心の万華鏡  

hanarenge.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 22日

孫ちゃんたちと、ポテトサラダ が御馳走な訳

9月に書きたい記事はまだ2個残っている。
頭の中では出来上がって?いる(かな?)物の、中々書き起こす気にならずにぐずぐずしているこの頃。

18日には長男宅へ。お嫁ちゃんの心尽くしのランチとお土産に持って行ったケーキでお茶。
ケーキはダイエット中の私が、たまに食べたくて、お嫁ちゃんを巻き込んだのだ。

朝からお邪魔して、真ん中ちゃんと兄貴君がそれぞれ帰ってくるのを待ちながら、美味しいお昼を頂いて、ケーキも食べて、末っ子ちゃんと遊んで、遊んで、楽しかった〜〜〜〜。

兄貴君が先に帰宅、また大人っぽくなった感じです。彼はとても強い子です。
d0027244_23534935.jpg

真ん中ちゃんをお迎えに行く間、末っ子ちゃんは私と兄貴君とでお留守番。
だんだん慣れてくれてあちこちの部屋へ行こうと言います。
それについて歩くとけっこう面白いのです。象の玩具は引っ張って遊びます。

真ん中ちゃんは、お姉ちゃん振りがますます板について来て、妹の相手を良くします。
だから、末っ子ちゃんはお姉ちゃんが帰ると側にくっついています。

お兄ちゃんは宿題をやっつけている最中。
机でするより、ダイニングのテーブルの方がはかどるんだよね^^。

今度お嫁ちゃんと遊びにいく約束して帰って来ました。

ポテトサラダは、私の中では特別な感じがあります。
キュウリと人参、たっぷりのタマネギ、ハムを少し入れて。
d0027244_0222.jpg


山の分校の給食室は私が小学校2年生の時に建ちました。
真っ黒いおくどさんが据え付けられていました。ご飯はおくどさんで炊きます。
今から思えば、とても贅沢な給食でした。

本校の給食は味気ないパン、たまに出るご飯はガス火炊き、だからちっとも美味しくなかった。
6年生になって本校に登校するようになり、初めて食べたご飯の不味さにショックを受けた事をありありと思い出す。

分校の初めての給食の献立は今でも覚えている。
月曜日は、肉うどん、火曜日は秋刀魚の蒲焼き、水曜日は何故か汁粉が出た。木曜日はヒジキの煮物が有った、金曜日はちらし寿司、だいたいがこんな感じで、後2品くらいかな。
まず〜〜〜いミルクも出たけどさ。

で、火曜日の秋刀魚の蒲焼きに付いているのがポテトサラダだった
専属の調理士さんが来るまでは、父兄が交代で給食当番をした。
火曜日は、母の当番だった。
私は、母がポテトサラダを作るのを、休憩時間に給食室の窓の外から見ていた。
お母ちゃん、ちゃんと出来るやろか・・・・・
何故こんな事を思ったのだろう。。。。。今にして思えば、家でポテトサラダなんて出た事がなかったからだ。
美味しくなくて、皆に残されたらどうしよう、、、、そんな事を思っていた記憶がある。
出来上がってお皿に盛られたポテトサラダをドキドキしながら口に運んだ。
美味しい!!!思わずにっこりした私、その日の給食はメインも付け合わせも味噌汁も全員完食だった。
いや、大概の日の給食は、皆、完食なのだけどね。

子供達と田舎にいた頃、畑から穫ったジャガイモは、母の手で、ポテトサラダに、コロッケに、カレーに、ポテトフライ、煮物、おでんと色々な料理に変身しました。

今でも私にとって、ポテトサラダは特別な御馳走です。
[PR]

by hanarenge | 2013-09-22 00:23 | 心模様 | Comments(6)
Commented by yokomoko at 2013-09-24 10:24 x
ポテトサラダ美味しそうですね!
最近作っていませんが、カレーと同じでそれぞれの家庭の味がありますよね。
私は必ずゆで卵を刻んで入れています。
分校の給食もなんて美味しそうなのでしょう!
こんな食事をいただけるなんてしあわせです。

お孫ちゃんたちの成長ぶりもブログを通して伝わってきました。
時の流れの早さも同時に感じています。

↓の童話、いいですね~
絵本にしたくなりました。
(絵は描けないけど(^_^.)
Commented by hanarenge at 2013-09-24 19:37
yokomokoさん。
仰るように、カレーも家庭の味ですね。
ゆで卵!!私も大好き!!。
でもポテトサラダには入れていませんでした。美味しいでしょうね。
今度入れてみます。

分校の給食は、本当に自慢したい一品です。とても美味しかったです。
何と言ってもおくどさんで炊いたご飯なんですが。。。。
その頃はどこの家でもたいていおくどさんで炊いていて、私の家もそうでしたから、当たり前のように思って食べていました。
お汁粉が何故出たのか、それも丼一杯、今でも解りません^^;;;;

孫達、どんどん大きくなって、私が焦ってしまいます 笑 年を取るはずですね。

童話も読んで下さって、とても嬉しいです^^有りがとうございます。
久しぶりに書きました。絵本にしたいなんて嬉しいお言葉です、それだけで喜んでいます(^0^)
Commented by happykota at 2013-09-25 19:59 x
こんばんわ

お山の分校の給食は実に良かったんですね。
お母さんが当番で作りに来られるのも実に心温まりますね。
私は、もうはるか50数年も前の話。
今はとっくに廃校になったなんば戎橋の精華小学校でしたが、
給食は実にまずかったですね。
もさもさした味気のないコッペパンと、脱脂粉乳。
ペコペコのアルミの食器で、今でも思い出してしまいます。
Commented by 信子 at 2013-09-25 21:08 x
小学校の頃の給食をこんなに鮮明に覚えているなんて、さぞかし美味しかったんですね。ポテトサラダの思い出も強烈ですね。でもポテトサラダって
無性にたまに食べたくなるんです。
Commented by hanarenge at 2013-09-27 09:33
happykotaさん。

こうして書いてみると、山の分校の給食、中々だなあと改めて思いました^^。
でも、今と違って献立は半固定状態で、やっぱり飽いてきて、どうしても食べられなかった事もあります ^^;;;;
happykotaさんの子供時代の戎橋あたりは、素敵だったろうなあと思います。
精華小学校と言う校名も格調高いですね。
都会の方が、田舎の学校より給食は簡単な献立だったのでしょうか。
脱脂粉乳は、毎回毎回苦になりましたね。
あんな不味い物を子供に良く押し付けたなと思います。
Commented by hanarenge at 2013-09-27 09:37
信子さん。
不思議な事に、こんな細かい事は良く記憶に残っているんです。
勉強はさっぱりなのに (苦笑。。。)
家が農家で、忙しくて凝ったおかずは中々当たらなかったので、余計に給食がおいしかったのかも解りません。
ポテトサラダの思い出は、母の腕と関係大有りです。
信子さんの仰る通り!!ポテトサラダは発作的に食べたくなりますね。
どうしても多めに作りがちです^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 戦争の事 酒井雄哉大阿闍梨の事      蒼いトンボと赤いトンボ >>