心の万華鏡  

ようこそお出で下さいました

d0027244_1455595.jpgこんにちは 私のブログへ来て下さいまして有り難うございます

スキンを変えましたので リンクや記事のタグ 最近のコメント見出しなどは一番下にあります

お手数ですが 一番下までスクロールして下さい

2014 01 お知らせです。と言うほどでもありません。

HNを蓮花草から「れんげそう」に変更しました。
漢字書くのが、しんどい?からです。何と言う軟弱者なのでしょうね、私は。
[PR]
# by hanarenge | 2017-01-01 01:26 | ご挨拶

胸騒ぎの花

d0027244_05313167.jpg
曼珠沙華は 胸騒ぎの花

赤く赤く 何処までも、赤く続く小道
この道の向こうには、何やら妖しく美しい世界があるように錯覚してしまう
そしてそれは私にだけ許された世界のように思えるのだ
曼珠沙華が一年に一回だけ見せてくれる光景

暗い木陰に 明るい日向に 緑の葉っぱの向こうに キラキラ揺れる赤い幻

あっけらかんと咲いているようにも、見えたり 目を背けたくなるような物語を抱いているように。。。。。思えたり

私の心で、たくさんの顔を見せてくれる花

曼珠沙華は胸騒ぎの花

狂おしく呼びかける花

年に一度どうしても会いたくなる花

小さな私の頭に住み着いた物語は、この赤い花を忘れられない花へと育て上げた。

[PR]
# by hanarenge | 2016-09-29 11:20 | 京都 | Comments(0)

窒息しそうな赤


京都 亀岡 そこに穴太寺と言う寺が有る あなたじ では ない あのうじだ。

その寺の周囲は、水田が多い。

今頃ともなると 水田の稲は黄金の稲穂をつける そして、稲穂を祝うように咲くのは 曼珠沙華。

Googleマップで見て貰うと解るように、大小さまざまの水田が広がっている。

ちょっと目を閉じて思い浮かべてみて!広がる水田の回りを赤い糸で綴ったように彼岸花が咲いている様を。

彼岸花の名所(近年こう言う言い方になってしまったことが、妙に悲しい蓮華草だ)は、沢山ある。

沢山の案山子をそこここに飾り立る某所もある。私的にはこういうのは、好かん!!無粋だと思っている。

ここにはそんなものは無い。

有るのは広がる水田と曼珠沙華の隊列
d0027244_09512949.jpg
生憎と天候には恵まれなかった、でも、良しとしよう 雨は降らなかったから。
d0027244_12205509.jpg
窒息しそうな赤
毎年律儀に秋の彼岸に咲く花 この花を嫌う人も多いと聞く
お墓に咲く  とか  幽霊花  とか そんな言い方で表現される事も多い

私は小さい頃からこの花がとても好きだった
私の故郷にもかつては このように田んぼを彩り 柿の畑に群れて咲き乱れた。 何処でも咲いた。
大きな赤い冠の花を 取っては遊んだ 
私が彼岸花を好むのは、かつて有った里山の故郷を思うから そして彼岸花の物語を思い出すから。

小さい私の頭に、この花がゆらゆらと揺れて、不思議な、そして秘密めいた話が浮かんでは消えていった。

穴太寺の有る、曽我部町には、初めて行きました。
d0027244_12552918.jpg
d0027244_12554124.jpg
d0027244_12581790.jpg
d0027244_12584385.jpg
d0027244_12590701.jpg
出来る事なら、もう一度行きたいけれど、時間的に無理だろう 

お天気に恵まれなかったと書いたけれど ピカピカの晴でなくて良かったかもしれない

太陽の光が強いと 彼岸花は、ピカピカのセルロイドみたいに写っちゃう・・・・・・

人間の目には、青空と稲と赤い彼岸花はとても美しく見えるのだけれど。

オフ会も大原もすっ飛ばして・・・・彼岸花です。

窒息して〜〜〜!!! 爆




[PR]
# by hanarenge | 2016-09-25 13:58 | 京都 | Comments(0)

きみに読む物語(The Notebook)

古い映画で恐縮・・・・・と言っても2004年なのですが。

もう随分と前のような気がします 何故なのかな?????

こう言う私だって映画館で観たのではなく、昨年、イマジカかザ・シネマで録画しておいたのですけれど。

マディソン郡の橋を超えたと言う記憶もあるこの映画 ラヴストーリーとしては良くある話の展開と言えばそれまでですが、これがしみじみと心に訴えるのです

観ている途中から涙がでます そしてクライマックスは・・・・・・・・

珍しく?しつこいくらいあらすじ & ネタばれしてます。 悪しからず。

d0027244_15112967.jpg
黒いノートブックに書かれた恋の物語    年月と共に過ぎていった、過去の恋物語

その話を老人ホームにいる男性が女性に 読み聞かせている。女性は記憶障害があるようだ。

1940年代 アメリカの南部シーブルックと言う田舎町で始った夏の恋

街の製材所で働くノアは、チャールストンから家族と共に夏期休暇にやって来た アリーに一目惚れ 

アリーは裕福な家庭に育ったお嬢さん ノアは貧しい田舎の青年

到底交わる事のない筈だった二人は、シーブルックの祭りの夜に出会った。
強引なノアのデートの申し込みにあきれ果てるアリー。

でも、ノアは諦めない、持つべきものは友人だ。
ある夜、ノアの友人のフィンとその彼女が映画に行く事にして、フィンの彼女がアリーを誘い出してくれたのだ。

映画が終わって、二人は歩いて帰る事にする。道々二人は色々な話をする。それはアリーに取って新鮮な驚きも伴った。
路上で伴奏も無しに踊ったダンス。ノアのユーモア。
アリーのノアへの印象が変わり その夜から恋に落ちたのだ。

若い二人は何をするのも何処へ行くのも一緒 毎日が楽しくてたまらない。喧嘩もするがそれだってすぐに仲直りだ。

向日葵を思わせるような、溌剌としたアニー 純朴な瞳の好青年のノア

この二人の、明るく溌剌とした演技はとても気持ちがいい。

ますます離れがたくなる二人だが、アリーの両親は内心快く思っていない。育った環境も受けた教育も全く違う二人

アリーはこれからニューヨークの一流の大学に進学するのだ、ノアには何が有る?

とうとう有る夜、ノアとアリーは気持ちが抑えられずに、古い農園の廃屋で互いを確かめ合おうとするのだが・・・・

アリーは初めての事に(ノアも初めてです)心配と期待と恥ずかしさが入り交じって、喋りっぱなし。


ノアはそっと言うのです 愛している 知ってた?アリーも私も愛していると 

このとき、ノアが凄く嬉しそうな顔でアリーを見つめなおすのです。そこがとてもいい感じでした。

とうとう結ばれるかと言う時に、フィンが急を知らせに・・・・・

夜中の2時にもなるのに帰らないアリーを心配した両親が警察にアリーの捜索願を出シタとの事。フィンの知らせに車に飛び乗る二人

慌てて帰ったアリーの家で、ノアは僕が悪いのですと父親に言うのだが、君はそこに座っていてくれと言われてしまう

一人残されたノア

奥で母親と言い争うアリーの声がする。

愛しているのと言うアリーに、ノアは良い青年だわ、でもね、クズよ!(trashと言う表現を使う)貧しい彼と一緒になって彼の家で薄汚れた子供を何人も産むのかと。

(このお母さんの言い方には私もぎょっとした)

アリーは泣きながら言う、彼は貧しいし洗練されていないし、教養もない(だけどそれが何よ)私はノアを愛している

これらの言葉をノアは部屋の外ですっかり聞いている、ああ!何と残酷な言葉 しかし、それは本当の事なのだ。

アリーの前途は洋々としているが、ノアには何も無い ノアはこの先も製材所で勤めるしかない。

(これは、つまり、両親がわざとノアに聞こえるようにしたのだろうか?面と向ってはとても言え無い、ノアよ解ってくれと言う事?)
とてつもなく残酷で失礼だと思うが、それだけ必死なのだろう

身分違いと言う言葉が、現在よりも、もっと切実だった時代だ。ノアは涙を隠して家から出て行く。

帰ると言うノアに必死で誤るアリー でもノアは考えさせてくれと言う 僕は何の贅沢もさせてやれない、一生貧しいままだ
ここに残ると言うアリーに可能性を潰すなと言うノア ニューヨークに一緒に来てと言うアリー 何をする?と言うノア
側にいてとアリー 戸惑うノア 現実無理なのは解っているが、アリーの必死の気持ちだ
今夜決めなくても夏の終わりまで待とう うまく行きっこない 
何故?何故?私と別れると言うのね!?
なら、夏の終わりまで待たなくても、今、ここで別れましょう!私から言うわ!!
ほとんど窒息せんばかりに混乱したアリーはノアに食ってかかる。私に触らないで!大嫌いよ!

この時のアリーは、暴れまくると言う感じでした、ノアの頭と言わず顔と言わず、平手打ちにして、It's  over!!と何回も叫びます

大げんかになって、ノアは帰ってしまう。アリーはとんでもない事を言ったと呆然として見送るしか無かった。

明くる朝、アリーの両親は荒療治に出た、有無を言わさずバカンスを切り上げて家に帰るのだ。
(このままだと止められない、両親はアリーが本気なのを畏れたのだ)

アリーは、泣きながら製材所に駆けつける。しかしノアはいない、やむなくフィンに[昨夜は悪かった、今もノアを愛していると伝えて]と頼むのだが、フィンは言う『もう終わったんだ、ノアをそっとしておいてやってくれ、ノアは落ち込んでいるけど解っているさ』と。
戻って来たノアはフィンからアリーの事を聞いて、慌ててアリーの家に駆けつけるが、もう門は堅く閉じられて誰の姿も無かった。
その頃アリーは、走る車の窓からシーブルックの町中を見ていた。
あの通りもこの角にもノアとの思い出が有る。きっと、アリーは必死にノアを探したに違いないと思う。

生木を裂くようにして別れさせられた二人、ノアは一年間欠かす事無く、毎日アリーに手紙を書く。
>別れた事を後悔している、今でも愛している、会って欲しい、その為なら何処へでも行く。
しかし返事は一通も来なかった。

何故なら、アリーはノアの手紙を毎日待っていたのだが、母親がアリーに見せずに処分していたのだ。(これにはbitch!と怒鳴りたくなった私です)
やがて一年。。。。最後の手紙を出したノアは、新しい生活を始める決心をしてフィンと共にアトランタで働くのだが。

大きな誤解をお互いに持ったまま、ノアは戦場へ(第二次世界大戦)アリーは大学に進学して。。。。。三年が過ぎた。
でも、まだまだノアを思っているアリー。病院でボランティアをしたアリーには負傷兵は全てノアか、彼の傍らで闘った兵士に思えた。
その時にアリーに自分の怪我が治ったらデートしようと言う若者がいた。アリーは相手にしなかったが・・・・

やがて、ロンと言う南部の大富豪の息子と出会う、そのロンは病院で、ユーモアたっぷりにデートを申し込んだ相手だった。
(まあ、このロンの登場の仕方も粋です。)
そして、二人は恋に落ちる、この恋は両親からしたら全く順当の恋だった。

やがてプロポーズされたアリー、何故かノアの面影が浮かんだ。

両親も反対する理由などない、諸手を上げて賛成だ、もちろんアリーの幸せが1番大事で、その為にはやっぱり釣り合いが取れていなくてはね。

ロンはアリーと同じ階級に属する男なのです。ノアとは全く違っています。
そしてだからこそ、解りやすい男なのだ。
アリーはノアへの恋を封じ込めたと言うか、ロンに恋する事で、これでやっと忘れられると思っただろう。
ノアへの気持ちも思い出も、しっかり封印して丁寧にしまい込んだ筈だ。

一方、復員したノアは父親の勧めであの農園を買い取り、廃屋を立て替える事にしたのだ。
(この父親がまた猛烈に素敵なのだ。ノアを心から愛しているのが強く伝わって来る。)

二人でここに来たあの夜、アリーが、壁は白く、窓は青く、大きなテラスが有るといいと言ったが、その望みどおりに仕上げる事にしたのだ。

建築許可を貰う為にチャールストンに出向いたノアは、何年ぶりかでアリーの姿を見かける。

無理矢理にバスを降りて、追いかけていったノアの視線の向こうには、婚約者と抱き合うアリーの姿があった。
楽しそうに笑うアリー。

もう、ノアのアリーではない。本当に終わった。
ノアの目に涙が浮かんでいるんですよね。
上手いなあと思いました。

その時、ノアの中で何かが壊れたのだ。

そしてノアはあの夜アリーと来たこの家を改築したらアリーが戻って来ると信じ込んだ。実際正気を無くしかけていたのだ。
(この後、カットになったシーンが有って父親がノアに何かアドバイスと言うか、二人の会話が有るのだけれど英語なので解りませ〜〜〜ん涙)

チャールストン始って以来の結婚式になるだろうとの新聞記事を、ドレスを注文した店で友人や母親と読むアリー

その下には、自力で、あの廃屋を美しい家に仕上げたノアの写真が有った

試着したウエディングドレスのままぶっ倒れるアリー。
激しい動揺と共に、しまい込んだ筈の思いが蓋をこじ開けて飛び出したのだと思う。

このまま、結婚は出来ない。無理だ。

ロンにやり残した事の始末をつけてすっきりした気持ちで結婚したいから、シーブルックへ行かせて欲しいと頼むアリー。

ノアはノアで、父親が亡くなり独ぼっちになってしまったせいも有ってか、この家を焼いてしまおうかと真剣に考えたが、最後には売りに出した。

買い手は大勢いたし、高い値段でも売って欲しいと言う人も沢山いた、が、何故かノアには決心がつかなかった。
(新築の家の横の納屋を作業場にして 家具を作っているノア これで生計を立てているのだろうなあ)

ノアには淋しさを紛らす為にベッドを共にする女性がいた。(これはつまリ・・・・・真剣な将来性のある付き合いではない)

彼女は戦争未亡人でお互いに淋しかったのだ。

彼女は口にこそ出さないが、ノアの事を真剣に考えている節が有るのだけれど・・・・

ノアは愛したい気持ちはあるが、俺の愛は枯れてしまったと淋しい目をして、ベッドで彼女に言う。

そして、運命は再び巡り始め・・・・・・

ノアの前に突然アリーが。

アリーは、あなたと家の写真を新聞で見て・・・・会いたくなって。。。。来ちゃった、元気にしてる?と笑顔で聞くのだが(アリーは全身全霊で何気なさを装った筈だ)

ノアは言葉も無くアリーを見つめるばかり。(きっとノアは固まってしまったのだと思う)
当惑したアリーは(私は)バカね……来るのじゃなかったわ・・・・・と車を出そうとするが。。。。エンストだ。

やっと、我に返ったノアが入らないかいと聞くから、家に入り、話し始めるのだ。
あの夏の別れから、お互いに拒絶されたと思い込んでいるからどこかぎこちないが、それでも懐かしさがこみ上げて来る。

婚約者の事を話すアリーを優しく見つめるノア (彼を)愛してる?ええとても愛しているわ
僕たちは友達になったんだね 淋しそうなノア

食事を共にして、あの夜の思い出を話す二人、2人はプラトニックのままだったのだけれどもね
冗談めかしてこの部屋が、あの時の。。。と、大人になった2人だけれど、気まずそうです。(もう取り戻せないのだろうか、失った時間は。。。。。。)

ポーチに出た二人・・・・ノアの詩の朗読を聞くアリー
(知り合って初めて彼の家に行った時もお父さんとノアがポーチにいて、彼はやっぱりホイットマンを読んでいたわ)
アリーは、とうとう言うのです。
本物だったわよね 遠い昔の事だけど。。。。
2人とも、まだ子供で でも本気で愛し合った  見つめ合う2人ですが もう別々の道なのです。

帰ると言うアリーに、明日の朝来られないかい?連れて行きたい所が有るのだけれど言うノアに、来るわと言うアリー。

ホテルに帰ったアリーにロンから電話が入ります ロンは快く送り出したもののやはり心配で電話をして来たのです
心配で電話を百回もしたよ。大丈夫かい?
ええ、元気よ
話す事はないの? ええ、何も無いわ。
愛しているわ 明日電話すると言って、電話を切った後、アリーは複雑なそして何かを思い詰めたような顔をします。


ボートでノアが連れて行ってくれたのは、美しい湖 白鳥が泳ぎ木々が茂り、水は空と森を映して輝いている。

変わったわ、貴方の顔も何もかも。。。。。
君はいい方へ変わったよ

やっぱり何も変わっていない。
あなたはやり遂げたわ。
何を?。
全てよ あの家よ。見事な仕上がりよ。
約束しただろう?

アリーの眼差しがその瞬間変わる 切なさが溢れて来る。

雷が鳴り始め、やがて大つぶての雨が降って来る。ボートで急ぐノア すぐに土砂降りになり二人はぬれねずみになってしまう。
大声で笑うアリーとノア、見つめ合うノアとアリー まるであの遠い昔の夏の日が戻って来たようだ。

桟橋に上がったアリーは何か怒っているようにさっさと歩き出す。

もう我慢出来ない、ハッキリさせたい。

どうしてよ?どうして何の連絡もくれなかったの?私は終わってなかったわ、7年待ったのよ、でも、もう遅いわ!
毎日手紙を書いた 365通 一年間毎日書いたよ 
唖然とするアリー では?では?

愛していた、今もそうだ!ノアが叫ぶように言う。そして情熱的なキス&キス

土砂降りの雨の中で抱き合う二人、もう止められない。ここからが凄かった^^

やっと結ばれた二人、信じられないわ、今まで待ったなんて。(あの夏の夜から)

ノアが付き合っている女性、マーサが朝食を持って訪ねて来る、都合が悪そうなノアに、彼女ねとマーサは言う。
会いたいと言うマーサに当惑するノアだが、アリーが顔を出して自己紹介をして家に入ってと誘うのだ。
夜になってマーサを送って出たノアに、素敵な女性ね、来て良かったわ、私も主人を無くして初めて他の人を真剣に愛せそうよと言って、優しくキスをしてマーサは去って行く。

マーサも素敵な女性だと思った。

また一夜が明けた。目覚めたアリーが見たものは可愛らしい花と、メモ書きと矢印、朝食を買いに出たノアが書き残したのだ
矢印を辿ると、アトリエが有った、キャンバスも絵の具も筆も何もかもがちゃんと揃えられていた。
ノアは、絵を描く事が好きだと言ったアリーを忘れていなかった。アリーの家を作る気持ちでこの農家を改築したのだもの。

裸に毛布をかけただけで絵を描くアリー、そこへ誰かが来た気配。

アリーはきっとノアだと思い、ドアを開けるのだけれど。。。。。。

ママ! そう、お母さんがやって来たのだ。ロンが来ているわ、ノアの事を聞いて心配して来たのよ。
手紙の事を教えてよ、私が何ヶ月も手紙を待って泣いて暮らしていたのに、良くそんなひどい事が出来たわね
私の人生を返してと詰め寄るアリーに、手紙の事は謝るわ、でもね、ある朝目覚めて後悔して欲しくなかったの。
(お母さん、それはあなたのもの凄く独善的な考えで、絶対に間違っている事だよ!と私は責めたかったね)

そしてアリーに身支度させて連れて行った所は。。。。。。採石場の様な所だった、そこで働く1人の男性を指して、昔の彼はとても素敵だったの、そして私たちは、熱烈に恋していたわ。
でもお爺様に大反対されて駆け落ちしたけれど、隣町に着く前に保護されたのよ。25年前の事だわ。

私は時々ここに来て、そして今がどれだけ幸せかを思うの(選ばなかった幸福を)

母親の恋を聞いて驚くアリー、パパを本当に愛しているわと泣く母を抱きしめるアリー

もう彼が誰かも思い出せない。。。。。

環境が違う者同士での、間違った選択はして欲しくないと、現実を見せた母親だけど、結婚生活で悩む事も有っただろう

そして、若い頃の情熱と選択を思い出して、密かにここに来ていたのだろうか。

このエピソードはとても良いと感じた、母親の人物像に深みが出たと思う。

ノアの待つ家に母親と共に帰ってくるアリー 車から降りるアリーを呼び止めて、母親が渡したものは。。。。。。

365通の手紙の束 丁寧に紐を書けられて順番に束ねた手紙 もちろん封は切っていない。

『いい選択をして欲しい』と言う母親に、あのヒステリックさは無い。それだけ言って去って行く母親。

いい選択とは??真当に考えたら?ロンを選べってことか?でも、もしかしたら????????

もしかしてこの母親は、裸で自分の目の前に現れたアリーに喝采しているのかも知れない

口には出さないが、アリー、やっぱりあなたはノアの所にいるべきだと思ったかもね (私的希望的観測 笑)

大事に手紙を持ってノアの所へ来るアリーはロンが心配して町に来ている事をノアに告げる。

やっと受け取ったねと言うノア、

で?どうするのとの問いにアリーは答えられない。

解らない・・・・・

ノアが爆発したように言う、また振り出しか!またか!この2日間は何だったんだ?


夢ではないわ でも無責任だったと言うアリー (おお!!アリー!!あんまりだわ!私は叫びたくなった)

ホテルで婚約者が待っているの 私は指輪と交換に(結婚を)約束したのよ

ノア:これは約束とか愛情の問題じゃない 安定だ  

アリー:何の事?

ノア:金だ!

アリー:あなたなんか大嫌い!!

ノア: 俺だって君が!

アリー;この2日はなんだったの?

ノア;さあね!俺の勘違いだろう

余りの言い方に憤慨して車に向うアリーを追いかけながらノアの言い草は、君は退屈だからここへ来たんだ!!

なんて横柄な奴!!とアリーは怒鳴り返して車のドアを開けるが

俺といてくれとノア 何故よ!!もう喧嘩してるのに!!


こうして、大げんかに発展した2人なのだが。
本当に少年少女だったあの頃から、喧嘩ばっかりなのです、この2人は。でも非常に相手の事を思っていたのですよね〜〜〜〜

それが俺たちだ

ノアは言う 
君と会うたびにケンカばかり、2人は合わないことはわかってる。簡単じゃないんだ。

君は俺をけなし 俺は君をビッチと罵る 99%真実だからね! だけど君は2秒で立ち直りまた嫌みを言い始めるんだ!



2人でうまくやるのはすごく難しい、努力が必要だ。でも僕は努力したい。
(俺たちは98%合わない、でも残りの2%でいい。その2%で合うように努力したい)
ずっと君が欲しいから。2人で一緒にいたいから。

お願いだアリー、将来を思い描いてみて。30年後、40年後誰と一緒にいたい?
もし、それが別のやつ(俺じゃない)なら行けよ! それが君の望みなら俺は耐えていける。

俺もそいつも君の両親も忘れろ!、君自身だ、君はどうしたいんだ?君自身の事だ!

どうしたいんだ!心からのノアの言葉 

アリーは一瞬黙って。。。。。。ノアと見つめ合う。

私は行くわ。(私のテンションがどれだけ下がったかご想像下さい)

ノアは、呆然としたままアリーを見送ったのだ。

もうアリーはぼろぼろだ 泣きながら運転するがすんでの所でトラックと正面から衝突しかける始末。

思い出してノアからの最後の手紙を読むアリー 
;僕たちは本当に終わってしまったんだね でもあの愛は本物だった
もし、どこかで再会したら笑いかけるよ〜〜〜〜〜愛を育んだ夏を思い出す:
最高の愛は魂を自覚させ人を成長させる ハートに火をつけ精神に平安を与える 君がそれをくれた 僕も上げたかった
愛してるよ また会おう ノア


キザですか?

でもね、ノア役のライアン・ゴズリングなら、すんなり胸に落ちてきますよ、上記のアリーに対する台詞だってね。
彼の佇まいがノアそのものと言ってもいいくらいですもの。

青年になってからのノアは、変わりましたねえ、あの可愛らしい純朴な少年から、男らしい魅力と陰のある男に。
でも、アリーに笑うあの目は、あの夏のまんまでした。

ライアン・ゴズリングは上手いですねえ、彼は殺人者とか複雑な役もやるのですが、このノアは本当に上手かったです。
そうそう、大人になってからのノアを先に撮って、10kくらい減量して若い日のノアを撮ったらしいです。
観覧車にぶら下がるシーンは、最後の最後だったとか、落ちたら困るでしょ?

湖面に向って年老いた男女が坐っている。

美しいお話ね、でも淋しい気持ちよ。

男性が言う 不安は解るが心配要らない 永遠なものは何も無い 鈍く老いて冷たくなった体 こんな昔の炎の燃え殻でも
再び燃え上がる

女性があなたの詩?と聞くと いや、ホイットマンだと男性は答える。知ってるわ。そのはずだ 男性は笑って答える。

寒くなったからと2人はホームの部屋にはいるが そこにはキャンドルが灯されて、食事の用意も整えられている。

ワインとジュースで乾杯した後、女性は物語の結末を聞きたがる 誰を選んだの?

ホテルの部屋で婚約者のロンはアリーに語っている
僕の選択肢は3つある 1はノアを撃ち殺すか 2はぶん殴るか 3は君と別れる
どれも最低だ どの道・・・・君を失ってしまう だのに。。。。君を愛している

アリーは 泣きながら 私もよ ただノアといる自分とあなたといる自分が全く別人みたいなの

初恋は忘れられないものだよ
愛している 僕だけの君でいて欲しい ロンは真心こめてアリーにささやく。

解っているわ  私が誰を選ぶべきか・・・・・・

観ている方としては もう気が気ではない気分です。
[アリー あの夏の事を思い出して、あの夏の気持ちのまんま あなたとノアは引き裂かれたのよ。
この2日間は 2人が有るべき姿だったのよ・・・・・・・・・・・・]

無茶と思うけどそう言いたい気分だった。

老男性が言う めでたし めでたしだ

女性は誰がよ?と聞く

そして そうよ、そうだわ。遠い記憶を引き寄せるように呟くのだ。

彼女の目に浮かんだ光景は・・・・・・

ノアがアリーと2晩を過したベッドで寝ている 
アリーは去ってしまった 俺は彼女を2度失ったのだ この喪失にどうやって耐えたらいい?
きっと、孤独な心でそう思っているのだろう。

微かなエンジンの音 飛び起きてテラスから見下ろしたその先には。

小さなトランクを2個、車から降ろすアリーの姿だった。(万歳!私は思わず叫んでいました)

玄関まで迎えるノア アリーは、今度こそ、今度こそ、愛するノアの胸に真っ直ぐ飛び込むのです 

========もう離れない 私はノアと一緒に生きるの=========

しっかりと抱きあったノアとアリー  底抜けに明るい青空が2人を祝福しているようでした。



年老いた女性は言う 思い出した 私たち それ私たちね

アリー ダーリン 抱き合う2人  ノア 心からその名を呼んで アリーは問います。私はどうしたの?

そうなのです この女性はアリーなのです

アリーはアルツハイマーで ノアの事も、ノアとの幸せな結婚生活も 子供たちの事も全て忘れてしまっているのです

でも、この物語を聞くと、こうして遠い記憶が戻ってくるのです。

この黒いノートブックは 記憶が曖昧になりかけた頃、アリーが最愛のノアへ書いたものなのです
初めのページには、この物語を私に聞かせてね そうしたら私はあなたの元へと書いてあるのです

2人は、あの映画の帰りに初めて2人で踊ったようにダンスを始めます。

アリーの頬が涙で濡れます

アリーをずっと愛し続けるノアは、自分も、アリーのいる施設に入って、遠い所に行ってしまったアリーにこの物語を読んで聞かせていたのです

子供たちは元気?ああ。元気だよこの前君に会いに来たよ 孫のノアもね。

愛していると伝えてね 解っているよ 謝っておいてね 何もかも忘れていくアリーが不憫です

こうしてダンスをしていた2人ですが やはりアリーは遠くに行ってしまいました

最愛のノアが誰か解らずパニックになって 鎮静剤を打たれるアリー 怖がるアリー

ノアにはどうする事も出来ません むせび泣くノア 

胸が詰まります。

そして、最後は 心臓発作を起こしたノアがやっと退院して 1人で寝かされているアリーの病室に来ます(狭心症で何回か発作をノアは起こしています)

奇跡的にアリーはノアを覚えていました

2人で寄り添うノアとアリー 
翌朝 様子を見に来たナースの目に入ったのは 手を握り合い寄り添って永遠の眠りについたノアとアリーの姿でした。

このナースは面会謝絶のアリーに会う事をノアに認めてくれたのでした、きっと2人はこのナースに感謝している事でしょう

ありきたりのラヴストーリーが、そうはならなかったのは、更正と監督の手腕 
そして、若きノアとアリーを演じたライアン・ゴズリングとレイチェル・アクダムスの素晴らしい演技
ノアの父親 アリーの母親を演じた役者の素晴らしさ
そして、老人になったノアとアリー役のジェームズ・ガーナーとジーナ・ローランズの見事な演技が有ってこそだと思います。

何回観ても 泣けます この映画は大好きな映画の一つです 元気の無いとき ささくれ立った気分の時 私はこれを観ます

きみに読む物語

[PR]
# by hanarenge | 2016-08-18 18:59 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(0)

レジェンド 狂気の美学

d0027244_00144153.jpg
観ましたわよ トムハ(トム・ハーディを略してこう言うのだそうな)の熱演 
見事でした。一卵性双生児の兄弟を見事に演じ切っていました。



上の写真の左がロン 右がレジーです
1960年代のロンドンで、のし上がっていったマフィアの兄弟です 
実際のクレイ兄弟とは こう言う人です

参考までに ザ クレイズ 冷血の絆 これも1990年の英国映画です

そして、こっちが今回のトム・ハーディのレジェンド 狂気の美学 です

クレイ兄弟は、実際、君臨した年数は短いですが英国では今も人気が有るのだとか。

さて映画です。

落ち着いていて、頭の切れる兄がレジナルド(レジー) 切れたら手がつけられなくなる弟のロナルド(ロン)

トムはちょっと不気味な何を考えているのか、彼の怒りの導火線に触れたら、すぐに発火するロンを、髪型と眼鏡、ちょっと滑舌の悪い口調など、凄く上手く演じていました。
多分口に含み綿をしているのかなあと思いました
兄のレジーは、もう文句無く男前です。スーツもよく似合っています。

ナイトクラブを経営して、セレブや政治家などとも付き合い、成功した実業家に見えるレジー
彼は、自分の車の運転手をしている男の妹、フランシスと出会います。
一目で恋に落ちるレジー
フランシスの母親の猛反対も、何のその、フランシスもレジーに惹かれていきます。
d0027244_00425301.jpg
フランシスといると堅気になれる気がする。。。。。

そうです、レジーは愛するフランシスの願いも有って、裏社会から足を洗おうとするのですが。。。。。

そんなレジーを快く思わないロン
彼は滅茶苦茶な事を言い、破壊的な行動に出ます。

私は、暴れるロンを、レジーを失う怖さと切なさからの行動だと感じました。

ロンはゲイです、そして、それをカミングアウトしています、そんな彼をからかう奴がいて、ロンはそいつらを半殺しにします
この時代、ゲイを公言する事はかなり勇気が入ったと思います

アメリカのマフィアからは、ロンを消せとまで言われます。
それは出来ません、彼は兄弟なのです、弟なのです。

レジーが、警察に捕まって監獄にいる間にロンはナイトクラブを、妙な雰囲気に変えてしまいます。
そして、二人の大げんか、お前などうんざりだ!!

でも。しかし、レジーはロンを切れない、裏社会と手を切ってと言うフランシスの願いも空しい。
フランシスを愛しているレジーだが、やはり裏の世界とは手を切れない。

フランシスが願う事は唯一つ、レジーは真面目になって、私と普通に暮らして欲しい
結婚した時に約束したではないか。

ロンは、フランシスに対して、愛憎半ば?面と向って聞くに耐えないことを言う。
この女のせいで兄貴は俺を捨てようとしている。。。。。(最後になって、認めていたと言うんだけど)

ロンが無茶をやってレジーを見る目が、なんか切ないような感じを受けたのは私だけだろうか
ロンにとっては、レジーとの絆だけが確かなものなのだ。だから切ないのだ。(兄貴を恋人にするわけにはいかないし、そんな事は、はなから考えていないし、レジーに殺される)

大げんかの後で、俺は、こんな見かけだが傷つきやすいのだと言って泣き出したのはロンだ。
レジーが自分を見捨てるなんて考えただけでも泣きたくなるだろう。

レジーはレジーで、フランシスとの約束の事で悩む。

フランシスは、レジーから離れようとする。 とても、とても愛している。と、同時に憎い。

フランシスが切ない。。。。。。




そして、3人に破滅の時がやってくる・・・・・・・・




しかし、しかしだ、惜しむらくは、話の掘り下げが浅い。

レジーはもっと苦悩している筈なのに、それが見えて来ない。あっさり裏社会に戻ってしまう。

せっかく二役を演じているのに、もっと、この兄弟の内面を丁寧に創って欲しかったなあ。。。。。惜しい。


[PR]
# by hanarenge | 2016-08-12 01:40 | 映画あるいは読書&ドラマ | Comments(0)

法金剛院

7月に行った法金剛院 やっとアップです 

d0027244_09220286.jpg
純白の夢開く 前にも使ったフレーズだ^^:
d0027244_09221013.jpg
この色が1番しっくり来る?1番多い色合いですねえ
d0027244_09223150.jpg
斑入りの蓮 花びらに紫色が入っています 奈良の喜光寺の庭で初めて見ました
d0027244_09223511.jpg
d0027244_09225003.jpg
散華です
d0027244_09225605.jpg
花びらは月夜の船みたい
d0027244_09230728.jpg
蓮の花の中心 開いたばかり 香りも強いのです お菓子に似てるでしょう?いえいえお菓子ですわ^^
d0027244_09233255.jpg
葉っぱも好きよ
d0027244_09233576.jpg
もうすぐね もうすぐさ 三度笠の旅立ちでござんすよ
言の葉遊び ← 私の分家ブログを見てね〜〜〜〜
d0027244_09234763.jpg
キノコはふかふかの杉苔がお気に入りさ
d0027244_09240431.jpg
萩の葉の露 萩ってね季節を問わずに咲くんですって まいまい京都の気象予報士さんが言うてはった。知らなんだな〜〜
これは奈良の元興寺さんの萩です

この後は廬山寺へ向いますわよ

[PR]
# by hanarenge | 2016-08-11 09:36 | 京都 | Comments(0)

法金剛院

夏空が広がって 夏本番ですね
法金剛院に行ったのはまだ梅雨明け前の7月15日 曇り空の京都です 
風が涼しくていい気持ちでした 午前7時に花園駅に着いたら、法金剛院は目前です

生け垣の向こうから 蓮の香りがしてきます TD4で撮った分から順次アップしていきます



d0027244_21544426.jpg
蓮の時期は午前7時からの開門です
d0027244_21553204.jpg
d0027244_21554686.jpg
蓮を愛でる人
d0027244_21570261.jpg
ここは待賢門院ゆかりのお寺  
  • 京都市右京区花園扇野町に現存する法金剛院は、平安前期、右大臣清原夏野の山荘だったものを死後に双丘寺とし、天安2年(858年)、文徳天皇の勅願によって天安寺が建立されたが、その後は荒廃し、大治5年(1130年)になって璋子が復興したものである。璋子はここで晩年を過ごし、今も、法金剛院の北、五位山中腹の花園西陵に眠る。絶代の美貌を謳われ信仰心も深かった璋子を慕い、法金剛院を訪れる人々の中には、かの歌僧・西行もいたという。以上Wikipediaより


d0027244_22060051.jpg
d0027244_22061102.jpg
遊んでみたくなる
d0027244_22064204.jpg
なんかなあ〜〜〜〜〜〜

後は 廬山寺への道すがら みつばちへ
甘いものを頂きましょう
d0027244_22081132.jpg
寒天が美味しいのですって
d0027244_22100827.jpg

黒蜜にしたけど白玉も甘いから 酢醤油にしとけば良かった・・・・・かな
d0027244_22081716.jpg
箸置きが可愛らしいね
d0027244_22082386.jpg
小さな町家風の窓からは 川原町通りの街路樹が見える

d0027244_22082872.jpg
河原町今出川をちょっと南に下った所に有ります  では!!また!



[PR]
# by hanarenge | 2016-07-22 22:15 | 京都 | Comments(0)

万博記念公園

d0027244_17392628.jpg
7月1日 万博記念公園へ    何回見ても鳥顔にしか見えん
d0027244_17394492.jpg
この子たちは何時でも何処でも 元気
d0027244_17410697.jpg
水曜広場(私の脳内ではそうなんですが、どうも夢の池・・・・・らしい)で待ってます
d0027244_17401975.jpg
おいらも待ってる♫
d0027244_17395095.jpg
この子が見てたのは
d0027244_17395635.jpg
乗ってる♫乗ってる♫
d0027244_17400163.jpg
お母ちゃんの一瞥
d0027244_17401120.jpg
見えない所で奮闘中 一生懸命水をかいていた
d0027244_17404731.jpg
某線 某駅で  因に一番子?が巣立ちしたのか、7月13日現在巣は撤去されていた。
なんでやねん、糞公害のせいなんか???
d0027244_17411794.jpg
これが目的で行ったんです やっと登場
d0027244_17412956.jpg
もう随分開いただろうなあ また行こうっと この後も少し載せます よろしゅうにm(__)m

[PR]
# by hanarenge | 2016-07-15 17:51 | | Comments(0)