2011年 04月 21日

本当は恐ろしい原子力

奥の院から 清水の舞台を眺める人
d0027244_1418282.jpg


どちらから見えた方だろうか 無心に舞台を眺めておられた

d0027244_14265359.jpg

その方が眺めておられた舞台です
青空が美しいでしょう?下の写真と比べると大屋根にさす日の位置が違います

d0027244_14285526.jpg


d0027244_14301242.jpg

d0027244_14321460.jpg


d0027244_14331431.jpg

赤と桜 中々いい感じと 思いません?

カメラからPCに写真を移して スライドショウで流してみました
バックに流れた音楽はアメイジング・グレイスでした 
この一ヶ月に失われた多くの命を思い また 今を生きていく命を思い涙があふれました

授かった命に思いを致す時 福島のあの海と山に放射能を吐き続ける無惨な原子炉が浮かびました

今更 謝られても 汚れたものは元には戻りません

今更 危険だと言われて 立ち入り禁止にされた土地は 誰が作って来たのか知っていますか

土地を耕し 物を作る事は 長い時間がかかるのです

海も山も 当たり前のようにそこに有りました
そこを 作って 生活の場としたのは 政府でも東電でもありません

長い時間をかけて作られた土は あれよあれよと言う間に使えなくなりました

誤摩化して来たものは すっかり色あせて 偽物だと知れました

今から 私たちは放射能と向き合って暮らすのです それは恐ろしい事です

無神経で傲慢で専門知識ばかり振り回す人々は この事態を想像すらしなかったと言うのですか

言い訳や弁解は聞き飽きました 

まともな事を誰一人言えないし やれないでは有りませんか

忘れないで下さい こんな恐ろしい物が日本中に有ると言う事を 決して忘れないで下さい

そして それを押し進めようとする力はとても大きく強いと言う事を

人は弱く 哀しい者です

自分に降り掛からないと 誰でも 何処かよそよそしい思いになります

だけど どこで こんな事が起きても 結果は一緒です 

今の福島は 明日は 私の あなたの 町や村になるかも知れない事を忘れないで下さい
[PR]

by hanarenge | 2011-04-21 14:57 | 原発関係 | Comments(14)
Commented by cocomerita at 2011-04-21 17:25
Ciao hanarengeさん
私は小さなお寺が好きなので、京都に行くとつい清水寺を後回しにします
なんか、とても行きたくなりました
あの坂道を歩きたくなりました
こうやって、心が癒されるものに囲まれてるhanarengeさんが羨ましいです
こういう癒しの機能は、教会には...ないのよねー 苦笑

朱塗りの朱と桜が本当にきれい
亡くなって行った人たちのためにも、今回の被災を真剣に受け止めて、私たち自身が変わって行かないといけないよね
私たちが変わらないと世界は変わらない
そして被災地の人たちが、彼らの日常を取り戻すまで、そして取り戻してからもずっとずっと見守り寄り添って行きたいですよね
私たちは同じ日本人
家族みたいなもんなのだから...
Commented by saheizi-inokori at 2011-04-21 19:31
想像力も思いやりもない人たちが計算だけで原発を作りました。計算通りに作れるものなんてないのに。
Commented by namazu_5757 at 2011-04-21 20:45
もう遠い昔に「東京に原発を」を読んだ時は、
原発の恐ろしさもわかったつもりでしたが、平和な月日が続くと
私たちもそれを忘れてしまって原発はクリーンで
頼もしい発電所と思うようになっていたのかもしれません。
東京で使う電力はロスのない東京で。東京に原発を建るのがベストなのに
なぜそれをしないかという所が、、、。
電力会社も国もみんなわかってて、過疎地の人を生け贄にそれも関東でない東北で、
送電ロスが大きくなる東北で、東京の電気を生産していたんですよね。
みんなわかっていたこと。
クリーンで安全と言うなら、それがホントなら、東京湾に作っていたはずですもんね。
Commented by irohanihoheto_ku at 2011-04-22 00:48
悠月です。
本当に本当にきれいな光景!日本は美しい国なのです。
わたしたちは「伝える」を忘れてはいけないですよね。
戦後、いろんなところで「伝統」が疎んじられ、「おごり」が日本人にとんでもない「甘さ」蔓延させてき、その結果が「想定外」という言葉につながったんだと思います。
そう、亡くなった人、避難している人、故郷から離された人達は私たちの代わりとなってくれたのだと思います。
東北は火力も地震でだめになり再建です。沿岸部は送電線も流されたところもあります。計画停電でも、なんでもツケはどんな形でも払わなければなりませんね。
Commented by e_8667354 at 2011-04-22 08:41
hanarengeさん、おはようございます。
6月上旬の新緑の頃に出かけた清水寺を思い出しています。
ほんとうに好きなだけ~~堪能させていただいています(^_^)

原発まったく人ごとではありません、こちらにも女川(おながわ)原発が有ります。
今月7日の余震では一時電源が落ちたと報道がありぞっとしました。
平凡な日々が平凡でなくなって初めてどんなに尊いものであるかを痛感しています。
Commented by yokomoko at 2011-04-22 08:56
朱と桜・・・本当に美しいです。桜の写真にほっといたしました。
きのうのメルマガで、原発の構造がバベルの塔と酷似しているという話がありました。
「おごり」という言葉、痛切に感じます。
それでも人間にまだ未来は残されていると信じたい自分もいたりします。
もっともっと自然に寄り添っていく生き方、考えていきたいなと。
Commented by hanarenge at 2011-04-22 19:52
junkoさん
解ります、解ります、後回しにする気持ち。
junkoさんも迎合しない方ですものね。
私も今回行ってみて、清水さんを再発見と言うか、通り一遍の見方しかしていなかったと・・・何も知らなかったなあと恥ずかしい気持ちでした。
junkoさんが言われるようにあの坂道から始まっているんです。
清水さんへの値打ちみたいなものが、あの坂道を歩くとよく解るんです。
教会では癒されませんか?私は大聖堂のあの高い空間の建築に憧れて、あの空間に賛美歌が満ちる所なんかいいなあと、テレビでですけど見て思っています、ミーハーかしらね 笑

東北は、今が始まったばかりで、これから、もっと、もっと大変で悲惨で惨い事が起きてくるのではと考えています。
ニュースに載らないだけで、現実はそこにあるんですものねえ。
junkoさんが言われるように、寄り添っていきたいですね。
終わりが見えないからこそ、強く思います。
政府のやり方とか、原子力委員会のやり方など見ていると、力が抜けてくる事が多いです。
まずは、お金の分配を早くして差し上げて欲しいと強く思います。
Commented by hanarenge at 2011-04-22 19:59
saheiziさん
仰る通りです、情けないやら悔しいやら、腹は立つし・・・・
いけしゃあしゃあと言い抜けているし、まだ原発礼参ですから。
福島の第一原発の側に委員会と東電の役員の家を建てて彼らの子供達にも、そこで、学校に通い、海でとれた物を食べて、畑の野菜と田んぼの米を食べて暮らしてもらいたいと、思ってしまいます。
Commented by hanarenge at 2011-04-22 20:06
namazuさん
読まれたんですね、私もチェルノブイリの事故からこっち読みあさりました。それでも、喉もと過ぎれば何とやらで、そしてそれはやはり、遠い、ソビエト連邦のウクライナで起きた事として、傍観者の気分でいました。
東京で使う原発は東京に、大阪で使う原発は大阪にですね。
この頃特に思うのですが、この原発も、基地も、公害も、根っこは一緒です。
国と企業で、弱い立場の人たちを仲違いさせ、札束で横っ面を張り飛ばして
美味しい事を言って騙すんですね。
Commented by hanarenge at 2011-04-22 21:12
悠月さん
そうですね、色々な物がこの何十年かで失われたり忘れられたり、消えて行きました。
あの焼け野原からの馬車馬のような復興(もちろん、体験したわけではないのですが)は、きっと驚きの連続だったでしょう。
アメリカの傘下で守られていたとは言え、経済の成長は著しく、「輝かしい日本の時代」が有りました。
何故だったのでしょう、何故成長できたのでしょう??
私は、あの時代の人たちは、真面目で勤勉だったからだと考えました。
もちろん、戦後復興の力は、こんなナイーブな話で片付けられる程、ヤワではないのですけど・・・・・。
私たちは、恐れる事を思い出さなくてはと思います。
命に対して、自然に対して、もっと謙虚に怖れを抱いて。
バカバカしい話ですが、曲がったキュウリを買う、虫の着いた野菜を買う、季節に応じた物を食する生活を送る事も大事ではと。
東北は、可哀想ではすまされません。
東北のツケは関東に、大阪に回されて当然ですし、国民は東北の痛みを感じて、今までの借りを返すのです。
Commented by hanarenge at 2011-04-22 21:45
Roseさん
『好きなだけ〜 』嬉しいです。まだ続きますのでご愛顧を^^。

Roseさんの方には女川があるんですか!この前は本当に怖かったですね。
どれだけ、堅固そうに見えても肝心の電源が落ちたら、つまりは
最終に向かって暴走を始めるのが原子炉ですから。
事故が有るたびに、放射能漏れは無いとか、健康に影響は無いとか聞かされましたけど、あの根拠は何を基準にしていたのかと、それさえも疑ってしまいます。
本当に、都会の電気を地方に押し付けていてはなりませんね。
Commented by hanarenge at 2011-04-22 21:55
yokomokoさん
この赤は奈良の赤(丹)とはちょっと違っています。
美しいですか、嬉しいです。案外似合うでしょ、桜^^。
バベルの塔と原発ですか。メルマガを読んでみたいです。

もう何を言っても、出てしまった放射能は元に戻る事はないのですが、あの煙を出している原子炉は、今も放射能で海も山も蹂躙しているんですよね。
国(保安委も原子力関係の機関)と東電に対して、言いたい事も聞きたい事もいっぱい有りますが、記者会見やニュースで見る限り、当事者意識にかけると言うか、東電の温存を目指していると
私には見えます。

驕りは足下を暗くして、甘言のみしか聞かなくなりますね。
[原発村]の学者は」皆、そうなのでしょう。

未来を若者に渡すため、私たちが踏ん張らなくてはと思います。
しかし、暗い気持ちになるときも有ります。
Commented by cocomerita at 2011-04-24 22:45
CIao hanarengeさん
緊急です
署名してください
子供の対する20ミリシーベルトの基準値を取り消すための署名です
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2011/04/20-4449.html
期限は明日の23時
よろしく
Commented by hanarenge at 2011-04-25 02:00
junkoさん
ありがとうございます。
今夜初めてパソコン開けて気づきました、あぶなかったわ〜〜
ページをリンクして記事を書いておきますね。
もち、署名をしてきましたよん^^V
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< こどもたちの未来 4月25日2...      清水さんを好きなだけ^^ >>