ブログトップ

心の万華鏡  

d0027244_2055510.jpg


あの日 大きな変動が海の底で起きました 私たちには知る縁(よすが)など有りませんでした

大地が揺れ やがて 海の向こうから それは ひたひたとやって来たのです

美しく晴れた空の下で 海はそれを送り出したのです

波は一直線に並んで 海の上をひた走ってきました

陸に近くなると 大きく大きく立ち上がり もの凄い力で 殴りかかってきたのです

波にまかれ 海へと連れ去られた多くの人たちには ちゃんと名前が有って ちゃんと自分の人生を生きていました

ゆくえふめいと呼ばれるけれど 一人一人 美しい村や町に生きていました

海は今日も穏やかに歌っています
だけどねえ 海よ おまえが奪った人たちを返しておくれ もどしておくれ

みんな みんな 愛され 頼りにされ 可愛がられ 素敵な人だったんだよ

この 大きな大きな 果てしない 喪失を 何に変えていけばいいんだろう
[PR]
Commented by sibasinn at 2011-04-08 21:12
白くて可愛い桜ですね。ここ数日の暖かさで、こちらも桜が5分咲きに
なりました。桜はこの世の悲しさを忘れさせてくれますね。桜を見上げて
いる間だけでも、夢心地にさせておくれ。
Commented by shizumama0219 at 2011-04-09 08:30
日頃、不信心な私ですが手を合わせずにいられません。
神様は時としてとんでもない難題を示されると少し恨みました。
Commented by hanarenge at 2011-04-09 19:44
信子さん
この桜は ちょっと早く咲くみたいで葉も出ています。 
すぐ横の大きな桜は今日当たり多分満開かと思うのですが。
今年は特別に思ってしまいます。
今日も余震がすごいですね、こちらはのんびりしたものですが、そちらの方々を思うと、どんなに不安な事だろうかと・・・・
本当ですね、色々な事忘れてホッとしたいですね。
Commented by hanarenge at 2011-04-09 19:46
shizumamaさん
色々と、情報が入ってきますし、もう、ニュースでも誤摩化しておけないのか、惨い話も報道され始めました。
放射能に阻まれて、入って行けないとは言え、もっと細かい対策を早くとってもらいたいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hanarenge | 2011-04-08 20:19 | 桜花 | Comments(4)

 心模様の一こまを・・   れんげそう