心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 14日

何と言うか・・・そのぅ

高級でないお菓子、上品とは言えないお菓子 
子供の頃、駄菓子屋で、ピカピカのガラス板で蓋をした小さくはない木箱に入っていた栗饅頭。
栗饅頭と言ったって、栗が入っているわけではない。栗色の皮と少し薄い茶色の皮で栗に似せていると言う代物。あれが好きだった。紙の袋におばあさんが一つ、二つ・・・と剪んで入れてくれるのが嬉しかった。
d0027244_13502737.jpg

さて この、田舎饅頭、これも、その他大勢の部類に入るお菓子だ。
これを食べながら、思い出したことは、セレブ、昔はブルジョアといっていたっけ?
本物のセレブなんて言う、方々とは、縁はないけれど、二人ばかし、間接的にではあるが知っている。

若いお嬢さんで、大学生になるまでインスタントラーメンなどのジャンクフードは食べたことが無かったという人。
とある若者が言うには、彼女の着ているものは、決してブランドなどではないが、カシミア(安い奴ではなく)のセーターであったり、ごく仕立てのいいスカートやコートであるとの事。
そして、決して、自分から家の話しなどはしないという事。
見かけはごく地味だが、彼女の話を聞いていると、日本の本物の上流階級の連綿と続いてきたよさがよく解るというのだ。

もう一人は、本物のフランス貴族の末裔。パリにアパルトマンと、郊外には先祖伝来のお城があって、其処の家系に生まれた彼女はデビュタントも、勿論経験している。
彼女の物腰は、エレガントそのもので、決して嫌味が無く、誰に対しても暖かい丁寧な物言いで接する。
ブランド品も、次々新作を買うのではなく、しかも、それは、特別にあつらえられた物で、決して店頭に並ぶことは無いらしい。

最近よく耳にしたり、目にしたりする、セレブとは全く違うイメージである。
セレブとは、単にお金があるだけでは、なれないものだ。
その人のかもし出す、雰囲気、しかも、それは一朝一夕で、身につくはずのものではなく、その長い歴史に付随するものが、時々、外に向かって開かれるものなのだろう。

私の周り、所謂親類縁者を見回しても、お金持ちはいても、本物のセレブはいない(ワザワザ書くまでも無く、当たり前だけど)
私も、このお饅頭に代表される、一般大衆だもんね。

週刊誌を賑す、煌びやかな○○婦人とか、○○令嬢などと言う見出しを見ながら、この田舎饅頭を食べながら、ふと、頭に浮かんだこと。
謙虚も(もちろん、仲間同士では、どうかは、知りません(^^ゞ)セレブの条件の一つかなと、思ったなあ。
番茶とお饅頭、私には、これがお似合いだわ。(●^o^●)
[PR]

by hanarenge | 2005-10-14 14:22 | 心模様 | Comments(9)
Commented by 信子 at 2005-10-15 20:45 x
そうなのよね。だから、私、めざせないの、解ってたわ。蓮華草さんと同じ
お饅頭食べられるだけでも、幸せよ!
Commented by gyu at 2005-10-16 00:43 x
セレブって、最近雑誌などによく出てきますが、何のことかと思っていました。やたらに外来語を変な風に使っている日本語が多いので、わけがわかりません。それも元は英語だったりフランス語だったりイタリア語だったり。そんなに使いたかったら、元の単語がわかるようちゃんとスペルアウトして正しく使って!!といいたくなります。流行語ってそんなものだと思うけれど、なんとなく日本語が乱れて悲しくなります。
Commented by at923ky at 2005-10-16 09:37
大福好きのやいっちだよ。
そっか、だからオイラ、目立たないのねって、そういう話じゃないよね。
東京は白金のプラチナ通りは仕事柄、通る。その手のセレブを気取るご婦人方が素敵なファッションで身を包んで颯爽と歩いてます。みんなして競争しているような。
本当のセレブって、町中では簡単には見かけないのでしょうね。
ま、我が道を右顧左眄することなく淡々と歩いていければそれでいいんだよね。
Commented by hanarenge at 2005-10-16 12:05
信子さん こんにちは♪
私は思うんだけれど、信子さんみたいに素敵な田舎暮らしをなさっている人は、贅沢な時間を過ごしていらっしゃると思います。
それも、究極、「セレブ」じゃ、ないかしら。記事のセレブの意味とは違うけれど。
お饅頭は、とっても、美味しくて、二個食べてしまいました (笑)
Commented by hanarenge at 2005-10-16 13:00
gyuさん こんにちは 仰るとおり日本語は乱れまくっています^^;
言葉の乱れは、社会の乱れと言うことも聞きますが、全てそうとは限らなくても、最近の社会事情を考える時、一因ありかなと思います。

日々耳にする言葉は、本来の意味とはかけ離れたものになり、それを取り違えたまま、刷り込まれていきます。

私も、セレブの持つ本来の意味を、かなり、逸脱して解釈していました。

さっきからリンクで右往左往しています(汗)
この前はうまくいったのに。。。。。 タグは間違えていないのに何故に?

http://gogen-allguide.com/se/celeb.html 

こちらの語源由来辞典に、セレブとは著名人、有名人とあります。
Commented by hanarenge at 2005-10-16 13:32
やいっちさん こんにちは♪フワァーやっとここまでたどり着きました(笑)

白金・・・と言うと、最近は優雅な人々が優雅な暮らしをなさっているということで有名な所ですね。でも、天邪鬼の私は、ほんとかよー、絵本の表紙みたいにピカピカの表ばかりじゃないだろうにと、思ってしまいます。
こういうふうに思うことって、憧れの裏返し???情けなーい(爆)私

>本当のセレブって、町中では簡単には見かけないのでしょうね。

そうだと思います。と言うか、やっぱり目立たないんだと思います。

>ま、我が道を右顧左眄することなく淡々と歩いていければそれでいいんだよね
淡々と歩きたいけれど、よそ見が過ぎるこの頃ですわ。

家の縁者が以前2週間で、目が点になる額使ったことがあります。
聞いたら、ほとんど、装飾品や、被服に・・・こういうのは、偶々お金を持ってしまった、成金趣味ですね。
別に何に使おうと、いいんですが、一寸品位に欠ける使い方だと感想を持ちました。こんなこと書く私もいやらしいねえと思いながら、でも書いちゃうんです^m^










Commented by gyu at 2005-10-17 06:33 x
日本ではセレブに見られることがはやっているんですか?
う~ん、そういう心理わからないんだけれど。 我が家の前のアパートに、スペインの王女様ご夫婦が新婚後お住まいでした。町でもお姿を見かけたけれど、Gパンにごく普通の姿で、全然「セレブよ!」という感じではありませんでした。 また、私の友人に公爵夫人がいて、バルセロナの中心街にある宮殿に住んでいます。でも、本人はやっぱりいつもGパン、お化粧っけもなくフランクです。
一生懸命背伸びして、身につけるものだけブランドで固めてセレブ、っていうのは寂しいものだと思います。
Commented by hanarenge at 2005-10-17 12:39
お早うございます。
私も、解りません(^^ゞ
ためしにセレブで検索してみたら、2,630,000件 ヒットしました。
内容はさておき、この言葉が氾濫しているようです。

gyuさんの仰るように、ヨーロッパでは、王室の方々も、一般市民の間に気軽に、入っていらっしゃるそうですね。
デンマークのお話なども、聞いたことがあります。
日本は、皇室の方々が、ヨーロッパのような生活をなさるかと言うと、まずないのでは?と思います。
国の事情は、それぞれですので、一概には言えませんが、日本の場合、まず、大騒ぎになるでしょうね。大勢の人が詰めかけて見世物みたいになるかもしれません。
何故なのでしょうね?。成熟していないのかしら?

gyuさんのお友達の方は、きっと、素晴らしい方でしょうね。


ブランド品は、日本が売り手市場だそうです。
若い方が購入するのですって。
高校生でも、もっているのですよ。私は最初にこれを見たときとても驚きました。
Commented by Balleta_la_reie at 2007-08-11 07:31 x
最近、「セレブ」という言葉を多用しすぎている気がします。俳優、タレント、ミュージシャン、スポーツ選手などなど、「才能に恵まれた選ばれし人=セレブ」も一理。でも、それは職業名で提示するのがまっとうで、「セレブ」と軽々しく使うものでないような?

選ばれしひ人=セレブ→世の中に影響を及ぼす可能性のある人には、品性と教養、静かな佇まい、徳(人としてあるべき道をいく)といった、指標になるべくいてほしいものです。ブランドの広告塔のごとく、パーティに登場し、それを一生懸命追いかけている風景には、疑問をもたずにいられません! 経済的豊かさは、結果的にセレブの条件になるけれど、お金は手段(裏付け)で目的(すべて)ではない。その使い方にも、人格が表れる。ホントのセレブと似非セレブ=成金の違いは、そういうところにも、表れるのではないかと感じます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 野の花を      黒豆 >>