2013年 07月 09日

私の膵臓 2

コメントを下さった皆さん、見て下さった皆さん、本当に、本当に、有り難うございます。
ただただ、感謝、感謝です。

覚え書きのような物ですが、何かの折りに読み返す事もあろうかと書いておきます。

私の膵臓炎は、点滴に通い、その都度採血してアミラーゼや白血球数や炎症の程度を調べてもらいました。
アミラーゼは順調に下降して、3日めには正常値内に戻りました、白血球数も炎症を示す値も全く正常値で経過していました。
でも痛みが止まらない、背中と鳩尾の強い痛みが有って、鎮痛剤を日に2回(かなり我慢して)服用していました。もちろん膵臓の薬も定期に飲んでいました。
痛みが有るので、念のためにと言う事でCTの予約を取ってもらい、7月4日に行って参りました。
結果は、初めにエコーで診断して頂いた通りの結果でした。
はい、膵臓も胆嚢も肝臓も異常なし、腫瘍などもありません。やっぱりちゃんと結果を聞くと嬉しいですね。
所が、体力が低下しているのでしょう、帯状疱疹になってしまいました。
治療はしているのですすが、痛みがね><初めの頃何て、何と形容したらいいのか、ビリビリ、ちくちく、ザクザク、とにかく波のように痛みが来る。。。。。
それでも、日にち薬とはよく言ったもので、7/09 現在かなり楽には、なって参りました。
まだ少しかかると思います。

空堀通りはね〜〜
d0027244_0372113.jpg

二つ有るのよね〜〜 ↑が谷町筋から、まっちゃまち(松屋町筋)に抜ける商店街
d0027244_037211.jpg

こっちは、上町筋に抜ける方(上町筋から撮った写真です) 上本町3丁目です。
私は上町の方へは多分初めて・・・・だと思う。

ここからちょっと東に行くと
d0027244_043166.jpg

大阪府医師会保健医療センター ここで検査するのです、来るのは初めて^^。
ま、痛い事も痒い事も無し、検査自体は至極簡単スピーディに終わりました。

で、ちょっとウロウロしたのです。
まずは、予約検査までの時間つぶしに(早い目に行ったので^^)
d0027244_049610.jpg

上町界隈の路地なんぞを入ってみたり。

d0027244_0544679.jpg

英語、フランス語、大人から子供まで^^の看板のお家です。表札は外国の方でした。

d0027244_0593587.jpg

上町筋よりの喫茶店、きっとコーヒーが美味しいだろうなあ、入りたいなあ、でも検査前だしなあ。
検査終わっても入れないや、だって刺激物はまだ控えなきゃね。

CTの帰りには懐かしい「はいからほり」をうろうろしました。

まっちゃ町筋のとある診療所に勤務してた事が有るのです、まっちゃまちは、玩具の問屋街。
そこの旦さんやごりょんさんが昔の話を良くしてました。
まっちゃまちも、変わらなあかんと言う意見と、闇雲に変わってもと言う意見とごちゃごちゃ^^
まあ、良くも悪くも保守的な街でしたわ。

ところで空堀通りはね、懐かしいお店が健在でしたよ。
d0027244_20553495.jpg


今は、こんな商店は珍しいです。跡取りさんはいたはるやろかなあ・・・・
いつまでも商売しててほしなあ。。。。。右上の豆腐屋さんは藤山直美のドラマの店になったのと違うやろか・・・・。
真ん中の写真はまっちゃまちの玩具屋さんです。閉店してたとこも有ってちょっとビックリ。


d0027244_20583526.jpg

鰹節売ってるお店、ここも懐かしいなあ。

d0027244_2101214.jpg

街の鰻屋さん、店じまいと違いまっせ^^土曜日と日曜日だけ開けはります、もちろん土用の丑の日もね。
ここは毎日開いてたように記憶してるけど。。。。鰻高騰の煽りかなあ。。。。
蓮花草の近所の商店街のおいしい鰻屋さんは去年店仕舞しはったんやもんねえ。。。。

私の一押しはここ!!
d0027244_2122799.jpg

鳥辰さん。 ここの鶏肉は新鮮ですよぉ、ほんで、前ではお店の鶏肉で焼き鳥を売ってますねん。
めちゃくちゃおいしい焼き鳥です。
d0027244_2172826.jpg

久しぶりに買うて帰りました。あ、私めは匂いだけ^^早く食べたいな。。。。

空堀に来たら、焼き鳥食べてみてね。
[PR]

by hanarenge | 2013-07-09 23:56 | 心模様 | Comments(12)
Commented by captain_spoc at 2013-07-10 00:43
検査結果が良くて良かったですね
後は日にち薬で段々快方に向かいますよ
帯状疱疹私も・・・
Commented by saheizi-inokori at 2013-07-10 09:34
帯状疱疹も痛かったなあ。
お大事に。
Commented by nakarahanjaku at 2013-07-10 20:53
もうちょっと我慢してしっかり治りますように!
私も帯状疱疹やりました。痛かったです。
その時の病院での注射で気絶したのでした。
空堀商店街はよく歩きました。西の端の看板はまた違うので、
おもろい商店街ですね。
Commented by hanarenge at 2013-07-11 11:49
スポック艦長さん。
はい、有り難うございます。
ホッとしました^^
スポック艦長さんも、帯状疱疹に罹患されたのですね。
痛かったでしょうね、日にち薬とは本当によく言ったものです。
Commented by hanarenge at 2013-07-11 11:50
saheiziさん。
saheiziさんもですか、結構、多いのですね。
痛いです、多様な痛みの感覚ですよね。
はい、有り難うございます。
Commented by hanarenge at 2013-07-11 11:54
namazuさん。
はい、我慢^^ですね。有り難うございます。
namazuさんも経験有りなんですね!。
痛いのなんのって、初めて解りました、患者さんの痛さが・・・・・。
注射で気絶!それはもしかして、神経ブロックででしょうか??
私はブロックは見ても、もし自分がとなれば、初めてで、それだけは避けたいと念じています。
namazuさんも空堀ご存知ですか、何か嬉しいなあ^^。
Commented by happykota at 2013-07-11 20:19 x
こんばんわ

お身体具合いかがですか、結構つらいようですね。
私のほうは、やはり原因不明で、とりあえず薬でとなりましたが、
以前ほどの疲れや倦怠感がありませんので、薬が来ているのかな
と思っています。
ところで空堀商店街二つあったんですね。
鹿男の万城目学著のプリンセス・トヨトミの
舞台はどちらだったんでしょうか。
Commented by yokomoko at 2013-07-11 21:28
蓮華草さん、ビックリしました!
あちらにもレスしましたが
まさか膵臓炎とは…
とにかくゆっくり休んでくださいね。

ブログに飛んできましたが、いろいろなお写真がいつものように
アップされていてちょっと安心しました^^
Commented by hanarenge at 2013-07-12 13:37
happykotaさん。
検査の結果が出たのですね。
原因不明との事、ちょっとすっきりしませんね。
でも、医学が進んだとは言え、人間の身体は、とても精密且つ複雑出来ていますから
解らない事もいっぱい有りますもの^^。
倦怠感や疲れがないと言う事は、とてもいい事ですね。
happykotaさん、そうして定期に受診して検査しているのは、身体にとっていい事ですものね。

>鹿男の万城目学著のプリンセス・トヨトミの舞台はどちらだったんでしょうか
私はこれをちっとも知らなくって、、、、
検索しました。
多分「はいからほり」の方ではないかと。
こっちの方が賑やかでメインですもん。
帯状疱疹(だと思う)痛みがしつこいです。
まだ鎮痛剤がないと><・・・・。
Commented by hanarenge at 2013-07-12 13:46
yokomokoさん。
毎日、毎日、炎天下ですね。

来て頂いて嬉しいです^^有り難うございます。

膵臓炎の方は、随分良いと自分では思っているんですが。。。。
勝手に判断してはいけませんね。

長男一家がお祭り見物(と言う事で)明日からやって来ます。何もしないでいいと言いますが、やはり色々用事があります。
長男の家にはよく行くのですが、彼らのお泊まりは久しぶりです。ちょっと嬉しい^^気分。
また記事に書きたいです。
yokomokoさんお身体大事にして下さいね^^。
Commented by mokonotabibito at 2013-07-13 12:39
空堀商店街のあたりは、その昔、大阪城南部を取り巻く空堀があって、大阪冬の陣では難攻不落の戦地だったようですね。
私もこの辺りは仕事でよく通ったところなので、懐かしく拝見しました。
しかし、猛暑ですねえ・・・熱中症にもお気をつけてお過ごしください。
Commented by hanarenge at 2013-07-16 18:30
模糊さん。
お返事遅れてすみません、孫孫^^してました。
空堀の由来ですね、大阪城って何て広かったんだろうと感嘆しますよね。
模糊さんも、空堀をよくご存知なのですね。
ここ、なんか雰囲気有りますね^^。
暑い暑い、日本で一番くらい暑い大阪の夏、天神さんも近いし、ますますの猛暑です。
模糊さん、旅のお疲れでませんか?
お身体お大事にして下さいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 夏祭りと孫ちゃん達の事など      私の膵臓 1 >>