2010年 11月 24日

私の故郷 (覚え書き)

今年の紅葉は 見事です
私の町の大きな銀杏も 松明が燃えているように金色の光を放っています

久しぶりに実家に行ったので 荒れ果てた田んぼを写しました
d0027244_13311988.jpg

山の形は変わっていないのに 景色は見事に変貌しました

ススキが生い茂る所は田んぼでした
杉と檜に覆われた山はもっと規模が小さく 棚田が並び 畑があり 秋には紅葉で染まる雑木林がありました

春には 杉山に古木の山桜が見事な花を咲かせ 暖かい光に満ちた谷にヒラヒラと白い花びらが散るのが見えます
谷から上がってくる風に花びらはいつまでもいつまでも白く輝いて 舞っているのが見えるのです

桜は麓の村から 谷筋を駆け上がるように咲いてくるのです

レンゲの花の咲く田んぼに寝転ぶと 顔は暑く背中は草で冷たく 耳元ではレンゲ畑で蜜を集めるミツバチの羽音が眠気を誘うように鳴っていました

夏には あの山に雲が湧くと雷が鳴り始め夕立が駆け下りるように迫ってきました

乾いた土に黒い円をつけるように大粒の雨が落ちて来て あっという間に白い雨の煙りが立ちこめて
山も畑も見えなくなるのでした

夕立の後は木も草も きらきらと眩しく光って 草の匂いが濃く立ち上り 涼しい風が吹き抜けて行くのです
稲が青い葉を茂らせる六月の夜には 翡翠色をした蛍がゆらゆらと空へ登って行くのです

そしていつの間にか空気が澄んで 山は色とりどりの葉に覆われ 短い里の秋がはじまります

空は青く高く澄み 刈られて干された稲はチリチリと音を立てながら乾いていき 甘い稲藁の匂いを
漂わせます
夜空は星が瞬き 満月の夜は 銀のベールをかけたように月光が降りそそぎ 庭の葉にも銀の滴がおります
冷たい庭には 虫の声が聞こえ 夜はひっそりと更けていきます

ある朝突然に真っ白い霜が降りて 息が真っ白に見えるともう冬になっています
今よりも もっと寒かった山里に 静かに雪が降り始め それは 日を追うごとに激しくなりやがて
白い厚い布団のように 野も山も田も畑も覆い尽くしていきます

雪がやむと 決まったように太陽が顔を出し 里山は眩しいくらいに輝いて見えます
葉を落とした林に中には 小さな足跡が付いていて 真っ赤な藪こうじの実が鮮やかに見えます

春 夏 秋そして冬 子供達は何かしら楽しい事を考えたり見つけたりして遊ぶ事に余念がありません
野に出れば 大抵のものは見つかるのですから

私にとって 胸の奥にある故郷の里山の風景はだいたいがこのようなものです

もう二度ともとに戻る事もないし この村に子供達の声が響く事もありません

村は再生不能になり 近い将来死んでしまいます

あとは ここを切り開いた何百年も昔には原生林であったように 元の姿に戻っていくでしょう

田舎で暮らす事は 並大抵の事ではありません

私もこの里山を捨てた人間ですから 消えていく村を嘆いても仕方がありません

もう 思い出の中だけの小さな里山なのです

実家の田んぼ 作らなくなったので草の天下です 
d0027244_17225283.jpg


空き家になっている家のサザンカ
d0027244_17242610.jpg


私の実家も 近い将来空き家となるでしょう
そして ここに来る事もなくなってしまうでしょう 感傷的になっても仕方がありませんし何の意味もありません

今年の紅葉がとても美しいので つい写真に撮ってしまいました

実家に泊まった夜は まさに銀色のベールの夜でした
真夜中に外に出ると 山も田も 庭の木も 明るい月に照らされて 家の黒い屋根の影がくっきりと土に落ちていました 静かな静かな夜でしたよ
[PR]

by hanarenge | 2010-11-24 13:49 | 心模様 | Comments(20)
Commented by magomagom at 2010-11-24 21:48
こんばんは~♪

私の故郷は hanarengeさんの故郷ほど 田舎ではないけど
春には 姉と一緒に 田んぼで 蓮華摘みをしました。
蓮華の首飾りを 作ったりね♪ 土筆なんかも よく 採りましたよ。
実家には 今も 父母が住んでいますから 毎週のように お見回りに
行きますが 行くと やはり 懐かしいです。 何だか 落ち着いたりね♪
Commented by yoas23 at 2010-11-25 08:24
とても複雑な思いでご覧になった故郷の秋ですね。
昔は仰るように飛騨も同じような温かな秋の景色でした。
石油を使うようになってから厳しい農作業から解放され、人々の暮らしは豊かになりましたが、
その代わり温かさをなくして来たように思います。
この風景が語る先のものは分かってるのですが、もう後戻りできない所まで来ていると言うジレンマでしょうか・・・
昔の風景はもう、それを知っている者の脳裏にしか無いのですね。
Commented by irohanihoheto_ku at 2010-11-25 14:15
悠月です。
蓮華草さんのステキな文章、ターシャデューダーの絵本を読んでいるような心地がしました。
私は港町育ちですが、主人は山育ちなので、主人の実家に初めて行ったときは驚くことがたくさんありました。山の恵みの豊かさ、桃源郷のような風景、真っ暗、本当に闇のような夜・・・・
そして、空き家・・・・空き家にお邪魔してみたら、かつての居間には現天皇皇后の皇太子皇太子妃時代のお写真が飾ってあり時間がそこで止まっていました。楽しい団欒があったということはここで育った人たちの胸に刻まれているのでしょう。

蓮華草さんの感性はこの里山が原点なのですね。故郷は蓮華草さんの生き方や言葉となって生き続けているのですね。

Commented by yokomoko at 2010-11-25 17:22 x
蓮華草さんの文章を読みながら
里山の風景が次々と浮かんできましたよ。
野山をかけまわる、小さな子ども時代の蓮華草さんの姿もね。
銀色のベールの夜、私も見てみたいです・・・
Commented by hanarenge at 2010-11-25 17:27
magomagomさん
いつも、記事を拝見して偉いなあと思っています。
私は弟に任せっぱなしですのです。まあ、表の用が多いので役に立たないのですけれど^^:
田舎と言ってもmagomagomさんの所は私の所なんかとはうんと違っていますでしょう?何となく、解ります。
ご両親様も、毎週のmagomagomさんの「お見回り」が大変楽しみでしょうね。

蓮花やすみれ、ツクシの出る頃ってうきうきしますね。
あの、ちょっと寒い風の吹く頃の光が好きでした。


Commented by hanarenge at 2010-11-25 17:38
yoasさん
気持ちを解って下さって嬉しいです。
本当に、複雑なんです(涙)。
荒れ田や山 もう使われていない古い道 形は変わっても、そこに目を転ずれば、私の里山が姿を現して、ああ、すみれが咲いていたとか、友人とここで休んだとか、たわいもない事ですが浮かんで来て・・・・
それでいて、さっさと廃村になってしまった方がすっきりするとも思ったり・・・・
田舎に行くと苦しくなってしまいます、充分感傷的ですね(苦笑)
もったいないと思うんですよね〜〜〜〜
飛騨もそうですか・・・・観光地として立派だなと思うのですけれど、其処に住んでおられるyoasさんからご覧になれば、色々な事が解りますものねえ。
里山はこの先観光地としてしか残れないのではと思ったりします。
Commented by hanarenge at 2010-11-25 21:05
悠月さん
有り難うございます。ターシャには及びもつきませんが(当たり前^^)
悠月さんにそんな風に仰って頂いてとても嬉しいです。
ターシャの本は本当に美しいですよね、彼女の生き方そのままに。
あの暮らしを続けられたのは、ひとえに彼女が強い意思を持ち、厳しさと不便さもろともに愛していたからでしょうね。
今、wikiを見たら若草物語のローリー青年は、彼女の曾祖父と言う事です
悠月さんは海なのですか!山育ちの私に取って憧れです。
寄せては返す波、潮の香のする海 遠い遠い向こうにアメリカがある・・・と海水浴に行った時はいつも思いました。
空き家になった家に天皇様の写真・・・律儀な生き方が見えるようです
なんか、涙が出てきました。
意識の下にこの里山があるのでしょうね、この歳になると楽しかった里山の事を思い出す事が多いです、また機会があれば書いてみたいと思います。
Commented by hanarenge at 2010-11-25 21:12
yokomokoさん
そうですか^^何だか嬉しい気分です♪
私の里山、思い浮かべて下さってありがとうございます。
面白い格好で駆け回っていました(笑)
田んぼの高い岸をススキをつかんで滑り降り、どんどん下へ行きましたよ
一番低い田んぼは私の家からは底のような谷の側です。
上がって来るのは一苦労、でも、いつもと違う風景で、やめられないんですよねえ^^
それで、ススキで手を切るのはいつものお約束・・・ヨモギで血止めでした。
秋から冬へは空気が澄んでいるせいか、月も星も本当に美しいです。
真冬のオリオンもダイヤモンドみたいですよ。
Commented by happykota at 2010-11-25 21:45 x
こんばんわ

少し感傷的になりながら、日本の原風景 故郷を思い描いていました。
蓮華草さんと違って、私の故郷は大阪難波のど真ん中、高島屋百貨店から
大国町の方向に歩いて1分余り、5軒目だったと思いますが私の生まれ育った地です。
一晩中家の前では車が通り過ぎ、枕の下から地下を通る地下鉄の音が聞こえて来ます。
通りを往きかう酔客の高声は一晩中続き、やっと静けさが辺りを覆ってきたころには
夜明けが近づいています。
少し明るくなりかけた都会の朝に、牛乳配達の自転車の音と
新聞を配達する足音。
小さかった頃、いつまでもいつまでもこの風景だけは変わらないと思っていました…。
Commented by hanarenge at 2010-11-25 22:50
happykotaさん
happykotaさんは、都会っ子ですね♪
高島屋から歩いて一分、もう、もうど真ん中ですね。昔から、ミナミはとても華やかだったでしょうね。
ネオンも歌の文句みたいだった事でしょう?
用心棒も子供時代は心斎橋とか、高島屋に行くのは嬉しかったと言います。
そこでお暮らしとは素敵です、きっと、happykotaさんの思い出は本にも載っていない貴重なお話が一杯でしょうね。
いつか聞かせて下さいね、お願いします。

亡き父が、若い頃ミナミにおりまして、その頃の宗右衛門町なんかは、華やかだったとか、ミナミの情緒などをよく話してくれました。
北なんかは、田舎だったと言う事です。ま、これは大正時代なんですけど(笑)

ミナミもすっかり変わりましたね?今はみっともなくなったような気がします(ごめんなさい、故郷をけなしてしまいました)
Commented by namazu_5757 at 2010-11-26 13:13
山里の暮らしの大変さをわかってない者のたわごとですですが。
もったいないですね。先代の血と汗の結晶が消えて行くのは。
狭い日本。都会では土地が無くてあるいは高くて困っているのに、
かたや捨てられて行くなんて、、、
蓮華草さんの幼い頃の情景が音入り匂い入り温度入りで浮かんできました。
自分が子育てするなら、まさにこんな所でそんな体験をさせてあげたいと思います。
と言っても、私の子育てはもう終わりましたけどね。
野山を駆け回った思い出は、昔話と葬りたくないですね。
だって、私たちが野山で楽しんだこと学んだことの多さをよく知っているから、、、
これからの子どもたちにも体験させてあげたいですね。
Commented by hanarenge at 2010-11-27 00:04
namazuさん
はい、もう、もの凄く、もったいないと思います。
棚田はダムに匹敵すると言われますし、雑木林からは燃料調達ですし。
私たちの所は山のてっぺん。てっぺんがきちんとしていれば、川も海もちゃんとなります。

>山の暮らしの解っていない者のたわごと
とんでもありません、仰る通りです。もう繰り言にしかなりませんが、どこかで少しずつ違って来たのですね。
田舎の人間にも大きな責任がありますが、誰しも豊かで便利な生活がしたいですから

トイレは水洗が良いに決まっているし、水道の方が便利だし、山から水を引いたら管理がとっても大変です。
戦後の成長経済の路線ではこの選択しかなかったのですよねえ。

namazuさんも自然の中での子育ての為に今の所にお住まいを持ったと聞きました。
namazuさんのブログを拝見すると、それが、とてもよく解ります。
私の子供達はここで成長期を過ごしたのですが(彼ら世代が最後です)自然に触れた遊びを生き生きと語ります。
自然から受ける恩恵は、ずっと心に残り何かしら人間形成にも役立っているように感じます(漠然とですが)。

Commented by hanarenge at 2010-11-27 00:05
えっと文字制限されましたので続きです

namazuさん、野山での遊びは本当に面白いですね。
一つ一つにググっと来る思い出だらけです。そんなに大層な遊びをしているわけではないのですけれど^^:
Commented by cocomerita at 2010-11-27 20:26
Ciao hanarengeさん
私はね―こういうところに住みたいのよ――
そういう人結構私の周りにはいるんだけどね
村再生できないもんかなああ
何で、みんな都会にばっかり集まるんだろう
特にさ 外人の人々はこういうところ好きだけどね―
まあ、歳を取ってくるといろいろ不便なこともあるのだろうけど
それでも私はこういうところで暮らしたい
夢なんだよね...
Commented by omoshirookasi at 2010-11-27 21:12
故郷の鎮魂歌。

重たいです。
Commented by megumin321 at 2010-11-28 21:48
さざんかが・・きれいに咲いていますね~・・  秋からもう冬・・   季節は早くめぐっていきます~♪
Commented by hanarenge at 2010-11-29 00:21
junkoさん
お返事が遅れてごめんなさい。
27日と28日と京都で遊んでいて^^。
junkoさん、本当に再生できたら嬉しいのですけれど、私の故郷のような凄すぎる田舎(今となっては特に)は中々難しいんです(涙)
田舎で暮らすには、やっぱり、経済的に余裕が無いと難しいですが、職場が無いのですよね、ネット環境も家なんか光は来てませんし、多分ADSLも超スローです。

それにね、ここだけの話、蜘蛛が出放題!!しかもでっかい!!(泣)←個人的感想

何が無い、これが無い、あれは駄目これも駄目・・・・
このマイナス思考が行き渡っている田舎はとても保守的です。
外の世界に対して身構えてしまい、変化を好まない・・・・
私は中の人間ですから、どうしても、マイナスの目で見てしまいます。
発想の転換、変化の歓迎、自分自身を謙虚に見なければいけませんね。
外の人のことを悪く言うだけでは駄目ですし、外の人も中の習慣や、近所付き合いの機微を理解しようとしなければ中々難しいです。

続きます  m(__)m
Commented by hanarenge at 2010-11-29 00:21
例に寄って文字制限です
案ずるより産むが易し、案外、上手く言っている所もきっと多いでしょうね。
結局、対人関係ですよね、田舎に限らずですが・・・・
何言ってるんだろう・・・私、ごめんなさい、漠然としたコメントになりました。

あ、年を取ると田舎はかなりの確率で不便です^^:
Commented by hanarenge at 2010-11-29 00:27
omoshirookasiさん
お返事が遅れてごめんなさい、遊びすぎました(笑)
鎮魂歌 まさしくそうですね。無くなる前にどこかに残したかった。誰かに知ってもらいたかった。
かつ消えかつ結びですかねえ。もう、突き詰めると哲学になってしまいます(><)。
Commented by hanarenge at 2010-11-29 00:32
meguminさん
こんばんは、すっかりご無沙汰してしまってごめんなさい!
本当に早いですね、あっという間にカレンダーも一枚になりますね。
毎日の積み重ねですけれど、無意識に過ごしてしまうんです〜〜
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 紅葉      セントく〜〜〜〜ん >>