人課の事件を引き継ぐことになる。しかし、引き継いだのも束の間、男性ばかりの捜査班のメンバー達から「女に捜査の指揮ができるわけがない」と露骨に不満を漏らされて、ことごとく対立してしまう。それでもテニスンは、男性に媚びることなく、持ち前の粘り強い捜査、見落としがちな捜査の盲点を見抜き、逆境にありながらも自身の姿勢を貫き通していく ANXより抜粋


d0027244_17045825.jpg
これが 第一話の『連鎖』です 
殺人課の部下は男ばかり、女がチーフなんてこけにされたと思っている
 陰でおばさんなんてよんでいる


これは、私の想像だけど
警察官=お巡りさんと言うポジションから始まった彼女の警官人生
就職した時期は若く可愛い新人さんが軽い違反事故なんか扱って、その内恋愛して結婚して退職 そんなコースが一般的だった頃かな 男社会に置いて女は可愛く弱く守ってやらなければって感じ?
裏を返せば 男の縄張りには立ち入るなって所か

退職しないで警察で仕事をしていく彼女は肩肘はって男と張り合わなけりゃ仕方が無かった だって圧倒的に不利だったから理由?女だから 悔しいよね 能力とか実力で負けるんなら納得はできるけど ただ女だからってことで爪弾き???。
強気で行くしかない だからまた爪弾き

彼女のキャリアは闘いの連続でした 署内のお偉方 同僚 自分の部下たちとも そして自分とも。
一歩一歩 闘って手に入れたのです 

イマジカ 第一容疑者
それに、テニスン警視はアメリカドラマみたいにスーパーウーマンではないのね。
もう若くもないし、アルコール中毒になるし、父との葛藤、恋人とも上手く行かない、結婚歴無し、子供もいない、親友は?孤独なのだ。でも孤独を畏れてはいない。

何回も観たし、最終話も知っているけれど、やっぱりちゃんと録画して保存しておきたいドラマです。




d0027244_18510489.jpeg
d0027244_18503272.jpeg

d0027244_18512678.jpeg
d0027244_18514307.jpeg
手強い犯人に殺しを白状させたテニスン警視 でも、もう誰もいないと、思ってドアを開けたら…………………
彼女とチームに乾杯です。

[PR]

by hanarenge | 2016-01-19 17:18 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Elvisの事      スターウォーズ ep7 >>