2009年 08月 24日

秩父の紅葉

8月20日の放送を見逃してしまい 今日 日曜日の再放送を観た

NHKの「秩父山中花のあとさき むつばあさんのいない春」

不覚にも観始めたときは 気がつかなかった しかし 坂道のカーブと紅葉と その下に置かれた石のテーブルと椅子を見たとき ぱあ~~~っと 心に 蘇った映像

そうだ むつばあさんの秋の あのむつさんの紅葉だと  一つ一つ大事に耕し生活の糧を得た畑を閉じて 山にかえすと それにつけては 山に 花木を植えてかえそうと・・・・・・・

ご夫婦二人で 一万本を超える 花や紅葉を植え  誰もいなくなっても 山には 花が咲き 紅葉が赤く色づく ( ご夫婦できっと相談して決められたのだろうな なんて素敵でセンス溢れる感覚なのだろうか!!)

「もし 人が山に戻ってきたとき 花が咲いていたら どんなに嬉かろ」

「花は 可愛いよぅ」  むつさんの何と素敵な笑顔 何と上品なお顔 むつさんは花のような人だなと

むつさんのご主人も 寡黙な山の人だけれど 優しさがにじみ出ているようなお顔だった


埼玉県の秩父山中 大田部(おおたぶ)楢尾 急峻な山肌にへばりつくようにしてその村はある

80歳を超えても畑の世話をして 花や紅葉を植え 下草刈りをしていたむつさん

田舎の生まれの私には それが どんなに大変なことか よくわかる 重労働だ

むつさんは言う 山は手をかけたら必ずかけた分をかえしてくれると 

田舎でひとり暮らす母もそのようなことを言っていたなあと 思い出しながら

畑を閉じる・・・・・・・
ひっそりと土と共に生きた 働き者で寡黙で質素で正直なお百姓が 跡継ぎがないゆえに

そして農業では食べてはいけないゆえに 

自分たちが若かった頃にはとっくに現役を引退した年頃になっても まだ 現役で土と生きている

しかし これは使命だ 楽しみだと 言う 新井さんの笑顔は輝いていた まぶしかった

むつさんは 今年の一月に亡くなられました でも私は思うのです むつさんは幸福で安らかでいらっしゃったと

むつさん 有難うございました 貴女のことを 映像を通してだけでも知ることができて 私は心が豊かになれた様な そして 人の暖かさと優しさを知ったような気が致します
[PR]

by hanarenge | 2009-08-24 00:15 | My ブーム


<< 風とプールと夏休み      霧に咽ぶ?? >>